西口文也のニュース

西口文也 完全試合未遂よりも悔しかった「痛恨の一球」とは

NEWSポストセブン / 2015年10月22日07時00分

今季限りで埼玉西武ライオンズを引退した西口文也投手(43)といえば、ノーヒットノーランおよび完全試合未遂がファンの間ではよく語られるが、西口自身にとって忘れられない痛恨の一球は、別の試合でのことだった。その西口の引退試合となった9月28日のロッテ戦。「ピッチャー西口」がアナウンスされた瞬間、地鳴りのような大歓声がわき起こった。 「スタンドが『13』のボード [全文を読む]

【プロ野球】石井一久対梨田昌孝。古田敦也対西村龍次。もしヤクルトが『交流戦SERIES』を開催したら? 前編

デイリーニュースオンライン / 2017年06月03日16時05分

その西武からは西口文也2軍投手コーチをお呼びしたい。 1994年のドラフト3位で西武に入団した西口コーチは2年目からエース格として台頭。3年目の1997年には最多勝、最高勝率、最多奪三振のタイトルをそうなめにし、沢村賞を受賞。パ・リーグ最高投手として日本シリーズに初出場し、ヤクルトと日本一をかけて戦った。 西口コーチは第1戦に先発するが1失点で完投負け。最 [全文を読む]

[9月26日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2017年09月26日06時00分

Others 天童よしみ(歌手、1957) 光石研(俳優、1961) 池谷幸雄(タレント、1970) 西口文也(野球、1972) 佐藤藍子(女優、1977) 小林悠(アナウンサー、1985) 鈴木ちなみ(モデル、1989) 若田部遥(HKT48:アイドル、1998) [全文を読む]

【プロ野球】優勝も不祥事も屈辱の「胴上げジンクス」も。いろいろあった“埼玉西武”ライオンズ10年史

デイリーニュースオンライン / 2017年05月22日16時05分

この年、涌井秀章がはじめて開幕投手を務め(前年までは西口文也)、名実ともにライオンズのエースを襲名。入団5年目の中村剛也がはじめて規定打席に到達した。 この「一新」感が功を奏したのか、ライオンズは開幕から快走。一度も首位を明け渡すことなく、4年ぶりのリーグ制覇。日本シリーズでも巨人を倒し、13回目の日本一を達成。“埼玉”元年を最高の形で締めくくった。 ■タ [全文を読む]

【プロ野球】《引退選手のドラフトをプレイバック》派手さはないが存在感抜群。サブロー(ロッテ)がバットを置いた

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日16時05分

なお、2位以下では、ロッテの黒木知宏(2位・新王子製紙春日井)、広島の嶋重宣(2位・東北高)、西武の西口文也(3位・立正大)、ヤクルトの宮本慎也(2位・プリンスホテル)、稲葉篤紀(3位・法政大)、阪神の北川博敏(2位・日本大)、川尻哲郎(4位・日産自動車)といったところが活躍した。 ちなみに、2016年も現役だった同期入団選手は、現・中日の多村仁(横浜4 [全文を読む]

[9月26日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2016年09月26日06時00分

Others 天童 よしみ(歌手、1957) 池谷 幸雄(タレント、1970) 西口 文也(野球、1972) 佐藤 藍子(女優、1977) 鈴木 ちなみ(ファッションモデル、1989) [全文を読む]

【プロ野球】ソフトバンクVへの使者は苦労人。プロ12年目の江川智晃が、この秋ヒーローになる!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月01日17時05分

プロ入り初打点も西武の西口文也(当時)から。本拠地でのデビュー戦では、広島の黒田博樹からタイムリーヒットを打ち、初のお立ち台に上がった。 プロ入り初本塁打は、元大リーガーの吉井理人(当時オリックス)から放ち、本拠地初本塁打の時の投手は、ダルビッシュ有(当時日本ハム)だった。 2014年にヤフオクドームで行われた侍ジャパンvs.ソフトバンク&日本ハム連合チー [全文を読む]

【プロ野球】DeNA・三浦大輔が”安打記録更新”でシーズン開幕

デイリーニュースオンライン / 2016年07月16日16時06分

過去の3回は、山本昌(元中日)や西口文也(元西武)といったレジェンドが君臨していたため、2人は最年長投手ではなかった。 今回、晴れて、両リーグの最年長として登板したわけだが、残念ながら両者とも敗戦投手に……。ちなみに、過去3回も、以下のような成績で、勝利投手にはなれていない。 2013年9月3日 三浦 先発・負 レイ 先発・勝敗つかず(チームは勝) 201 [全文を読む]

【プロ野球】「投手王国」を越えて「左腕王国」に? 新時代を迎える西武の中継ぎサウスポーたち

デイリーニュースオンライン / 2016年06月17日17時05分

昨季に引退した西口文也は怒るかもしれないが、これから中継ぎのがんばりによる勝ち試合が、増える予感がしてならない。 文=森田真悟(もりた・しんご) 【関連記事】 [全文を読む]

台湾プロ野球「統一セブン-イレブンライオンズ」とのコラボイベントを7月に台南市立野球場 8月に西武プリンスドームで実施 メインスポンサーに「アイプリモ」が決定

PR TIMES / 2016年05月19日15時22分

それぞれの国でプロ野球を盛り上げている両チームは、チーム名が同じだけでなく、1985年から1997年まで西武ライオンズで活躍した郭泰源氏が統一ライオンズの監督を務めており、また昨シーズンまで埼玉西武ライオンズに在籍していた西口文也(現在は球団本部編成部)が期間限定で統一ライオンズの臨時コーチを務めるなど、これまで交流を図ってきました。当日は、それぞれのマス [全文を読む]

伊野尾慧、伝説の“10.8決戦”の新事実に感動!

Smartザテレビジョン / 2016年04月07日08時00分

西武でエースとして長年活躍してきた西口文也もその一人だ。通算182勝の輝かしい記録と共に、3度の「幻のノーヒットノーラン」で記憶される記憶に残る男は、ファンに惜しまれつつ、昨シーズン限りで引退したが、その引退試合の一部始終を読唇術を交えて紹介。先発にこだわったエース・西口ならではの引退の美学とは。 [全文を読む]

川上憲伸、井川慶、中村紀洋 現役続行目指す3人の現在地

NEWSポストセブン / 2016年03月25日07時00分

他球団でも斎藤隆(楽天)、西口文也(西武)、谷佳知(オリックス)などビッグネームが並ぶ。 指導者として請われて退いたり、自ら引き際を選べるのはまれで、一時代を築いた選手でも戦力外と見なされればたちまち職を失う。そんな厳しい世界で現役を続けるのは至難の業だ。 しかし、たとえ球団から引導を渡されたとしても、引退せず「現役続行」にこだわり続ける男たちがいる。 明 [全文を読む]

松井稼頭央 目標は「あと351本の日米通算3000安打」

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

山本昌(50)、斎藤隆(46)、谷繁元信(45)、西口文也(43)、和田一浩(43)、小笠原道大(42)……。今季プロ23年目、すでに2000安打も達成した東北楽天ゴールデンイーグルスの松井稼頭央(40)も、野手ではロッテの井口資仁(41)に次ぐ2番目の年長選手となった。松井本人が語る。「みなさん一斉に辞められたので驚きました。そういう年齢の近い先輩方の引 [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

山本昌(50) 1試合/0勝0敗/防御率9.00 中嶋聡(46) 2試合/打率.000/0本/0打点 斎藤隆(45) 3試合/0勝0敗/防御率7.71 谷繁元信(44) 30試合/打率.277/1本/4打点 和田一浩(43) 79試合/打率.298/5本/26打点 西口文也(43) 2試合/0勝1敗/防御率9.00 谷佳知(42) 11試合/打率.185 [全文を読む]

続々引退のプロ野球、大物ぞろいで次期監督に最も近いのは…

週プレNEWS / 2015年11月16日06時00分

中日・山本昌(50歳)、小笠原道大(みちひろ・42歳)、和田一浩(43歳)、巨人・井端弘和(40歳)、金城龍彦(39歳)、DeNA・高橋尚成(40歳)、西武・西口文也(43歳)、オリックス・谷佳知(よしとも・42歳)、楽天・斎藤隆(45歳)…。あらためて並べてみると、そうそうたるメンバーだ。 昨季から兼任監督だった中日・谷繁元信(44歳)、新たに巨人の監 [全文を読む]

黒田、田中、ダル…40歳までに200勝できる投手はこの5人だ!

デイリーニュースオンライン / 2015年10月12日08時30分

長年に渡り西武を支えた名投手、西口文也(43)が通算182勝、念願の200勝に残り18勝でユニフォームを脱いだ。 2000本安打は毎年のように達成者が現れているが、200勝達成者は2008年の山本昌を最後に出現しておらず、期待の大きかった西口でさえ達成できずに終わった。 昔とは違い、中5日や中6日の登板間隔が当たり前となった昨今、名球会入りの条件である20 [全文を読む]

[9月26日 今日のバースデー]

ゲキサカ / 2015年09月26日06時00分

Others 天童 よしみ(歌手、1957) 池谷 幸雄(タレント、1970) 西口 文也(野球、1972) 佐藤 藍子(女優、1977) 鈴木 ちなみ(ファッションモデル、1989) [全文を読む]

日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介

NEWSポストセブン / 2013年10月14日07時00分

(左から試合数、勝利数、敗戦数、投球回数、防御率) 山田久志(阪急) 21試合 6勝9敗 127.2回 3.52 藤田元司(巨人) 17試合 2勝6敗 74.2回 2.64 村山実(阪神) 9試合 2勝5敗 43.2回 3.48 北別府学(広島) 11試合 0勝5敗 53.1回 3.21 西口文也(西武) 7試合 0勝5敗 37.2回 4.06 桑田真澄 [全文を読む]

球界イジメにも……“問題児”だった西武・菊池雄星が必死のパッチのワケ

日刊サイゾー / 2013年06月16日12時00分

「西武といえば、西口文也や涌井秀章があと一歩のところで同じ記録を逃し、涙をのんだ。最近では、この模様が人気バラエティ番組『怒り新党』(テレビ朝日系)の企画コーナーでも紹介されたほど。ただ、今回の場合は先輩と違って1アウトからヒットを打たれたので、まだあきらめはつきやすいでしょうね」(番記者) これまでの菊池は、成績よりその言動が問題視されることが多かった [全文を読む]

日ハム武田勝 負けた夜は野球ゲームの武田勝で憂さ晴らし

NEWSポストセブン / 2012年11月05日07時00分

西武・西口文也は、9回まで走者を四球の1人だけしか許していなかった。ところが9回2死から小坂誠にセンター前に運ばれ、ノーヒッターが消滅。2005年5月13日の交流戦で巨人に対した時は、6点のリードをもらって9回2死までスイスイ投げたものの、清水隆行に痛恨の一発を浴び、完封勝利まで逃してしまった。 この年は8月27日の楽天戦でも、西口は9回を終わっても1人の [全文を読む]

フォーカス