服部良一のニュース

成功する2世、ヒントは「才能を社会のために」との使命感

NEWSポストセブン / 2016年12月19日11時00分

初代・服部良一は「昭和歌謡の父」と呼ばれる稀代の作曲家。2代目・服部克久(80才)も『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた、昭和を代表する作・編曲家。 3代目は当代きっての人気作曲家・服部隆之(51才)。映画『HERO』、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『真田丸』などを手がけた売れっ子だ。さらにスゴいのが弱冠17才の4代目の服部百音。5 [全文を読む]

ペギー葉山、前田憲男、服部克久ら豪華出演陣らの熱いジャズ愛 10月7日・オーチャードホール コンサート“戦後、歌謡曲はジャズだった”開催会見

PR TIMES / 2016年09月17日10時29分

奥田の父である奥田宗宏と、服部克久の父である服部良一という2人の出会いが日本におけるジャズの発展につながったのではないかという話から、戦前・戦中・戦後の日本歌謡界が辿った変遷を、音楽のように流暢な語り口で紡ぐ奥田。敬愛してやまない先人たちや名曲たちが、いかにして日本の音楽シーンを変えていったのか、会場中がそのストーリーに耳を傾けます。さらにコンサート当日披 [全文を読む]

成功者や富める者に実は共通している「経験」…そうではない「あなた」との決定的違い

Business Journal / 2017年01月11日06時00分

服部氏は、やはり大活躍された音楽家・服部良一氏のご子息だから、環境的にも経済的にも恵まれていたのは事実だろう。だからこそ、その時代にそのような経験ができたといえばそうかもしれない。 しかし、それを差し引いて考えても、60年前のその時代に、高校を卒業したばかりの10代の若者がたった1人でパリに音楽を学びに行くというのはすごいことだ。海外に行くことがはるかに [全文を読む]

レコ大事件簿 五木ひろしと八代亜紀の「五八戦争」

NEWSポストセブン / 2016年12月24日07時00分

その前年、日経新聞の音楽記者・平井賢の呼びかけで、国民栄誉賞の作曲家、古賀政男や服部良一ら錚々たるメンバーが日本作曲家協会を設立。同年にアメリカで始まったグラミー賞にならったものだった。当初は会場も小規模で、年末の昼間に放送されていた時期もあった。 1969年、大晦日夜7時から9時までの生中継を始めるとレコ大人気は急上昇。視聴率は10%台から30%台にな [全文を読む]

「日本のバッハ一族」服部家、音楽の才能は92%が遺伝との説も

NEWSポストセブン / 2016年12月17日16時00分

初代・服部良一は「昭和歌謡の父」と呼ばれる稀代の作曲家。淡谷のり子『別れのブルース』、笠置シヅ子『東京ブギウギ』などの大ヒット曲を含め、手掛けた楽曲は3593曲。1993年の没後には、国民栄誉賞を受賞した。 2代目・服部克久(80才)も『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた、昭和を代表する作・編曲家。3代目は当代きっての人気作曲家・服部隆之(51才)だ [全文を読む]

「ステージに立って歌ってる時が一番楽しいかな」松本伊代さん

まぐまぐニュース! / 2016年05月10日03時51分

82年YTV有線大賞で最優秀新人賞、82年ABC歌謡新人グランプリで服部良一賞、第15回新宿音楽祭・銀座音楽祭で銀賞、第13回日本歌謡大賞で・放送音楽最優秀新人賞、日本レコード大賞で新人賞受賞。同年11月には日本武道館コンサートを開く。83年日本レコード大賞でゴールデンアイドル賞を受賞。シングル27枚、アルバム14枚をリリース。85年の「薄化粧」を皮切りに [全文を読む]

日本橋三越本店 昭和のスターとアイドル展 ~テレビからヒット曲が生まれた時代~ 5月3日(火・祝)~5月9日(月)新館7階ギャラリー 午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】

PR TIMES / 2016年04月27日19時27分

【新館7階ギャラリー 展示概要】 1.ジャズ・エイジの夜明けとともに始まった歌謡曲 2.叙情性が新鮮だった古賀政男メロディー 3.音楽隊出身の服部良一、真骨頂はジャズとリズム 4.焼け跡に花が咲いた三木鶏郎と冗談音楽 5.踊って歌えるブギが流行、少女スター美空ひばりの誕生 6.アイドル第1号は三人娘「ひばり・チエミ・いづみ」 7.日本に定着したシャンソン [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

■『昭和のスターとアイドル展』期間:5月3日(火・祝)~5月9日(月)場所:日本橋三越本店主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会■新館7Fギャラリー「昭和のスターとアイドル展」展示会場/ギャラリートーク予定■本館6階 三越劇場(1)「マイ・ラスト・ソング2016」~歌謡曲が街を照らした時代~5月6日(金)・9日(月)18:30/19:00出演:小泉今日子 [全文を読む]

昭和の雰囲気漂う喫茶店に似合う曲

okmusic UP's / 2015年05月07日18時00分

西條八十作詞、服部良一作曲の歌謡曲で、李香蘭主演の映画「支那の夜」(1940年(昭和15年))の劇中歌として発表された名曲です。オリジナルの李香蘭ヴァージョンも素敵なのですが、今回はアン・サリーヴァージョンをご紹介します。本業は医師という異色の経歴を持った歌手で、美しい発音、柔らかく包み込まれるような歌声が、美しいメロディと抒情的な歌詞に合い、聴いていて何 [全文を読む]

長谷川博己が海に放り出された!?人生の転機明かす

Smartザテレビジョン / 2015年03月18日22時05分

特別番組では、“人生のターニングポイント”をテーマに、現在の日本の礎を築き上げた実業家・松下幸之助、実業家・斎藤英四郎、女優・森光子、音楽家・服部良一、芸術家・東山魁夷という偉人5人の生きざまを紹介する。レギュラー放送では健在の人物を取り上げることが多いが、今回は故人にスポットを当て、関係者へのインタビューや残された“金言”を基に偉業を掘り下げていく。また [全文を読む]

フォーカス