平井卓也のニュース

JAL植木社長、ANA片野坂社長を直撃創刊2周年 電子雑誌「政経電論」第13号公開

@Press / 2015年11月10日10時00分

加えて尊徳編集長が、国の立場から制度を推進する平井卓也議員とインフラを手がけるGMO熊谷社長と鼎談します。ほか、ラグビーワールドカップ2015で大活躍した日本代表・山田章仁選手のインタビューも。■ 特集:ガチンコ! 航空業界http://seikeidenron.jp/book/vol13/#!4スカイマークがANAの軍門に下り、国内は事実上「JAL 対A [全文を読む]

自民党はジャイアン、民進党はドラえもんのいないのび太

NEWSポストセブン / 2017年06月06日16時00分

メンバーは党報道局長の茂木敏充氏(現政調会長)をはじめ、世耕弘成氏(現経産相)、平井卓也氏(現IT戦略特命委員長)、加藤勝信氏(現一億総活躍相)など現在、安倍政権の中枢を担っている側近たちだ。自民党の情報戦略のブレーンを務め、政権奪回後までの4年間の取り組みを内部から描いた『情報参謀』の著者・小口日出彦氏が振り返る。「野党になると、大メディアが報じないか [全文を読む]

自民党 24時間態勢ネット監視やJ-NSC設立で情報戦強化

NEWSポストセブン / 2017年06月06日07時00分

メンバーは党報道局長の茂木敏充氏(現政調会長)をはじめ、世耕弘成氏(現経産相)、平井卓也氏(現IT戦略特命委員長)、加藤勝信氏(現一億総活躍相)など現在、安倍政権の中枢を担っている側近たちだ。 当時は民主党の蓮舫氏が「仕分けの女王」として脚光を浴び、新聞・テレビは民主党の記事一色。自民党は国民から見向きもされず、失意のどん底に沈んでいた。 自民党の情報戦 [全文を読む]

【IT協会】国内IoT活用推進のための4つのポイントを提言として発表

PR TIMES / 2017年04月20日12時40分

第1期IoT for ビジネス革新コンソーシアム 「IoT for ビジネス革新研究会」提言 ー 国内IoT活用推進のための4つのポイント ー ■ 経営トップはIoT活用推進の司令塔となれ ■ デジタルトランスフォーメーションがもたらす変革のステージを見極めよ ■ 業界のIoTを標準化・プラットフォーム化し共有せよ ■ IoTを活用できる体制を早急に整備 [全文を読む]

自民党のIT・フィンテックのキーマン平井議員インタビュー「フィンテックの法律はセキュリティ・バイ・デザインでつくる」<前編>

ZUU online / 2017年03月14日06時10分

自民党IT戦略特命委員長の平井卓也議員(当選6回、香川1区)は、昨年のデータ活用推進基本法の成立の立役者だ。同法は、AIやIoTなどを法律で初めて規定している。ビットコインなどの仮想通貨を例にとるまでもなく、法律の規定がないもの、前例がないものについては行政の動きは鈍い。その意味で、こうした法律をつくることはAIをはじめとした各種最新技術をより広く使えるよ [全文を読む]

「ポケモンGO」ブームで自民党が姑息な政治利用、マスコミは批判の意味を込めたシリアからのSOSメッセージを歪曲

リテラ / 2016年07月26日12時00分

すでに、自民党のネット監視、世論工作のキーマンである平井卓也衆院議員率いるIT戦略特命委員会は、ポケモンGOを地方創生に活用するよう、任天堂や運営会社の米ナイアンティックなどに協力を求めることを明言している。平井議員は「一種の社会貢献ができるゲーム」だと述べているが、レアなポケモンを政府や自民党関係施設、イベント等に恣意的に配置すれば、巨大な宣伝につなぐ [全文を読む]

自民ネット候補が公開討論 注目度は?

Japan In-depth / 2016年04月16日23時00分

」 自民党が、この夏の参院選に向けて立ち上げた「オープンエントリープロジェクト」のファイナリストたちの公開討論会で、選挙対策副委員長の平井卓也衆議院議員はこう強調した。 「オープンエントリープロジェクト」は、比例代表候補をインターネット投票で選ぼうという自民党の試み。458人の応募者の中から選ばれたファイナリスト12人がそれぞれ政策を発表し、インターネット [全文を読む]

自民が力を入れるネット選挙の行方

Japan In-depth / 2016年03月26日00時28分

そのルーフに、自民党選挙対策副委員長の平井卓也衆議院議員が登壇した。「あれ?参議院選挙はまだ始まっていないんじゃ・・・」怪訝に思った人もいただろう。実はこれ、自民党がこの夏の参院選に向け立ち上げた、比例代表候補をインターネット投票で選ぶ「オープンエントリー」プロジェクトに選ばれたファイナリスト12名の街頭演説会だったのだ。彼らにとっては初めて有権者の前に顔 [全文を読む]

マイナンバーカード申請4月までに1000万枚超へ―福田峰之衆議インタビュー

政治山 / 2016年02月23日16時00分

委員長と事務局長はそれぞれ、IT戦略特命委員会と同じ平井卓也議員と福田議員です。党内でマイナンバー政策を推進してきたおふたりということで、マイナンバーとフィンテックは今後、密接に絡んでいくのですか? 【福田氏】 今後は一対の活動になっていきます。スピード感の早い世界なので、バラバラにしても政治対応できなくなりますからね。 マイナンバーはフィンテックとの相性 [全文を読む]

「GDP45兆円分をIT分野で増やす必要」OGCシンポで平井・IT戦略特命委員長

政治山 / 2016年02月23日11時00分

大勢の聴講者で埋まったOGCシンポジウム 基調講演に立った自民党IT戦略特命委員会委員長の平井卓也衆院議員は、「私たちは2020年頃までにGDP600兆円を目標に掲げている。現状480兆円から120兆円を増やさなければならないが、GDPの75%は金融を含むサービス産業なので、90兆円分をサービス産業で増やす必要がある」と、現状の課題を明示。 「IT新産業 [全文を読む]

自民党が16年参院選公認候補を公募。最終結果はネットの投票で決定

インフォシーク / 2015年11月02日14時00分

30日に自民党公式のネット番組「カフェスタ」に茂木敏充選挙対策委員長、平井卓也選挙対策副委員長、吉川有美参院議員が出演し「『オープンエントリー』プロジェクト2016」を告知。番組終了後には平井副委員長が会見を開いた。同番組及び会見で3人は選考過程は出来るだけオープンにするとし透明性をアピール。また書類選考の選考基準として「選挙に勝てる可能性の高い人」を挙げ [全文を読む]

国会議員や有識者らによるパネルディスカッション:未来フォーラム「インターネット選挙運動~ネットと政治のこれから~」、ニコ生中継も実施

PR TIMES / 2013年02月25日16時48分

■登壇者(予定)パネリスト(敬称略・五十音順):鈴木寛(参議院議員/民主党広報委員長)平井卓也(衆議院議員/自民党広報本部長代理、ネットメディア局長)松田公太(参議院議員/みんなの党副幹事長、政策調査副会長、広報委員長)山田肇(東洋大学教授/情報通信政策フォーラム理事長)モデレーター:高橋伸太郎(デジタルハリウッド大学 杉山知之研究室・研究員)司会 :角谷 [全文を読む]

フォーカス