宇川直宏のニュース

Koji Nakamuraが公式YouTube Offical Channelを開設

okmusic UP's / 2014年04月26日18時00分

スーパーカー「BE」(dir:多田琢、関口現)、スーパーカー「WONDER WORD」(dir:辻川幸一郎)、iLL「RAPiLLED I MOVEMENT #1」(dir:宇川直宏)、iLL「Scum」(dir:竹内鉄郎) など数々のクリエーターと共に制作された名作MVをぜひチェックしよう。ちなみに、スーパーカー、iLLのミュージックビデオを公式として公 [全文を読む]

冨田勲、現代美術家・宇川直宏が手がけたアルバムアートワークを公開&アニメ交響詩『ジャングル大帝』上演決定

okmusic UP's / 2017年02月21日12時00分

【その他の画像】冨田勲アートワークを手掛けたのは現代美術家であり、人気ストリーミングチャンネルDOMMUNEの主宰である宇川直宏。宇川は、幕張メッセで2013年に行なわれたFREEDOMMUNEで冨田を夜明けのヘッドライナーに起用したり、晩年のリリースアルバムの多くのジャケットアートワークを手掛けるなど、まさに“TOMITAルネッサンス"のけん引役として [全文を読む]

「泉麻人」「浅葉克己」「茂木健一郎」が語る赤塚イズム著名人の直接講義が魅力の赤塚不二夫生誕80年企画「バカ田大学」絶賛開講中

PR TIMES / 2016年02月24日15時14分

また、シンガーの三上寛と映像作家の宇川直宏のコンビによるミニライブ付き講義第二夜のテーマは「餓えた子ども達の前でコニャニャチハは有効か?」。2月28日(日)は、アートディレクター浅葉克己による講義「恥肉化とは何か。」が登場。ゲストに書籍・コミックなど幅広い装幀のデザインをてがけるブックデザイナーの祖父江慎を迎えて豪華な講義を展開します。そして、2月29日( [全文を読む]

赤塚不二夫生誕80年企画「バカ田大学」絶賛開講中「鴻上尚史」、「久住昌之」他 編

PR TIMES / 2016年02月12日16時58分

「これでいいのだ」に代表される「赤塚イズム」を再発見する期間限定プログラムイベント! 2 月14日(日)には、三上寛と宇川直宏による「第一夜:飢えた子供の前でタリラリラ~ンは有効か?(ミニライブ付)」と、日本を代表する劇作家、演出家である鴻上尚史による「コミュニケイションの達人になれるといいのだ」が開講される。グラフィックデザイナー、音楽家、演出家による「 [全文を読む]

宇川直宏が、セレブ1000人の偽サインを個展で披露

Entame Plex / 2014年01月23日22時43分

美術だけにとどまらず、グラフィックデザイナー、VJ、ミュージッククリップディレクター、執筆家、ライヴストリーミングチャンネル「DOMMUNE」の開局など多岐にわたる活動や、批判的視点から既成のファインアートと大衆文化の枠組みを乗り越え続けてきた宇川直宏。 そんな彼の個展「2NECROMANCYS」が、港区白金の現代美術ギャラリー山本現代で1月25日(土)か [全文を読む]

寺山修司、横尾忠則らを撮った無名の写真家・羽永光利の圧倒的アーカイブ集、「一〇〇〇」シリーズ新刊【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2017年06月01日21時19分

なお、「一〇〇〇」シリーズにはこれまで、『町口覚 一〇〇〇』『東京TDC 一〇〇〇』『宇川直宏 一〇〇〇』『中平卓馬 一〇〇〇』が刊行されている。 【書籍情報】 書籍名:『羽永光利 一〇〇〇』 執筆:黒ダライ児 発行年:2017年4月 発行:一〇〇〇BUNKO 発売:bookshop M 文庫版/1,024ページ/1色刷り 言語:日本語、英語 部数:初版 [全文を読む]

MIYAVI、15周年ベストがiTunesアルバムロックチャート1位獲得

okmusic UP's / 2017年04月05日11時00分

「DOMMUNE」主宰の宇川直宏、大ヒット人気漫画「東京喰種トーキョーグール」の石田スイ、寺田克也(漫画家・イラストレーター)、ファレル・ウィリアムスやゆずなどのMVを手掛けるファンタジスタ歌磨呂、PRADAや資生堂など多くのブランドから愛されるアニメーター・シシヤマザキ、でんぱ組Inc.の最上もが、ファッションブランド「FUGAHUM」の三嶋章義、建築家 [全文を読む]

バカ田大学祭ライブ・ビジュアル解禁!いよいよ一般発売&講師からコメントなのだ!

PR TIMES / 2017年03月25日11時17分

2015年9月14日に赤塚不二夫生誕80年を記念して開催された第1回のバカ田大学祭ライブでは電気グルーヴ、スチャダラパーが競演、トークゲストとして三上寛、宇川直宏が出演、大盛況で終了した。2回目となる今回は、『天才バカボン』『もーれつア太郎』50周年を記念してTHE BEATNIKS、矢野顕子をはじめいつも多忙でバカ田大学で講師ができない(? )豪華アーテ [全文を読む]

2/13発売『WIRED』日本版最新号Vol.27:科学のゆくえを問う大特集

PR TIMES / 2017年02月08日11時24分

さらに、この先科学は豊かさに満ちた「未知の世界」とどう向き合うのか、蔵本由紀、長沼伸一郎、北野宏明、宇川直宏、ピーター・ペジックの5人の賢人に訊いた。民俗学者の畑中章宏は柳田国男とガストン・バシュラールの火の考察から、もうひとつの「科学史」を問い直す。1月に発売された新刊『フンボルトの冒険』から一部抜粋。『フンボルトの冒険』の著者であるアンドレア・ウルフの [全文を読む]

WIRED Audi Innovation Award 2016受賞イノヴェイターたちがスゴい

clicccar / 2016年12月07日21時33分

宇川直宏|NAOHIRO UKAWA1968 年生まれ。現在美術家。映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、京都造形芸術大学教授など、極めて多岐にわ たる領域に活動を広げる。2010 年に個人で開局したライヴストリーミング兼チャンネル「DOMMUNE」では、世界中の DJ、クリエ イターから熱狂的な支持を受け続けている。2012 [全文を読む]

Daft Punkやアントニオ猪木を撮りながら、問題作を発表し続ける異能の写真家 梅川良満が語った半生

NeoL / 2016年11月21日14時55分

宝田明、舘ひろし、二階堂ふみ、栗山千明、ジョニー・ノックスビル、Haley Joel Osmentら映画俳優、井上三太や水道橋博士や宇川直宏などのマルチな才能を発揮する人物たち。梅川の友人で世界的な画家である五木田智央のポートレートは、ニューヨークのMary Boone Galleryで開かれた五木田の個展のために撮影したものだという。膨大な量の写真を見な [全文を読む]

新しい『才能』の発掘と育成!「INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD 2016」ナレッジキャピタル イベントラボで11月9日(水)・10日(木)開催!

PR TIMES / 2016年10月25日15時21分

また、会場ではデジタルコンテンツ部門のノミネート作品展示や、国内・海外映像コンテンツ部門の受賞作品を上映するほか、過去のISCA受賞者である今話題のクリエーター、竹内泰人氏・寿司くん(小山拓也氏)を迎えたトークセッションや、昨年の大好評に応え、今年も宇川直宏氏と落合陽一氏による最先端のクリエイティブをテーマとしたスペシャルトークバトルを開催します。そして [全文を読む]

NYアンダーグラウンドの“いま”を象徴するAnthony Naples、約1年ぶりに再来日

NeoL / 2016年08月29日16時55分

高橋透、宇川直宏とタッグを組んだGODFATHER、HOUSE OF LIQUID、SLOWMOTION等のレジデントパーティーの他、TAICOCLUB、Freedommune、Raw Lifeなど、インディペンデントな屋外フェスへ多数出演。記念すべき第一回のDJを担当した〈Dommune〉では、自身の番組Moodommuneを不定期で放送している。201 [全文を読む]

ギターウルフ・セイジの書籍『昭和UFO』発売記念DOMMUNEに殺害塩化ビニールからの刺客が登場!後半はウルトラ・レアなパンク・ロックも聴ける、開局以来、最もパンクなDOMMUNEが配信決定!

PR TIMES / 2016年08月19日12時48分

また、同日後半のDJパートとして昨年8月、DOMMUNE主宰・宇川直宏たっての希望により第一回が配信され、大きな話題を呼んだ『70sパンク・レコード図鑑』Presents「KILLED BY DOMMUNE!!!」の第二回も決定しました。 DOMMUNE史上最もパンクな1日に注目です。2016年8月22日(月)Rittor Music Presents 実 [全文を読む]

石野卓球が衝撃の性生活を暴露!「不特定多数じゃ物足りなく…」!?

anan NEWS / 2016年08月19日12時00分

アートワークは盟友である美術家・宇川直宏。ジャケットは1978年発行の成人向け雑誌『漫画エロトピア』の表紙に“ハードコアレタッチ”を施して再構築。(Ki/oon Music) ※『anan』2016年8月17・24日号より。写真・小笠原真紀 文・重信 綾 [全文を読む]

NYアンダーグラウンドの“いま”Anthony Naplesが約1年ぶりの再来日

NeoL / 2016年08月02日08時12分

高橋透、宇川直宏とタッグを組んだGODFATHER、HOUSE OF LIQUID、SLOWMOTION等のレジデントパーティーの他、TAICOCLUB、Freedommune、Raw Lifeなど、インディペンデントな屋外フェスへ多数出演。記念すべき第一回のDJを担当した〈Dommune〉では、自身の番組Moodommuneを不定期で放送している。201 [全文を読む]

冨田勲の追悼プログラムとして過去の「DOMMUNE」出演回すべてを再放送

okmusic UP's / 2016年07月04日17時30分

「DOMMUNE」主宰の宇川直宏は「これらプログラムは、電子音楽の本質と、人間の音楽感受の能力を次元上昇させる、エレクトロニック・アセンションだと捉えることができるでしょう。どうか先生の御霊の安らかならんことを…..」と語る。他界する1時間前まで新作「ドクター・コッペリウス」の制作に励んでいた稀代のクリエイター冨田の、音楽への熱い思いと、それを受け継ぐ若き [全文を読む]

今最前線のアナログ文化、その現在と未来を明らかにする『ラジカセ for フューチャー』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2016年06月22日13時20分

【書籍内容詳細】アナログ・ルネサンスいま、なぜラジカセとカセットか?/松崎順一対談・宇川直宏 × 松崎順一 ── 声なき声を受信するラジカセ+カセットのエクトプラズムラジカセあるいはBoombox、もしくはゲットー・ブラスターとその復権/椎名謙介デジタルのゲットーを破壊せよ ── 中西俊夫の語るラジカセとその未来“チーズボイガー!”パンクとヒップホップが出 [全文を読む]

冨田勲が創った伝説の音源、ついに初CD化!

okmusic UP's / 2016年02月24日20時00分

ジャケットワークは、DOMMUNEの主宰であり、冨田勲をたびたび番組やフェスに起用して再評価の牽引役となっている宇川直宏が、冨田と対話を重ねながら作り上げた。冨田は今回の音楽イメージについて“賢治は、北へ行けばトシの魂に会えると、樺太の日本最北の地まで樺太鉄道に乗って行った。賢治にはオホーツクの海はあまりにも広大だった”とコメントを寄せ、このイメージに着 [全文を読む]

赤塚不二夫生誕80年記念『ビチュツ展』 村上隆、アラーキー、安齋肇ら参加

太田出版ケトルニュース / 2015年11月20日10時16分

会場には、荒木経惟(写真家)、安斎肇(イラストレーター/アートディレクター)、宇川直宏(アーティスト)、村上隆(アーティスト)、横山裕一(漫画家、アーティスト)ほか、各界のトップクリエイターの作品が勢揃い。また、赤塚藤雄(不二夫)が漫画家デビュー前、新潟の塗装店に勤務していた時代の絵画作品が特別展示されるほか、赤塚不二夫のキャラクターグッズやコレクターア [全文を読む]

フォーカス