清谷信一のニュース

[清谷信一]【納税者も驚愕、陸自衛生学校体育館狂騒曲 その3】~浮世離れ?「衛生」総本山で疑惑のコンサート~

Japan In-depth / 2016年01月08日07時00分

また前衛生校長の招へいは、在任時の体育館建設への尽力に敬意を表して計画されたものです」 [全文を読む]

[清谷信一]【納税者も驚愕、陸自衛生学校体育館狂騒曲 その5】~「コンサートごっこ」をしている場合ではない~

Japan In-depth / 2016年01月08日07時00分

陸幕広報室は落成式の実施について、「三宿地区内への体育館完成の周知、体育館建設に携わった隊員などへの慰労、安全祈願を目的として、隊員及び建設に関わった関係者等の参加の可能性を総合的に勘案するとともに、公務及び病院診療に支障が無い範囲で実施したものと考えています」と、説明している。だが自衛隊中央病院は防衛省や自衛隊関係者だけが利用するだけではなく、所在地域の [全文を読む]

[清谷信一]【納税者も驚愕、陸自衛生学校体育館狂騒曲 その2】~最前線で隊員の命を救えるか?~

Japan In-depth / 2016年01月08日07時00分

今年5月、防衛省が有事の際に最前線で高度な医療行為を行う「第一線救命士」の養成を平成29年度から開始するという報道がなされたが、有識者からは、開始時期が今から2年も先の平成29年度からでは遅すぎると指摘する声があがった。更に名称も「第一線救命隊員」から「第一線救護衛生員」へと変わり、何をする隊員を育成しようとしているのか分からないばかりか、これまで第一線に [全文を読む]

[清谷信一]【納税者も驚愕、陸自衛生学校体育館狂騒曲 その4】~「謝礼は互助会等から支出】の不思議~

Japan In-depth / 2016年01月08日07時00分

こうした集金に伴う金銭トラブルの事件が相次いだことから、隊員の自発的な参加による互助会的な資金の運用について厳しく管理されるようになった。この回答で言う互助会等とは、正規の手続きにより設立された、参加する隊員に規約が文書で説明され、然るべき管理がなされている組織なのだろうか。この互助会等の設立の承認は誰がしたのだろうか。隊員に個人のお金を出させる上で、任意 [全文を読む]

[清谷信一]【納税者も驚愕、陸自衛生学校体育館狂騒曲 その1】~「戦争ごっこ」レベルの第一線救護~

Japan In-depth / 2016年01月08日07時00分

今年は安保法制をめぐり、国会では激論が戦わされた。国会前ではこれに反対する大規模なデモも発生し、国民的な議論を呼んだ。8月30日に安保法案に反対する集会で、国会正門前が約3万もの人で埋め尽くされたがその約1ヶ月後、9月19日には平和安全法制関連2法が成立した。これら法案の成立で自衛隊はより実戦的、かつ危険な任務につくこととなった。安保法案施行後、自衛隊は「 [全文を読む]

[清谷信一]【陸自の輸送防護車、高額な調達価格】~海外邦人救助に大きな懸念 その2~

Japan In-depth / 2015年12月26日07時00分

耐地雷装甲車にしても地雷やIED(Improvised Explosive Device:即席爆発装置)の被害を受ければ無傷では済まない。耐地雷装甲車はあくまで地雷の被害をゼロにするものではなく、損害を軽減するものだ。例えば乗員が全員死亡するところ、死亡が1名、重傷者が3名程度に減らせるというものだ。であるから、負傷者を手当する救急車が必要だ。これも当然耐 [全文を読む]

[清谷信一]【陸自は輸送防護車を使いこなせない】~海外邦人救助に大きな懸念 その1~

Japan In-depth / 2015年12月26日07時00分

陸上自衛隊は12月17日、海外での邦人救助を想定した訓練を相馬原演習場(群馬県榛東村)で実施し、ここで初めて新たに中央即応連隊(宇都宮)に配備された輸送防護車「ブッシュマスター」を公開した。訓練は邦人が外国の日本大使館に取り残されたとの想定だった。陸自は既に平成25年度の補正予算で、4輌の耐地雷装甲車ブッシュマスターを7億円で導入した。更に来年度予算でブッ [全文を読む]

[清谷信一]【仏同時テロ:無自覚な“文明的暴力”を批判せよ】~難民急増の深層 その2~

Japan In-depth / 2015年11月17日11時00分

欧米世論は(中東の)独裁者を倒せば、民主国家になると無邪気に信じて性急な「民主化」を求めた。メディアもそれを助長する傾向があった。そのような世論があったからこそ、欧州政府の中東への利権維持や武器の売却などが正当化されてきた。だが現実はより悪い方向に向かった。60年代にアフリカで何があったかを思い起こせば、単純に独裁者を倒せばいいという、水戸黄門的な勧善懲悪 [全文を読む]

[清谷信一]【挨拶すら出来ない自衛官に物申す】~コミュニケーション能力に難あり~

Japan In-depth / 2015年11月04日18時00分

我々は幼少時から家庭では勿論、小学生、それ以前の幼稚園や保育園でも挨拶することを学習する。社会人が仕事上であれば、氏名と所属やポジションを名乗り、名刺を交換して挨拶する。挨拶は人間関係の基本である。この基本ができないオトナの組織がある。自衛隊である。当然ながら軍隊同様の組織である自衛隊は組織内では挨拶は厳しい。敬礼を伴った挨拶を怠ることはない。上官に敬礼も [全文を読む]

[清谷信一]【わざわざ旧式兵器を新たに調達する陸自】~国内企業のライセンス生産守る為?~

Japan In-depth / 2015年10月18日18時00分

陸上自衛隊は現用の「84ミリ無反動砲」の後継を2012年に導入を決定し、調達を始めた。現用の「84ミリ無反動砲」はスウェーデンのサーブ・ボフォース・ダイナミクス社のカール・グスタフM2を当初は輸入し、後に豊和工業がライセンス生産してきた。新型はカール・グスタフM3で、輸入品である。これだけを見れば、「新型」のように思えるかもしれない。ところが昨年既に更に新 [全文を読む]

[清谷信一]【防衛省、機銃の調達はMINIMIのみ】~小銃用弾倉による空砲射撃で“弾詰まり”~

Japan In-depth / 2015年09月02日17時21分

関連記事 防衛省、平成27年度予算案に機銃調達費の計上見送り http://www.tokyo-dar.com/news/1135/ 防衛省、データ改ざんされた機銃の調達を見送りへ http://www.tokyo-dar.com/news/945/ 写真:©清谷信一 [全文を読む]

[清谷信一]【自衛隊を縛る法律の改正が先だ】~安全保障論議の前に 1~

Japan In-depth / 2015年07月20日23時00分

集団的自衛権の限定行使を容認する安全保障関連の法案が衆議院を通過した。筆者は国会の「論戦」を冷めた気分で見ていた。それは与党も野党も自衛隊の現実をみていないこと、我が国の政府や行政機関に遵法の精神が乏しいからだ。このような現状で議論をするだけ不毛である。自衛隊は通常の軍隊が縛られないような、多くの法律によって縛られている。それらの規制の撤廃や緩和の多くは改 [全文を読む]

[清谷信一] 【国連加盟がナンセンスなわけ】~安全保障論議の前に 2~

Japan In-depth / 2015年07月20日23時00分

これらの割当部隊の数量及び出動準備程度並びにその合同行動の計画は、第43条(注:特別協定)に掲げる一又は二以上の特別協定の定める範囲内で、軍事参謀委員会の援助を得て安全保障理事会が決定する」第46条「兵力の使用計画は、軍事参謀委員会の援助を得て安全保障理事会が作成する」 [全文を読む]

[清谷信一]【自衛隊は空中給油機活用を見直せ】〜その高い費用対効果〜

Japan In-depth / 2015年07月03日19時12分

航空自衛隊には旅客機のKC-767をベースにした空中給油機が4機、戦術輸送機であるC-130Hに空中給油機能を付加したものが1機存在している。C-130Hは更に1機分の改修が今年度予算で発注されており、最終的には3機体制になる予定だ。KC-767は空自の戦闘機に空中給油を行うためのものであり、C-130Hの給油機は空自の救難ヘリUH-6OJ(及びその改良型 [全文を読む]

[清谷信一]【少女漫画男性主人公に異変アリ】~ガチムチ、オタク、キモメンらがモッテモテ!~

Japan In-depth / 2015年05月24日18時00分

少女漫画のヒロインの相手役や男性主人公といえば、背が高くてサラサラな髪の性別不明な優男、我々男性からみればそういうのが通り相場というイメージがあるだろう。だがここ数年、少女漫画で異質な男性主人公が登場して人気を集めている。その「横綱」が別冊マーガレットの連載中の「俺物語!!」(原作・河原和音、作画・アルコ、コミックスは8巻まで発売中)の主人公、剛田猛男だ。 [全文を読む]

[清谷信一]【お粗末な自衛隊の「衛生」装備】~チュニジアでテロにあった女性医官は「特別」なのか?~

Japan In-depth / 2015年04月09日11時30分

先日チュニジアを訪れていた際に、テロに遭って負傷した陸上自衛隊(以下陸自)の女性医官、結城法子(のりこ)3佐に対する批判が多い。テロに遭った後の取り乱しようは「軍人としてなっておらん」というものだ。だがその「軍人としてなっておらん」というのは一人彼女だけに当てはまることだろうか。3月18日、チュニジアの首都・チュニスで発生したテロ事件に巻き込まれた。死傷者 [全文を読む]

[清谷信一]【「文民統制」の肝は人事と予算】~政治が軍を統制しない国、日本 2~

Japan In-depth / 2015年03月06日23時00分

この記事は、【日本の「文民統制」は「官僚統制」】~政治が軍を統制しない国、日本 1~の続きです) [全文を読む]

[清谷信一]【日本の「文民統制」は「官僚統制」】~政治が軍を統制しない国、日本 1~

Japan In-depth / 2015年03月06日18時00分

防衛省は防衛官僚(文官、いわゆる背広組)からなる内局で自衛隊の部隊運用を担当してきた運用企画局を廃止し、幹部自衛官(いわゆる制服組)からなる統合幕僚監部(統幕)に一元化する。これは背広組の制服組に対する優位を示すと防衛省設置法12条を改正し、両者を対等と位置づける。これによって「文民統制」が怪しくなるのではないか、という新聞などマスメディアの論調が強い。だ [全文を読む]

防衛省に「文民統制」はない

Japan In-depth / 2017年03月19日11時00分

清谷信一(軍事ジャーナリスト)【まとめ】・南スーダンPKO陸自の日報、廃棄されたはずが保管されていた。・背景に自衛隊の隠ぺい体質。・当局となれ合うメディアに責任あり。 ■見つかった陸自の日報、「戦闘」の記述我が国に文民統制は存在しない。防衛省や自衛隊は納税者、その代表である国会を騙して問題と思っていない。これは民主国家の「軍隊」としてはあり得ないことだ。南 [全文を読む]

60代も夢中「キノコホテル」とは?(上)

Japan In-depth / 2017年01月31日21時35分

清谷信一(軍事ジャーナリスト)「キノコホテル」、というガールズバンドをご存知だろうか。全員がマッシュルームカットのヘアスタイル。そしてお揃いのGS(グループサウンズ)風ミリタリールックのミニのワンピースという出で立ち。音楽的には昭和な香りのするGSやエレキ、サイケといった要素を取り入れ、いつか視たような既聴感を憶える、ありそうでなかった独自な曲でコアなファ [全文を読む]

フォーカス