土井裕泰のニュース

サンボマスター、新曲が有村架純主演映画「ビリギャル」の主題歌に

Entame Plex / 2015年03月10日14時49分

こちらは5月1日(土)公開の映画「ビリギャル」の主題歌となっているが、同作の監督:土井裕泰は構想段階から頭の中には常にサンボマスターの曲が流れていたという。撮影にあたり、この奇跡のストーリーを彩るにはサンボマスターしかいない、という土井監督の強い思いからバンドへオファー。今回の主題歌が完成したとのこと。 なお、今回は「可能性」の主題歌決定と合わせて、この新 [全文を読む]

『ビリギャル』有村架純・主演で映画化決定! 累計発行部数55万部突破!

PR TIMES / 2014年11月13日12時41分

監督には『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』など数々のヒット作を生み出している土井裕泰。脚本は『テルマエ・ロマエII』の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。監督、脚本ともにヒットメーカーが揃い、理想のタッグが実現しました。映画『ビリギャル』【主演】 有村架純【監督】 土井裕泰 (『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』ほか)【脚本】 [全文を読む]

俳優・古舘寛治が豪華ゲストたちと語る「古舘寛治とgiftedたち」を本日より公開

PR TIMES / 2017年06月02日11時00分

夏帆(俳優)、井上剛(NHK演出家(『あまちゃん』)、深田晃司(映画監督『淵に立つ』)、土井裕泰(TBS演出家(『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』)など豪華ゲストたちと語るインタビュー印象派俳優として数多くの映画やドラマに出演する俳優・古舘寛治。2017年6月にホームである劇団サンプル(作・演出:松井周)の新作舞台『ブリッジ』の公演への出演に合わせ、 [全文を読む]

『カルテット』 独特な世界観生み出す土井裕泰さんの演出術

NEWSポストセブン / 2017年03月04日07時00分

その演出を手掛けるのが、土井裕泰さん(52才)だ。TBSに所属しながら数々のヒットドラマ、映画を生み出してきた。その演出術が、『カルテット』の高評価を支えているのは間違いない。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、土井演出の秘密に迫る。 * * * 脚本を手掛ける坂元裕二さんや、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんら主要キャストへ [全文を読む]

有村架純SPコメントも!映画「ビリギャル」地上波初放送

Smartザテレビジョン / 2016年11月24日00時00分

初の地上波初放送に向けた、土井裕泰監督のコメントは以下の通り。 【土井裕泰監督コメント】 映画「ビリギャル」の初めての地上波での放送が、ラストスパートを迎えたすべての受験生とそのご家族の力になりますように! [全文を読む]

ゆうばり映画祭2016の「ニューウェーブアワード」受賞者は勝地涼、杉咲花、土井裕泰監督に決定!

Movie Walker / 2016年02月22日06時00分

今年も多くのゲスト来場が決定し話題を呼んでいる中、今年の「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」受賞者に、俳優の勝地涼、女優の杉咲花、演出家・映画監督の土井裕泰が決定した。 2014年に新設され、目覚ましい活躍を見せる映画人を、新しい波(ニューウェーブ)を起こして欲しいという気持ちを込めて表彰するこの「ニューウェーブアワード」。過去に [全文を読む]

累計発行55万部『ビリギャル』が有村架純主演で映画化決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月15日05時50分

監督には『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』など数々のヒット作を生み出している土井裕泰。脚本は『テルマエ・ロマエII』の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。監督、脚本ともにヒットメーカーが揃った。■映画『ビリギャル』【主演】有村架純【監督】土井裕泰(『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』ほか)【脚本】 橋本裕志(『テルマエ・ロマエ [全文を読む]

TBSチャンネル1×チャンネルNECO「新参者」「けいおん!」シリーズ “一挙放送”共同企画のご案内

PR TIMES / 2013年12月03日09時19分

新作を前に、今回の2チャンネルあわせて「新参者」シリーズ全てを観ることができる!≪12月 TBSチャンネル1 ラインアップ≫『新参者』(全10話)【一挙放送】2010年・54分監督:山室大輔 他 原作:東野圭吾出演:阿部寛 黒木メイサ 向井理 溝端淳平 三浦友和 他放送日:12/29(日)11:50~20:55『赤い指』~「新参者」加賀恭一郎再び!2011 [全文を読む]

「カルテット」監督が“みぞみぞ”した瞬間&名シーンとは

Smartザテレビジョン / 2017年05月14日06時00分

人の不完全さを描いた坂元裕二脚本の会話劇の魅力を見事に表現した土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄の3人を代表して、土井に受賞の感想を聞いた。――「カルテット」は、主演の松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の4人の俳優がとても魅力的でしたが、今回の作品において気を付けたことやこだわりなどはありました?とにかく、今回これだけ力のある俳優さんたちがそろったので、ぼ [全文を読む]

ソ・ジソブ&ソン・イェジン、韓国版「いま、会いにゆきます」出演を検討中!16年ぶりの共演なるか

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月13日14時50分

「いま、会いにゆきます」は日本の小説家、市川拓司によるファンタジー恋愛小説で、日本国内においてミリオンセラーとなり、2004年には映画化(監督:土井裕泰)され、大ヒットした。1年後の雨の季節に戻ってくるという言葉を残してこの世を去った女主人公の秋穂澪が、約束通り1年後、夫と息子の前に現れ、そこから夫婦・親子愛が感じられる様々なストーリーを展開するあらすじと [全文を読む]

冬ドラマ注目4作品の結末をドラマ解説者が予想!

Smartザテレビジョン / 2017年03月08日23時00分

■ドラマ解説者の結末予想 近年の坂元裕二脚本は幸福な結末が多く、土井裕泰演出の「猟奇的な彼女」('08年TBS系)も同様。誰かの片思いが成就し、2組のカップルが誕生する期待感十分。ただ、高橋一生さんが終盤の展開に「ゾッとした」と語っていたことから、真紀の過去が全てをブチ壊すなど「それでも、生きてゆく」('11年フジ系)のような、“みぞみぞする”結末になる [全文を読む]

視聴率 年平均1%あたり広告収入100億円変わる

NEWSポストセブン / 2017年03月02日11時00分

「『カルテット』は、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという4人の演技派俳優が共演し、脚本に坂元裕二さん、演出に土井裕泰さんという業界屈指の実力者をそろえた作品で、ドラマ通の間では絶賛されています」 それぞれが弦楽器を持ち、“偶然”カラオケボックスで出会った30代の男女4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を始める。恋あり、笑いあり [全文を読む]

ゆうばり映画祭2017の「ニューウェーブアワード」受賞者は駿河太郎、足立梨花、静野孔文に決定!

Movie Walker / 2017年02月27日19時29分

過去の受賞者には、俳優部門で東出昌大や勝地涼、女優部門で松岡茉優や杉咲花といった今をときめく顔ぶれがそろい、クリエイター部門では数々のドラマ・映画を手掛けてきた宮藤官九郎や土井裕泰らヒットメーカーが受賞している。 受賞について、駿河は「39歳にもなろうという私にこの賞を贈ってくれるなんて、なんと有難いことでしょうか。これもゆうばり映画祭のチャレンジ精神の現 [全文を読む]

「カルテット」 ドラマ通が絶賛も視聴率低迷の3つの理由

NEWSポストセブン / 2017年02月10日07時00分

* * *『カルテット』は、松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんという4人もの演技派が共演し、脚本に坂元裕二さん、演出に土井裕泰さんと業界屈指の実力者をそろえただけあり、ドラマ通たちが絶賛。先日、コラムニスト、ドラマ評論家、テレビ誌編集長などのいわゆる“ドラマ識者”が集まる場で話をしたときも、ほぼ全員が「イチオシ作品」に挙げていました。 [全文を読む]

カルテット、視聴率暴落も満足度は高い?

日刊大衆 / 2017年02月08日10時00分

『カルテット』で演出・チーフプロデュースを務める土井裕泰氏は、『逃げ恥』でも演出を担当していましたし、『カルテット』の第3話で演出を担当した金子文紀氏も『逃げ恥』メインスタッフの一人です。スタッフも重なっているんですね」(テレビ誌編集者) 『カルテット』を『逃げ恥』と比較する人は多く、放送前には“TBSの次なる大ヒットドラマになるのではないか”と期待する見 [全文を読む]

思わず恋したくなっちゃう……! 胸がキュンキュンする恋愛映画 4選

恋学 / 2016年11月28日12時00分

2:ハナミズキ/土井裕泰監督 一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフに、新垣結衣さんと生田斗真さん主演で映画化された純愛ラブストーリー。高校生時代の甘酸っぱい恋、大学生時代のちょっぴり大人の恋、大人になってからの切ない恋。何度もすれ違っては惹かれ合う、二人の恋愛が10年に渡って描かれています。思わず共感できるシーン満載! リアルな恋愛のようなハラハ [全文を読む]

有村架純主演 映画「ビリギャル」ノーカット版初放送

dwango.jp news / 2016年11月24日00時00分

<監督・土井裕泰> 映画『ビリギャル』の初めての地上波での放送が、ラストスパートを迎えたすべての受験生とそのご家族の力になりますように! (c)2015映画「ビリギャル」製作委員会 [全文を読む]

藤本賞受賞、『ビリギャル』や『バクマン。』のプロデューサーが製作苦労話を吐露

Movie Walker / 2016年06月17日14時00分

那須田プロデューサーは、主演の有村架純をはじめ、キャストやスタッフ陣に感謝してから、土井裕泰監督についてのエピソードを披露。「夢や願いは口に出さないと叶わない。土井監督は『ストロボ・エッジ』(15)や『暗殺教室』(15)を超えたいと口に出して言われていましたが、それはすごく大事なことだなと。そして、素晴らしい賞をいただきました。次は、土井監督と、アカデミ [全文を読む]

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016が開幕!

Movie Walker / 2016年02月25日20時39分

続いて行われたオープニングセレモニーでは、オープニングアクトに続き「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」受賞者である、俳優の勝地涼、女優の杉咲花、演出家・映画監督の土井裕泰が登壇。「今までの受賞者の中で間違いなく最年長ですが…」と会場を笑わせながらも、「ゆうばりは特別な存在で、一度来てみたかった映画祭です。こうして受賞者として呼ん [全文を読む]

勝地涼“ゆうばり”象徴の賞に「身が引き締まる思い」

Smartザテレビジョン / 2016年02月22日07時01分

2月25日(木)から2月29日(月)に行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」で、俳優の勝地涼、女優の杉咲花、演出家・映画監督として活躍する土井裕泰が「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」を受賞することが決定した。 同賞は、目覚ましい活躍を見せる映画人を、新しい波(ニューウェーブ)を起こしてほしいという気持ちを込めて [全文を読む]

フォーカス