金子文紀のニュース

「カルテット」監督が“みぞみぞ”した瞬間&名シーンとは

Smartザテレビジョン / 2017年05月14日06時00分

人の不完全さを描いた坂元裕二脚本の会話劇の魅力を見事に表現した土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄の3人を代表して、土井に受賞の感想を聞いた。――「カルテット」は、主演の松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の4人の俳優がとても魅力的でしたが、今回の作品において気を付けたことやこだわりなどはありました?とにかく、今回これだけ力のある俳優さんたちがそろったので、ぼ [全文を読む]

『カルテット』 独特な世界観生み出す土井裕泰さんの演出術

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

ここまで『カルテット』では、同じ演出の金子文紀さん、坪井敏雄さんとともに、2話で「気が合う男女でも恋に落ちるとは限らない」司(松田龍平)と同僚・結衣(菊池亜希子)の友人関係、3話で「年月を経ても修復できない」すずめ(満島ひかり)と欧太郎(高橋源一郎)の親子関係、4話で「子どもがいるのにやり直せない」諭高(高橋一生)と茶馬子(高橋メアリージュン)の元夫婦関係 [全文を読む]

カルテット、視聴率暴落も満足度は高い?

日刊大衆 / 2017年02月08日10時00分

『カルテット』で演出・チーフプロデュースを務める土井裕泰氏は、『逃げ恥』でも演出を担当していましたし、『カルテット』の第3話で演出を担当した金子文紀氏も『逃げ恥』メインスタッフの一人です。スタッフも重なっているんですね」(テレビ誌編集者) 『カルテット』を『逃げ恥』と比較する人は多く、放送前には“TBSの次なる大ヒットドラマになるのではないか”と期待する見 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

後に『タイガー&ドラゴン』(TBS系/05年)や『流星の絆』でも組む金子文紀Dとの名タッグは、ここから始まる。同ドラマは平均視聴率こそ10.1%と今ひとつだったけど、放送後にDVDがバカ売れしたり、2度も映画化(いずれも大ヒット)されたことが、その人気の高さを物語る。■いずれもF2人気が高かった『恋ノチカラ』と『半沢直樹』あと、個人的には、『恋ノチカラ』が [全文を読む]

逃げ恥「予告なしキスシーン」に、視聴者悶絶!!

日刊大衆 / 2016年11月21日10時00分

今回は演出家の手腕に見事やられてしまいましたね」(テレビ誌記者) 脚本の野木亜紀子氏のツイッターによると、第6話は『ごめんね青春!』(TBS系)などで演出を務めた金子文紀氏が担当しており、次週も同氏が演出を手がけるという。11月22日放送の第7話の予告では、今度は“キス”という単語がばんばん飛び出している。“いい夫婦の日”に、さらなるムズキュン展開で視聴率 [全文を読む]

「逃げ恥」星野源に癒される女性が続出!モテ男の意外なモットーとは?

アサジョ / 2016年11月11日17時59分

それで、『木更津キャッツアイ』(TBS系)などを手掛けた金子文紀さんが、様々な演出を盛り込んでいるんです。次回予告はきちんとあるなか、『物語の中で次話の内容を話して終わる』という演出方法も視聴者を離さない要因の一つです」 また、「史上最高に可愛い」と絶賛されている主演の新垣だけでなく、夫役の星野源に「癒される」という女性視聴者も多いという。その星野の意外な [全文を読む]

ドラマ通座談会(1) 今期イチ押しは「逃げ恥」

Smartザテレビジョン / 2016年10月29日07時00分

金子文紀ディレクターは「99.9‐刑事専門弁護士‐」('16年TBS系)もそうだったけれど、演出のテンポが良くて無駄がないし、下品なことをしない。例えば、第1話で津崎が風邪で倒れてしまう。そのとき、津崎の額の汗を拭くとか、みくりが下着を取り替えようとしてキャッとか、そういうありがちなことをしない。 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、シリーズ初の前後編に キャラクターを深掘りした「前話」を振り返る

リアルサウンド / 2016年05月22日06時10分

金子文紀が演出を務めた前2回は、依頼人のドラマが大きな比重で描かれている点で、法律的視点を求める層ではなく、もっと漠然とドラマらしいストーリーを楽しみたい視聴者に訴求するものを狙っているようにも見えた。今回は木村に戻ったことで、第1話に回帰し、再び主人公たち弁護士のドラマに焦点を当ててきたようだ。(参照:松本潤主演『99.9』、演出家の違いでドラマはどう変 [全文を読む]

松本潤主演『99.9』、演出家の違いでドラマはどう変化した? 「0.1%の真実」の描き方

リアルサウンド / 2016年05月15日10時52分

第2話までの木村ひさしに変わって、第3話と今回の第4話は金子文紀が演出を勤めている。連続ドラマでは短期間に撮影から編集までの一連の工程を進めなくてはならないため、回ごとに演出家が変わることは常であるが、それによって全体的なテイストが大きく変わってきているようにも見える。1、2話は主人公達弁護士の働きを見せるドラマとして、彼らの特徴を強く描き出していた。と [全文を読む]

嵐・松本潤主演ドラマ「99.9―」視聴率大躍進の理由は?

Smartザテレビジョン / 2016年04月25日16時19分

演出は「民王」(’15年テレビ朝日系)での軽妙な演出が記憶に新しい木村ひさし氏や「木更津キャッツアイ」(’01年TBS系)シリーズなどの金子文紀氏が担当。またトリック監修には「TRICK」(’00年ほかテレビ朝日系)などを手掛けた蒔田光治氏が参加している。 共演者も、香川照之、榮倉奈々をはじめ、岸部一徳、青木崇高、片桐仁、マギー、渡辺真起子、奥田瑛二ら個性 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ミステリーシアター『ペテロの葬列』7月9日(水)よる9:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年07月09日15時21分

好評配信中の『名もなき毒』と併せて、『ペテロの葬列』をTBSオンデマンドでお楽しみください!ペテロの葬列【出演】小泉孝太郎、長谷川京子、国仲涼子、ムロツヨシ、高橋一生、青山倫子、細田善彦、岡本玲、映美くらら、千葉哲也、清水富美加、犬飼貴文、小林星蘭、島かおり、柴俊夫、本田博太郎、峰竜太、室井滋、長塚京三 ほか【原作】宮部みゆき「ペテロの葬列」(集英社)【脚 [全文を読む]

平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』11月27日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月27日14時19分

見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~【出演】薬師丸ひろ子、綿引勝彦、堀内敬子、江口のりこ、安藤サクラ、南明奈、緋田康人、宇梶剛士、渡部秀、波瑠、杉咲花、有村架純、徳永えり、清水くるみ、吉田羊、光石研、富田靖子、佐々木蔵之介【脚本】松本美弥子【 [全文を読む]

フォーカス