井口昇のニュース

映画界の鬼才がアプリ界に殴り込み!映画監督・井口昇監修の放置系・怪奇ドラマゲーム『復讐アプリ ジュジュジュの呪太郎』Androidにて配信開始!

DreamNews / 2016年02月02日10時00分

<監修>監修として、監獄学園で話題の映画監督・井口昇氏が参加しています。突き抜けた恐怖と全身が凍り付くギャグに昭和の香りを大胆に織り交ぜた、お得意の井口ワールドをお楽しみください!井口昇映画監督1969年6月28日東京都出身代表作に映画『片腕マシンガール』『電人ザボーガー』 ドラマ『監獄学園』ほか<キャラクターデザイン>キャラクターデザインは、闇世界や恐怖 [全文を読む]

井口昇監督『変態団』が描くマニアの葛藤ーー姫乃たまが13人のフェティシズムと向き合う

リアルサウンド / 2015年11月18日08時10分

参考:光宗薫、ベッドシーンで見せた微笑みの破壊力 姫乃たまが『ピース オブ ケイク』の濡れ場を考える 『変態団』は、中川翔子主演の『ヌイグルマーZ』(2014年)や、TBS系列『監獄学園-プリズンスクール-』(2015年)の実写ドラマ化を手がけている井口昇監督作品です。最近では5人の女優からなるアイドルグループ「ノーメイクス」のプロデュースも手がけるなど、 [全文を読む]

『監獄学園』で注目を集める井口昇がスマホゲームに参戦!? 見た目“魔太郎”な『呪太郎』で悪い奴を懲らしめろ!!

おたぽる / 2015年10月11日22時00分

さらに、すべての演出を『デッド寿司』や『片腕マシンガール』などで知られる映画監督・井口昇氏が担当している。両氏が描く「呪いの裁き」は、かなり過激でブラックながらも、うっぷんを晴らすには最適なカタルシス満載の仕上がり。 そんな同作は、まだ配信前にも関わらず「井口昇が監修か。ストーリーの性のあるソシャゲはどんどん増えてくると思う」「映画監督がアプリ監督を務める [全文を読む]

『ヌイグルマーZ』は井口昇監督の女子力爆発! 「女性ヒーローモノの集大成を作りたい」

AOLニュース / 2014年01月22日23時00分

大槻ケンヂによる長編小説「縫製人間ヌイグルマー」を原作に、『片腕マシンガール』(2007年)『デッド寿司』(2013年)の井口昇監督がメガホンを握った、異色コラボ作品『ヌイグルマーZ』。あの"しょこたん"こと中川翔子と次世代アクション女優・武田梨奈を主演に迎えた、ピンク色のフワフワと本格アクション、そしてゾンビが共存するファンタジック・ヒーローアクション映 [全文を読む]

【井口昇監督"異形"インタビュー】スマイレージが"コワイレージ"になっちゃった!? 思春期ホラー『怪談新耳袋 異形』を巡る不思議体験

日刊サイゾー / 2012年08月09日08時00分

10代の少女たちの中に潜む不安、妬み、性への憧れと怯えといった細やかな感情を巧みに映像化してみせる井口昇監督。イジメ問題に言及した『片腕マシンガール』(07)、ままならない人生に押し潰されそうになる中年男の再起動を描いた『電人ザボーガー』(11)を大ヒットさせた売れっ子監督だ。"日本一スカートの短いアイドル"スマイレージを主演に迎えた『怪談新耳袋 異形』で [全文を読む]

「ブルーハーツが聴こえる」公開中止乗り越え封切り 斎藤工が井口昇監督に「大好きです」

映画.com / 2017年04月08日14時42分

[映画.com ニュース] 1995年に解散したバンド「THE BLUE HEARTS」の楽曲をモチーフにした短編映画集「ブルーハーツが聴こえる」が4月8日、東京・新宿バルト9で封切られ、各エピソード出演の市原隼人、斎藤工、山本舞香、豊川悦司、三浦貴大、メガホンをとった下山天監督、井口昇監督、李相日監督が舞台挨拶に出席した。 製作から約2年、公開中止の危機 [全文を読む]

鬼才・井口昇監督が描くホラーショートアニメ『世界の闇図鑑』第1話「誘惑の黒い影」レビュー

おたぽる / 2017年04月03日16時00分

AV、ピンク映画、そして一般作とジャンルを超えて活躍する監督・井口昇によるホラーショートアニメ『世界の闇図鑑』(テレビ東京系)が4月2日深夜より放送開始! AVではスカトロとゲロ。一般作でも吹き出物、ホラー、怪獣、変身ヒーローなどなど、コアなモチーフに執着する「鬼才」としか呼びようのない井口監督が、どんなアニメを作ったのか? 早速報告させていただきます…… [全文を読む]

奥田佳弥子、映画『スレイブメン』の井口昇監督の指導に「すごく乙女、女の子の気持ちをこんなにうまく表現できる監督っていない」

GirlsNews / 2017年03月11日06時33分

奇才・井口昇監督の映画『スレイブメン』が10日、公開初日を迎え、中村優一、奥田佳弥子、阿部亮平、味岡ちえり、松井望、寺田安裕香が監督と舞台居挨拶を行った。 本作で、悲劇のダークヒーロー“スレイブメン"となって戦う気弱な青年を演じるのは、『仮面ライダー響鬼』や、『仮面ライダー電王』で知られるイケメン俳優・中村優一さん。 ヒロインを務める奥田佳弥子さんは、昨年 [全文を読む]

井口昇監督がアイドルプロデュース! “監獄学園”に匹敵する変態ワールド『キネマ純情』に見た巨匠のDNA

おたぽる / 2016年03月11日20時00分

そんな精神的な意味でのアンドロギュヌスであることを強く感じさせるのが、深夜ドラマ『監獄学園 プリズンスクール』(MBS、TBS系)で注目を集めた鬼才・井口昇監督である。女の子たちが仲睦まじく戯れる姿に魅了される自分がいると、かねてよりカミングアウトしている。私生活では結婚しているものの、表現者として女の子ならではの世界にたまらなく惹き付けられるらしい。 劇 [全文を読む]

【監獄観察日誌】井口昇「ファンを失望させたくない」

Smartザテレビジョン / 2015年10月25日00時00分

そんな話題作の監督を務める井口昇にインタビューを敢行。原作がある作品だからこそ、ファンを一番に考え、エロに、キャラクターに真摯(しんし)に向き合う監督の意気込みに迫った。 ――作品を作るうえで一番大事にしていたことは何ですか? 原作はキャラクターがすごく魅力的なので、その良さを(表現するために)生身の役者さんをいかに原作に寄せるかを大事にしたいと思いまし [全文を読む]

フォーカス