仲代達矢のニュース

阿部寛、黒木華も驚愕。84歳仲代達矢のセリフ完全暗記の秘密

まぐまぐニュース! / 2017年06月03日18時50分

この公開を記念してテアトル新宿にて初日舞台挨拶が開催され、桑畑兆吉役の仲代達矢、伸子役の黒木華、兆吉の弟子役の阿部寛、長女・由紀子役の原田美枝子、監督の小林政広が登壇した。 本作の主人公、桑畑兆吉を演じた仲代達矢が入場すると、満席の観客はスタンディングオベーションで出迎えた。仲代は「私自身、撮影当時84歳、世に言う後期高齢者でして、今回は同年齢の役でした [全文を読む]

仲代達矢が泣いた。新テレビドラマ「果し合い」が劇場上映決定

まぐまぐニュース! / 2015年10月08日11時04分

その第一弾となる仲代達矢主演の「果し合い」の完成披露試写会が、東京・丸の内ピカデリーにて行われました。さらに試写会終了後、仲代達矢、桜庭ななみ、柳下大、原田美枝子、杉田成道監督が登壇し、作品の感想を語ってくれました。 仲代達矢と原田美枝子、30年ぶりの共演 仲代「私も一緒に試写を観ていたのですが、歳のせいか、作品が素晴らしいのか、ちょっと涙を流してしまいま [全文を読む]

仲代達矢、玉木宏と初共演に「大変緊張しております」

Smartザテレビジョン / 2016年08月24日06時03分

テレビ東京系で10月5日(水)に放送される玉木宏主演のドラマスペシャル「巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲」に、仲代達矢が出演することが分かった。 本ドラマは、真山仁が作家生活10周年記念の第一弾として発表した社会派長編小説「売国」を映像化した作品。 東京地検特捜部の正義と宇宙開発の夢、そしてその裏に潜む巨悪にスポットを当て、「正義とは何か」「国益とは何か」 [全文を読む]

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

主役の庄司佐之助を演じるのは、1954年「七人の侍」で映画デビューし、御年82歳の俳優・仲代達矢。黒澤明監督作品を始め、日本映画を代表する作品に多数出演。自らが主宰する「無名塾」でも舞台活動を行うなど、82歳を迎えてもなお精力的に活動を行っています。 (C)2015 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 そんな仲代について、杉田監督と桜庭は以下のように [全文を読む]

中年のリアリティを創るためセリフの音程変えた若き仲代達矢

NEWSポストセブン / 2013年01月20日07時00分

今回は俳優の道を歩み始めて60年、仲代達矢氏の金言をとりあげる。 * * * 仲代達矢は60年の役者人生を通じて、多彩な役柄を演じ分けてきた。その役作りの基本にいつもあるのが、「声」だ。 「私は作品によって発声術を変えてきました。たとえば『用心棒』の時は三船(敏郎)さんの剛毅な声に対してどう絡んでいこうとか、『椿三十郎』では音程を下げて硬めに喋るとか。 楽 [全文を読む]

仲代達矢の生涯現役宣言に拍手喝さい 黒澤明監督とのトンデモ話も披露

映画.com / 2017年05月26日23時00分

[映画.com ニュース] 小林政広監督最新作「海辺のリア」のスペシャルトークショーが5月26日、東京・代官山蔦屋書店で開催され、「春との旅」「日本の悲劇」に続き小林監督と3度目のタッグを組んだ主演の仲代達矢が参加。本作について「初めて遭遇したような映画」と評した仲代は、作品にまつわる裏話だけでなく、役者としてのこだわりや名匠たちとの思い出話を明かし、会場 [全文を読む]

日本映画界に苦言も……大御所・仲代達矢と「無名塾」の本当の評判

日刊サイゾー / 2013年04月10日09時00分

俳優の仲代達矢が先日出版した『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』 (PHP研究所)の発売を記念したトークショーでの発言が、波紋を呼んでいるという。 「『最近は特にテレビは、昨日までモデルやっていたような人が映画の雰囲気に合っているからって抜擢されたりしていますよね』とか、『主役を立てようとする俳優がいなくなりましたよね。俳優が勉強をしなくなった。技を極めなく [全文を読む]

「ドラマWスペシャル 倉本聰『學』」 アジア・テレビジョン・アワード2012で最優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月07日15時10分

「ドラマWスペシャル 倉本聰『學』」は、名作を書き続ける倉本聰が1992年に執筆した幻のオリジナル脚本を映像化した作品で、主演に仲代達矢を迎え、壮大なカナダのロッキー山脈を舞台に繰り広げる美しくも力強い人間ドラマです。 今回の受賞を記念して、本作品を2013年2月4日(月)にWOWOWプライムで再放送することを決定いたしました。 WOWOWは、コーポレー [全文を読む]

「影武者」4Kデジタルリマスター版上映 仲代達矢、秘話披露「3日間ストライキあった」

映画.com / 2017年06月08日18時45分

[映画.com ニュース] 黒澤明監督の映画「影武者」〈4Kデジタルリマスター版〉が6月8日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇で特別上映され、主演の仲代達矢がトークイベントを行った。 同映画は、武田信玄の影武者を務めることになった男の数奇な運命を描く歴史大作。1980年、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。当初、勝新太郎主演で撮影が進んでいたが、演出 [全文を読む]

仲代達矢「この映画で『老いもまたよきかな』という気持ちに」

ザテレビジョン / 2017年06月06日17時45分

仲代達矢主演の映画『海辺のリア』の初日舞台挨拶が、6月3日(土)に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの仲代、阿部寛、原田美枝子、黒木華と小林政広監督が登壇した。 同作品は、長編16作目となる小林政広が脚本・監督を務めるオリジナル脚本の意欲作で、認知症の疑いのある往年の大スターと彼を取り巻く人々との交流を描いたもの。小林監督と仲代によるタッグは『春との旅』 [全文を読む]

仲代達矢、次回作では「悪役やりたい」も小林政広監督の提案は拒否!? その役とは…

映画.com / 2017年06月03日15時10分

[映画.com ニュース] 俳優の仲代達矢が6月3日、主演映画「海辺のリア」の初日舞台挨拶を共演の阿部寛、黒木華、原田美枝子、小林政広監督とともに東京・テアトル新宿で行った。 仲代と小林監督は2010年「春との旅」、12年「日本の悲劇」に続く3度目のタッグ。認知症を患った往年の大スター役の仲代は、観客からの「ブラボー!」の歓声とスタンディングオベーションに [全文を読む]

“奇跡の八十路”仲代達矢、八千草董、有馬稲子は現役感バリバリ!

アサジョ / 2017年06月01日10時15分

現在84歳の仲代達矢は52年に俳優座養成所に入って活動をスタートさせ、今年で俳優人生65年を数える。6月3日公開の最新主演作「海辺のリア」では、認知症の元映画・演劇界の大スターという自らのイメージを重ね合わせたような役に扮している。「劇中ではシェイクスピアの『リア王』の長ゼリフを1カットで言い切っていました。その迫真の演技は名優の名にふさわしいと言えます [全文を読む]

萩本欽一、76歳バースデーに仲代達矢から“宝物”を!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月07日20時54分

5月17日(水)から4回にわたって放送される「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」(NHK BSプレミアム)の取材会が行われ、萩本欽一と第1回ゲストの仲代達矢が出席した。 萩本が自ら陣頭指揮を執り、俳優たちと共に「アドリブ全開で、ステージいっぱいに動き回るコント」を作り上げる様子を、ショーとして展開させる同番組。 萩本は「もしかしたら」という淡い期待を込めて [全文を読む]

フォロワーもほっこり! 84歳・仲代達矢の「期間限定ツイッター」が人気

アサジョ / 2017年05月04日18時15分

6月3日公開の映画「海辺のリア」の宣伝のために、昨年の大晦日から期間限定でツイッターを始めた俳優の仲代達矢。日々の出来事や現在のメディアについての所感などが素朴な言葉で書かれており、フォロワーは3万人を超え、ワイドショーでも取り上げられるなど、話題を呼んでいる。「当初は何を書けばいいのか戸惑っていたようですが、今はすっかり慣れて、ファンからのメッセージを読 [全文を読む]

主演映画公開の八千草薫 仲代達矢と一緒に和服姿を披露する

NEWSポストセブン / 2015年04月26日07時00分

4月16日、映画『ゆずり葉の頃』の完成報告記者会見が行われ、主演の八千草薫(84才)、仲代達矢(82才)、風間トオル(52才)が登場。また、中みね子監督、音楽の山下洋輔、劇中画を担当した宮廻正明も登壇した。 第36回モスクワ国際映画祭にも招待されたこの作品は、5月23日より岩波ホールほかにて全国順次公開される。 撮影■高柳茂 [全文を読む]

八千草薫 仲代達矢も絶賛の「初々しさ」

WEB女性自身 / 2015年04月16日23時00分

女優の八千草薫(84)、仲代達矢(82)らが映画『ゆずり葉の頃』の完成会見に出席した。本作品は、故岡本喜八監督の妻である岡本みね子(76)が旧姓・中みね子名義で挑んだ監督デビュー作。主演の八千草は「大きな会社とは違って資金もとても少なくて映画になるのか不安でしたが、撮影が始まって皆さんが一生懸命な状況で仕事すると、今までと違う力が湧いてくるみたいで。 映画 [全文を読む]

【WOWOW】伊藤英明が悪名高い弁護士に!連続ドラマW「罪人の嘘」8月31日放送スタート

PR TIMES / 2014年05月30日09時42分

さらに、木村佳乃、仲代達矢、筒井道隆、中村蒼、松重豊など豪華キャストが脇を固める。各話に登場するゲスト俳優にも注目だ。監督は、映画『ヘヴンズ ストーリー』(’10)でベルリン国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞するなど、世界でも高く評価されている瀬々敬久。連続ドラマを初めて手がけることになる。脚本は大ヒット映画『ヘルタースケルター』(’12)の金子ありさが [全文を読む]

ジェームズ・ディーンがいなければ『座頭市』も『子連れ狼』も存在しなかった!? 時代劇研究家が語るハリウッドスターと勝新太郎・若山富三郎兄弟の関係

ニコニコニュース / 2017年04月05日20時00分

こんな人は、仲代達矢さんと、若山富三郎さんの二人だけなんですよ。仲代さんは全部できちゃう人という認識を皆さんは持っているんですけれども、若山富三郎ってどちらかというと、おもしろおじさんのキャラクターなんですよ。つまり若山さんって、どうしても「役者としてすごい」とは、語られにくかった。実は仲代達矢さんと並ぶ日本の二大オールラウンドプレイヤーなんです。スター [全文を読む]

草刈正雄、夏八木勲、平幹二郎ら名優たちの若手時代

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

今回は、特別編として草刈正雄、夏八木勲、平幹二郎、仲代達矢、加藤武、山本圭らの言葉から、若手時代のエピソードをお届けする。 * * * 当然のことではあるが、名優として最初から完成されていた者など、いやしない。先週まで登場していた佐藤浩市もそうであったように、ベテランたちの多くが、若手時代に監督や先輩たちから現場で怒鳴られて指導されながら、それを糧に成長し [全文を読む]

山本圭 セリフは言葉の理を理解して息を絞って外に出すもの

NEWSポストセブン / 2015年12月11日16時00分

俳優座時代の先輩でもある仲代達矢と舞台で共演したことで知ったことについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。 * * * 山本圭は1964年、日生劇場での俳優座二十周年記念公演『ハムレット』に出演、後には自身もハムレットを演じている。 「仲代(達矢)さんがハムレット、平(幹二朗)さん [全文を読む]

フォーカス