青木理のニュース

話題の『スノーデン 日本への警告』が問う“監視社会”ーー共謀罪成立で限りなく違法に近い公安活動が一般化する!

週プレNEWS / 2017年06月01日06時00分

出版を記念し、共著者のひとりであるジャーナリストの青木理氏、そして専修大学人文・ジャーナリズム学科教授の山田健太氏によるトークイベントが行なわれた。そこで語られた、日本の市民社会の危機とは――。 *** 山田 皆さん、4月24日にエドワード・スノーデン氏本人が発信したツイートをご覧になりましたか? 《無差別監視の問題に関心をもつ日本人の皆様、ありがとうご [全文を読む]

【著者に訊け】青木理『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』を語る

NEWSポストセブン / 2013年12月16日07時00分

【著者に訊け】青木理氏/『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』/講談社/1680円“首都圏”の木嶋佳苗被告が表なら“鳥取”は裏──。青木理著『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』を読み、そうした比較自体、意味がないのだと反省させられた。共通点は確かに多い。複数の男と関係し、金品を巻き上げた、美人とは言い難い30代の女。その周囲では多くの男性が謎の死を遂げ、うち何件かの殺人 [全文を読む]

深刻化する日本の「情報隠蔽体質」ーー共謀罪と公安の恐ろしい裏側とは

週プレNEWS / 2017年06月03日11時00分

出版を記念し、共著者のひとりであるジャーナリストの青木理氏、そして専修大学人文・ジャーナリズム学科教授の山田健太氏によるトークイベントが行なわれた。前編記事(「共謀罪成立で限りなく違法に近い公安活動が一般化する!」)に続き、メディアを萎縮させる特定秘密保護法など、深刻化する日本の「情報隠蔽体質」に迫る――。 *** 山田 これまで、情報機関が本気で情報収 [全文を読む]

ついに「文春」を刑事告発した青山繁晴VS青木理【共同通信・元同僚】の“中年ガチ喧嘩”が話題

tocana / 2016年07月13日08時00分

一方、同じ共同通信で記者だったジャーナリスト・青木理氏は選挙前発売の「サンデー毎日」で青山氏をボロクソ。ライバル誌の文春を「ケッサクだった」として、私的流用の話は「社内ではあまりに有名な話で、すべては事実」と断言。「さすがにこれはヒドいということで問題化し、青山氏は退社に追い込まれた」とした。 さらに青木氏は、青山氏が選挙ビラに「昭和天皇の吐血など歴史的 [全文を読む]

TVコメンテータータブーと役割 森永卓郎氏と青木理氏が解説

NEWSポストセブン / 2015年04月18日16時00分

ワイドショーでコメンテーターを務めるジャーナリストの青木理氏は、自らの役割についてこう話す。 「たとえば川崎の(中1生徒殺害)事件の場合、『昔じゃ考えられませんね』『少年犯罪が増え、凶悪化してますね』という話になりがち。でも少年犯罪は統計として増えていないから、事実に基づいて『いや決してそうじゃない』と指摘するのが僕の役割だと思っています。 一面的な見方 [全文を読む]

木嶋佳苗が獄中ブログで告白「私がドキドキしちゃうジャーナリスト」『ほぼ日刊 吉田豪』連載123

東京ブレイキングニュース / 2014年02月27日16時00分

青木理。私の事件を取材してくれていたら・・・と思い続けた。ジャーナリストの名前だった。彼は、私より上田さんを選んだのか。ショックだった」と、いきなり青木理さんの名前が飛び出すわけですよ! さらに「私は個人的に青木さんの髪が好き。ほんの少し白髪混じりで長めのサラサラした真っすぐな髪が、とても似合ってる。長身痩躯のあのルックスで取材に来られたら、ドキドキしちゃ [全文を読む]

善と悪が同居する男...マスコミが報じない徳洲会・徳田虎雄の素顔 by青木理

東京ブレイキングニュース / 2013年12月06日11時00分

Written by 青木理 Photo by トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 [全文を読む]

【追悼】急逝したセクシー女優・紅音ほたるさんの思い出|久田将義コラム

東京ブレイキングニュース / 2016年09月01日19時00分

僕と青木理さんのイベントでした。これは飛び入りだったのか、ゲストとしてだったのか記憶が定かではないのですが、作家の室井佑月さん、ライターの神林広恵さん、ジャーナリストの青木理さん。そして僕というメンツだったと思います。『実話ナックルズ』の連載で印象的だったのが、吉原に行った時の事です。身投げをした吉原の女性たちが眠っている浄閑寺という寺にお参りに行きました [全文を読む]

「ヤクザと憲法」という映画を観て考えたこと|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年01月12日19時00分

久田将義(東京ブレイキングニュース編集長)、畠山理仁(フリーランスライター)、須田慎一郎(ジャーナリスト)、青木理(ジャーナリスト)各氏が参加したトークライブでのこと。話が暴排条例のことになり、青木氏が排除される側を追った(つまりヤクザ)この映画のことを話した。■暴排条例には"日本社会"の嫌なところが集約されている? そういえば、暴力団排除条例(いわゆる「 [全文を読む]

ジャーナリスト青木理が語る鳥取連続不審死事件──毒婦と地方格差と劣化する刑事“地方”司法の問題点

日刊サイゾー / 2014年01月15日19時00分

美由紀と面会を重ね、鳥取の地を地道に取材してきたジャーナリストの青木理氏が13年11月、事件を追った『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』(講談社)を上梓した。その青木氏に「美由紀とはどんな女か?」「都会と地方の格差や貧困問題、そして刑事司法」、さらに「今後の裁判の見通し」について話を聞いた。──木嶋佳苗の事件と鳥取の事件の上田美由紀は、よく比較対象になると思い [全文を読む]

フォーカス