加勢大周のニュース

有名人39人「芸名の秘密」全部バラす(4)

アサ芸プラス / 2012年06月21日11時02分

改名トラブル 加勢大周はマリファナ栽培で芸能界追放へ… 新周加勢大は探偵から便利屋に転身していた 芸能人にとって「改名」は、芸能生命を左右しかねない一大事だ。当然、そこにはトラブルが付き物。最近では、話題作りに利用する思惑も見え隠れする。そんな昨今の改名事情に迫る。 * 芸能人が改名する理由の多くは「ツキを変えるため」と、「過去の清算」に分けることができる [全文を読む]

有名タレント「芸名の由来」、平山あやの改名はあのタレントに間違えられたから?

アサジョ / 2016年01月04日09時59分

「人気絶頂だった加勢大周が事務所から独立した際、事務所側は芸名を使わせまいと裁判を起こしましたが敗訴。そこで新人俳優の坂本一生に『新加勢大周』と名付けデビューさせたんです。他にも『ポチョムキン加勢大周』という候補があったと本人から聞きました。ただ、加勢は09年に“ハッパ”栽培が発覚して逮捕、芸能界を追放になりました」(週刊誌編集者) そして一見トラブルもな [全文を読む]

有名人「いっせい」ランキング!1位は圧倒的女性人気のあの人

しらべぇ / 2017年04月30日20時00分

■第5位:坂本一生(97票)第5位にランクインしたのは、加勢大周の所属事務所独立騒動で「新・加勢大周」としてデビューした坂本一生だ。おもにバラエティ番組に出演したが、人気のほうはいまいちで、一度芸能界を引退する。その後、紆余曲折を経て、2011年から便利屋に転身。取締役に就任し、年収2000万円を稼いでいると報じられた。しかし現在は便利屋を退職していること [全文を読む]

能年玲奈、“のん”改名で加護亜依に助言を求めるファンが殺到? 加勢大周の二の舞いを恐れる声も

おたぽる / 2016年07月18日12時00分

かつて、吉田栄作や織田裕二と共に“トレンディ御三家”と呼ばれ、映画やドラマに引っ張りダコだった俳優の加勢大周は、独立した結果、芸名の使用に関して前事務所と1年3カ月に渡り裁判を繰り広げ、結局、前事務所から『プレゼントする』という形で、芸名は存続できたものの、その裁判の間に俳優としての人気が下落し、いつしか主演ではなく助演での出演オファーが多くなり、08年に [全文を読む]

女社長から届くポルノ画像…セクハラに耐えた男性アイドルらが不憫すぎる

messy / 2015年11月15日09時00分

しかも、この事件が事務所独立時に芸名の使用でもめたかつての人気俳優・加勢大周を彷彿させるから驚きで、もう、今年のビックリ大賞決定です! 2012年8月に新宿区の区民ホールで日本初のショーケースを行った5tion(オーション)。以来、大久保アイドルとして活躍する彼らをご存じの方のそう多くないでしょう。手短に説明すれば、ユンホ(東方神起)ファンから〈ユンホの顔 [全文を読む]

加勢大周 バーテンダー奮闘するも妻から“門限”厳命される

WEB女性自身 / 2015年10月26日06時00分

10月中旬の夕方、都内ビルの地下にあるバーから白シャツ&黒エプロンというバーテンダーの装いで姿を見せたのは加勢大周(45)。 90年、映画『稲村ジェーン』で主演に抜擢。吉田栄作(43)、織田裕二(47)とともに、90年代を代表する トレンディ御三家 として大ブレイク。しかし、 08年に覚せい剤と大麻所持で逮捕。「田舎の親元に戻って一からやり直したい」と芸能 [全文を読む]

坂本一生 勤務していた便利屋の捏造告発「年収2000万も嘘」

NEWSポストセブン / 2015年05月09日07時00分

坂本氏は1993年、加勢大周(45)と所属事務所の芸名所有権をめぐるトラブルから「新加勢大周」としてデビューしたことで知られる。 その後、坂本一生として芸能界で活躍するが、2000年代になると仕事は激減し、プロレスラー、スポーツジムインストラクター、飲食店店長などを経験した。キャリアの転機となったのは2011年の「お助け本舗」の取締役就任だった。 同社は [全文を読む]

坂本一生氏 勤務していた便利屋のNHK番組でのやらせを告発

NEWSポストセブン / 2015年05月08日07時00分

1993年、加勢大周(45)と所属事務所の芸名所有権をめぐるトラブルから「新加勢大周」としてデビューしたことで知られる。 その後、プロレスラー、スポーツジムインストラクター、飲食店店長などを経験、キャリアの転機となったのは2011年の「便利屋!お助け本舗」(以下、「お助け本舗」)の取締役就任だった。 坂本氏の取締役就任後に全国210店舗を持つまでに急成長。 [全文を読む]

坂本一生 スズメバチ駆除や指輪探しも請け負う便利屋に転身

NEWSポストセブン / 2014年12月11日11時00分

人気俳優・加勢大周が独立後に以前所属していた事務所と芸名の所有権をめぐって争うという騒動のなか、その事務所側から新たに「新加勢大周」の芸名でデビュー。20日後には現在の名前に改名するという、波瀾のスタートを切った坂本一生さん(43才)。 マッチョな体がウリで主にスポーツ番組に出演していたが仕事にあまり恵まれず、プロレスラーになったり、トラック運転手になっ [全文を読む]

マッチョなボディで、便利屋で大成功!? あの“新加勢大周”坂本一生の現在

日刊サイゾー / 2014年01月05日09時00分

加勢大周として一世を風靡した、“筋肉タレント”の坂本一生を覚えているだろうか? 鍛え抜かれた筋肉と白い歯が光るさわやかな笑顔がトレードマークだった彼が、便利屋に転身し、ビジネスマンとして大成功を収めているという。そこで、そんな彼の現在を探るべく、取材を試みた。――相変わらず、いいカラダしてますね!坂本一生(以下、坂本) デビュー当時からタンクトップだった [全文を読む]

織田裕二、妻と一緒に反町夫妻別荘へ出かけるほど仲睦まじい

NEWSポストセブン / 2016年11月12日07時00分

今では当然のように貫禄ある大人の男の顔をみせていたが、かつては吉田栄作(47才)、加勢大周(46才)とともにトレンディードラマの「平成御三家」といわれていた。 熱血、キッパリ、こだわり男と評される最近とは異なり、当時のイメージは“優柔不断そうな優男”。 「『東ラブ』で押されればリカにいき、泣かれればさとみにいくのに、なぜか憎めなくてかっこいい。その前に中 [全文を読む]

能年玲奈が「のん」改名で前事務所に「仕事も名前も奪うのは酷すぎる!」の声

アサ芸プラス / 2016年07月19日17時59分

加勢大周さんの坂本一生問題と一緒でしょ」とコメント。また、爆笑問題・太田光も同日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」で、能年の改名について「いいよね」と好意的に受け止めつつ、「今は“能年ちゃん”って言っているから、ちょっと違和感あるかもしれないけど、定着したら、“のんちゃん”って良いんじゃないかなって思うけどね」と感想を述べている。 様々な憶測や意見 [全文を読む]

中学生、公務員、教師、医師も覚醒剤汚染 中高年使用者急増

NEWSポストセブン / 2016年02月18日16時01分

記憶に新しいところでは、2014年にCHAGE and ASKAのASKA(57才)、2009年に酒井法子(45才)、2008年に加勢大周(46才)、1999年に槇原敬之(46才)、など、数え上げたらキリがない。 でも、“芸能界だから薬物に通じている”というわけではない。普通に暮らしている、私たちの身近にも薬物汚染は蔓延している。今年1月末、茨城県に住む [全文を読む]

本家とは違います…2014年「“ウラ”新語・流行語」大賞!(1)まずはあの薬物事件から…

アサ芸プラス / 2014年12月02日09時52分

「ウラ流行語というか、名前を出しただけで笑いが取れる」(デーブ氏) のりピー、小向美奈子、加勢大周‥‥これまでにも覚醒剤で逮捕された芸能人は数多いが、 「これまで6度逮捕された清水健太郎が『知らない連中がああだこうだ言うのは腹立たしい』と物申す大物ぶりも見逃せません。また、栩内香澄美被告(37)が法廷で赤裸々に語った内容もエロかった」(やく氏) 「ピルを [全文を読む]

日本三景に三大祭、元祖御三家まで!「三言葉」及び「三大○○」を1000点以上も集めた『日本三大ブック』とは?

おたぽる / 2014年06月29日19時00分

代表的な日本三景(宮島、天橋立、松島)から始まって、三種の神器、造化三神なんて神話の時代の話から、全都道府県の三大祭に三大名所、芸能では元祖御三家(橋幸夫、船木一夫、西郷輝彦)に新御三家(郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎)にニュー御三家(あいざき進也、城みちる、荒川務)、平成御三家(吉田栄作、織田裕二、加勢大周)。アリスとかキャンディーズとかの三人グループの [全文を読む]

加護亜依「芸名」騒動~本名でも「商標登録」されたら使えないのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年08月27日18時02分

芸名をめぐる騒動といえば、1990年代の「加勢大周」事件が思い出されるが、あのときは本名ではない純粋な芸名だった。今回の「加護亜依」は本名でもあるということなのだが、他人に商標登録されてしまうと、自分の本名でも芸能活動で使用できないのだろうか。商標にくわしい岩原義則弁護士に聞いた。●「著名な芸名」を、本人が「普通に用いられる方法」で使うのは問題ない「たとえ [全文を読む]

武論尊、北斗の拳「書かされているんだって…」

アサ芸プラス / 2013年04月04日09時54分

──ダハハハハ! しかし加勢大周さんの学生時代のあだ名がラオウだったりとか、窪塚洋介さんのお祖母ちゃんが病気で入院してた時に、励ますためにラオウの人形のお腹にメッセージを書いて渡したとか、意外なところに影響を与えた作品でもありましたよね。 武論尊 本人は実感がそんなにないんですよ。ただ数字には出てますからね。いま完全に「北斗の拳」で食べてますから胸張って「 [全文を読む]

視聴率男DaiGoが真っ青 “メンタリスト”名乗れなくなるか?

NEWSポストセブン / 2012年08月06日07時00分

原則、早い者勝ちで、トラブルも少なくない」 過去、俳優の加勢大周が芸名の商標権を持つ前事務所から名前の使用を禁止され、裁判に発展したことがワイドショーを賑わせた。 今回、登録されれば、過去にさかのぼって適用されることもあるため、多数の本を出しているDaiGoにとっては痛手だ。そもそも名称を使えなければ、「メンタリストDaiGo」は、ただの「DaiGo」にな [全文を読む]

フォーカス