松本竜也のニュース

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(8)賭博問題で巨人を去った松本竜也氏との関係

アサ芸プラス / 2016年03月28日05時57分

怒りの矛先は松本竜也氏だ。「あいつは昔から状況判断ができんヤツやった。プロ入り直前にブチ切れたったわ」 最近、友人から譲られたという小型冷蔵庫から取り出したビールでノドを潤し、本日も“舌好調”である。 松本氏は野村氏が現役引退後に開いた野球教室の教え子の一人。「野球の素質は一流だった」という、愛弟子の道が自身の愚行で閉ざされた怒りか、缶ビールを持つ右手に力 [全文を読む]

野球賭博・笠原将生容疑者が逮捕! 根深すぎる問題の深層と、ファン「疑心暗鬼」で巨人の存在意義はもはや皆無?

Business Journal / 2016年04月29日17時00分

笠原容疑者、福田聡志、松本竜也の野球賭博行為が巨人から発表されたのは昨年10月。今年3月には高木京介投手の賭博行為が発覚し、ついに逮捕と、まだまだこの騒動は収束しそうにない。全容解明に至っていない現状を考えれば、収束すべきではないのだが……。 今回の報道によって、再び大きな「巨人バッシング」が吹き荒れている。「何普通に試合してるんだ巨人は」「球団に調べる [全文を読む]

暴力団が狙うのは「1.5軍」選手……頻発する不祥事の裏側『黒い人脈と野球選手』

日刊サイゾー / 2016年03月29日18時00分

ジャイアンツでは、昨年10月に福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手が野球賭博に手を染めていたとして無期失格処分となったが、まだまだその膿は出し切れていないようだ。 昨年の野球賭博発覚、今年 2月の清原和博の覚せい剤取締法違反による逮捕と、球界と暴力団との関係を匂わせる不祥事が頻発している。いったい、どうして球界と暴力団がつながってしまうのだろうか……。マン [全文を読む]

【書評】あの『週刊文春』編集長がぶっちゃける、文春砲の撃ち方

まぐまぐニュース! / 2017年04月28日19時15分

彼と徹夜で麻雀をしたほどの仲になった彼が「実は週刊文春の記者なんです」と告げたところ、かつて野球少年だった記者の熱意も通じ、「ぼくも読売から直接ファンの人に向けてお詫びをする機会をもらえなかったんでしゃべります」と、笠原氏は記者を信用して、同じく失格処分になっていた後輩の松本竜也投手にも告白をするように説得してくれた。そうした取材の中で、高木京介投手の名 [全文を読む]

野球賭博の巨人・高木京介「正式復帰」決定に疑問殺到! 一部では「最初から決まっていた」の声も......

Business Journal / 2017年03月27日18時00分

2015年に発覚した笠原将生、福田聡志、松本竜也の野球賭博、その後新たに賭博関与が発覚したのが高木だった。3選手は巨人を解雇、無期の失格処分となり、事実上の「永久追放」のような形となったわけだが、期間が定められていた高木はこれで球界に復帰できる。 今月の「FLASH」(光文社)によれば、巨人と再契約した高木は、今後他球団に移籍という流れの可能性が示されお [全文を読む]

菅野が1年目から13勝 最近5年間の巨人のドラ1は?

ベースボールキング / 2017年01月13日10時00分

◆ 最近5年間のドラ1の成績 【2012年】 松本竜也(英明高) 1年目成績:7試 2勝2敗 防4.50 ※二軍成績 ☆“大学BIG3”の東海大・菅野智之を抽選で外し、松本を1位で指名。身長193センチの大型サウスポーは、高卒1年目だったこともあり、一軍登板はなし。二軍で7試合に登板した。 【2013年】 菅野智之(東海大) 1年目成績:27試 13勝6 [全文を読む]

野球賭博、覚せい剤、女性問題……腐敗止まらぬ、巨人軍の「闇」

日刊サイゾー / 2016年10月11日19時00分

さらに、昨年野球賭博で解雇された笠原将生元投手、松本竜也元投手は練習中も「声出し」(試合前の円陣で声出しをした選手は、チームが試合に勝った場合にはほかの選手たちから祝儀として現金を受け取り、負けた場合には逆に全員に現金を支払うというもの)と呼ばれる賭けに興じる選手たちの姿を証言。その結果、桃井恒和球団会長、白石興二郎オーナー、そして、「ナベツネ」こと渡邉恒 [全文を読む]

暴力団幹部逮捕でつながった球界の最暗部「巨人と山口組」本当の関係!(1)「大使館カジノ」の金貸し屋

アサ芸プラス / 2016年10月08日17時56分

結果、斉藤被告が「小胴元」と呼ばれる立場で客を募っていた野球賭博に複数の選手たちが手を染め、笠原被告ばかりか、福田聡志氏(33)、松本竜也氏(23)、高木京介氏(27)の4人が巨人を追われることになったのである。 斉藤被告の上には、ピラミッド形式で上納していくように、「中胴元」の三宅容疑者が控えていた。すなわち、日本最大規模の指定暴力団と巨人を結ぶラインが [全文を読む]

GM復帰説が流れる中...巨人・原元監督の暴力団疑惑をすっぱ抜いた記者が読売の不祥事封じ込め工作を暴露

リテラ / 2016年09月07日12時00分

さらに、福田聡志、笠原将生、松本竜也、高木京介らの関与した野球賭博問題もまだ真相が解明できたとは言い難い状況にあるが、これらの選手が賭博に手を染めていった時期は、まさに原氏が巨人軍の監督を務めていた時であり、現在の野球界を覆う黒い問題に関して原氏自身がきちんと精算できていない状況で球界への本格復帰など許されていいのか。 しかし、読売ジャイアンツという組織 [全文を読む]

【プロ野球】例の風評はウソ、ホント? 高卒ドラ1左腕はやっぱり“地雷”なのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日17時05分

★は現役選手、◎は独立リーグなどで現役) 【1996年】 前川勝彦(PL学園→近鉄) ≪通算≫149試合:31勝45敗/1ホールド ≪引退≫2011年 【1996年】 伊藤彰(山梨学院大付→ヤクルト)1軍登板なし ≪通算≫1軍登板なし ≪引退≫2000年 【1997年】川口知哉(平安→オリックス) ≪通算≫9試合:0勝1敗 ≪引退≫2004年 【1999年 [全文を読む]

フォーカス