樋口陽一のニュース

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節が読み解く日本会議 「宗教や思想を押しつける世界では民主主義なんて絶対に成立しない」

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

著書に『「憲法改正」の真実』(樋口陽一氏との共著・集英社新書)など。政治団体「国民怒りの声」を設立、参院選比例代表に出馬する考えを表明 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「靖国参拝を“日本人なら当然の常識”と考える『日本会議』には歴史の反省がない」

週プレNEWS / 2016年06月18日06時00分

著書に『「憲法改正」の真実』(樋口陽一氏との共著・集英社新書)など。政治団体「国民怒りの声」を設立、参院選比例代表に出馬する考えを表明 [全文を読む]

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「自民党の改憲案は『個性を持った個人の尊重』という原則を捨て去ろうとしている」

週プレNEWS / 2016年06月17日06時00分

著書に『「憲法改正」の真実』(樋口陽一氏との共著・集英社新書)など。政治団体「国民怒りの声」を設立、参院選比例代表に出馬する考えを表明 [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第24号 6月6日(月)発売! 特集テーマは「空へ! 飛行という欲望」

DreamNews / 2016年06月06日09時00分

【特集構成】巻頭言瀬名秀明 大空を飛ぶと、世界の見え方が変わるPart1 History荒俣 宏 飛ぶことへの尽きせぬ夢鹿島 茂 夢想家、サン=テグジュペリ池内 紀 人造ノ蜂─恩地孝四郎の『飛行官能』海野 弘 空飛ぶ王子の光と影─チャールズ・リンドバーグ巖谷國士 稲垣足穂とヒコーキ斎藤泰弘 レオナルド・ダ・ヴィンチの飛行機青木冨貴子 女性飛行家アメリア・イ [全文を読む]

泰斗・重鎮・権威・鬼才 すぐれた人の称号の使い分け方

NEWSポストセブン / 2016年05月10日16時00分

「憲法改正の真実」(樋口陽一・小林節著 集英社新書)では、小林・慶応大名誉教授が《ここではあえてマスメディアがつける枕詞を借りて乱暴にまとめると、樋口先生は「護憲派」の泰斗、私は「改憲派」の重鎮と言われてきた憲法学者です》 と自ら紹介している。・泰斗……(泰山や北斗のように)その道で世人から最も仰ぎ尊ばれている権威者。・重鎮……ある方面で重きをなす人物。 [全文を読む]

人権否定、戦前回帰の自民党・改憲草案はなぜ生まれたのか? 憲法調査会に巣食うグロテスクな世襲議員たち

リテラ / 2016年05月03日17時30分

そう話すのは、憲法学の権威であり、"護憲派の泰斗"と呼ばれる樋口陽一・東京大学名誉教授だ。樋口氏は、改憲派として長く自民党のブレーンとして活動してきた小林節・慶應義塾大学名誉教授との対談本『「憲法改正」の真実』(集英社新書)で、改憲草案を「憲法とは呼べない」と断罪、小林氏もそれに同意している。 護憲派も改憲派も口を揃えて批判する改憲草案。ふたりがもっとも驚 [全文を読む]

「戦争法案じゃなくて、人殺し法案だ」憲法学者らが国会前で「安保法案」反対アピール

弁護士ドットコムニュース / 2015年07月03日18時32分

呼びかけ人の一人である石崎学・龍谷大学教授は「樋口陽一先生(東京大学名誉教授)の国会前アピールに心を打たれた。私でもやれることはないかと研究室を飛び出してきた」と述べた。登壇者の一人は「こんなところで話すのは恥ずかしいが、我慢できずにやって来た」と語った。 荒天でときどき雨が降りかかる国会前には、学者や研究者、弁護士のほか、メディアや市民50人近くが集ま [全文を読む]

反安倍、反原発…菅原文太さん“左寄り”の原点は高校時代

WEB女性自身 / 2014年12月11日09時00分

また護憲派の憲法学者で「九条の会」の論客である樋口陽一氏(80)も、文太さんの1年後輩。今年5月には文太さんと2人で講演会を開いた。「当時、学年担任の先生が『弱気を助け、強きを挫け』と生徒に薫陶を与えた。みんな感化されましたね。もともと自由奔放でバンカラな校風。戦後すぐで食料も枯渇している時代に、文太君は平和運動に打ち込んでいた。一度思い込むと、どんどん突 [全文を読む]

流行語大賞に「集団的自衛権」 東大名誉教授「軽く受け止められて絶望的」と嘆く

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月01日22時04分

この点について、記者から感想を求められた樋口陽一・東京大学名誉教授(憲法学)は「重大な内容が盛り込まれているにもかかわらず、十分伝わらないまま流行語として軽く受け止められていることに絶望的な感じがした」とため息をついた。 また、樋口名誉教授は「あらゆることに誠実でない仕方で対処している安倍政権のありようが、有権者の多くの人に伝わるようにしたい。決して特定の [全文を読む]

「憲法がハイジャックされている」 憲法学者ら「集団的自衛権」を考える団体結成

弁護士ドットコムニュース / 2014年05月28日22時19分

阪田雅裕 (元第61代内閣法制局長官) 大森政輔 (元第58代内閣法制局長官) 樋口陽一 (東京大学名誉教授・憲法) 小林節 (慶應義塾大学名誉教授・憲法) 長谷部恭男(早稲田大学教授・憲法) 最上敏樹 (早稲田大学教授・国際法) 柳澤協二 (元防衛省防衛研究所長、元内閣官房副長官補) 孫崎享 (元防衛大学校教授、元外務省情報局長) 伊勢崎賢治(東京外国 [全文を読む]

フォーカス