岡本行夫のニュース

世界一のメンターが教える『人を動かす人の「質問力」―――この「問題意識」が結果を出し、組織を強くする』ジョン・C・マクスウェル (著), 岡本 行夫 (監修, 翻訳)が、キンドル電子書籍でリリース

DreamNews / 2016年07月29日18時00分

―――監訳者 岡本行夫 ……………………………………………………………… ◎リーダーにふさわしい習慣とは何か ◎「人に任せる」と「責任放棄」との違いは ◎やる気をかき立てる問いかけ ◎後継者が育たないのはなぜか ◎常に「さらなる成長」が必要な理由とは ◎組織の中枢にふさわしい人物はどこでわかる ■著者 ジョン・C・マクスウェル アメリカで最も信頼されてい [全文を読む]

米国屈指の知日派が日本政治の深層に迫る!『3.11 震災は日本を変えたのか』著者 リチャード・J・サミュエルズ(マサチューセッツ工科大学教授)、待望の邦訳出版。

DreamNews / 2016年02月25日14時00分

●原書は米国コーネル大学出版会から2013年に出版され大きな反響を呼び、緒方貞子氏(元・国連難民高等弁務官)、岡本行夫氏(外交評論家)、ジェラルド・カーティス氏(元コロンビア大学教授)など多くの有識者が推薦の言葉を寄せています。【書籍について】『3.11 震災は日本を変えたのか』 リチャード・J・サミュエルズ 著 (訳:プレシ南日子、廣内かおり、藤井良江 [全文を読む]

プーチン・トランプの新世界秩序はどうなる?

PR TIMES / 2017年02月23日10時28分

[画像: https://prtimes.jp/i/22608/39/resize/d22608-39-821788-0.jpg ] NPO法人新現役ネット(理事長・岡本行夫)が主催、産経新聞社(社長・熊坂隆光)が共催する「新現役宣言フォーラムin関西」。トランプ政権発足以来、世界の耳目はアメリカに集まっていますが、見逃すことができないのがロシアの動きで [全文を読む]

「聖書」がわかれば、世界がわかる『眠れないほどおもしろい「聖書」の謎』著者並木伸一郎が、8月17日にキンドル電子書籍『宗教史』『ユダヤ教』カテゴリーにて1位獲得

DreamNews / 2016年08月17日18時00分

『人生の教養が身につく名言集』(出口治明) http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100264200 『人を動かす人の「質問力」』(マクスウェル/岡本行夫)http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100576500 8/2 人材会社のインテリジェンス社が運営している ウ [全文を読む]

まだ間に合う夏季にできる『3日で運がよくなる「そうじ力」』著者舛田光洋が、8月17日にキンドル電子書籍の趣味・実用『占い』カテゴリーにて1位獲得

DreamNews / 2016年08月17日15時00分

『人生の教養が身につく名言集』(出口治明) http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100264200 『人を動かす人の「質問力」』(マクスウェル/岡本行夫)http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100576500 8/2 人材会社のインテリジェンス社が運営している ウ [全文を読む]

我が家も自分自身も変わる『「捨てる!」快適生活』著者飯田久恵が、8月17日にキンドル電子書籍『生涯教育』カテゴリーにて1位獲得

DreamNews / 2016年08月17日09時00分

『人生の教養が身につく名言集』(出口治明) http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100264200 『人を動かす人の「質問力」』(マクスウェル/岡本行夫)http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100576500 8/2 人材会社のインテリジェンス社が運営している ウ [全文を読む]

3パーセントの、本当に幸せな成功者たちから学んだこと『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』著者トニー野中が、キンドル電子書籍『社会史』カテゴリーにて1位獲得

DreamNews / 2016年08月04日09時30分

『人生の教養が身につく名言集』(出口治明) http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100264200 『人を動かす人の「質問力」』(マクスウェル/岡本行夫)http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100576500 8/2 人材会社のインテリジェンス社が運営している ウ [全文を読む]

「年収の差」は「キー入力の差」に比例する『なぜか仕事が速い人のパソコンの使い方―――できる人は「Ctrlキーの使い方」がうまい』著者中山真敬が、キンドル電子書籍『生涯教育』カテゴリーにて1位獲得

DreamNews / 2016年08月04日09時00分

『人生の教養が身につく名言集』(出口治明) http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100264200 『人を動かす人の「質問力」』(マクスウェル/岡本行夫)http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100576500 8/2 人材会社のインテリジェンス社が運営している ウ [全文を読む]

深夜の報道番組キャスターに就任した市川紗椰 「隣にメインキャスターを務めてくれる方がいたら、もっと自然体でいられたと…」

週プレNEWS / 2016年06月09日06時00分

メインキャスターの市川紗椰の他、ニュースコンシェルジュとしてモーリー・ロバートソン、岡本行夫らが出演 (取材・文/西中賢治 撮影/佐賀章広 スタイリング/西野メンコ ヘア&メイク/井上祥平) [全文を読む]

スクープ! 安倍首相が『報道ステーション』生出演をドタキャンしていた! 木村草太との対決を怖がって逃亡

リテラ / 2015年09月15日21時00分

ただ、さすがにフジや日テレとは違い、テレ朝は首相だけを単独出演させるわけにはいかないと、安保法制に賛成・反対派の2名の識者をゲストとして呼ぶことにしたらしいんです」(同前) そのゲストとは、賛成派が外交評論家の岡本行夫氏、反対派が憲法学者の木村草太氏だった。 岡本氏は親米派として知られ、橋本政権以降、総理補佐官など政府要職を数多く歴任した自民党の応援団の一 [全文を読む]

NHKが露骨! 番組公式Twitterが木村草太の安保法制反対意見を賛成に歪曲!「反対意見は理解しにくい」のつぶやきも

リテラ / 2015年09月13日20時00分

まず、本日の出演陣は、賛成派としてマサチューセッツ工科大学シニアフェローの岡本行夫氏、慶應義塾大学教授の細谷雄一氏、反対派として第一次安倍政権では内閣官房副長官補も務めた元防衛官僚の柳澤協二氏、そして首都大学東京准教授で憲法学者の木村草太氏が出演した。 木村氏は番組冒頭から「今回の安保法制には明白に違憲な部分があります」「法案はひとつに束ねられていて、個 [全文を読む]

日本企業、捕虜の強制労働について初の謝罪 なぜ今なのか?海外メディアが考察

NewSphere / 2015年07月22日12時30分

そして、三菱マテリアルの岡本行夫社外取締役が、「もっと早く謝罪しなかったことについても、私たちは謝罪しなければなりません」と語ったことを伝えている。 英エコノミスト誌は、謝罪が行われるまで時間がかかったと語り、FT紙以上にそのことを強調して報じているようだ。岡本社外取締役の発言については、元捕虜の大部分がすでに亡くなってしまっていることを認識した上でのもの [全文を読む]

朝日新聞が指摘された「過剰なキャンペーン体質」 渡辺社長「公正が求められる」

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月26日18時55分

また、第三者委員会の報告書では、岡本行夫委員(外交評論家)から「朝日新聞の方向性に沿うように『角度がつけられて』報道されている」と指摘されていた。この点に関しても、渡辺社長は「公正に、ファクトに基づいた発信していくことができていなかったとすれば遺憾だ。しっかりと反省し、今後の取材・報道に活かしていきたい」と話していた。 (弁護士ドットコムニュース) [全文を読む]

慰安婦問題の“戦犯“朝日・植村記者が反論! 右派のデマ攻撃が明らかに

リテラ / 2014年12月25日23時00分

今回、朝日は「甘い検証」といった世論の批判を恐れてか、第三者委員会に岡本行夫や北岡伸一といった保守系識者を入れていた。そして、検証内容もひたすら「朝日の誤報」を指弾するものばかりで、問題の本質については一言も触れられなかった。 これまで何度も指摘してきたことだが、一連の朝日問題で我々が本当に検証しなければならないのは、そもそも朝日の誤報はここまで叩かれ、 [全文を読む]

「先入観があった」 朝日新聞の「慰安婦報道」第三者委員会が報告書

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月22日20時28分

同委員会のメンバーは、中込委員長のほか、外交評論家の岡本行夫氏や国際大学学長の北岡伸一氏、ジャーナリストの田原総一朗氏、筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏、東京大学教授の林香里氏、ノンフィクション作家の保阪正康氏の有識者計7人で構成されている。 1982年の吉田証言の掲載記事や1997年の特集記事、今年8月の検証記事のほか、同月掲載予定だった池上彰氏のコラム [全文を読む]

みんなの党・維新の会・石原新党の「第3極」渡辺喜美氏語る

NEWSポストセブン / 2012年07月03日16時00分

維新八策をレジメに行なわれた維新政治塾の外交・安保の講師陣の顔ぶれをみると思想傾向を読み取ることができるが、岡本行夫氏や北岡伸一氏というタカ派ではない人たちを選んでいる。 外交・安保政策で橋下さんと石原さんがどこまで一緒にやれるのかという疑問はある。そもそも維新の会は、『消費税は地方の財源にすべきだ』と今回の増税に反対の立場だが、石原さんがそんな意見を持っ [全文を読む]

フォーカス