川上憲伸のニュース

中日の最近10年の開幕投手を振り返る

4 / 2017年03月23日11時00分

中日の最近10年の開幕投手をみると、川上憲伸と吉見一起が3度、浅尾拓也、ネルソン、山井大介、大野雄大が1度務めている。 球団最多の7度の開幕投手を誇る川上は、この10年間で3度大役を担った。バリバリのエースだった07年はヤクルトを相手に8回を3失点に抑え白星、広島と対戦した08年は9回を投げるも勝ち負けはつかなかった。09年からメジャーに挑戦し、12年に中 [全文を読む]

21世紀に入って受賞者なしの中日 ドラ1・柳、新人王獲得に期待!

4 / 2017年01月03日17時00分

◆ 中日・最後の新人王は川上憲伸 昨年の新人王はセ・リーグが阪神の高山俊、パ・リーグが日本ハムの高梨裕稔が受賞した。その他の球団も他の年に新人王を輩出しているが、中日だけ唯一21世紀に入ってから新人王を獲得した選手が現れていない。 中日が最後に新人王を獲得したのが、1998年の川上憲伸となる。川上は明治大から逆指名で中日に入団。プロ1年目の98年から先発ロ [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

3 / 2016年03月25日07時00分

明治大、そして中日のエースとして、ライバルの巨人・高橋新監督に立ちはだかった川上憲伸(40)もそのひとり。通算125勝。2000年代前半、高橋由、松井秀喜、清原和博らを擁する巨人の強力打線を気迫で抑え込んだ投球は、ファンの記憶に刻み込まれている。 しかし、彼はまだ自分の野球人生に納得できていない。10月の中日退団時には、現役続行を目指すと断言。「中日から [全文を読む]

寂しさ綴る上原「また一人同級生が...」

2 / 2017年03月19日12時00分

川上憲伸の引退を受けて... 19日の朝、突然報じられたある選手の引退の知らせに、海の向こうから悲しみの声が届いた。 今年からカブスでプレーをする40歳右腕・上原浩治は、日本時間19日の朝に自身のTwitterを更新。「憲伸が引退……また一人 同級生が…」と悲しみの想いを綴った。 “憲伸”とは、かつて中日のエースとして君臨した川上憲伸のこと。上原が巨人 [全文を読む]

明治大から中日ドラ1 プロ入り後の成績は?

2 / 2017年02月08日07時45分

これまで柳のように明治大からドラフト1位で中日入りした投手は、星野仙一、高橋三千丈、川上憲伸がいる。彼らはプロ入り後、どのような成績を残したのかみていきたい。 68年のドラフトで1位入団した星野仙一は、1年目の69年は主にリリーフを中心に49試合に登板し、8勝を挙げた。3年目の71年から中日のエースナンバー『20』を着けるようになり、74年には15勝、10 [全文を読む]

田中は8回3安打、ダルは7回2安打でともに無失点!メジャー初対決は息詰まる投げ合い

1 / 2017年06月24日12時24分

◆過去の日本人投手の投げ合い ▽16年8月29日 レンジャーズ・ダルビッシュ有-マリナーズ・岩隈久志 ▽16年8月24日 マリナーズ・岩隈久志-ヤンキース・田中将大 ▽16年4月17日 ヤンキース・田中将大-マリナーズ・岩隈久志 ▽13年6月25日 ヤンキース・黒田博樹-レンジャーズ・ダルビッシュ有 ▽13年4月12日 マリナーズ・岩隈久志-レンジャーズ [全文を読む]

[6月22日 今日のバースデー]

1 / 2017年06月22日06時00分

Others 阿部 寛(俳優、1964) 斎藤 和義(ミュージシャン、1966) 西山 喜久恵(アナウンサー、1969) 板谷 由夏(タレント、1975) 川上 憲伸(野球、1975) 加藤 ローサ(タレント、1985) 加藤 ミリヤ(シンガーソングライター、1988) 伊野尾 慧(Hey!Say!JUMP:タレント、1990) [全文を読む]

【中日】小笠原慎之介、進化の日々。ライバルは世界すべてのサウスポー

1 / 2017年06月15日11時00分

「立ち居振る舞いが既にベテラン」と中日OB川上憲伸氏が評せば、「柳(裕也)とともにチームを牽引する投手に必ずなる」と太鼓判を押したのが星野仙一東北楽天球団副会長。皆、彼の力量を高く評価している。 交流戦を終え、今後同じセ・リーグでは田口麗斗(巨人)、クリス・ジョンソン(広島東洋)ら、左の好投手との指名対決も首脳陣に直訴すると思われる。そのステージもなんなく [全文を読む]

【中日】夢の球宴を“感謝の球宴”に チームを去った彼らに御礼が言いたい

1 / 2017年06月02日11時00分

それは落合博満元監督、谷繁元信前監督、川上憲伸、井端弘和両元選手たちの正式なる退団セレモニー。 お祭の場で退団挨拶というそんな辛気臭いイベントは相応しくないことは重々承知の上。ファンへの近況報告、ただ単なる顔見世でも問題はない。また何も洒落た言葉や演出は要らない。ただ単純に、突然ファンの前から消え、何もメッセージを残せなかったレジェンドたちの元気な声を聞き [全文を読む]

【中日】期待の鈴木翔太を“父親気取り”で応援すると前向きになれる

1 / 2017年05月17日11時00分

かつてのエース川上憲伸は「ピンチになった時に三振が取れる投手は本物」と絶賛し、久しく現れなかった本格派右腕誕生への期待が高まった。 バンビから精悍なる牡鹿への変貌 2013年ドラフト1位という鳴り物入りで静岡・聖隷クリストファー高校から入団した鈴木。入団当時は生まれたばかりで足元もおぼつかない子鹿が、猛者の集まりの中に一匹だけ放り込まれたような感じで、プロ [全文を読む]

フォーカス