水田伸生のニュース

【WOWOW】坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る連続ドラマW「モザイクジャパン」5月18日放送スタート

PR TIMES / 2014年04月03日18時16分

坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る、AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台にした、新しい形の社会派エンターテインメントドラマ、ついに解禁。 ドラマ「Woman」「最高の離婚」「東京ラブストーリー」など数々のヒット作を生み出した坂元裕二が脚本を手掛けた新しい形の社会派エンターテインメントが登場。セックス産業で潤う田舎の街を舞台に、深い人間心理や社会問 [全文を読む]

多部未華子、20歳当時のイケメン志賀廣太郎に「あれ?」

Movie Walker / 2016年04月01日13時52分

韓国でメガヒットしたコメディ『怪しい彼女』(14)を、『謝罪の王様』(13)の水田伸生監督がリメイクした『あやしい彼女』の初日舞台挨拶が、4月1日に新宿ピカデリーで開催。多部未華子らキャストと水田伸生監督が舞台挨拶に登壇した。映画にちなみ、20歳の時に撮影された志賀廣太郎の写真が“イケメン”として紹介されると、多部たちは「あれ?」と笑いながらリアクションを [全文を読む]

anderlust、映画『あやしい彼女』の主題歌「帰り道」でデビュー!

okmusic UP's / 2016年04月07日00時00分

今作の表題曲は多部未華子主演・水田伸生監督の映画『あやしい彼女』の主題歌に起用され、越野はこの映画で銀幕デビューも飾っている。言わずと知れたヒットメーカーの小林武史、常にカッティングエッジな女性像を提示し、時代をリードし続ける『NYLON JAPAN』、「コメディ映画のプロフェッショナル」と呼ばれる水田伸生と、なぜanderlustは大物クリエイターたちの [全文を読む]

多部未華子演じる主人公“大鳥節子”が歌う昭和の名曲を収録!!映画「あやしい彼女」サントラリリース!!

PR TIMES / 2016年03月31日17時15分

『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』の水田伸生が監督を務める。 主人公・大鳥節子を多部が演じ、73歳の毒舌おばあちゃん・カツ役に倍賞美津子、カツの娘・瀬山幸恵役に小林聡美、 節子の歌声に魅了される音楽プロデューサー・小林拓人を要潤、バンドに夢中なカツの孫・瀬山翼を北村匠海が演じる。 現在公開中の予告編やメディアなどで公開済みの映像では、多部が坂本九さん [全文を読む]

はぁもう愛くるしい…。“超絶あやしい20歳女子”が日本中を席巻する予感

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月12日12時00分

そんな彼女の新しい魅力を引き出すのは、コメディ映画のプロフェッショナル=水田伸生監督。多部と二人一役・73歳のおばあちゃんを演じる倍賞美津子をはじめ、小林聡美、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎と多才なキャストが勢ぞろいし、物語を盛り上げる。『謝罪の王様』のスタッフが再集結して生み出す、「笑い×歌」の新たなコメディ映画『あやしい彼女』。今回解禁される映像 [全文を読む]

多部未華子主演映画にエキストラで参加できる!あの話題のアジア映画がリメイク

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月10日09時00分

このたび、『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督のもと2016年4月公開の映画としてリメイクされます。本作の主人公は毒舌、頑固でおせっかい、トラブルばかり引き起こす73歳のおばあちゃん、カツ(倍賞美津子)。ある日、不思議な写真館で写真を撮られると、突然20歳の麗しい姿(多部未華子)に若返ってしまいます。女手一つで我が子を育て、皆が望むような人生を生きるこ [全文を読む]

多部未華子&倍賞美津子が同一人物を演じるコメディ映画が最高にハッピーな予感

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月06日14時31分

監督を務めるのは、『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』などのコメディ映画で知られる水田伸生。「憧れの大女優、倍賞美津子さんの愛情キラキラ溢れる芝居に、そして多部未華子さんの可愛いくも切れ味抜群の芝居に、毎日痺れまくっています。身も心もビリビリ痺れる映画に……します、なります、きっと!」と、刺激的でエネルギッシュな撮影現場の様子を伝えつつ、作品の仕上がり [全文を読む]

日本テレビ4月ドラマ主演に堺雅人が決定!

Smartザテレビジョン / 2015年01月29日06時00分

さらに、演出は「Woman」('13年、日本テレビ系)、映画「謝罪の王様」('13年)などを手掛けた水田伸生氏が担う。中園氏は「今の日本、心の栄養が足りないのかもしれません。心を病んでいる人も少なくありません。心が疲れたとき、『こんな人がそばにいてくれたら』と誰もが思う天才精神科医・日野倫太郎を堺雅人さんに演じていただきます。以前から堺さんの大ファンだった [全文を読む]

人気女子アナ・長崎真友子のプライベート盗撮動画がネットに流出!?

Smartザテレビジョン / 2014年12月04日05時08分

演出はドラマ「Mother」('10年、日本テレビ系)などを手掛け、「Woman」では坂本とタッグを組んだ水田伸生。そして、永山絢斗や高橋一生ら魅力的なキャストが集結。宮地真緒らに加え、AV女優役としてオーディションを勝ち抜いて体当たりの演技に挑む新人女優たちにも注目だ。 しかも今回のDVDでは世界初(!?)の試みとして、初回限定生産分に特別包装を加え、な [全文を読む]

映画ファン必聴!園子温・堤幸彦・大根仁・崔洋一・・・人気映画監督9人のお薦めの名作は⁉

PR TIMES / 2014年05月02日09時47分

【★映画ファン必聴★ ゲスト映画監督×紹介映画は、超豪華ラインナップ!!】 ■園子温(『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』『恋の罪』『ヒミズ』) ×『禁じられた遊び』 ■堤幸彦(『20世紀少年』シリーズ、『劇場版SPEC』シリーズ) ×『ファーゴ』 ■大根仁(『モテキ』) ×『幸福の黄色いハンカチ』 ■崔洋一(『カムイ外伝』『月はどっちに出ている』『血と骨』 [全文を読む]

【モザイクジャパン】場面写真&オールキャスト解禁!

PR TIMES / 2014年04月29日10時18分

坂元裕二脚本、水田伸生演出、永山絢斗主演で贈る、新しい形の社会派エンターテインメント!連続ドラマW「モザイクジャパン」 場面写真&オールキャスト解禁! 5月18日(日)から放送スタートする、連続ドラマW「モザイクジャパン」[R15+指定相当]の場面写真と、オールキャストが遂に解禁 本作では永山絢斗さん、高橋一生さん、ハマカワフミエさんの出演が既に発表されて [全文を読む]

櫻井翔が4年半ぶり連ドラ主演!スタッフ&共演者に興奮「豪華が溢れている」

Smartザテレビジョン / 2017年04月24日06時00分

脚本は「HERO」シリーズ('01年ほか、フジテレビ系)などを手掛けた福田靖、演出は日本テレビ系の「Mother」('10年)、「Woman」('13年)、「ゆとりですがなにか」('16年)など人気作品を担当してきた水田伸生監督が務める。 この作品の見どころは、教師と生徒たちの友情・愛情を描く学園ドラマではなく、「未来を支える子供たちのために、まず、自分 [全文を読む]

「飲み会? それって強制参加っすか?」宮藤官九郎書き下ろしの「ゆとりですがなにか」シナリオブック発売決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月02日15時00分

笑いあり涙ありの人間ドラマが幕をあける! 宮藤官九郎が13年ぶりに日テレ系の連ドラで脚本を手掛けた「ゆとりですがなにか」は、映画「舞妓Haaaan!!!」「謝罪の王様」、ドラマ「ぼくの魔法使い」でおなじみの、脚本・宮藤官九郎×演出・水田伸生の黄金コンビによってかつてない社会派ドラマとなった。 「飲み会? それって強制参加っすか?」「先に言っときますが褒めら [全文を読む]

“飲み会? それって強制参加っすか?” 「ゆとりですがなにか」宮藤官九郎書き下ろしシナリオブックは7月29日発売!

PR TIMES / 2016年06月27日18時26分

と教えられたはずが、気づけばここは!! ……果たして「ゆとり世代」は本当に「ゆとり」なのか? 「ゆとり第一世代」と社会に括られるアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に立ち向かう! 笑いあり涙ありの人間ドラマが幕をあける! [画像: http://prtimes.jp/i/7006/2451/resize/d7006-245 [全文を読む]

松坂桃李とのラブシーンも!『ゆとりですがなにか』の肉食女子で注目の吉岡里帆 「恋愛が簡単に成立するものとは思っていないんで…」

週プレNEWS / 2016年05月15日09時00分

―スタッフから演技について何か助言はありましたか? 吉岡 演出の水田伸生(のぶお)さんからは「まじめに演じろ」と。コメディだからって、変に気負わなくていい、宮藤さんの脚本を信じていれば絶対に面白くなるからって。だから、脚本を大事にして、まじめに演じられたらと思ってやっています。 ―なるほど。その吉岡さんは今回、教育実習をする女子大生役。しかも典型的なゆと [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』は平成版『ふぞろいの林檎たち』

NEWSポストセブン / 2016年05月15日07時00分

「クドカン初の社会派ドラマ」を演出するのは『Mother』『Woman』や、映画『謝罪の王様』『あやしい彼女』でもおなじみの日本テレビのスター演出家、水田伸生氏。 出演は件の岡田将生、松坂桃李に加えて、若き演技派・柳楽優弥、「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞に輝いた安藤サクラ、さらには、太賀や矢本悠馬、加藤諒ら、フルネームは知らなくても、出演していた作品 [全文を読む]

「ゆとりですがなにか」“おっぱい”連呼の異色ぶりが話題

Smartザテレビジョン / 2016年04月18日17時27分

「さすがクドカン!」と沸き立つ視聴者を前に、自身初となる社会派ドラマに挑む宮藤が、映画「謝罪の王様」('13年)、「なくもんか」('09年)などでタッグを組んだ監督・水田伸生と共に新境地を切り開いていく。 [全文を読む]

多部未華子、小林武史を意識した要潤に「特に…」

Smartザテレビジョン / 2016年04月15日06時00分

多部未華子主演映画「あやしい彼女」の大ヒット公開を記念して、新宿ピカデリーにて多部、要潤、水田伸生監督登壇による公開記念舞台あいさつが行われた。イベントでは公式Twitterに寄せられた「あやカノ」ファンからの質問に多部らが答えた他、この日4月14日は「オレンジデー」ということで、集まった観客に感謝の気持ちを込めて、多部らがアメを客席に投げ込み、直接手渡し [全文を読む]

多部未華子は「ものすごく正直」と要潤が感心!

Movie Walker / 2016年04月14日18時46分

韓国でメガヒットしたコメディ『怪しい彼女』(14)を、『謝罪の王様』(13)の水田伸生監督がリメイクした『あやしい彼女』の大ヒット舞台挨拶が、4月14日に新宿ピカデリーで開催。多部未華子と要潤、水田監督が舞台挨拶に登壇した。おべっかは使わず、常に本音でコメントする多部を、要は「多部ちゃんは正直」と称えた。 Yahoo!映画レビューで5点満点中4.19点(本 [全文を読む]

宮藤官九郎が新ドラマで“ゆとり世代”に切り込む!

Smartザテレビジョン / 2016年04月13日12時45分

――ゆとり世代の男性を主人公にして脚本を書こうとしたきっかけは何だったんでしょうか?もともと、演出の水田伸生監督と久しぶりに連続ドラマをやりましょうと話していました。水田さんが演出した「Mother」('10年日本テレビ系)のような社会派ドラマを視聴者として見ていて、「なんで俺の時はこうならないのかな」と(笑)。そのころ、大人計画(宮藤が所属する劇団)に新 [全文を読む]

フォーカス