鈴木光司のニュース

三大新連載開始!!TVドラマでもおなじみ有栖川有栖<火村シリーズ>最新長編!赤川次郎・待望の新シリーズ始動!新たな貞子伝説が始まる・・・鈴木光司最新作!4月9日(土)配信。

PR TIMES / 2016年04月09日10時20分

今月の目玉は、三大新連載開始です!! 1.TVドラマでもおなじみ有栖川有栖の<火村シリーズ>最新長編、待望の連載! 2.作家生活40周年におくる待望の新シリーズ始動!赤川次郎「三世代探偵団」 3.新たな貞子伝説が始まる! 鈴木光司「ユビキタス」。どうぞご期待ください。[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2280/resize/d7 [全文を読む]

鈴木光司氏が娘に贈る言葉 「目的を見出したら言葉にせよ」

NEWSポストセブン / 2015年08月15日16時00分

作家・鈴木光司氏が長女・美里さんからの問いに答える対論集『野人力 オヤジが娘に伝えたい「生きる原理」』(小学館)。美里さんからの質問は、彼氏や日常生活だけにとどまらず、「勇気」「目的」といった人生における大きなテーマにも及ぶ。父・光司氏は娘に対して、どのように生きるべきか以下のようにアドバイスする。 * * * どうしても実現したい目的があるならば、どうや [全文を読む]

作家・鈴木光司氏 無人島で娘に排便を命令しドン引きされる

NEWSポストセブン / 2015年08月12日16時00分

ハリウッド映画『ザ・リング』が世界的ヒットとなり、近年も『貞子3D2』『アイズ』など続々原作映画が公開され、世界中のホラーファンを魅了している小説家・鈴木光司氏。その実像は、ふたりの娘を育て上げた元祖イクメンで、無類の海好きとしても知られるが、長女・美里さんが父との共著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理」』(小学館)のなかで、その型破りな「野人」エピ [全文を読む]

≪貞子≫で日本中を震撼させた鈴木光司の原作「アイズ」映画化!映画「アイズ」は、劇場公開と同時に、「ビデックスJP」で配信開始!

PR TIMES / 2015年06月06日14時08分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1162/76/resize/d1162-76-917127-0.jpg ] 人気アイドルグループ乃木坂46の次世代注目株、伊藤万理華の初主演映画! 本作は、「リング」「仄暗い水の底から」「貞子3D」の日本一のホラー作家・鈴木光司による短編集「アイズ」の一篇「しるし」を完全長編映画化。監督は「×ゲーム」 [全文を読む]

現役探偵が選考委員に加わる日本初の文学賞 第1回 MR探偵小説大賞開催

DreamNews / 2014年10月06日10時30分

・選考委員長は「リング」「らせん」などでお馴染みの小説家鈴木光司氏が担当。・大賞作品は賞金100万円に加え、株式会社KADOKAWAより書籍化。・探偵社が主催、選考する文学賞は日本初の試み。 総合探偵社株式会社MR(本社:池袋 代表者:宗万真弓)は、探偵が登場する文学作品・探偵小説を、全国よりプロ・アマ問わず広く募集いたします。 「探偵」は、古くから文学作 [全文を読む]

鈴木光司著『エッジ』 米国の文学賞「シャーリー・ジャクスン賞」日本人初の長編賞受賞!!

PR TIMES / 2013年07月15日10時20分

株式会社 角川書店現地時間2013年7月14日(月)アメリカ・マサチューセッツ州バーリントンにて、文学賞「シャーリー・ジャクスン賞」の選考会が行われ、鈴木光司著『エッジ』が長編賞を受賞しました。シャーリー・ジャクスン賞は、心理的サスペンス、ホラー、ダークファンタジーのジャンルにおいて最も優れた小説に贈られる文学賞で、プロの作家、編集者、批評家、研究者による [全文を読む]

ボルボ・カー・ジャパン、著名作家5名によるボルボ90シリーズをモチーフにした短編小説を発表

PR TIMES / 2017年05月30日14時21分

」プロジェクトを通じて、鈴木光司氏、馳星周氏、谷村志穂氏といった日本を代表する著名作家に執筆を依頼しました。5人の作家はそれぞれの視点でS90やV90の「エンジン」「インテリセーフ」「SENSUS」等の5つの特徴にそれぞれ焦点を当てて短編小説を執筆しています。第一回の鈴木光司氏による小説「鼓動」が本日より掲載開始され、今後4ヶ月連続で特設ウェブサイトに展開 [全文を読む]

「リング」「らせん」の鈴木光司さん、すばる文学賞の原田ひ香さん等、シナリオを学んで小説家になった出身ライターに続け!5月8日開講『シナリオの技術で書く小説講座』

PR TIMES / 2012年04月23日11時28分

近年では、赤川次郎さん、直木賞作家の乃南アサさん、鈴木光司さん、すばる文学賞を受賞した原田ひ香さんなど、小説家も数多く誕生しています。 ■なぜ、シナリオライターが小説家になれるのか 現在、小説論や小説作法などの著書は数多くありますが、具体的に、登場人物の描き方や構成の立て方を示したものはありません。多くの小説家志望者がつまずくのは、文体以前にどうドラマを [全文を読む]

創刊以来の大人気連載「うつヌケ」ついに最終回!『文芸カドカワ』12月号、11月10日(木)より配信。

PR TIMES / 2016年11月10日16時44分

そこで出会った武装集団とは?鈴木光司 「ユビキタス」★シャイロック山賀、突然の死。深い悲しみと混乱の中、結城はある決意をした――中山七里「笑えシャイロック」★謎多きエース上崎との対決も、避けられない流れに。遼介は「風」を起こすことができるのか。はらだみずき「名もなき風たち」ほか【今月の執筆陣】赤川次郎/浅生鴨/有栖川有栖/五十嵐貴久/岩城けい/川瀬七緒/今 [全文を読む]

都市伝説の恐怖に挑んだ、この夏必読のホラーエンターテインメント

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月25日11時10分

鈴木光司の『リング』刊行から25年、都市伝説ホラーの新たな傑作が誕生した。澤村伊智の『ずうのめ人形』(KADOKAWA)は、ある都市伝説が現実を侵食してゆく怖さをサスペンスフルに描いた、危険なフィクションである。 オカルト雑誌の編集者をしている主人公の藤間は、変死を遂げたライター・湯水の自宅マンションに残されていた手書き原稿に興味を抱く。そこには「ずうのめ [全文を読む]

三大ミステリ読み切り掲載!!火村英生シリーズ最新長編「狩人の悪夢」はいよいよ火村&アリス登場!「文芸カドカワ」6月号5月10日配信。

PR TIMES / 2016年05月10日16時46分

歌野晶午「赤い部屋はいかにリフォームされたか」 3.ライバルとして、ともに名探偵をめざす中2女子ふたり・・・ 麻耶雄嵩「夏の合宿殺人事件」(後篇) 大人気連載もお見逃し無く! 1.いよいよ火村とアリスが登場! 有栖川有栖「狩人の悪夢」 2.小劇団の女優が殺された・・・祖母+母+娘、それぞれの活躍が始まる! 赤川次郎「三世代探偵団 次の扉に棲む死神」 3. [全文を読む]

彼氏との婚前旅行を勧める父「目指すべきは箱入り娘ではない」

NEWSポストセブン / 2015年08月17日16時00分

一方、“野人オヤジ”こと小説家・鈴木光司氏は、長女・美里さんとの共著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理』(小学館)の中で、「彼氏と早く旅行へ行け」と勧めている。その真意はどこにあるのか。美里さんが知られざる父のエピソードを紹介する。 * * * 私のやることに「NO」と言わない父ですが、時折、しつこいぐらい口を出してくることがあります。それは勉強のこ [全文を読む]

「CRリング 呪い再び」実機導入記念!大人気の旧作「リング」アプリシリーズが期間限定で値下げ!!

@Press / 2015年07月07日13時00分

Android/iOS『CRリング 運命の日』1,600円(税込)⇒360円(税込)Android/iOS『パチスロリング 呪いの7日間』960円(税込)⇒360円(税込)Android/iOS『CRリング 呪いの7日間』1,600円(税込)⇒120円(税込)※権利表記:(C)1999鈴木光司 発行:株式会社KADOKAWA 角川書店 (C)1998「リン [全文を読む]

実機シミュレーターアプリ「CRリング 運命の日」に魅惑の新機能「7Link(ななりんく)」モードを追加アップデート! 期間限定で大幅値下げセールも同時開催!!

@Press / 2014年12月22日17時15分

*権利表記:©1999鈴木光司発行:株式会社KADOKAWA角川書店 ©1998「リング」「らせん」製作委員会 ©藤商事■ 「CRリング 運命の日」アプリ商品概要タイトル CRリング 運命の日 Android版iPhone版配信開始日 Google Play : 2014年9月1日App Store : 2014年9月10日 カテゴリー ゲーム>カード&カ [全文を読む]

世界初!!体験型ホームエンターテイメント!スマホと連動『貞子3D2』“スマ4D”がブルーレイ&DVDに登場!

PR TIMES / 2013年11月28日14時53分

鈴木光司の最新描き下ろし原作による“最恐のアトラクション・ホラー”第2章! 瀧本美織/瀬戸康史/大沢逸美/平澤宏々路 大西武志/石原さとみ(特別出演)/山本裕典/田山涼成 原作:鈴木光司(「エス」 角川ホラー文庫刊) 監督:英勉 脚本:保坂大輔 杉原憲明 音楽:川井憲次 http://www.sadako3d.jp/ (c)2013『貞子3D2』製作委員 [全文を読む]

「オーシャンクロニクル」シリーズの上田早夕里、新連載スタート!吉本ばなな×CHIEの特別対談掲載!『文芸カドカワ』7月号、6月10日(土)より配信!

PR TIMES / 2017年06月10日12時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3352/resize/d7006-3352-506284-0.jpg ]今月の文カド・ニュースは・・・1.「オーシャンクロニクル」シリーズの上田早夕里による連載、「リラと戦禍の風」スタート!2.吉本ばなな×CHIE 特別対談掲載 2人にとって「変化する」こととは3.四大連載最終回!浅生鴨/中 [全文を読む]

小学生・中学生の「考える力」を育む!子ども達だけでシナリオ(脚本)を書く「シナリオ・ワークショップ」6月3日・10日開催

@Press / 2017年06月01日16時00分

ジェームス三木や内館牧子、大河ドラマ『おんな城主 直虎』の森下佳子、連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和などの脚本家、赤川次郎、乃南アサ、鈴木光司などの小説家など、600名以上の卒業生がプロのライターをとして活躍しています(2017年1月現在)。 【ワークショップ概要】 日時 (1)2017年6月3日(土)13:30~15:30 「オリジナルの短編シナリ [全文を読む]

住野よるが描く”最旬青春小説”「青くて痛くて脆い」。アニソンのなかの<多幸感>をひもとく!?「このアニソンを聴け!」。小説からエッセイまで満載の『文芸カドカワ』6月号、5月10日(水)より配信中!

PR TIMES / 2017年05月12日10時04分

堀埜浩二「このアニソンを聴け!」6.考古学者・峰は窮地を脱出できるのか? 生き残りを賭けたサバイバル・アクション!下村敦史「サハラの薔薇」【今月の執筆陣】赤川次郎/浅生鴨/新井素子/今野敏/下村敦史/鈴木光司/住野よる/でんすけのかいぬし/富樫倫太郎/中山七里/はらだみずき/藤井太洋/堀埜浩二/夢枕獏<今月号のイチオシラインナップ>「青くて痛くて脆い」著 [全文を読む]

『君の膵臓をたべたい』の住野よる、本誌初登場&新連載スタート!『文芸カドカワ』4月号、3月10日(金)より配信。

PR TIMES / 2017年03月10日13時41分

堀埜浩二「このアニソンを聴け!」ほか多数!【今月の執筆陣】赤川次郎/浅生鴨/新井素子/岩城けい/今野敏/坂木司/下村敦史/住野よる/鈴木光司/でんすけのかいぬし/中山七里/二村ヒトシ/はらだみずき/藤井太洋/堀埜浩二/夢枕獏<今月号のイチオシラインナップ>「青くて痛くて脆い」著:住野よる (新連載)[画像2: https://prtimes.jp/i/70 [全文を読む]

首都の明日を予見する藤井太洋のポスト・オリンピック小説『東京の子』スタート!『文芸カドカワ』3月号、2月10日(金)より配信。

PR TIMES / 2017年02月10日17時17分

「出張! 本屋でんすけにゃわら版」ほか多数!大人気作品、企画などもお見逃し無く!【今月の執筆陣】赤川次郎/浅生鴨/新井素子/岩城けい/川瀬七緒/今野敏/下村敦史/鈴木光司/でんすけのかいぬし/中山七里/はらだみずき/藤井太洋/堀埜浩二/夢枕獏 <今月号のイチオシラインナップ>「東京の子」著:藤井太洋(新連載)[画像2: https://prtimes.jp [全文を読む]

フォーカス