清宮克幸のニュース

W杯後退任のジョーンズHC 返り咲く可能性と清宮克幸氏の名

NEWSポストセブン / 2015年10月16日07時00分

ヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督はいい。非常にクレバーなうえ、プレーヤーとしてはフル代表の経験がないからこそ、苦労を知っている。指導者としてヤマハを日本一に導くなど結果を出しているし、ここまでの日本人指導者はほかにいないのでは」(元日本代表・大八木淳史氏) ※週刊ポスト2015年10月30日号 [全文を読む]

甲子園のヒーロー、清宮幸太郎の父を襲った「笑撃」スキャンダルとは!?

アサ芸プラス / 2015年08月12日17時59分

ラクビー界のスーパースター清宮克幸氏の長男・清宮幸太郎、早稲田実業1年生のスラッガーである。「小さい頃ラグビーもやっていましたが、小学校の時、母校の先輩・斎藤祐樹と今やメジャーリーガーとなった田中将大との投げ合いに感動して、野球を本格的に取り組むようになりました。甲子園デビューとなった今治西高戦の視聴率は、16.3%。決勝戦並みの視聴率でしたよ」(スポーツ [全文を読む]

ビッグマウスで注目された清宮克幸氏の「これぞ清宮」な発言

NEWSポストセブン / 2015年08月03日11時00分

※週刊ポスト2015年8月14日号 [全文を読む]

清宮以外も! センバツの「スーパー球児」たち

日刊大衆 / 2017年03月21日17時05分

100本越えも決して夢ではなくなってきています」(スポーツ紙記者) 確かに、清宮がラグビー界の至宝と呼ばれたヤマハ発動機の清宮克幸監督を父に持つ“スポーツエリート”であることは間違いない。小学1年のとき、夏の甲子園で、早稲田実業と駒大苫小牧の決勝戦、つまり斎藤佑樹と田中将大が激突した「引き分け再試合」の激闘を目の当たりにして野球に目覚めた清宮は、小学4年で [全文を読む]

【プロ野球】中村紀洋、松井稼頭央、筒香嘉智、清宮幸太郎…。歴史の目撃者となった元野球少年たち~甲子園球場編

デイリーニュースオンライン / 2017年02月20日17時05分

父親は、選手と監督の両方で日本ラグビー界のスーパースターであり、現在もラグビートップリーグ・ヤマハ発動機の指揮を執る清宮克幸監督。当然のように、幸太郎少年もまずはラグビーに興味を抱いた。 そこから、野球への道に舵をきったキッカケが2006年夏の甲子園、早稲田実と駒大苫小牧による延長引き分け再試合となった伝説の決勝戦だ。当時、小学1年生だった清宮少年は、早稲 [全文を読む]

ヤマハ発動機ジュビロ 清宮監督が五郎丸選手、フランスラグビーの魅力について語る!ラグビーフランスリーグ「TOP14」WOWOWにて毎節2試合を放送中!

PR TIMES / 2017年01月07日12時10分

[画像: https://prtimes.jp/i/1355/3502/resize/d1355-3502-145114-0.jpg ]日本でも注目度が上がっているフランスリーグ「TOP14」を、独特の視点から見ているのがヤマハ発動機ジュビロの清宮克幸監督だ。監督として、戦力ダウンを承知で五郎丸歩選手をスーパーラグビーのレッズ、そしてフランスリーグ「TOP [全文を読む]

清宮だけじゃない?高校野球・東京大会に集う有名人のJr.たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日09時05分

早大ラグビー部やサントリーなどで活躍し、2015年に監督としてヤマハ発動機ジュビロを日本一に導いた、清宮克幸氏(49)だ。高校野球東京都大会を見てみると、清宮選手以外にも有名人の息子が続々と試合に出場していた。 ■ヒロミ(51)・松本伊代(51)夫妻 ヒロミ(本名・小園浩己)と松本伊代夫妻の次男・小園隼輝(としき)捕手は、成城学園高校3年生。西東京大会では [全文を読む]

五郎丸歩選手が移籍するフランスリーグの強豪が初来日!「ラグビー国際親善試合 ヤマハ発動機ジュビロ vs RCトゥーロン」をWOWOWにて生中継することが決定!

PR TIMES / 2016年06月18日10時53分

対する名将・清宮克幸監督率いるヤマハ発動機ジュビロは、一昨年、SH矢富勇毅、CTBマレ・サウらを擁し、日本選手権を制したトップリーグの雄。 互いに8月に開幕する新シーズンを控え、ハイレベルな攻防が繰り広げられる試合から目が離せない! 会場:静岡 小笠山総合運動公園エコパスタジアム ▼詳しくはこちら http://www.wowow.co.jp/sport [全文を読む]

早実・清宮の現在 「何でも振らなくなった」と高校野球博士

NEWSポストセブン / 2016年04月11日16時00分

日本ラグビー界の名選手であり名監督の清宮克幸氏(ヤマハ発動機ジュビロ監督)の長男として、早実入学当初から注目され、夏の甲子園出場が決まるとフィーバーは過熱。そのなかで清宮は結果を残し続けた。 夏の甲子園、その直後に開催されたU-18W杯での活躍は記憶に新しいところだが、9月の東京都秋季大会でも初戦から3試合連続本塁打を記録。 早実は本大会2回戦で優勝候補の [全文を読む]

バイクのマフラーとシェイカーとラグビーボールをつなぐ素敵な技術の連鎖

clicccar / 2015年11月15日11時33分

ラグビーといえば、先日のワールドカップで日本代表として大活躍した五郎丸選手も所属、清宮克幸監督の率いるヤマハ発動機ジュビロが思い出されるところ。 なんとも不思議な縁でつながる、ナノ膜コーティングとカクテルシェイカー。このシェイカーで作ったカクテルを飲めば、いい夢を見ることができそうな気がしませんか? (山本晋也) [全文を読む]

五郎丸歩がサッカー&日本スポーツに緊急提言!

Smartザテレビジョン / 2015年11月01日09時00分

エディー・ジョーンズ日本代表元ヘッドコーチや清宮克幸監督(ヤマハ発動機ジュビロ)らの指導を受けてきた五郎丸選手。「世界で勝つためにラグビー日本代表が過ごした4年間をサッカーに投影できないか」という問い掛けに真摯(しんし)に語っていく。 五郎丸選手は謙虚に自身の経験を淡々と口にするが、その言葉には日本ラグビーだけでなく日本人、日本スポーツ界への愛と提言に通 [全文を読む]

五郎丸ブレークの陰に“早稲田の母”吉永小百合の「牛1頭贈呈」? 嵐ファンからも“お母さん”と呼ばれる?

messy / 2015年10月26日14時30分

現在、高校野球界で話題を浚っている清宮幸太郎の父・清宮克幸が所属していたことでも有名です。吉永は早稲田大学のOBですし、ラグビー部のファンであることを公言していますから、毎年、牛1頭を差し入れし、部員には“吉永牛”と名付けられ、非常に感謝されているようです」(芸能関係者) 牛1頭を買うとなると、一般和牛クラスで1頭70万円前後。いくら大女優・吉永小百合であ [全文を読む]

マツダロータリーでルマン優勝した寺田陽次郎のドライバー50周年を祝う会

clicccar / 2015年10月05日19時41分

スターリング・モスのサイン入りフォト、今話題、ラグビーの清宮克幸ヤマハ発動機ジュビロ監督のサイン入りラグビーボール。 エリック・クラプトンのサイン入りギターや、松井秀喜のサイン入りバットまでも。 寺田さんとともにモータースポーツを戦い、今回のお祝いの会でも協力しているマツダからは、代表取締役の金井誠太副会長が祝辞を述べます。 寺田さんとともにル・マンに行 [全文を読む]

清宮幸太郎・福太郎「幸福兄弟」 打撃センスは弟が上との評

NEWSポストセブン / 2015年09月04日07時00分

2人合わせて「幸福兄弟」の名は、ラグビー監督として有名な父・清宮克幸氏が命名した。 克幸氏は本当は子供たちにラグビーをやらせたかったようだ。幸太郎はしばらくはラグビーを中心にプレーしていたが、2006年の夏の甲子園で優勝した早実・斎藤佑樹の姿を見て、野球一本に絞った。4歳下の福太郎も、自然に兄の背中を追って野球の道を選んだ。 素顔の福太郎は、全国のお城を見 [全文を読む]

人気占い師が提言「オコエ選手は海外のほうが活躍しやすい」

NEWSポストセブン / 2015年08月30日07時00分

父親は、元ラグビー選手でトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏。オコエ瑠偉生年月日:1997年7月21日 18歳出身地:東京都ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。関東第一高校野球部3年生として第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。並外れた身体能力で活躍し、チームの準決勝進出に貢献。18歳以下の野球ワールドカップ(8月28日?)に出場する日 [全文を読む]

オコエ、清宮の活躍背景にグローブの工夫や小指爪下のマメ等

NEWSポストセブン / 2015年08月22日07時00分

「ラグビーの清宮克幸の息子だからマスコミに騒がれているだけ」と色眼鏡で見ていたアンチを黙らせるには十分すぎるインパクトだった。 関東第一のオコエ瑠偉(3年生・18)は、50メートル5秒台の俊足を武器に躍動した。打席に入ればファースト強襲の内野安打を二塁打にしてしまい、センターを守れば「誰が見てもヒット」の打球をもぎとってしまう。「プロに行けば今すぐ盗塁王候 [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

左打ちのきっかけはアスリートの母 父・清宮克幸氏は日本ラグビー界で活躍したスーパースター。とはよく知られた話だが、改めて略歴を見るとすごい。 大阪・茨田高校でラグビーを始めると、メキメキと頭角を現し高校日本代表のキャプテン。早稲田大ではまたもキャプテンとして4年次に全国大学選手権優勝。卒業後はサントリーに入社し、全国社会人大会優勝・日本選手権優勝など中心 [全文を読む]

息子が元チームメートの清原氏と清宮氏 対照的なサポート法

NEWSポストセブン / 2015年08月11日07時00分

そして彼の弟・福太郎くん(11才)も野球少年! 「福太郎くんもお兄ちゃんの後を追うように野球をやっているんですが、今年7月にチームが日本一になったんです」(スポーツ紙記者) 早大ラグビー部やサントリー、ヤマハ発動機を日本一に導いた父・清宮克幸監督(48才)はさぞ嬉しいことだろうが、一方で、同い年のこの人は複雑な心境なのかもしれない。 「実は福太郎くんと清原 [全文を読む]

早稲田実業・清宮幸太郎「新怪物」絶賛の裏にあった意外な“弱点”

アサ芸プラス / 2015年08月10日17時56分

そんな清宮克幸氏(48)の長男・幸太郎(16)は早稲田実業の1年生にして3番を打ち、規格外の打球を飛ばすなど、早くからプロ野球スカウトが注目する逸材スラッガー。この夏の甲子園にも出場を決めたことで、いやがうえにもボルテージは上がるのだ。 中学2年生で160メートルの場外弾を放ったとか、「和製ベーブ・ルース」と称されているとか、その逸話はすでに大物級。スポー [全文を読む]

大阪桐蔭式のフルスイング野球を早実・清宮幸太郎がやったら

NEWSポストセブン / 2015年08月01日07時00分

早大、そしてサントリーの監督として一時代を築いたラグビー界の名将、清宮克幸氏(現トップリーグ・ヤマハ監督)の長男。東京・北砂リトルの4番打者を務め、アメリカで行なわれた世界リトル選手権でもホームランを打って世界一に貢献した後、中学生時代にはリトルリーグ世界一のメンバーにもなった。今夏は早実1年生として、高校球界のスーパールーキーと持て囃されている。魅力は [全文を読む]

フォーカス