佐々木翔のニュース

広島DF佐々木翔に悲劇…右膝前十字靭帯再断裂で1年間に2度目の全治8か月診断

ゲキサカ / 2017年02月14日23時55分

[故障者情報] サンフレッチェ広島は14日、DF佐々木翔が同日に広島市内の病院で右膝前十字靭帯再断裂に伴う手術を行ったことを発表した。クラブによると、全治は8か月。佐々木は昨年4月にも右膝を手術して全治8か月と診断され、復帰を目指していたが、今年1月22日のトレーニング中に再び同箇所を負傷していた。 [全文を読む]

広島DF佐々木翔に第1子長男誕生

ゲキサカ / 2016年08月13日14時57分

サンフレッチェ広島は13日、DF佐々木翔に第1子となる長男が誕生したと発表した。11日に広島市内の病院で生まれた。 [全文を読む]

ゲキサカ秘蔵写真[2010.4.28]佐々木翔(神奈川大)

ゲキサカ / 2016年04月28日07時45分

[写真]昨年までの左SBからボランチでより存在感を増している佐々木翔(3年=城山高) 【2010年4月28日】神奈川大(vs.筑波大) [4.28 関東大学1部4節 神奈川大 2-0 筑波大 三ツ沢陸上] 第84回関東大学サッカーリーグ1部は28日、第4節の神奈川大対筑波大戦を行い、神奈川大が2-0で勝利。今季初勝利を挙げた。 その他の写真はこちらから↓ [全文を読む]

広島DF佐々木翔が右ヒザ前十字じん帯断裂の手術…全治8カ月で今季絶望

超ワールドサッカー / 2016年04月20日19時31分

▽サンフレッチェ広島は20日、DF佐々木翔(26)が広島県内の病院にて、手術を受けたことを発表した。▽佐々木は、3月20日に行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第4節大宮戦で試合終盤に大宮MF横山知伸のハードタックルを受けて負傷退場。右ヒザ前十字じん帯断裂との診断を受けていた。全治までは8カ月を要する見込みで、今シーズン中の復帰は絶望となった。 [全文を読む]

広島に大きな痛手、大宮戦で負傷したDF佐々木翔が右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷

超ワールドサッカー / 2016年03月22日20時57分

▽J1の広島は22日、大宮戦で負傷したDF佐々木翔が右ヒザ前十字じん帯断裂と診断されたことを発表した。▽佐々木は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第4節大宮戦で試合終盤に大宮MF横山知伸のハードタックルを受けて負傷退場していた。▽このプレーに関しては、広島を率いる森保一監督が試合後のインタビューで、「大宮の選手が明らかに苛立ってファウ [全文を読む]

広島vsブリーラム・U 試合記録

ゲキサカ / 2016年03月17日14時04分

【ACLグループF第3節】(Eスタ) 広島 3-0(前半1-0)ブリーラム・U [広]浅野拓磨2(42分、55分)、清水航平(81分) [広]佐々木翔(45分) [フ]シッティショク・カヌー(85分) └広島、今季初完封で大会初勝利 [サンフレッチェ広島] 先発 GK 1 林卓人 DF 4 水本裕貴 DF 5 千葉和彦 DF 19 佐々木翔 MF 18 柏 [全文を読む]

広島vsG大阪 試合記録

ゲキサカ / 2016年02月21日00時11分

【富士ゼロックススーパー杯】(日産ス) 広島 3-1(前半0-0)G大阪 [広]佐藤寿人(51分)、浅野拓磨(57分)、ピーター・ウタカ(73分) [G]宇佐美貴史(68分) [広]佐々木翔(38分)、ピーター・ウタカ(88分) [G]井手口陽介(45分+1)、丹羽大輝(55分) 観衆:33,805人 主審:飯田淳平 副審:山内宏志、西尾英朗 ├広島が2年 [全文を読む]

マゼンベvs広島 試合記録

ゲキサカ / 2015年12月14日13時48分

【クラブW杯準々決勝】(大阪) マゼンベ 0-3(前半0-1)広島 [広]塩谷司(44分)、千葉和彦(56分)、浅野拓磨(78分) [マ]サリフ・クリバリ(12分)、ネイサン・シンカラ(13分)、ジョナサン・ボリンギ(79分) [広]佐々木翔(80分) ├試合スタッツ ├広島、アフリカ王者を3発撃破 ├DF塩谷、大舞台で2戦連発!! ├DF千葉「相手は困っ [全文を読む]

レーティング:マゼンベ 0-3 広島《クラブ・ワールドカップ2015》

超ワールドサッカー / 2015年12月13日21時32分

スカウティングも甘かったか▽広島採点GK1 林卓人 5.5立ち上がりに枠内のミドルシュートをうまく処理DF33 塩谷司 6.0オフサイドを取り損なってピンチを招くシーンがあったものの、先制点を奪った5 千葉和彦 5.5PKを取られてもおかしくないタックルがあったが、ヘディングで2点目を記録19 佐々木翔 6.5塩谷の先制点をアシスト。ソリッドな守備に加え、 [全文を読む]

G大阪vs広島 試合記録

ゲキサカ / 2015年12月07日23時25分

【チャンピオンシップ決勝第1戦】(万博) G大阪 2-3(前半0-0)広島 [G]長沢駿(60分)、今野泰幸(81分) [広]ドウグラス(80分)、佐々木翔(90分+1)、柏好文(90分+6) [G]オ・ジェソク(86分) [G]長沢駿(19分)、大森晃太郎(33分) [広]森崎和幸(58分)、塩谷司(61分)、清水航平(87分) 観衆:17,844人 主 [全文を読む]

レーティング:G大阪 2-3 広島《チャンピオンシップ決勝戦第1戦》

超ワールドサッカー / 2015年12月02日21時46分

その他ではそつなくプレーしたDF33 塩谷司 5.5オーバーラップしてくる藤春に手を焼いたが、決定的な仕事はさせなかった5 千葉和彦 5.5森崎和との連携ミスから失点に絡むも、それ以外では的確な対応を見せていた19 佐々木翔 6.0自身の横パスが失点につながるも、同点弾でミスを帳消しMF14 ミキッチ 5.5序盤から際どいクロスで攻め手になった(→柏好文 [全文を読む]

G大阪vs広島 試合記録

ゲキサカ / 2015年12月02日21時34分

【チャンピオンシップ決勝第1戦】(万博) G大阪 2-3(前半0-0)広島 [G]長沢駿(60分)、今野泰幸(81分) [広]ドウグラス(80分)、佐々木翔(90分+1)、柏好文(90分+6) [G]オ・ジェソク(86分) [G]長沢駿(19分)、大森晃太郎(33分) [広]森崎和幸(58分)、塩谷司(61分)、清水航平(87分) 観衆:17,844人 主 [全文を読む]

松本vs広島 試合記録

ゲキサカ / 2015年04月23日12時22分

【ナビスコ杯グループA第4節】(松本) 松本 2-4(前半1-3)広島 [松]後藤圭太(4分)、石原崇兆(50分) [広]佐々木翔(26分)、オウンゴール(34分)、野津田岳人(41分)、浅野拓磨(67分) [松]オビナ(42分)、椎名伸志(87分) [広]ビョン・ジュンボン(24分) 観衆:8,468人 主審:扇谷健司 副審:相樂亨、越智新次 └広島のU [全文を読む]

甲府vs川崎F 試合記録

ゲキサカ / 2014年10月27日02時14分

【J1第30節】(中銀スタ) 甲府 2-1(前半1-1)川崎F [甲]阿部拓馬(27分)、佐々木翔(81分) [川]レナト(16分) [甲]マルキーニョス・パラナ(65分)、ジウシーニョ(71分) 観衆:10,536人 主審:村上伸次 副審:前之園晴廣、中野卓 └逆転勝利の甲府が降格圏脱出 [ヴァンフォーレ甲府] 先発 GK 1 荻晃太 DF 16 松橋優 [全文を読む]

北九州vs甲府 試合記録

ゲキサカ / 2014年09月12日15時15分

【天皇杯4回戦】(中銀スタ) 北九州 0-0(PK4-3)甲府 [北](先攻)28○、10×、15○、18×、5○、8○ [甲](後攻)10○、7○、23×、18×、8○、6× [甲]クリスティアーノ(57分)、佐々木翔(106分) 主審:福島孝一郎 副審:数原武志、川崎秋仁 └北九州がJ1勢連破で初8強 [ギラヴァンツ北九州] 先発 GK 1 大谷幸輝 [全文を読む]

[プレミアリーグEAST]鹿島ユース登録メンバー

ゲキサカ / 2017年04月27日18時00分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグEAST 【鹿島アントラーズユース登録メンバー】 ▽監督 熊谷浩ニ ▽GK 1 沖悠哉(3年=鹿島Jrユース) 16 石川碧人(3年=鹿島Jrユース) 21 松崎幸樹(2年=沼津U15) 40 山田大樹(1年=鹿島Jrユース) ▽DF 2 結城将貴(2年=レノヴェンスOGASA FC) 3 白井亮(3年 [全文を読む]

【広島vs仙台プレビュー】広島は総シュート数でリーグトップを記録…仙台はクリスランが公式戦2試合連続ゴール中

サッカーキング / 2017年04月21日20時03分

森崎和幸や佐々木翔、宮吉拓実と離脱者はまだいるものの、ようやく戦力が整ってきた感がある。 また、若手選手もしっかりと成長。高橋壮也は3試合連続先発出場を果たし、前節は決定的なシュートも放つなど攻撃力をアピールした。前節の対横浜FM戦では走行距離12.468キロ、スプリント回数31回といずれも両チームナンバー1の実績を残した。茶島雄介も讃岐との練習試合で強烈 [全文を読む]

【2017 J1チーム診断】バンディエラ去り…新陳代謝必要もリーグ集中でACL圏以上へ《サンフレッチェ広島》

超ワールドサッカー / 2017年02月24日17時50分

右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月となったDF佐々木翔の長期離脱は痛いが、最終ラインと中盤にはDF千葉和彦、DF塩谷司、DF水本裕貴、MF青山敏弘、MF柏好文といった経験と実績を備える計算可能な選手たちがおり、大崩れは考えにくい。そのため、課題はゴールを奪うための得点パターン確立。新戦力のFW工藤壮人を軸に、MF柴崎晃誠、MFアンデルソン・ロペス、MF宮吉 [全文を読む]

広島DF佐々木翔が右ヒザ前十字じん帯再断裂で全治8カ月…昨年3月にも同箇所を負傷

超ワールドサッカー / 2017年02月14日21時47分

▽サンフレッチェ広島は14日、DF佐々木翔の負傷を発表した。 ▽広島の発表によると、佐々木は1月22日のトレーニング中に負傷。右ヒザ前十字じん帯再断裂と診断され、14日に広島市内の病院で手術を行ったとのことだ。全治は8カ月。 ▽佐々木は昨年3月に行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第4節の大宮アルディージャ戦で負傷。右ヒザ前十字じん帯断裂と診断さ [全文を読む]

【2017Jリーグ補強診断】FW工藤壮人ら定評のピンポイント補強で成果大《サンフレッチェ広島》

超ワールドサッカー / 2017年02月06日21時16分

とはいえ、長期の負傷離脱から復帰近のDF佐々木翔や、DF野上結貴の存在を考えれば頭数は足りている。それだけに、森保一監督は即戦力級の確保よりも、次代を担う有望株の育成を優先したのかもしれない。 ◆お得意のピンポイント補強で実力者確保【MF】Getty Images【IN】 フェリペ(26)←セアラ/完全 稲垣祥(25)→ヴァンフォーレ甲府/完全 松本泰志( [全文を読む]

フォーカス