服部克久のニュース

服部克久、ライフワークの“音楽畑”シリーズ最新作に孫娘の服部百音も参加!

okmusic UP's / 2014年07月22日19時00分

日本を代表する作・編曲家、服部克久のライフワークと言える“音楽畑”シリーズ。その11年ぶり、21作目となるアルバム『音楽畑21-Virtuoso-』のリリースが9月24日に決定した。【その他の画像】服部克久タイトルの“Virtuoso"は“名人"の意で、本作は二胡のジャー・パンファン、馬頭琴のリボーをはじめ、国内外の名演奏家たちが集結した、シリーズの集大成 [全文を読む]

レコ大企画賞の蘭華 服部克久「音楽畑」コンサートに出演決定

dwango.jp news / 2017年05月19日14時29分

7月19日(水)には、服部克久「音楽畑弦楽コンサート」を開催。その記念すべきこけら落とし公演に、ファーストアルバム『東京恋文』が昨年度の日本レコード大賞企画賞を受賞し、一躍注目の存在となった新進気鋭のシンガーソングライター蘭華が、ゲストボーカルとして出演することが決定した。服部克久氏が、作編曲家のボブ佐久間氏、世界で活躍する二胡奏者ジャー ・パンファン氏 [全文を読む]

服部克久『音楽畑』 弦楽合奏スコア/ピアノソロ楽譜集 2月15日 2冊同時発売!

PR TIMES / 2017年02月07日13時11分

株式会社ヤマハミュージックメディアは、『弦楽合奏スコア 服部克久 音楽畑String Quartet Collection』と『ピアノソロ 服部克久 音楽畑 ピアノソロ Best of Best 【CD付】』を、全国ヤマハ特約楽器店・書店またはヤマハミュージックメディア通販サイトhttp://www.ymm.co.jp >にて、2017年2月15日より発売 [全文を読む]

ペギー葉山、前田憲男、服部克久ら豪華出演陣らの熱いジャズ愛 10月7日・オーチャードホール コンサート“戦後、歌謡曲はジャズだった”開催会見

PR TIMES / 2016年09月17日10時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11710/267/resize/d11710-267-288002-10.jpg ]これに先駆けて昨日9月15日、代官山・シアターサイバードにて開催記念会見が行われ、ペギー葉山、前田憲男、服部克久、スインギー奥田、サーカス、ナオミ・グレース、MERIが出席しました。[画像2: http://prtime [全文を読む]

「これが日本の現状です」レコ大の服部克久氏の意味深発言がネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2012年12月30日23時22分

30日にTBSで放映された第54回日本レコード大賞だが、見事AKB48の「真夏のSOUNDS GOOD!」に決定しファンも胸をなでおろしたいところだったが、発表直前に作曲家である服部克久さんが「これが日本の音楽業界の現状です。楽しんでいただけましたでしょうか」と発言したことがネットで話題になっている。一部ではこれは音楽業界の皮肉ではないかと囁かれている。日 [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』1時間ミュージカルスペシャル

PR TIMES / 2017年03月16日16時37分

アレンジは、服部克久。7曲目は、男性ふたり、山崎育三郎と城田優で、河野伸アレンジ、「ロミオ&ジュリエット」より、「世界の王」。8曲目は、女性ふたり、新妻聖子と崑夏美で、三宅一徳アレンジ、「サウンド・オブ・ミュージック」より、「The Sound Of Music~My Favoite Things」の2曲をマッシュアップ特別バージョンで。そして、最後の曲は [全文を読む]

服部克久 音楽畑 弦楽コンサート Holiday for Strings チケット好評発売中!

PR TIMES / 2017年02月17日13時18分

[画像1: https://prtimes.jp/i/4566/1476/resize/d4566-1476-500154-3.jpg ]作編曲家・服部克久が贈る“弦楽”コンサート。 「音楽畑シリーズ」に収録された数々の名曲たちが、装い新たにあなたを至福のひとときに誘います。 豪華ゲストを交えた夢の時間を心ゆくまでお楽しみください。【プロモーション動画】[ [全文を読む]

あの服部克久、木根尚登、中西圭三が新年早々に生出演するローカルラジオ!?全国約3,100万人が参加でき、総額100万円の豪華プレゼントが当たる新番組がスタート!

PR TIMES / 2016年12月26日10時38分

さらにこのプレゼント企画を盛り上がるために、服部克久氏、大友直人氏、中西圭三氏などの有名アーティストが次々生出演してプレゼントをするという構成です。そもそもラジオ番組といえば、現在ではメールに置き換わったものの、昔から「ハガキ職人」と呼ばれるリスナー参加型の番組を多く抱え、双方向のやり取りが当たり前のメディアです。当番組では更にリスナーの利益を最大化するた [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年05月19日17時16分

2曲目は、服部克久アレンジによる、竹内まりやの名曲、「けんかをやめて」。実は、この曲は、30年前に服部克久がアレンジをしている。竹内まりやは、両親が大好きなアーティストで、自分の名前も、「まりや」なので、とても親しみを感じているということでの選曲。そんな彼女に、服部克久は、オーケストラでアレンジ。西内も、オーケストラアレンジは初体験で、包み込まれる気持ちよ [全文を読む]

BS-TBS『土曜スタジアム~Sound Inn “S”』10月17日(土)よる11時00分

PR TIMES / 2015年10月15日17時48分

そんな彼女に、相対するアレンジャーは、斉藤有太と服部克久。まずは、奥田民生、ゆずらのバンドメンバーも務めプロデュースや楽曲提供など幅広く活動している斉藤有太とのタッグ。曲は、ミュージカル、「アニー」から、「TOMORROW」。昆夏美が幼い頃に、ミュージカル「アニー」を観劇に行き、自分と同じ年頃の子どもが歌っているのを見て、自分もいつかあんなミュージカル女優 [全文を読む]

全国初!ウォーキング型ナイトアトラクション「オーロラフォレスト」が新潟に誕生!

@Press / 2017年04月05日11時30分

夜の山林を舞台に20人ほどのツアー形式で散策する「オーロラフォレスト」は芸術監督に伊藤有壱(代表作:宇多田ヒカル「traveling」MVアニメーションパート)を迎え、服部克久(代表作:「新世界紀行」のテーマ曲)、山下康介(代表作:NHK連続テレビ小説「瞳」)らの新作楽曲が夜の山林を彩ります。[芸術監督]伊藤有壱クレイアニメを中心にあらゆる技法を使いこなし [全文を読む]

フィギュアスケートの音楽を大特集!『月刊ピアノ』3月号 2月20日発売!

PR TIMES / 2017年02月17日16時29分

また、アーティストインタビューでは、『音楽畑』シリーズを発表し続けている服部克久、現在放送中の話題のドラマ『カルテット』のオシャレな音楽が人気のfox capture planや、スマートフォンのCMに出演した大井健などが登場。ためになる連載講座、充実の音楽情報、ヒット曲からスタンダードまでスコア満載の『月刊ピアノ3月号』を、全国の楽器店・書店・オンライン [全文を読む]

The Brand-New Concert 2017 開催のお知らせ ~電子楽器とオーケストラの融合で、大きくふくらむ音楽の世界~

@Press / 2017年01月27日10時00分

Part2では「The Legend Works」として現代の音楽シーンを走る、服部克久、千住明、渡辺俊幸、川井憲次による指揮と演奏に、それぞれの楽曲の中での電子楽器の持つ役割を、映像を交えながら解説していくというユニークなコンサートです。曲目は、服部克久の名曲「自由の大地 変奏曲」をはじめ、人気アニメ「宇宙兄弟(渡辺俊幸 作)」、大河ドラマのテーマ音楽「 [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年07月14日15時25分

そんな新妻聖子が、一夜限りのサウンドを紡ぐ日本屈指のサウンドクリエイターは、昨年音楽家生活55年を迎えた日本作編曲家協会会長の服部克久、MISIA、中島美嘉など、名立たるミュージシャンをプロデュースしてきた冨田恵一、いきものがかりを筆頭に数々のミュージシャンのプロデュースだけでなく、今年1月には、ミュージカル「花より男子」の音楽を担当した本間昭光。1曲目は [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』~クリスマススペシャル~

PR TIMES / 2015年12月17日17時34分

最高のアーティストと最高のサウンドメーカー(アレンジャー)、さらに最高のミュージシャンが、この番組のためだけに一堂に会し、「一夜限りで、時を超えた、ここでしか聴くことのできないサウンド」をお届けというコンセプトはそのままに、1974年から1981年の間に放送されていた当時のメインキャストであった、松崎しげる、タイムファイブ、サーカスに、こちらも、その当時の [全文を読む]

パーマ大佐の「森のくまさん」が大騒動に 過去にもあった楽曲を巡る「大戦争」

しらべぇ / 2017年01月23日21時00分

これは服部克久が作曲した「記念樹」が、小林亜星の「どこまでも行こう」に類似していた出来事。これもやはり法廷に持ち込まれ、一審では「記念樹は盗作である」という小林の主張は認められなかった。ところが二審では「ふたつの曲の類似性は偶然とは考えにくい」という判断が下され、さらに最高裁は服部の上告を不受理。原告である小林が勝訴した。■繊細な気遣いが求められるこれらの [全文を読む]

成功者や富める者に実は共通している「経験」…そうではない「あなた」との決定的違い

Business Journal / 2017年01月11日06時00分

日本経済新聞の人気連載『私の履歴書』に、11月は作曲家・編曲家の服部克久氏が執筆されていた。ご存じの通り、服部氏は音楽のプロとして大活躍されている方であるが、同連載を拝読して、「プロになるとはそういうことだよな」と改めて納得した次第である。●プロになるために必要な“不連続な努力” 同連載によれば、服部氏は高校卒業後、単身フランスのパリ国立高等音楽院に留学し [全文を読む]

成功する2世、ヒントは「才能を社会のために」との使命感

NEWSポストセブン / 2016年12月19日11時00分

2代目・服部克久(80才)も『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた、昭和を代表する作・編曲家。 3代目は当代きっての人気作曲家・服部隆之(51才)。映画『HERO』、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『真田丸』などを手がけた売れっ子だ。さらにスゴいのが弱冠17才の4代目の服部百音。5才でバイオリンを始めた彼女は、数々の世界的コンクールで優 [全文を読む]

「日本のバッハ一族」服部家、音楽の才能は92%が遺伝との説も

NEWSポストセブン / 2016年12月17日16時00分

2代目・服部克久(80才)も『ザ・ベストテン』のテーマ曲などを手がけた、昭和を代表する作・編曲家。3代目は当代きっての人気作曲家・服部隆之(51才)だ。映画『HERO』、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『真田丸』で、あの印象的なメインテーマ曲を作ったといえば、その売れっ子ぶりがわかるはず。 さらにスゴいのが弱冠17才の4代目の服部百音。5 [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』~クリスマススペシャル

PR TIMES / 2016年12月16日11時46分

アレンジは、当時の音楽監督・アレンジを務めていた、前田憲男、服部克久。今宵限りの、洋楽スタンダードナンバー、クリスマスソング、メドレーなど、盛りだくさんの1時間となる。曲目は、阿川泰子が、「When I Fall In Love」、伊東ゆかりが、「Fly Me To The Moon」、松崎しげるが、「Can’t Take My Eyes Off You」 [全文を読む]

フォーカス