小川洋子のニュース

TOKYO FM『Panasonic Melodious Library』 6周年記念

PR TIMES / 2013年07月04日16時49分

子どもの本を特集 ~小川洋子、東京子ども図書館で松岡享子理事長と語る TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで、作家の小川洋子が未来に残したい文学遺産を紹介している番組『Panasonic Melodious Library』が、2013年7月に、放送開始から6周年を迎えます。幅広いジャンルの本を紹介してきましたが、児童文学は毎回リスナーからの反 [全文を読む]

芥川賞作家・小川洋子の番組TOKYO FM 「Melodious Library」書籍化第3弾!『みんなの図書室2』(PHP文芸文庫) 11月17日(土)発売

PR TIMES / 2012年11月16日16時23分

『博士の愛した数式』『ミーナの行進』『猫を抱いて象と泳ぐ』など、ベストセラー作品を次々と発表している芥川賞作家・小川洋子がパーソナリティを務めるラジオ番組『Panasonic Melodious Library』(TOKYO FMほかJFN系列全国38局ネットで放送)から生まれた書籍の第3弾、『みんなの図書室2』(発行・PHP研究所)が、11月17日(土) [全文を読む]

芥川賞選考委員にして本屋大賞受賞作家・小川洋子氏の最新小説『不時着する流星たち』が発売後2週間で重版決定!

PR TIMES / 2017年02月23日16時49分

――岸本佐知子(翻訳家) ――――――――――――――――― 株式会社KADOKAWAより2017年1月28日に発売された小川洋子著『不時着する流星たち』は、エリザベス・テイラー、グレン・グールド等、実在の人物や実際に起こった事象にインスピレーションを得て、それを物語へと昇華させた全10篇の作品集です。一篇を読み終えるごとに最後に何がモチーフとなったのか [全文を読む]

「あなたが出会うべき本がある」12/3(土)に関西大学にて芥川賞作家の小川洋子さん、直木賞作家の葉室麟さんが特別講座を開催。

PR TIMES / 2016年11月17日17時16分

「人生に、文学を」オープン講座開催・参加者募集のお知らせ【応募期間】2016年11月24日(木)午前10:00まで【対象イベント】名称:第2回 「人生に、文学を」オープン講座場所:関西大学(梅田キャンパス)開催日:2016年12月3日(土)募集講座: 講座1.「小説の生まれる場所」 講師:小川洋子さん <募集人数:50名様> 講座2.「歴史小説を書いて考え [全文を読む]

小川洋子や東野圭吾も…作家が憑りつかれる数学の魅力

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月27日11時40分

関連情報を含む記事はこちら ■『博士の愛した数式』 小川洋子 新潮文庫 490円(税別) 事故により、記憶が80分しかもたない博士のもとで働く家政婦は、博士にとって、常に初対面の家政婦だ。最初こそ、その関係性は平坦なものだったが、彼女の息子の存在がきっかけで、数式のような変化が現れ……。博士、家政婦、彼女の息子が育んだ大切であたたかな時間を描いた物語。 [全文を読む]

フランスの画家ロベール・クートラスの主要作品全てを網羅した作品集が刊行【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年03月31日19時00分

寄稿は作家の小川洋子。 4月1日からNADiff Galleryで開催される展覧会“ロベール・クートラス展「小部屋のクートラス」”も必見。 【書籍情報】 『Robert Coutelas 1930-1985 ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事』 寄稿:小川洋子 発刊:ECRIT 上製・函入・二冊組/600ページ/303×215mm 発売日:2016 [全文を読む]

表紙は直木賞作家・西加奈子のイラスト! 『MONKEY』最新号は「東京国際文芸フェスティバル」大特集

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月03日06時30分

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ その他、同誌・責任編集の柴田元幸による、『博士の愛した数式』などで知られる作家・小川洋子ロングインタビューも収録。小川が長年大切に読んできた海外文学について語り尽くす。 <主なコンテンツ> オルハン・パムク 事物の無垢(抄)訳:柴田元幸 2016年の文学―東京国際文芸フェスティバル スティーヴ・エリクソン ソニッ [全文を読む]

ネガティブすぎるハリネズミの姿が共感を呼んで9万5000部。本屋大賞受賞の海外小説

文春オンライン / 2017年05月14日07時00分

谷川俊太郎さん、江國香織さん、小川洋子さんら著名人からも共感の声が寄せられ、全国の書店員からも猛プッシュを受け続けている。つい先日には、定評ある本屋大賞の翻訳小説部門で1位を獲得した。 「何が面白いのかという人もいますが、好きな人にはたまらない1冊なのではと思います」(須貝さん) 8月には新たな訳書が刊行予定。また、長らく絶版となっていた既訳の『だれも死な [全文を読む]

森絵都が選ぶ「遠いところへ連れていってくれる名短篇10冊」

文春オンライン / 2017年05月04日11時00分

森絵都さんが選んだ10冊 『中島敦』 中島敦 ちくま文庫 『スタインベック短編集』 スタインベック 新潮文庫 『炎上する君』 西加奈子 角川文庫 『とりつくしま』 東直子 ちくま文庫 『浜田廣介童話集』 浜田廣介 ハルキ文庫 『僕の名はアラム』 ウィリアム・サローヤン 新潮文庫 『空中ブランコ』 奥田英朗 文春文庫 『黒い裾』 幸田文 講談社文芸文庫 『 [全文を読む]

群像70周年記念特大号(2016年10月号)永久保存版「群像短篇名作選」電子版配信!

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈内容〉 ・座談会「群像70年の短篇名作を読む」辻原登、三浦雅士、川村湊、中条省平、堀江敏幸 ・群像短篇名作選 ・評論「『群像』の70年の轍」清水良典 ・評論「『群像』で辿る〈追悼〉の文学史」坪内祐三 ・名物コラム「侃々諤々」傑作選 〈群像短篇名作選 掲載作〉 太宰 治「トカトントン」(1947年1月号)/原 民喜「鎮魂歌」(1949年8月号)/大岡昇平 [全文を読む]

フォーカス