坂口安吾のニュース

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』 新文豪転生イベント開催のお知らせ! さらに1日限定の有碍書追加アップデート!

PR TIMES / 2017年02月28日16時37分

ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMM GAMES(http://www.dmm.com/netgame/)は、2月28日に、女性向け文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」において、新文豪、坂口安吾が獲得できるイベントを開催、さらに魂(大)が獲得できるステージを追加いたしました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/2 [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』 新文豪転生イベント開催のお知らせ! さらに1日限定の有碍書追加アップデート!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月28日16時30分

ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMM GAMES()は、2月28日に、女性向け文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」において、新文豪、坂口安吾が獲得できるイベントを開催、さらに魂(大)が獲得できるステージを追加いたしました。 ▼「文豪とアルケミスト」ゲームページ ▼イベント「坂口安吾に関する研究 ―招魂研究―」開催新文豪 坂口安吾が期 [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』新文豪転生イベントアイテム取得イベントの実施!さらに今後の追加アップデートをお知らせ!

PR TIMES / 2017年02月22日16時14分

[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1868/resize/d2581-1868-121534-1.jpg ] ▼「文豪とアルケミスト」ゲームページ http://www.dmm.com/netgame_s/bungo/ ▼イベント「坂口安吾に関する研究 ―事前研究―」開催 イベント「坂口安吾に関する研究 ―事前研究―」開催を [全文を読む]

DMM GAMES『文豪とアルケミスト』 新文豪転生イベントアイテム取得イベントの実施! さらに今後の追加アップデートをお知らせ!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月22日15時30分

▼「文豪とアルケミスト」ゲームページ ▼イベント「坂口安吾に関する研究 ―事前研究―」開催イベント「坂口安吾に関する研究 ―事前研究―」開催を開催いたしました。本イベントでは、期間限定で転生予定の新文豪、坂口安吾の転生の鍵となるアイテム「招魂の栞」を獲得できます。招魂の栞は期間中、「研究」を達成することで獲得できます。 実施期間:2月22日(水) ~ 3 [全文を読む]

『安吾のことば 「正直に生き抜く」ためのヒント』(藤沢 周・編/集英社新書)が12月16日に発売!

DreamNews / 2016年12月14日15時00分

日本が焦土と化した昭和の激動期に、痛烈な批評精神で人々の心をつかんだ作家、坂口安吾。その名言は、かの有名な「人間は生き、人間は堕ちる」だけではない。「戦争をいたしません、というのは全く世界一の憲法さ」「人間は、国家繁栄のためにギセイになってはならぬ」「家の制度があるために、人間は非常にバカになる」等々、価値観が揺らぐこの時代だからこそ響くフレーズの数々を、 [全文を読む]

恋愛下手な女子の心を揺さぶる…坂口安吾の”恋愛の名言”

デイリーニュースオンライン / 2015年12月26日15時00分

「世間体」「常識」「倫理感」などにとらわれていませんか? そんなあなたにオススメしたいのが、昭和の戦前・戦後に活躍した作家・坂口安吾が残した数々の名言です。 恋愛しなきゃ人生じゃない? 皆さんの中には「坂口安吾って誰?」という方も多いかもしれません。坂口安吾は昭和の戦前・戦後を代表する作家のひとり。その作風は、人間の本質を鋭くえぐり出すものがほとんど。とく [全文を読む]

シリーズ累計80万部突破の大人気コミックス 『文豪ストレイドッグス』小説版に織田作之助と坂口安吾が登場!?『文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代』

PR TIMES / 2014年06月27日18時15分

角川書店 ブランドカンパニー シリーズ累計80万部突破!株式会社KADOKAWA発行のコミックス『文豪ストレイドッグス』の原作者:朝霧カフカが同コンテンツにて作家デビューをはたした小説版の2巻の情報が解禁!新規のキャラクターとして織田作之助と坂口安吾が登場することがわかった。 株式会社KADOKAWA発行の大ヒットコミックコンテンツ『文豪ストレイドッグス』 [全文を読む]

『青空文庫POD』第二弾 今では手に入りにくい隠れ名作セレクション100! -アクセシビリティに配慮したポケット版/シニア版/大活字版の各刊3サイズで発売-

PR TIMES / 2014年06月03日10時22分

今回の第二弾では、明治から昭和にかけての文豪の作品の中から、太宰治の「彼は昔の彼ならず」、坂口安吾の「ヤミ論語」、夢野久作の「いなか、の、じけん」をはじめ隠れた名著100作品をセレクト。第一弾と同様に、ポケット版/シニア版/大活字版の3サイズ300点を「Amazon.co.jp」(「青空文庫POD」ページ:http://www.amazon.co.jp/a [全文を読む]

「走りつづけてバッタリ倒れて、それがようやく終わりである」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば97】

サライ.jp / 2017年04月07日06時00分

【今日のことば】 「走りつづけて、行きつくゴールというものがなく、どこかしらでバッタリ倒れてそれがようやく終わりである」 --坂口安吾 明治39年(1906)新潟で生まれ、昭和30年(1955)群馬・桐生で没。坂口安吾の50年に満たぬ生の道筋は、自らが『青春論』の中に綴った上の一文のようであった。 事物や金銭に縛られるのを嫌い、徹頭徹尾、ひとりの自由人と [全文を読む]

坂口安吾が100人前頼んだ伝説のカレー!東京・石神井『辰巳軒』のカレーライス【大人の東京実用グルメ1】

サライ.jp / 2017年02月05日17時00分

坂口安吾が100人前頼んだ伝説のカレー西武池袋線に乗り、池袋から急行で一つ目の石神井公園駅の南口近くに、『辰巳軒』という創業78年にもなる古い洋食屋がある。その一軒おいて隣の『ほかり食堂』も同年の開店。この街は、当時から住宅地として栄えていたのだ。そして、この両店は、文学史に奇妙な事件とともに名を残している。 赤地に「中華・洋食」の黄色の文字が映える看板 [全文を読む]

“堕ちよ“、“生きよ”…現代に鋭く放たれる「坂口安吾のことば」にこの時代を生きるヒントがある

週プレNEWS / 2016年12月29日06時00分

これのみが力の唯一の源泉である」 「素朴や静寂に徹するよりも、むしろ俗悪に徹することだ」 いずれも、戦前から戦後にかけて活躍し、太宰治らと共に「無頼派」を代表する作家のひとりとして知られる、坂口安吾の「ことば」である。 その鋭い批評精神と独特な「人間観」に裏打ちされた安吾の「ことば」を代表作『堕落論』はじめ、膨大な作品群の中から選び抜き、価値観の揺らぐ「こ [全文を読む]

乙女パズル「ラヴヘブン」TVアニメ「文豪ストレイドッグス」とのコラボ第三弾最新情報公開!!

PR TIMES / 2016年11月09日17時18分

【新規コラボガチャ登場キャラクター】第一回:[和装]中原中也【中原中也画像】・SD画像[画像2: http://prtimes.jp/i/17605/98/resize/d17605-98-287150-1.jpg ]【新規コラボガチャ開催期間】第一回:2016年11月10日(木)~2016年11月24日(木)メンテナンスまで■黒の時代がラヴヘブンに登場! [全文を読む]

大ヒット『君の名は。』のクリアファイルが特別付録に! 見どころ満載の『月刊ニュータイプ12月号』は11月10日発売!

PR TIMES / 2016年11月09日12時54分

諏訪部順一さん(織田作之助役)、宮野真守さん(太宰治役)、福山潤さん(坂口安吾役)のキャストや五十嵐卓哉監督をはじめとするスタッフより総勢11名に及ぶインタビュー・コメントを収録しています。 [画像3: http://prtimes.jp/i/7006/2812/resize/d7006-2812-150485-0.jpg ] 今回の『月刊ニュータイプ12 [全文を読む]

アニメ『文豪ストレイドッグス』のキャラクター織田作之助、中原中也、坂口安吾が角川文庫の描き下ろしイラストカバーで登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月06日18時00分

昨夜(10/5)放送のアニメ13話に登場した織田作之助、坂口安吾の新キャラクター2人に加え、第1クールから登場している中原中也の作品も角川文庫よりアニメ描き下ろしイラストカバーで発売される。 織田作之助『天衣無縫』 中原中也『汚れつちまつた悲しみに…… 中原中也詩集』 坂口安吾『堕落論』 アニメをきっかけに、ぜひ文豪たちの名作に触れてみてほしい。 [全文を読む]

池袋のサンシャイン通り商店街に『文スト』フラッグが登場!! 読書ポスターや文学館描き下ろしイラスト、最新CMも公開!!

PR TIMES / 2016年10月06日12時40分

掲出期間は10月7日(金)~10月20日(木)の2週間、武装探偵社やポートマフィアはもちろん、小説版「太宰治と黒の時代」から織田作之介・坂口安吾・マフィア時代の太宰治のイラストも登場!! 期間限定なので、池袋にお越しの際はぜひ「文スト」フラッグをご確認ください!![画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2737/resize/d700 [全文を読む]

高校生のうちに読んでおくべき本3選

マイナビ進学U17 / 2016年03月28日12時01分

■『堕落論』は敗戦直後にこれまでの倫理観を分析し、明日への指標を示した『堕落論』(だらくろん)は坂口安吾の代表的な随筆・評論です。敗戦直後の日本社会において、これまでの倫理観を分析し、混乱する人々に対して新たなる指標を示しました。戦前の倫理や道徳をただ否定するのではなく、本質的な切り口で人間の本来の姿を見つめ直した、まさに名作中の名作です。文芸評論家の磯田 [全文を読む]

坂口安吾もヒロポン常用者だった!? 薬物を大量摂取していた作家5選!

tocana / 2016年03月26日08時00分

【1】坂口安吾 ヒロポン常用者として、まず坂口安吾の名前があげられる。二日酔いの酔い覚ましに使っていたというから、ほとんど頭痛薬感覚である。現在、坂口の作品は著作権が切れ、多くがフリーの電子図書館・青空文庫にて公開されている。よく知られた『堕落論』(岩波文庫ほか)のほか、坂口に同じくヒロポン常用者であった盟友、太宰治の入水自殺を受けて書かれた追悼文『不良 [全文を読む]

<清原グッズ撤去の是非>「清原容疑者の罪状」と「清原選手の記録」は無関係?

メディアゴン / 2016年02月06日07時30分

戦前戦後の昭和文壇を代表する作家・坂口安吾は重度の薬物依存だったが、未だに人気で評価も高い。記念館なども複数設置されている。「それは歴史(過去)の話だ」という反論もあるかもしれないが、新撰組でもまだ150年前のことだ。48歳で死んだ坂口安吾でさえわずかに60年前。ビートルズに至っては、メンバーがまだ健在だ。クリエイターに限らず、科学者などの学者業にも薬物依 [全文を読む]

【又吉直樹も通う銀座の名店】90年の歴史を誇る文壇バーはなにがスゴいのか

しらべぇ / 2015年10月05日09時00分

かつては織田作之助、坂口安吾、太宰治といった無頼派も行きつけだったこちらの店。開店時は里見弴、泉鏡花、菊池寛、久米正雄といった文豪が開店支援をしたという歴史があります。◆オープンから90年1928年(昭和3年)のオープン以来、90年に渡ってこの地で愛され続けてきました。もともとは「カフエー」と呼ばれる形態からお店はスタート。これは、女給によるサービスでお酒 [全文を読む]

『青空文庫POD』8月刊行は116作品、348製品~坂口安吾、小酒井不木などの作品を中心に~

PR TIMES / 2015年08月06日10時03分

なお、8月の刊行も坂口安吾50点、小酒井不木25点、甲賀三郎6点、幸田露伴5点など作家を対象にセレクトいたしました。今までと同様に3サイズ348点を「Amazon.co.jp」、「三省堂書店オンデマンド」(ポケット版は販売されません)、「ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店」、「honto.jp」、「ジュンク堂書店池袋本店」?に提供いたしました。『青空文 [全文を読む]

フォーカス