松尾豊のニュース

【新刊『人間さまお断り』8/12より発売!】日本トップクラスのAI研究者も驚愕!「ここ数年で読んだ人工知能に関する書籍のなかで最も感銘を受けた」本書に書かれた衝撃の未来とは?

PR TIMES / 2016年08月05日10時47分

」(松尾豊「日本語版解説」より)『人間さまお断り』の日本語版解説は、日本トップクラスの人工知能研究者である松尾豊氏(東京大学大学院工学系研究科特任准教授)にご執筆いただきました。松尾氏は解説の中で、本書の内容についてまた次のように評しています。「本書は、これまでの人工知能に関する多くの本と一線を画し、今後の社会や産業を正しく見通している本だろう。どの一章、 [全文を読む]

『2015年7月 エンジニアに最も読まれた記事は?』

PR TIMES / 2015年08月06日13時56分

エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン『エンジニアtype』で7月に人気の記事1位は、「ニートから世界的企業へ転身したエンジニアのキャリア論」、2位は「松尾豊氏インタビュー」エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン『エンジニアtype』を運営する株式会社キャリアデザインセンター(以下CDC、本社:東京都港区、代表取締役社長兼会長:多田弘實)は、2 [全文を読む]

人工知能に“奪われない”仕事/日野 照子

INSIGHT NOW! / 2015年05月08日19時36分

東京大学の人工知能研究者松尾豊准教授の定義によれば人工知能とは、「人間の知能の原理を解明し、それを工学的に実現する」ことであり、よって「人工知能はまだできていない」ということだ。松尾氏に従えば、今はまだ「人間の知的な活動の一面をまねしている技術」を人工知能と呼んでいるに過ぎない。それでも完成する以前に、人工知能の研究成果は次々と実用化されている。 例えば、 [全文を読む]

国内初※ウェルネス・ヘルスケア領域に特化した人工知能研究所 「FiNC Wellness AI Lab」設立のお知らせ

DreamNews / 2016年08月18日10時00分

株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表:溝口勇児、以下「FiNC」)は東京大学松尾研究室の松尾豊准教授とともに、2016年8月18日より「FiNC Wellness AI Lab(FiNC Wellness 人工知能研究所)」を設置しましたことをお知らせいたします。株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表:溝口勇児、以下「FiNC」)は東京大学松 [全文を読む]

今読むべきビジネス書はコレ! 「ビジネス書大賞2016」受賞作品決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月10日17時30分

てぃ先生の笑えて泣ける保育日誌! <大賞> 『HARD THINGS』ベン・ホロウィッツ <準大賞> 『「学力」の経済学』中室牧子 <審査員特別賞> 『人工知能は人間を超えるか』松尾豊 大賞を受賞したのは『HARD THINGS』。同書は、一次投票、最終審査員による事前投票、当日投票のいずれにおいても1位を獲得した文句なしの1冊だ。シリコンバレーで最も注目 [全文を読む]

『ビジネス書大賞2016』受賞作品が決定! 大賞は『HARD THINGS』(ベン・ホロウィッツ 著、日経BP社刊)、準大賞、審査員特別賞は「異色」のビジネス書に。

PR TIMES / 2016年04月28日10時46分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18193/3/resize/d18193-3-818627-0.jpg ]<受賞作品><大賞>『HARD THINGS』 ベン・ホロウィッツ 訳 滑川海彦/高橋信夫 日経BP社<準大賞>『「学力」の経済学』 中室牧子 ディスカヴァー・トゥエンティワン<審査員特別賞>『人工知能は人間を超えるか』 松尾豊 [全文を読む]

東京大学大学院 工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏と元グーグル Chrome開発者、現在IncrementsでQiitaを担当する及川卓也氏がFiNC技術アドバイザリーに就任

DreamNews / 2016年04月04日18時00分

株式会社FiNC(本社:東京都千代田区、代表:溝口勇児、以下FiNC)は、2016年4月4日より「FiNC アドバイザリーボード」を設置し、技術アドバイザリーメンバーとして、東京大学大学院 工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏と、グーグルでChrome開発に関わり現在Increments株式会社にてプロダクトマネージャーとして務める及川卓也 [全文を読む]

ドワンゴ、日本棋院と最強コンピュータ囲碁ソフトを開発へ

ITライフハック / 2016年03月03日17時00分

本プロジェクトでは、新生囲碁ソフトのベースとなるZenの開発者に加え、最強将棋ソフト「PONANZA」の開発者である山本一成氏と、人工知能の研究者で東京大学准教授の松尾豊氏を迎え、開発体制を強化。ドワンゴは、ハードウェアや開発スペースなどの開発環境を全面的に提供するほか、同社の人工知能研究所が開発を支援する。なお、新たな囲碁ソフトの完成時期は、半年~1年後 [全文を読む]

人工知能案件のマッチング事業から見える人工知能ビジネスの現在と未来

FUTURUS / 2017年05月19日12時15分

――人工知能が人間を滅ぼすことがあると思いますか? これは東京大学の松尾豊先生のお話なんですが、人間と人工知能の一番の違いは”本能があるか、ないか”だと思うのですね。 人間は”1番になりたい”とか、”あいつに勝ちたい”という欲望がありますが、人工知能にはありません。人工知能が人間を滅ぼすということはないと思います。そのため、ターミネーターは現れないと思い [全文を読む]

VRアプリ「cluster.」を運営するクラスターがイグニス子会社のパルスと業務提携

PR TIMES / 2017年05月12日15時03分

一方、パルスは、作詞家の秋元康氏、AI研究者の松尾豊氏、メンタリストのDaiGo氏という専門領域の異なる3名が資本参加してVR領域の新しいコンテンツや体験をつくっています。 ・パルスのコーポレートサイト http://pulse227.com/ ・パルス設立時のプレスリリース http://1923.co.jp/press-release/2016/11 [全文を読む]

「ビジネス書大賞2017」のノミネート作品が決定!最終審査会を経てを10作品の中から大賞を決定します。

PR TIMES / 2017年03月28日14時25分

ビジネス書大賞 2016 【大賞】 『HARD THINGS』(ベン・ホロウィッツ 日経BP社) 【準大賞】 『「学力」の経済学』(中室牧子 ディスカヴァー・トゥエンティワン) 【審査員特別賞】 『人工知能は人間を超えるか』(松尾豊 KADOKAWA/中経出版) ノミネート作品 -------------------------------------- [全文を読む]

NHK Eテレ「人間ってナンだ?超AI(エーアイ)入門」にVoiceTextが採用

@Press / 2017年03月24日11時00分

・VoiceText エディタ 製品ページ:http://voicetext.jp/products/vt-editor/ [ NHK番組表 ] チャンネル [Eテレ] 2017年3月24日(金) 午後10:00~午後10:45 出演者ほか 徳井義美 東京大学大学院工学系研究科准教授 松尾豊 芥川賞作家、演出家 本谷有希子 囲碁、棋士名人 井山裕太 詳細 [全文を読む]

東京大学発ベンチャー パークシャテクノロジー社と共同開発 人工知能を活用したチャットボット「TATERU Bot AI」2017年2月28日サービス提供開始

PR TIMES / 2017年02月28日16時37分

◯ パークシャテクノロジー社についてパークシャテクノロジー社は、AI研究の第一人者のひとりである東京大学大学院の松尾豊准教授の研究室「東京大学松尾研究室」の卒業生により創業され、現在、機械学習・統計解析・自然言語処理を中心とした解析技術を専門とする、情報科学・データサイエンス領域のソフトウェア技術者により構成された企業です。多数の大手企業との協業を行い、言 [全文を読む]

AI搭載の自動衣類折りたたみ機が3月に発売、仕分けも可能

NEWSポストセブン / 2017年02月07日07時00分

東京大学特任准教授で人工知能学会の倫理委員長も務める松尾豊さんが説明する。 「コンピューターのプログラムのことです。もう何十年も前から研究されていますが、2006年に“ディープラーニング(深層学習)”の手法が登場したことで、進化が格段に早まりました。ディープラーニングは画像などの膨大なデータからコンピューターが自ら“どこに注目すればいいか”を学習していく [全文を読む]

2千万件以上の医学論文学んだAI 白血病患者を救う

NEWSポストセブン / 2017年02月03日16時00分

東京大学特任准教授で人工知能学会の倫理委員長も務める松尾豊さんが話す。 「人を扱うものなので、安全面の問題で導入に時間はかかると思いますが、要介護者の状態を見て、自動的に寝返りを打たせるといったことも、技術的には充分可能になります」 要介護者の大量のケアプランをAIに学習させ、利用者に最適なプランを提示させる研究も進んでいる。 ※女性セブン2017年2月1 [全文を読む]

AIを活用した「決算サマリー」配信スタート 完全自動で決算の要点をまとめ、「日経電子版」「日経テレコン」に

PR TIMES / 2017年01月25日11時37分

http://telecom.nikkei.co.jp/■ 経緯 サービスは日経が出資しているAI技術に強みを持つ言語理解研究所(ILU)とAI研究で実績のある東京大学の松尾豊(特任准教授)研究室の技術やノウハウ、研究成果などを持ち寄り、日経のエンジニアと共同で開発しました。日経の新聞記事や速報ニュースの視点や構成、特徴なども分析、文書作成技術に取り込み、 [全文を読む]

WIRED Audi Innovation Award 2016受賞イノヴェイターたちがスゴい

clicccar / 2016年12月07日21時33分

大学在学中、当時インターネットサーヴィス「SPYSEE」を運営していた、東京大学教授で AI 研究で知られる松尾豊(当時准教授)のもとで働いた経験をもつが、当時の経験から「ロボットに使わない、自分らしく生き残 るため」の方法を模索しているとも言う。 佐藤ビンゴ|BINGO SATO「Vice Media Japan」代表取締役。1995 年 [全文を読む]

「AKBのVR公演とか出してくれ」秋元康のVR事業参入に、巻き起こる期待

おたぽる / 2016年11月08日21時00分

動画には、秋元氏をはじめ、現在は執筆活動や講演、企業のアドバイザーなどをメインに活動しているメンタリストのDaiGoや、最先端の広告技術で様々なソリューションを提供する株式会社フリークアウトの最高執行役員でイグニスの取締役でもある佐藤裕介氏、東京大学にて、人口知能やウェブ、ビジネスモデルの研究を行っている松尾豊特任教授の姿もある。 音声はBGMのみのため会 [全文を読む]

就活、受験、ビジネスに効く『2017年の論点100』電子版と紙版を11/4(金)に同時発売!

@Press / 2016年11月02日14時00分

【2017年の10大問題】 憲法九条改正の条件(石破茂)/イーロン・マスクは何者か(堀江貴文)他 【政治】なぜ日本会議は問題なのか(青木理)他 【安全保障】日米地位協定はどれほど日本に不利か(伊勢崎賢治)他 【中国】ドン・キホーテ創業会長が語る 爆買いはこれからが本番(安田隆夫)他 【東アジア】オバマを罵倒 フィリピン大統領の正体(野村進)他 【経済】な [全文を読む]

データ活用が教える「活躍する人、辞める人」

Forbes JAPAN / 2016年10月29日18時00分

前記事で、松尾豊教授が「子供のAI」で日本には勝ち目があると指摘しているが、まさに「子供のAI」の進化こそが、この方程式を解くカギになるのではないだろうか。各社のHRテックの取り組みOracleオラクルのHRサービス「Oracle Human Resources」はWebベースのアプリケーションで、通信、開発、評価および給与など、人事関連の機能を集約したシ [全文を読む]

フォーカス