金城龍彦のニュース

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

2 / 2016年12月08日16時06分

FA選手獲得本気度:◯ FA選手成績リンク度:△ ■「一塁・阿部」プロジェクトへの貢献 2014年のFA獲得選手:相川亮二(ヤクルト)、金城龍彦(DeNA) 2015年の結果:2位 V9以来のリーグ4連覇に挑んだ2015年に向けて、2014年オフにも2名のFA選手を獲得。阿部慎之助の一塁手転向により手薄になる捕手陣のテコ入れに相川亮二(ヤクルト)を、外野 [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

1 / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

侍ジャパン06年組たったひとりの生き残り、35歳青木宣親に求められるもの

1 / 2017年01月25日13時27分

里崎智也、谷繁元信、岩村明憲、小笠原道大、松中信彦、宮本慎也、和田一浩、多村仁、金城龍彦・・・多くの選手がすでに第一線を退いた。こうして第1回大会のメンバーの名前を見ると、あらためてスポーツ界の「11年」という時の重さを実感する。◆ 11年という歳月 ちなみに06年の相撲界は白鵬がまだ大関で、ハタチの稀勢の里も小結、あの朝青龍が大横綱として君臨する日々。そ [全文を読む]

【プロ野球】V奪回が史上命令! コーチを入れ替えて臨む2年目の由伸ジャイアンツ。その陣容は?

1 / 2017年01月06日16時05分

配置転換組では、指導に定評のある田代富雄2軍打撃コーチ(2016年は巡回打撃コーチ)、ゴールデン・グラブ賞2回の金城龍彦2軍外野守備走塁コーチ(2016年は3軍打撃コーチ)も、2軍活性化にひと役買いそう。 そしてもうひとり、6年ぶりに巨人に復帰する小谷正勝巡回投手コーチも注目の存在。2016年までは、ロッテの2軍投手コーチを務めていたが、かつては横浜やヤ [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

1 / 2016年03月25日07時00分

巨人では、新監督に就任した高橋由伸をはじめ、井端弘和、金城龍彦。他球団でも斎藤隆(楽天)、西口文也(西武)、谷佳知(オリックス)などビッグネームが並ぶ。 指導者として請われて退いたり、自ら引き際を選べるのはまれで、一時代を築いた選手でも戦力外と見なされればたちまち職を失う。そんな厳しい世界で現役を続けるのは至難の業だ。 しかし、たとえ球団から引導を渡された [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

1 / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

続々引退のプロ野球、大物ぞろいで次期監督に最も近いのは…

1 / 2015年11月16日06時00分

中日・山本昌(50歳)、小笠原道大(みちひろ・42歳)、和田一浩(43歳)、巨人・井端弘和(40歳)、金城龍彦(39歳)、DeNA・高橋尚成(40歳)、西武・西口文也(43歳)、オリックス・谷佳知(よしとも・42歳)、楽天・斎藤隆(45歳)…。あらためて並べてみると、そうそうたるメンバーだ。 昨季から兼任監督だった中日・谷繁元信(44歳)、新たに巨人の監 [全文を読む]

巨人・阿部と村田に赤信号…2000本安打達成可能な4人のバッターは?

1 / 2015年10月18日09時00分

新井貴浩 1971本(残り29本) 来季38歳 117本(95本) 福留孝介 1933本(残り67本) 来季39歳 139本(86本)※日米通算 福浦和也 1912本(残り88本) 来季40歳 47本(35本) 井端弘和 1912本(残り88本) 来季41歳 63本(60本) 荒木雅博 1890本(残り110本) 来季39歳 53本(78本) 阿部慎之助 [全文を読む]

横浜DeNA 失速の背景にTBS時代と変わらぬベテラン軽視も

1 / 2015年06月25日16時00分

親会社がDeNAに変わって、外国人やドラフトなどの補強は当たっていますが、ベテラン軽視の体質だけは変わっていないように思えます」 2011年オフ、TBSからDeNAに経営権が譲渡されて以降も、渡辺直人、森本稀哲、鶴岡一成、中村紀洋、金城龍彦といった百戦錬磨の仕事人が放出されている。 野球界には、「困ったときのベテラン頼み」という傾向がある。チームが低迷した [全文を読む]

巨人・原監督を陰で操る黒幕の存在とは?(2)阿部のコンバートや補強などにも関与?

1 / 2015年05月05日09時55分

金城龍彦(38)や、前年の井端弘和(39)など、フロント主導で獲得に動いた選手の活躍も目立ってはいます。ところが、原監督の本命はオリックスに残留した金子千尋(31)だったようです。編成面で意見を通すためにも、GMに自身の頭脳とでも言うべき人物が座っていれば心強い。その構想が実現した際には、X氏が懇意にしているライバル球団のOBを入閣させるプランもあるようで [全文を読む]

フォーカス