足利義満のニュース

狙い目は歴代ロケ地。「そうだ京都、行こう」シリーズを巡る紅葉狩り

まぐまぐニュース! / 2015年11月06日10時35分

・祇王寺 紅葉 2015年 見どころ情報 南禅寺(1995年盛秋) 11月5日現在の紅葉:色づき始め 例年の見頃:11月中旬から12月上旬 鎌倉時代に亀山法皇が離宮を寺に改めたのにはじまる臨済宗南禅寺派の大本山で、室町時代には3代将軍・足利義満によって禅宗寺院で最高位「別格」の「五山ノ上」(ござんのじょう)に定められ五山文学の中心地として栄えました。広大 [全文を読む]

政治に占い導入 レーガン氏や朴槿恵氏、安倍首相も

NEWSポストセブン / 2017年06月07日16時00分

歴史上の偉人と占いとのかかわりも強く、例えば藤原道長と足利義満は陰陽道、武田信玄は易占いを好んだという。 中世の庶民は盗難に遭うと、占い師に犯人を捜してもらった。日本人の生活の隅々にまで行き届いた“占い信仰”は「今なお続いている」と菅原さん。「今もほとんどの雑誌に西洋占星術などの占いが載っていて、テレビでも軽めの占いが盛んです。私の周囲には重要なことは占い [全文を読む]

【新東方見聞録】徳川家康とベトナムの知られざる「蜜月関係」(ベトナム・ホイアン)

GOTRIP! / 2017年05月25日06時30分

さらにそれ以前、足利義満は日明貿易のためだけに明朝の冊封を受け入れています。 それだけ、貿易は儲かるのです。数々の修羅場をくぐり抜けてきた戦国大名が、その可能性を否定しないはずがありません。 ・「日本人建造」の橋 ホイアンには、来遠橋という建造物があります。 これは屋根付きの橋で、16世紀末に日本人コミュニティーが作ったという言い伝えが残っています。ホイア [全文を読む]

ビール税の歴史 常に「取る側の論理」に翻弄されてきた

NEWSポストセブン / 2016年11月30日16時00分

室町幕府3代将軍の足利義満が、酒麹販売業者に課税したのが起源とされる。 現代に繋がる酒税の始まりは1873年、地租改正条例制定により1500種類以上あった幕藩体制下での税制が整理されるなか、酒類税が国税として残ったことによる。以降、酒税が国の財源に占めるウェイトは高まっていく。 1896年に酒造税法が制定されたが、これは日露戦争の戦費調達の財源として酒類が [全文を読む]

嵐山を借景とする日本最初の枯山水庭園が初ライトアップ&夜間特別拝観

Walkerplus / 2016年11月17日11時56分

鹿王院は、足利義満が創建し、京都十刹第五位の格式を誇ったものの、応仁・文明の乱で焼失。その後、再建された古刹として長く愛されてきた。嵐山を借景とする日本最初の平庭式の枯山水庭園は、京都市指定の名勝であり、山門から中門へ続く石畳の参道とともに、紅葉の名所としても知られている。 今回の夜間拝観は、1日100人限定公開となっており、事前の申し込みが必要。境内に [全文を読む]

秋の相国寺で開山堂庭園を1年に1度の特別公開!

Walkerplus / 2016年11月04日12時03分

14世紀末に足利義満により創建された相国寺(正式名称:萬年山相国承天禅寺)。境内には12の塔頭があり、山外塔頭は、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)など。秋の特別拝観で見られる法堂は、現存する法堂としては日本最古のもの。さらに開山堂庭園は、1年を通じて秋期のみの公開となっていて、白砂の上を舞う紅葉の美しさは格別だ。法堂に描かれた蟠龍図は、狩野光信の作で、法 [全文を読む]

平岡八幡宮で44種の花が描かれた“花の天井”を公開

Walkerplus / 2016年10月28日16時02分

1407年に消失した本殿を、足利義満が再建。現在の社殿は1826年に修復されたもので、花が描かれた本殿天井の「花の天井」も有名だ。境内では樹齢300年以上の椿を見ることもでき、11月中頃から見ごろを迎える“高雄もみじ”も見逃せない。 ■ <秋の特別拝観>高雄もみじも描かれる花の天井を公開 2016年9月4日(日)~12月4日(日)に開催される、「花の天井 [全文を読む]

京都観光の王道エリア!3分で知る金閣寺・上賀茂周辺まとめ

Walkerplus / 2016年10月24日21時08分

京都観光の王道と言える金閣寺は、室町幕府3代将軍、足利義満の山荘を臨済宗の寺院に改めたもの。黄金に輝く舎利殿は、豊かな緑を背に立ち、池に反射する姿もまばゆいばかり。紅葉や雪が降った際の美しさも有名。 上賀茂神社は京都最古の神社。百人一首に詠まれた“ならの小川”や、本殿や権殿が国宝に指定されている他、ほとんどの建物が重要文化財に指定されている。 京都府民の [全文を読む]

~洛西屈指の古刹・名刹の禅寺を今年初めてライトアップします~鹿王院 夜間特別拝観実施のお知らせ

@Press / 2016年10月12日15時00分

鹿王院は、足利義満が創建し、京都十刹第五位の格式を誇ったものの、応仁・文明の乱で焼失した宝幢禅寺の中で唯一再建された塔頭という、洛西屈指の古刹・名刹です。 嵐山を借景とする日本最初の平庭式の枯山水庭園は、京都市指定名勝。山門から中門に続く石畳の参道とともに、知る人ぞ知る紅葉の名所です。 今回の夜間拝観は、1日100名様の限定公開(事前申込制)です。境内を [全文を読む]

“能”装束の展覧会をオランダで開催 アムステルダム国立美術館にて10月21日スタート

@Press / 2016年09月15日17時00分

■能について 能は、14世紀後半頃、将軍・足利義満(1358-1408)の統治時代にその基礎が確立されました。能役者は舞踊や身振り、謡によって、深遠で優美な「幽玄」を表現しようとします。能の根源にあるのは、この世のはかなさ、苦悩や救いなどの仏教の世界観です。能の筋立てや舞台構成、演技の型は17世紀からあまり変化はありません。 “縫箔”を着た役者・シテ方が [全文を読む]

がっかり観光スポットはどこ?旅行に行く前に確認すべし

しらべぇ / 2016年08月04日09時00分

金閣寺は、室町幕府第3代将軍・足利義満の邸宅として作られた。歴史の教科書にも必ず載っており、その外観のインパクトは印象的だ。それなのにも関わらず...・「金閣寺が金ピカ過ぎて有り難みがなかった」(30女性)・「銀閣寺は金閣寺と違って銀ではないから」(20女性)(3)札幌市時計台(北海道)画像出典:Wikipedia札幌に行ったなら、きっと訪れるだろう札幌市 [全文を読む]

「綾鷹」おいしさの秘訣とは?宇治の老舗茶舗に行ってみた

Walkerplus / 2016年04月06日15時11分

その後、足利義満が茶園を開いた際に手厚い庇護を受け、有力茶師として名声を広めた。戦国時代の三大武将との関わりも深い。宇治・上林記念館には、豊臣秀吉から宛てられた書状も展示されている。書状には「茶の質は良いが、詰め方が雑で中身がこぼれていた」と怒りが記されているが、上林家ではこれを秀吉からの激励と捉えているという。それだけ、茶師として可愛がられていたというこ [全文を読む]

大友氏ら西国大名 グローバル視点に立ち積極的にアジア進出

NEWSポストセブン / 2015年11月28日16時00分

【*2 朝鮮および中国大陸沿岸に出没した海賊集団の朝鮮・中国側からの呼称】 足利義満が15世紀初頭に始めた日明貿易は、明朝を宗主国とした主従関係が色濃い。しかし西国の大名たちの視点はその地位に甘んじることなく先を見据えていた。 明との交易が途絶えた16世紀後半になると、南蛮船の往来に触れた西国大名たちの眼は朝貢儀礼抜きの関係が築ける東南アジア諸国に注がれ [全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

現在進行形で動き続ける、奇術的トークステーション『久米宏 ラジオなんですけど』

日刊サイゾー / 2013年11月15日16時00分

またある時は、ベテルギウスの話がいつの間にやら「小説すばる」(集英社)の話(星つながり)になっていたり、中村勘三郎の話が足利義満にたどり着いたりと、動きながらパスをつないだその先にファンタジーを生み出していく筋立てには、まるで久米自身がよく話題にする欧州最先端のフットボールを目撃しているような興奮がある。 [全文を読む]

京都が生んだ、雅(みやび)な味わい。 「抹茶入宇治煎茶」新発売!

PR TIMES / 2013年11月01日14時46分

足利義満が七つの茶園を開いた天下の茶処「宇治」。織田信長、豊臣秀吉なども好んだと言われる、宇治茶の歴史ある味わいをじっくりお楽しみください。 【商品特長】 宇治茶の豊かな香りと旨みを、そのままハイメッシュ三角ティーバッグに詰め込みました。急須で入れたような豊かな味わいをお楽しみいただけます。深蒸し茶のまろやかな風味に、石臼挽きの上質な宇治抹茶の甘みが加わり [全文を読む]

フォーカス