西本聖のニュース

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1)

アサ芸プラス / 2012年06月22日11時00分

現ロッテ・西本聖投手コーチが、江川を追い続けた9年間を激白する。 「来るな!」と思っていた 江川さんが巨人に入団するという第一報を聞いたのは、羽田空港でした。春季キャンプで宮崎に向かうところで、「小林繁さんが来ない」っていうんで、ざわついていた。その時は「来るな!」って思いましたね。 1人の力ある投手が入ってくるということは、その分、先発ローテーションの枠 [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4)

アサ芸プラス / 2012年07月02日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった! 小林興起(2) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3)

アサ芸プラス / 2012年06月29日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった② 長州力 (1) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(2)

アサ芸プラス / 2012年06月28日11時00分

【関連記事】 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(1) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(3) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった③ 西本聖 「エース」の座を争った江川卓との9年間(4) 死んでも「アイツ」に勝ちたかった② 長州力 (1) 死んでも「アイツ」に [全文を読む]

西本聖氏 自身のレコードは「自分にはもったいない名曲」

NEWSポストセブン / 2017年02月03日07時00分

巨人・中日で活躍した西本聖氏もそのひとり。西本氏が、1988年に発売したレコード『愛あるかぎり』(バップ)について振り返る。 * * * 巨人の選手はよくレコードを出していましたけど、僕は人前に出るのが苦手でカラオケを歌うこともなかったから、まさか自分が出すなんて思いもしなかった。でも、プロ入りした頃から付き合いのあった、『高校三年生』の作詞をした丘灯至夫 [全文を読む]

西本聖氏「江川さんのカーブが決め球ナンバーワン」

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

“雑草エース”として共に巨人を支えた西本聖氏(巨人ほか、1976~1993年、通算165勝)が語る。 「ボクは内に曲がるのと縦に落ちる2種類のシュートを使い、他にシンカーもありましたが、江川さんは、真っすぐとカーブだけ。これだけでエースになった人は少ない。直球とカーブの両方にカウントを取る球とウイニングショットにする球があって使い分けていた。球威もあったけ [全文を読む]

慶大野球部の女性新人投手「カーブ凄い」と西本聖氏が太鼓判

NEWSポストセブン / 2012年04月08日16時00分

そこで、彼女の高校1~2年時に特別アドバイザーとして同校を指導した西本聖氏(現ロッテ1軍投手コーチ)に聞いた。 「小柄なので球威はそれほどないですが、カーブの曲がり方に驚かされました。男でもあんなに曲がるカーブは投げられません。シュートの投げ方を指導すると、シンカーまで自分のものにするほど器用な投手でした。上手く緩急を使って打たせて取るタイプですね。調子が [全文を読む]

「作者がPL学園OB」「テーマは銭闘」 野球漫画が多様化

NEWSポストセブン / 2016年08月24日11時00分

後に共に巨人のエースとして活躍する江川卓と西本聖を高校時代から追った物語だ。「怪物」として世間を沸かせた江川卓と、その陰で注目を浴びることのなかった「雑草」西本聖。 「『江川事件』の顛末を描いた作品です。この作品で初めて出てくる事実も多い。だから、読んでいてわくわくします」 最後は、野球モノなのに野球よりも“銭闘”で読者をグイグイ引き込む『グラゼニ』(原作 [全文を読む]

昭和のプロ野球カード「太り過ぎ」「内蔵悪い」等選手を批判

NEWSポストセブン / 2013年10月22日16時00分

西本聖(巨人)や小松辰雄(中日)に対しても〈内臓が弱いのが難点だ〉と指摘していた。 【西本聖(巨人)1984年版の裏面抜粋】 〈目標にはライバル江川がいるが、存在としては追い抜くことはできない。ただ数字的には追い抜くことはできる。あの日本シリーズ時の気持を忘れなければ18勝はいけるが、ただ内臓が悪いせいか夏場に勝てないのが玉にキズだ〉 ※週刊ポスト2013 [全文を読む]

プロ野球1試合で28四死球 プロのくせにストライクが入らないのか

J-CASTニュース / 2017年04月04日19時24分

「1軍で活躍するにはコントロールが必要」 キャンプの投げ込みと制球力の関係は、西本聖(たかし)氏(60)も1月30日付「日刊スポーツ」のコラムで説いていた。巨人での現役時代、「投げ込むことによる体力強化と下半身強化、コントロールをアップするため」との理由で、キャンプ中1日に300球投げる時があったという。 「200球を超えると疲れが出てくる。でも、そこか [全文を読む]

フォーカス