佐々木敦のニュース

はやくも重版出来!「ノッキンオン・ロックドドア」刊行記念トークイベント開催決定!

PR TIMES / 2016年06月01日16時34分

青崎有吾さん×佐々木敦さん トークイベント「ニッポンのミステリー!」6/7(火)19:00~渋谷HMV&BOOKS TOKYOにて最新刊「ノッキンオン・ロックドドア」(徳間書店)が話題のミステリー作家・青崎有吾さん。同書の刊行を記念してトークイベントを開催することが決定しました。ゲスト登壇していただくのは、文学、映画、演劇、音楽と幅広いジャンルに渡り第一線 [全文を読む]

チーム紹介:明徳義塾高(高知)

ゲキサカ / 2017年01月01日23時41分

第95回全国高校サッカー選手権 明徳義塾高(高知) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 明徳義塾高関連ニュース 明徳義塾高写真ニュース 画▼全国大会日程 1回戦 0-3 前橋育英高(群馬)■出場回数 3年連続7回目■過去の最高成績 8強(15年度)■その他、過去の主な全国大会成績 全国高校総体出場7回■監督 小松晃■主将 D [全文を読む]

東浩紀×佐々木敦「批評再生塾」の第一期総代(最優秀賞)作品を小説トリッパーで掲載!

PR TIMES / 2016年05月31日16時18分

小説TRIPPER(トリッパー) 2016夏号 6月17日発売 “批評”の再生と“批評家”の新生を目的に開講された、東浩紀×佐々木敦の「批評再生塾」。同塾の第一期総代(最優秀賞受賞者)と次席の「卒論」、および思想・哲学から社会、映画、音楽まで、幅広い分野で活躍する豪華講師陣の論考を、6月17日発売の『小説トリッパー2016夏号』に掲載いたします。 [画像: [全文を読む]

[選手権]チーム紹介:明徳義塾高(高知)

ゲキサカ / 2016年01月03日20時31分

明徳義塾高(高知) チーム紹介&注目選手↓ 過去の全国大会成績↓ 登録メンバーリスト↓ 明徳義塾高関連ニュース ▼全国大会日程 2回戦 vs正智深谷高(埼玉)■出場回数 2年連続6回目 ■監督 小松晃 ■主将 MF禹滉允 ■今季成績 [総体](全国3回戦敗退) 1回戦 2-1 國學院久我山高(東京2) 2回戦 4-0 桐生一高(群馬) 3回戦 0-2 米子 [全文を読む]

[プリンスリーグ四国]佐々木2発の明徳義塾、郡3発の徳島市立、徳島ユース、愛媛U-18の4チームが並走:第3節

ゲキサカ / 2016年04月24日01時23分

FW佐々木敦河の2ゴールなどによって大手前高松高(香川)を3-0で下した明徳義塾高(高知)、MF郡紘平の3ゴールで高松商高(香川)を3-1で破った徳島市立高(徳島)、そして徳島ヴォルティスユース(徳島)、愛媛FC U-18(愛媛)の4チームが2勝1分で並んでいる。 【第3節】(4月23日) [高知県立春野総合運動公園 陸上競技場] 高知西高 0-2 徳島ヴ [全文を読む]

[ミズノカップIN香川]仙台育英が野洲に逆転勝ち、地元・香川西は注目ルーキー2発で静岡学園撃破

ゲキサカ / 2015年03月29日18時51分

新人戦広島王者の広島観音高と選手権出場の明徳義塾高(高知)との一戦は、後半4分にFW佐々木敦河のゴールで明徳義塾が先制。明徳は左SB西森剛のFKが幸運な形でゴールとなって2-0とすると、MF三田村基俊も決めて3-1で勝った。 グループD、昨年準優勝の九州国際大付高(福岡)は前半21分にMF大濱秀友の決勝ゴールによって日本航空高(山梨)に1-0で勝利。桃山学 [全文を読む]

<センター試験でクソリプ?パクツイ?>誰かの「つぶやき」から誤解や誤認識が事実のように伝わっていく不可解

メディアゴン / 2015年01月29日02時55分

文章は評論家・佐々木敦氏(50)の「未知との遭遇」で、インターネット上で簡単な内容でも他人に質問しようとする人や、逆におせっかいで教えたがりな人がいるという傾向や、盗作の問題などについて論じている。この内容を受けツイッター上では「クソリプ(つまらない返事を送りつける)、パクツイ(パクリツイートの略。他人のツイートを盗用すること)の話だ」などと話題に。(ス [全文を読む]

JASRAC新方針が物議 音楽教室からも著作権料を徴収

しらべぇ / 2017年02月02日16時30分

佐々木敦 (@sasakiatsushi) 2017年2月2日かつてDTM全盛期は作曲が趣味って人が結構いたんだけどJASRACのmidi規制でパタっとDTMという趣味が社会から殺されてしまい、それだけでは飽き足らず今度は音楽教室を規制して演奏家も抹消しようという辺り、ディストピア未来から音楽文化を消すためにやってきたエージェントの可能性— 朝凪@冬コ [全文を読む]

タイの天才、アピチャッポン・ウィーラセタクンとは――?【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2017年01月19日21時00分

四方田犬彦、佐々木敦など著名人による批評もあり、読み物としてもとても充実している。映画、展覧会と合わせてぜひ手に取って頂きたい1冊である。 【書籍情報】 『アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち』 著者:アピチャッポン・ウィーラセタクン、東京都写真美術館 版元:河出書房新社 言語:日本語・英語 197ページ/210×231mm 発刊:2016年12月 [全文を読む]

『ユリイカ』2017年2月臨時増刊号「総特集◎矢野顕子──ピアノが愛した女。…矢野顕子の40年」1月6日刊行

PR TIMES / 2017年01月06日13時29分

そのほか、小沼純一氏、細馬宏通氏、佐々木敦氏、大石始氏、柳樂光隆氏など、豪華執筆陣による論考も多数掲載。童謡、YMO、テクノ、即興、ジャズ、コラボレーション、その歌声と詩……さまざまな角度から矢野顕子の音楽を読み解く一冊となっております。『ユリイカ』2017年2月臨時増刊号「総特集◎矢野顕子──ピアノが愛した女。…矢野顕子の40年」1月6日刊行菊判変形、2 [全文を読む]

注目の2年生ボランチ・江口が強烈ミドル魅せるも明徳義塾は初戦敗退、「全国で通用できるように」成長誓う

ゲキサカ / 2017年01月01日06時42分

大きな展開を交えた攻撃の組み立てとFW佐々木敦河(3年)、FW竹内優太 (3年)、FW大田陸(3年)の3トップの個を活かした攻撃に破壊力がある明徳義塾高だが、相手のアプローチのスピードの速さの前にセカンドボールを拾うことができず。司令塔役を担う2年生の大型ボランチ、MF江口隆史は「全部負けました。全てにおいて前橋育英が上を行っていました」と完敗だったことを [全文を読む]

[プレミアリーグ参入戦]1年でのプレミア復帰へ!札幌U-18が四国王者・明徳義塾撃破!

ゲキサカ / 2016年12月16日21時31分

そして15分にFW大田陸が強烈な右足ミドルを枠へ飛ばし、28分には右クロスにFW佐々木敦河が反応した。 だが、川口監督が「北海道プリンスで自分たちが主導権握って進める時間が長かったんですけど、(参入戦の)この2試合は違うぞということで準備してきた」というように、主導権を握れない展開になっても札幌が慌てることはなかった。そして徐々にゲームをコントロールしてい [全文を読む]

[選手権]1年前の成績を越えて埼スタヘ!ともに昨年度8強の前橋育英と明徳義塾が初戦で激突!

ゲキサカ / 2016年11月22日17時10分

特に明徳義塾は舛田やFW竹内優太、FW佐々木敦河、CB濱口俊介ら昨年の主軸を半数以上残すが、舛田は「去年のチームのレベルと比べると全然です。天と地の差があると思います。みんな認めてます」と“力が無い”ことを認める。それでも「全国の経験はあると思っています」という経験値とプリンスリーグ四国で優勝争いを演じている底力を関東の名門相手に発揮する。 一方、前橋育英 [全文を読む]

家族・老い・死を見つめる圧倒的な作品世界。パフォーマンスグループOM-2が「9/NINE」を上演

NeoL / 2016年09月12日23時30分

OM-2「9/NINE」 2016年9月15日(木)~17日(土) 東京都 日暮里サニーホール 構成・演出:真壁茂夫 出演:佐々木敦、柴崎直子、金原知輝、村岡尚子、鈴木瑛貴、稲垣和俊、大根田真人、山口ゆりあ、ポチ、丹澤美緒、中野雄斗 / 村田正樹、加藤信行、米澤一平 関連記事のまとめはこちら http://www.neol.jp/culture/ [全文を読む]

検索ではたどりつけない特別な一冊を探しに行こう! ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」開催中

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月16日17時30分

あなたにとっての“夏の一冊”になる本を探しにいってみては? <選書した100人>(50音順・敬称略) 青木淳(建築家)、網中いづる(イラストレーター)、石川直樹(写真家)、磯崎憲一郎(作家)、市橋織江(写真家)、いとうせいこう(作家)、犬山紙子(エッセイスト)、植本一子(写真家)、宇多丸(ラッパー)、梅津庸一(美術家)、越前敏弥(文芸翻訳者)、エリイ(ch [全文を読む]

青山ブックセンターで人気の著者・クリエイターらが選んだブックフェア「100人がこの夏おすすめする一冊 2016」8月5日より開催中

@Press / 2016年08月08日15時00分

【ブックフェア開催概要】 ■開催期間:2016年8月5日(金)~2016年9月末(予定) ■開催場所:青山ブックセンター本店 ■営業時間:10時~22時 ■所在地 :〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア(B2F) ●本年度フェアのためにおすすめ本、コメントをお寄せいただいた方 (五十音順 敬称略) 青木淳(建築 [全文を読む]

[MOM1676]明徳義塾MF三田村基俊(3年)_導火線に火をつけた「驚き」のダイビングヘッド

ゲキサカ / 2016年01月04日01時55分

直前に訪れた絶体絶命の危機をしのいだ明徳義塾高(高知)が敵陣深くまで攻め込むと、右サイドを軽やかなドリブルで突破したMF佐々木敦河(2年)の低い弾道のクロスをゴール前のMF三田村基俊(3年)がダイビングヘッドで突き刺して、値千金の先制弾を叩き込んだ。 「PK戦になるのかなと思っていました」。そう振り返った三田村だが、集中力を途切れさせることなく、足を止める [全文を読む]

[選手権]残り1分から“まさかの”3得点!! 各務原下した明徳義塾が初のベスト8進出

ゲキサカ / 2016年01月03日21時31分

右サイドを突破したMF佐々木敦河(2年)のクロスに飛び込んだMF三田村基俊(3年)がダイビングヘッドで叩き込んで明徳義塾が、ついに各務原のゴールをこじ開ける。さらに後半アディショナルタイムにはMF土家壮太(2年)がミドルシュートでネットを揺らしてリードを2点差に広げ、その直後には大田が3点目を奪い、明徳義塾が試合終盤の3得点で3-0の完封勝利を収めた。 小 [全文を読む]

[選手権]1年間の成長を見せた明徳義塾…“ホーム”正智深谷から逃げ切り成功!!

ゲキサカ / 2016年01月02日20時29分

先制後、なかなかシュートチャンスを創出できない明徳義塾も最前線のFW竹内優太(2年)にMF佐々木敦河(2年)、FW大田陸(2年)らが絡んで追加点を狙いに行くが、正智深谷の守備を崩し切れずに2点目を奪取できない。終盤には途中出場した正智深谷MF宮下陸(3年)のロングスローからゴールを脅かされる場面を作り出されたものの、体を張った粘り強い守備で得点を許さずに [全文を読む]

[プリンスリーグ四国]高畑、山本がハット!圧巻9発の徳島市立が2連覇!:第18節

ゲキサカ / 2015年12月05日18時37分

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ四国 【第18節】(12月5日) [瀬戸大橋記念公園 球技場] 香川西高 2-9 徳島市立高 [香]西山颯人2(38、56分) [徳]高畑勇人3(25、50、72分)、山本史弥3(27、69、85分)、奥田雄大(29分)、岸田大世(60分)、水田智(90分+2) [瀬戸大橋記念公園 球技場] 高松商高 [全文を読む]

フォーカス