小林健のニュース

【書評】ヒーラーは五度死ぬ? 理解不能な「あの世」から蘇った話

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日16時00分

『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』 小林健・著 イースト・プレス 小林健『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』を読んだ。すご過ぎるタイトル。図書館のお姉さんが怪訝な顔で渡してくれた。経歴を読んでもよくわからないが、筆者はヒーラーらしい。現在76歳だが、これまでの人生で五度死んで、五度生き返った。「はっきり申し上げたい。死は怖れるものではない」との [全文を読む]

西洋医学と東洋民間療法のコラボレーション! 日本骨気(コルギ)協会は歯科と業務提携し、医療と手技の 両面から美しく顔のゆがみを治していくことを開始します。

DreamNews / 2016年07月11日11時30分

“いま欲しいキレイ”をビジネス展開している株式会社林幸千代美容研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 幸千代)が運営する『日本骨気協会』(東京都港区、会長:林幸千代)とトータルビューティーを得意とする医療法人社団TDCルネス青山デンタルクリニック(東京都渋谷区、院長:小林健)は、2016年7月11日に業務提携し、医療と手技の両面から“顔のゆがみ”を [全文を読む]

三菱自、取締役選任について

JCN Newswire / 2017年06月23日16時10分

www.mitsubishi-motors.co.jpSource: Mitsubishi MotorsCopyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved. [全文を読む]

“あの世”って意外といいところかも…死が怖くなくなるガイド

女子SPA! / 2017年05月13日09時01分

自然療法医でありマスターヒーリングミニスターの小林健氏はなんと5回も臨死体験したというベテラン。「臨死で宇宙に行くとめちゃくちゃ気持ちいい。千人くらいの女性にマッサージしてもらったような」。想像するだけでうっかり死んでしまいたくなります。 しかも同じ神様に何度も会い、この世に追い返されたとか。格安ツアー並みの手軽さであの世に行けるなんて、うらやましい気さ [全文を読む]

愛知・豊田でロケ、小林稔侍×壇蜜「星めぐりの町」オールアップ

映画.com / 2017年05月08日14時00分

ほか、高橋克明、佐津川愛美、神戸浩、小林健、小林千春、石田卓也、高島礼子らが共演し、平田満が特別出演する。 撮影は3月31日にクランクインし、豊田市内各地でオールロケし、クランクアップした。完成は今夏を予定し、11月末に豊田市で完成披露試写会を実施し、2018年1月末に全国公開の予定だ。(文化通信) [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

重工は宮永俊一社長、商事は小林健会長、銀行は永易克典相談役が副会長のポストに就いている。 今回、三菱電機の山西会長が副会長になるのは、三菱枠ではなくエレクトロニクス業界の代表としてだ。「電機から、ほかに入れる企業がなかった。パナソニックの津賀一宏社長は来年なら可能性があるが、今年は無理だった」(経団連の副会長)という。この発言は、津賀氏は来年パナソニックの [全文を読む]

地獄事情通 「地獄は面白い」「地獄でも平和に暮らせる」

NEWSポストセブン / 2017年04月08日07時00分

地獄は地下の暗い部屋に無数に棺桶が並び、人々が自ら棺桶に入っていったといいます」(辛酸氏) ◆天国では無数の粒子が人の形になる 7歳の時にダム湖で溺れて臨死体験した自然療法医の小林健氏は、気が付くと暗く広い空間に1人で漂っていた。その時に見た“天国”はこんな様子だったという。 「無数の粒々が漂い、濃い霧の中にいるような感覚にとらわれた。やがて、その粒子がお [全文を読む]

三菱自、不正で巨額赤字なのに役員報酬3倍に批判殺到…ゴーン氏、日産等から総額18億円

Business Journal / 2016年12月19日06時00分

社外取締役を務めている三菱重工の宮永俊一社長と三菱商事の小林健会長は続投する。 唯一、日産にも三菱グループにも属さないのが、社外取締役の坂本春生氏だ。通商産業省(現経済産業省)キャリアの女性官僚で、現在はファシリティマネジメント協会会長を務めている。ファシリティマネジメントに対する適当な日本語訳はないが、平たくいえば、含み資産より実益を重視する経営への転換 [全文を読む]

三井物産の没落…いまだ「資源漁り」拘泥、「商社最強」伊藤忠にどんどん突き放される

Business Journal / 2016年11月29日06時00分

同じく1493億円の赤字に沈んだ三菱商事は小林健社長が退任し、垣内威彦氏が社長に昇格、経営トップを一新した。三菱商事は資源に頼らなくても利益を上げられる体制づくりを急ぐ。 川下の小売り分野でも、伊藤忠が三井物産に先んじている。 伊藤忠は9月1日時点で33.4%だったユニー・ファミリーマートホールディングスの出資比率を引き上げ、最大38%とする。投資額は4 [全文を読む]

三井物産の凋落、巨額赤字の元凶・資源に拘泥…伊藤忠、商社トップ奪取で全社員に特別賞与

Business Journal / 2016年06月15日06時00分

●三菱は厳格な会計処理をしたため赤字転落 伊藤忠に首位の座を明け渡した三菱は、4月1日付で小林健氏から垣内威彦氏に社長が交代した。「社長交代を機にできるだけ膿を出す」と予測されていたが、予想以上に減損処理された数字は大きかった。4260億円の減損を計上、このうち資源関連は3850億円だった。三菱は発足以来、初の連結最終赤字(1493億円の赤字)に転落した。 [全文を読む]

フォーカス