吉田智子のニュース

福士蒼汰&小松菜奈出演映画『ぼく明日』に号泣する人続出「自分でも引くほど泣いた」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月26日17時30分

映画「僕等がいた」や「ホットロード」「アオハライド」といった人気青春恋愛映画を手がけてきた監督・三木孝浩と脚本家・吉田智子の強力タッグによって製作されている同作。さらに主役の南山高寿役を福士蒼汰が、ヒロイン・福寿愛美役を小松菜奈が演じている。 超豪華スタッフによって描かれた切ない若者2人の運命に、観客からは「自分でも引くほど泣いたし、引くほど感動した」「 [全文を読む]

Mr.Childrenの新曲「himawari」がベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』実写映画主題歌に決定

okmusic UP's / 2017年04月21日16時30分

■【作品概要】タイトル:君の膵臓をたべたい 公開:7月28日(金) 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) 監督:月川 翔 脚本:吉田智子 音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー 出演:浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 北川景子/小栗 旬 [全文を読む]

第2の“セカチュー”なるか!? 「なろう」発のヒット小説『君の膵臓をたべたい』の映画化・キャスト発表にファンは……

おたぽる / 2016年09月16日16時00分

監督には、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16年)『君と100回目の恋』(17年2月公開予定)などの月川翔、脚本は『ホットロード』『アオハライド』(ともに14年公開)などの吉田智子が手掛け、映画公開は2017年の夏を予定している。 人気作の実写化とあれば、批判的なコメントがつきもの。今回もネットでは、「何でもかんでも実写化て……勘弁してよ」「映画 [全文を読む]

福士蒼汰&小松菜奈で恋愛小説「ぼくは明日―」映画化

Smartザテレビジョン / 2016年01月13日16時16分

監督と脚本は、「僕等がいた 前後篇」('12年)、「ホットロード」('14年)、「アオハライド」('14年)など数々の恋愛青春映画でタッグを組んだ三木孝浩と吉田智子が務める。公開は12月を予定。 ■福士蒼汰コメント 最初は普通のラブストーリーとして読んでいましたが、途中からボロボロ泣いていました。家で読んで正解でした。原作の舞台でもある京都の今と昔が混在 [全文を読む]

映画『ホットロード』監督 三木孝浩氏インタビュー

PR TIMES / 2014年08月13日16時15分

■『ホットロード』 8月16日(土) 全国ロードショー 出演:能年玲奈/登坂広臣/木村佳乃/小澤征悦/鈴木亮平/太田莉菜/竹富聖花/落合モトキ/ 山田裕貴/鷲尾真知子/野間口徹/利重剛/松田美由紀 監督:三木孝浩 原作:紡木たく「ホットロード」集英社文庫<コミック版> 脚本:吉田智子 主題歌:尾崎豊「OH MY LITTLE GIRL」 ソニー・ミュージ [全文を読む]

大原櫻子(from MUSH&Co.)、6月に「カノ嘘」スピンオフシングル発売

okmusic UP's / 2014年05月02日11時30分

■ 大原櫻子STAFFツイッター https://twitter.com/sakurako_staff■シングル 「頑張ったっていいんじゃない」2014年6月25日発売 【初回限定盤】(CD+DVD(MUSIC VIDEO)) VIZL-687/¥1,500(税抜) 【通常盤】(CD) VICL-36927/¥1,000(税抜) <CD 収録曲> 共通: [全文を読む]

能年玲奈主演の純愛映画『ホットロード』ポスター解禁!主題歌は尾崎豊!

Woman Insight / 2014年03月18日19時07分

映画公開が待ちきれません!(さとうのりこ) 2014年8月16日(土)、全国公開! 『ホットロード』 出演:能年玲奈 登坂広臣 原作:紡木たく『ホットロード』集英社文庫 監督:三木孝浩 脚本:吉田智子 配給:松竹 公式HP:http://www.hotroad-movie.jp (C) 2014『ホットロード』製作委員会 (C)紡木たく/集英社 【あわせて [全文を読む]

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を最高に楽しむための胸キュンポイント5つ

Woman Insight / 2013年11月30日21時00分

12月14日(土)の全国公開、ますます楽しみですね!(後藤香織) ●12月14日(土)より、全国東宝系にて公開 ●(C)2013 青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会 ・出演 佐藤健 三浦翔平 窪田正孝 水田航生 浅香航大 吉沢亮 森永悠希 大原櫻子 谷村美月 勝村政信 相武紗季 反町隆史 ・原作 青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる [全文を読む]

脚本家 時代劇の企画を出すも「お金がかかる」と却下された

NEWSポストセブン / 2013年06月05日07時00分

そこで、『働きマン』などを手掛けた脚本家・吉田智子さん、『ドラゴン桜』『天体観測』などの脚本家・秦建日子さん、そしてテレビウォッチャー・カトリーヌあやこさんの3人に、テレビドラマについて語ってもらった。 * * * カトリーヌ:最近はなんでもアイドルが主役という印象があって。アイドルが悪いわけではないけれど、テレ朝の刑事ものみたいに、もう少し年配の人がメイ [全文を読む]

ドラマ『アンフェア』原作者 脚本を書かなかった理由を語る

NEWSポストセブン / 2013年06月04日07時00分

いつの時代も私たちの生活に彩りを与えてくれるテレビドラマについて、『働きマン』などの脚本家・吉田智子さんと、『サマーレスキュー』などの脚本家・秦建日子(はたたけひこ)さん、に、語ってもらった。 吉田:最近は本当に漫画や小説など、原作のあるドラマが増えましたよね。もちろんおもしろいし、素晴らしいコンテンツだと思いますが、頼りすぎな感じも否めない。反省点だと [全文を読む]

木村拓哉『HERO』第5話の脚本 急遽脚本家に発注していた

NEWSポストセブン / 2013年06月03日07時00分

いつの時代も私たちの生活に彩りを与えてくれるテレビドラマについて、『働きマン』などの脚本家・吉田智子さんと、『サマーレスキュー』などの脚本家・秦建日子(はたたけひこ)さん、毎クールすべての作品をチェックしているというテレビウオッチャー・カトリーヌあやこさんの3人に、語ってもらった。 カトリーヌ:自ら書かれた脚本のなかで、特に印象に残ってる作品って何ですか [全文を読む]

脚本家とTVウオッチャーが『東京ラブストーリー』等を語る

NEWSポストセブン / 2013年06月02日16時00分

いつの時代も私たちの生活に彩りを与えてくれるテレビドラマについて、『美女か野獣』、『働きマン』などの脚本家・吉田智子さんと、毎クールすべての作品をチェックしているというテレビウオッチャー・カトリーヌあやこさんに、たっぷりと語ってもらった。 吉田:私が最初に夢中になった連ドラは『東京ラブストーリー』(1991年)かな。 カトリーヌ:どのあたりがよかったです [全文を読む]

フォーカス