佐藤忠男のニュース

『毒蝮三太夫』が選ぶ昭和の大スター映画DVDシリーズ第3弾「ベストセラー文芸編」が2月3日に発売

@Press / 2015年02月03日10時30分

また、第3弾には映画本編終了後、案内人である毒蝮三太夫氏と、日本を代表する映画評論家の佐藤忠男氏による異色対談映像を収録しています。■案内人は銀幕を知る男『毒蝮三太夫』!品川生まれ、浅草育ちの江戸っ子で情に厚い毒蝮三太夫氏。飾り気がない言葉で、幅広い層のファンに支持されています。本企画は、そんな毒蝮三太夫氏が、今では見られない昭和を支えた大スターの貴重な映 [全文を読む]

『毒蝮三太夫』が選ぶ昭和の大スター映画DVDシリーズ第2弾「義理と人情 股旅時代劇編」が10月1日に発売

@Press / 2014年10月02日14時00分

■『佐藤忠男』による特別映像付き!映画本編終了後には、日本を代表する映画評論家、佐藤忠男氏による評論を収録しています。佐藤忠男…1930年生まれ。映画評論家。日本映画大学学長。紫綬褒章、韓国文化勲章ほか受賞多数。■超貴重な「昭和初期の日本映画」!選ばれる大スターの映画は、特に貴重な「昭和初期の映画」です。「無声映画」には弁士の解説付きで、「活動大写真」をご [全文を読む]

『毒蝮三太夫』がラジオ番組で懐かしい昔話とDVD販売の告知を生放送!昭和の大スター映画DVDシリーズ 第1弾「大女優編」を6月17日に発売

@Press / 2014年06月16日13時00分

■『佐藤忠男』による特別映像付き!映画本編終了後には、日本を代表する映画評論家、佐藤忠男氏による評論を収録しています。佐藤忠男…1930年生まれ。映画評論家。日本映画大学学長。紫綬褒章、韓国王冠文化勲章ほか受賞多数。■超貴重な「昭和初期の日本映画」!選ばれる大スターの映画は、特に貴重な「昭和初期の映画」です。「無声映画」には弁士の解説付きで、「活動大写真」 [全文を読む]

大女優 原節子・高峰秀子・森光子の出演作が初のDVD化&通信販売に登場!『毒蝮三太夫』が選ぶ昭和の大スター映画DVDシリーズ 第1弾を6月17日発売

@Press / 2014年06月12日10時30分

■『佐藤忠男』による特別映像付き!映画本編終了後には、日本を代表する映画評論家、佐藤忠男氏による評論を収録しています。佐藤忠男…1930年生まれ。映画評論家。日本映画大学学長。紫綬褒章、韓国文化勲章ほか受賞多数。■超貴重な「昭和初期の日本映画」!選ばれる大スターの映画は、特に貴重な「昭和初期の映画」です。「無声映画」には弁士の解説付きで、「活動大写真」をご [全文を読む]

日本映画大学が昭和音楽大学および昭和音楽大学短期大学部と包括的連携に関する協定を締結

Digital PR Platform / 2017年03月30日08時05分

日本映画大学(川崎市麻生区 学長:佐藤忠男)はこのたび、昭和音楽大学および昭和音楽大学短期大学部(川崎市麻生区 学長:簗瀬進)と包括的連携協定を締結した。この協定は、教育研究および大学運営等において包括的に緊密な協力関係を築き、連携を深めることで、教育研究活動の充実、教育の質的向上、教職員の資質向上、芸術活動を通したまちづくり等に寄与することを目的としたも [全文を読む]

日本映画大学の次期学長に天願大介学部長が就任 -- 2017年4月から4年間

Digital PR Platform / 2017年03月01日08時05分

日本映画大学(神奈川県川崎市)は、佐藤忠男学長が高齢のため体力的に厳しいことから退任することを受け、2016年11月11日開催の教授会構成員による選挙を経て、2017年1月25日の理事会で天願大介映画学部長を第2代学長に選任した。学長就任は2017年4月1日で、任期は4年間。なお、佐藤忠男現学長は、退任後も引き続き授業を担当する予定となっている。 ◆新学長 [全文を読む]

東出昌大・高畑充希との“何者でもなかった頃”を述懐

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月17日19時34分

』声優賞 野沢雅子ダイヤモンド大賞 松本零士 <実写部門>作品賞 クロックワークス『湯を沸かすほどの熱い愛』監督賞 中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』 主演男優賞 小林薫『続・深夜食堂』主演女優賞 宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』助演男優賞 東出昌大『聖の青春』助演女優賞 杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』 新人賞 (小森和子賞) 高畑充希『植物図鑑 運命 [全文を読む]

芦田愛菜 『山田孝之のカンヌ映画祭』でも偏差値の高さ発揮

NEWSポストセブン / 2017年03月04日16時00分

日本映画大学を訪ね、カンヌに関する講座で学び、実際の学長で映画評論家の佐藤忠男氏や、パルムドールを受賞した今村昌平監督作品『うなぎ』の脚本担当・天願大介氏にアドバイスを求める。さらに資金集めに奔走したり、キャスティングのため面接を重ねていく。 前半の見所の一つが、『萌の朱雀』『殯の森』でカンヌ映画祭グランプリ等を受賞した河瀬直美監督に会いに行くくだり。どう [全文を読む]

<新刊のご案内>『野崎洋光の縁起食』2015年6月20日発売 ~和食の名店「分とく山」総料理長による大切な日のための願かけレシピ集~

@Press / 2015年06月19日09時30分

◆会社概要 商号 : 株式会社中日映画社 所在地 : 〒105-0004 東京都港区新橋6-11-8 福森ビル3F 代表者 : 代表取締役 青柳光明 設立 : 1955年5月 資本金 : 1,000万円 事業内容: 映像制作、広告・宣伝の代理業務 URL : http://www.chunichieigasha.co.jp/ <好評販売中> ・映画評論家 [全文を読む]

高倉健の素顔とは

アサ芸プラス / 2013年01月31日09時54分

当時の高倉健を、映画評論家・佐藤忠男は、「日本映画史3」(岩波書店)の中で、こう評している。 〈内から溢れてくる凶暴な衝動をじっと不器用に耐えているような感じを表現し、独特の倫理観を万感あふるる硬直した表情が示しているような印象があった〉 そして高岩がこう語るのだ。 「高倉健さんはものすごく自分を律する自律心の強い人。『鉄道員(ぽっぽや)』(99年)のロケ [全文を読む]

フォーカス