川勝平太のニュース

学力テスト最下位の静岡の校長ネットに晒す行為に批判

秒刊SUNDAY / 2013年09月22日15時00分

全国学力テスト最下位の事実に驚愕させられた静岡県県知事「川勝平太」氏はインターネット上に校長先生の名前を公開しました。ネット上に校長名を掲載するという意図として「学校教育の責任は現場の先生にあることを明確にするため」と説明しているが、学力テストの結果により校長名を掲載するという事態は前代未聞でということもあり、ネット上でも物議を醸してしている。そもそも公開 [全文を読む]

中高生の「男女別学」にはメリットがあるのか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年08月26日11時06分

静岡県の川勝平太知事は7月に行われた県議会の一般質問で、一般論として「15~16歳から20歳前後までの時期に女性の方が早く成熟するという生理学的、生物学的な現実がある。実際上、学校の成績などに表れる」と主張。その上で、静岡県が発足させる人口減少問題を考える有識者会議から「ひょっとすると思春期の男女共学は一度やめてみては」との検証結果が出る可能性があると指摘 [全文を読む]

静岡県知事選は現新の一騎打ちが確定、投票は25日

政治山 / 2017年06月08日17時36分

立候補したのはいずれも無所属で、届出順にバルセロナ五輪女子柔道銀メダリストで新人の溝口紀子氏(45)、3選を目指す現職の川勝平太氏(68)の2人です。 投票は6月25日で、即日開票されます。7日現在の選挙人名簿登録者数は310万7,419人(静岡県選挙管理委員会調べ)。静岡県内では同日、知事選のほかに県議補選(伊東市選挙区と富士市選挙区)が行われる予定で [全文を読む]

静岡県、人口激減の静岡市の解体&併合を示唆…大戦争の予兆、地方分権に逆行

Business Journal / 2017年05月24日06時00分

それは静岡県の川勝平太知事と静岡市が対立していることにも起因している。川勝県知事は、静岡県と県都・静岡市を合併させる静岡型県都構想を発表している。これは、橋下徹大阪府知事(当時)が提唱した大阪府と大阪市とを合併させる大阪都構想と類似した構想といえる。大阪府と大阪市の関係は、大阪府が広域自治体、大阪市が基礎的自治体で、関係上は大阪府が上位組織となっている。 [全文を読む]

「自公離反」「民進崩壊」を呼ぶ“小池台風”

文春オンライン / 2017年05月10日17時00分

ただ細野辞任の背景には、静岡県知事選(6月25日投開票)への出馬を当初明言しなかった現職知事・川勝平太の後継という選択肢があったのは間違いない。過去2回の知事選敗北を巻き返すべく、自民党静岡県連会長、元文部科学相・塩谷立が細野に、自民も相乗りすると秋波を送っていた。自民にすれば、知事も獲れるし、国政で民進に打撃を与える一石二鳥の一手。政策合意文書まで示さ [全文を読む]

右派の長島氏「ついに民進党離脱」の舞台裏 蓮舫氏の求心力はますます低下していく

東洋経済オンライン / 2017年04月11日12時34分

6月に2期目の任期満了を迎える川勝平太知事は、文化振興には熱心だが県職員の評価は高くない。ここで自民党が擁立する知事に変えたいという意向がある」。自民党の静岡県関係者は背景をこう説明する。■細野氏より先に民進党を離党したかった? [全文を読む]

伊豆の魅力に出会える新しい「玄関口」目指す 道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」が5月1日オープン!

PR TIMES / 2017年03月30日16時34分

(加和太建設広報室055-987-5541へ直接連絡も可)■オープニングセレモニー開催概要日時:2017年5月1日(月)10:00~次第:10:00~ テープカット(来賓:川勝平太静岡県知事、周辺13市町首長)会場:伊豆ゲートウェイ函南 静岡県田方郡函南町塚本887-1対象:メディア関係者さま、一般来場者参加申込:不要 [全文を読む]

片山善博氏 × 静岡県知事 × 浜松市長 が静岡の地方創生を語る!

PR TIMES / 2017年03月16日17時52分

そのような中、本講演会では、『しずおかの地方創生 ~静岡のふじのくにづくりと未来~』と題し、“ふじのくに”や“ものづくり県”として有名な静岡の地方創生の現状と課題について、元総務大臣であり、鳥取県知事も経験された片山善博氏と、静岡県知事の川勝平太氏、浜松市長の鈴木康友氏とともに、これからの方策を皆様と考えていきます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。 [全文を読む]

<常葉大学との産学連携プロジェクト>静岡の地元食材を使用した商品『静岡彩り田子寿司』『静岡ぎゅっと鱒寿司』『静岡関所ロール』を新開発!

@Press / 2016年07月21日13時15分

川勝平太静岡県知事への表敬訪問を行ったのちの本日、試食会を開催いたしました。 新商品は、静岡県内の東部・中部・西部の3つの地域で地元食として愛されているお寿司に学生のアイディアを盛り込み、地元食材を使った“現代風の地元食”としてアレンジしました。静岡県の皆様に喜んでいただきたいというあきんどスシローと常葉大学の学生の思いが詰まった新商品は、7月27日(水) [全文を読む]

ベトナムの港に大国が熱視線「海洋アジア」が中国を黙らせる

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月02日16時00分

「海」と「世界の近代化」との関係を分かりやすく描いた学説として、経済学者で静岡県知事を務める川勝平太の『文明の海洋史観』(中公叢書)がある。それによると、近代文明は西洋内部で自己生成したものではなく、「海洋アジア」のインパクトを受けて開花したものだという。 [全文を読む]

コスト度外視!静岡グルメ“フォアグラメンチカツ”

Walkerplus / 2015年09月20日07時00分

この贅沢なご当地グルメお披露目の際、川勝平太・静岡県知事は「これは最高級!やわらかく、今まで食べたことがないおいしさ。おいしいものは人を幸せにしますね」と、その味わいに太鼓判を押している。 同じく8月に発売された「揚げない長泉あしたかつ」(2個入り783円)は、油を使わずに焼いて食べるメンチカツだ。高品質なあしたか牛と、野菜をぜいたくに使ったメンチカツを [全文を読む]

ショップチャンネルが日本各地の名品・名産を紹介する人気特別番組 『日本を見つけよう~静岡~』10月9日(木)放送 ~富士宮市 富士山本宮浅間大社から生中継~

PR TIMES / 2014年10月06日11時01分

また、当日の番組内では、静岡県知事 川勝平太氏および富士宮市長 須藤秀忠氏のVTR出演や、静岡の伝統芸能「富士宮囃子」のライブパフォーマンスも楽しめます。 11:00~ 『天使の綿シフォン ふんわり軽くやわらかインナー』 浜松の老舗ニットメーカー「(株)大黒屋」から、綿を100%使用したインナーが登場。素材や着心地にこだわる本物志向の大人の女性に向けて、 [全文を読む]

学力順の発表「学力底上げにつながらない」7割超

NewsCafe / 2013年10月21日12時00分

先月、静岡県の川勝平太知事が「全国学力テストの結果について下位100校の校長名を公表する」との意向を示し、各方面で波紋を呼んだ。これは同県の小学校6年生の「国語A」の成績が全国最下位だったことを受けての考えだったという。しかし同テストの実施要綱では、学校ごとの成績公表が禁止されている。文科省や県教委から取りやめの求めがあったものの、知事は自身の責任で上位8 [全文を読む]

「テスト下位校の校長名を公表する」 静岡県知事の意向は「実施要領違反」なのか

弁護士ドットコムニュース / 2013年10月07日15時30分

それを受けて、川勝平太知事は9月9日の定例記者会見で「下位校の校長名を公表したい」と表明したのだ。ところが、同テストの実施要領では、序列化や過度な競争を避けるための配慮として、学校名を明らかにした成績公表を行わないように定めている。校長名を公表すれば、おのずと学校名もわかるはずだ。そうだとすれば、川藤知事の方針は、実施要領に抵触することになるのではないか。 [全文を読む]

愛子さま “プールが怖いのでは”と心配する声が学校で出る

NEWSポストセブン / 2012年08月24日07時00分

12日、下田駅に到着した際には、出迎えた川勝平太静岡県知事から得意な泳ぎを尋ねられ、愛子さまは「平泳ぎです」とお答えになった。 しかし、このやりとりに学習院初等科の保護者の多くが首を傾げたという。なぜなら、愛子さまはこれまで学校での水泳の授業をほとんど受けられていないからだ。 「今回の須崎でのご静養は、愛子さまの苦手な水泳の練習が目的だったようです。毎日の [全文を読む]

フォーカス