吉田稔のニュース

六甲オルゴールミュージアム 特別展「オルゴールで楽しむ“不思議の国のアリス”」 2人のアーティストの作品を一挙上演

PR TIMES / 2015年11月11日13時11分

前期は絵本作家の吉田稔美(よしだとしみ)のイラストをスクリーンに投影し、アンティーク・オルゴール等の音色を交えて上演しました。現在開催中の後期では、切り絵作家、横山路漫(よこやまろまん)の作品をもとにした、動画をスクリーンに映しながら、アンティーク・オルゴールや手回しオルガンの演奏を交えて上演をしています。[画像2: http://prtimes.jp/i [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 特別展「オルゴールで楽しむ“不思議の国のアリス”」 2人のアーティストの作品を一挙上演

@Press / 2015年11月11日12時45分

前期は絵本作家の吉田稔美(よしだとしみ)のイラストをスクリーンに投影し、アンティーク・オルゴール等の音色を交えて上演しました。 現在開催中の後期では、切り絵作家、横山路漫(よこやまろまん)の作品をもとにした、動画をスクリーンに映しながら、アンティーク・オルゴールや手回しオルガンの演奏を交えて上演をしています。 前期終了後も、お客様から絵本作家の作品の再演希 [全文を読む]

瀬戸康史、時代劇で得たもの。デビュー10年での変化とは

Movie Walker / 2015年09月24日09時00分

一方、大河ドラマ『花燃ゆ』では、奇兵隊に参加する吉田稔麿役を演じた。「『合葬』の撮影の後に、大河ドラマに入ったんですが、柾之助たちとはまた逆の立場である奇兵隊の人物を演じて。僕が演じたのは、吉田松陰の弟子で吉田稔麿という役。家族のことを考えて松蔭を裏切ったりなど、稔麿も迷っている人だったんです。それぞれの正義があるけれど、柾之助と通じるところがあると思いま [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 特別展「オルゴールで楽しむ“不思議の国のアリス”」 アーティストの描くアリスの世界を、オルゴールの音色と共に上演

@Press / 2015年04月13日16時45分

<前期:7月10日(金)~9月2日(水)> 「迷い込む絵本の世界」・・・イラストレーター、吉田稔美(よしだとしみ)が当館と協働し、吉田が本展の為に描き下ろしたイラストとオルゴール等の自動演奏楽器の生演奏で、『不思議の国のアリス』の物語を上演します。また作品を等身大に拡大したパネルを館内に設置し、アリスの世界に入り込んだような感覚を楽しめる展示も併せて行い [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 特別展「オルゴールで楽しむ“不思議の国のアリス”」 アーティストの描くアリスの世界を、オルゴールの音色と共に上演

PR TIMES / 2015年04月13日16時43分

[画像2: http://prtimes.jp/i/5180/390/resize/d5180-390-335541-0.jpg ] <前期:7月10日(金)~9月2日(水)> 「迷い込む絵本の世界」・・・イラストレーター、吉田稔美(よしだとしみ)が当館と協働し、吉田が本展の為に描き下ろしたイラストとオルゴール等の自動演奏楽器の生演奏で、『不思議の国のア [全文を読む]

井上真央主演“セクシー大河”新キャスト発表「いい女になれそう」

モデルプレス / 2014年09月22日14時00分

第13代長州藩主・毛利敬親の正室で“大奥”の女帝・都美子役に松坂慶子、のちに文の夫となる小田村伊之助の母・志乃役にかたせ梨乃、吉田松陰の弟子・金子重輔の母・ツル役に麻生祐未、松陰と野山獄で出会う謎の女囚・高須久子役に井川遥、長州藩の重臣・椋梨藤太役に内藤剛志、その妻・美鶴役に若村麻由美、井伊直弼役に高橋英樹、前原一誠役に佐藤隆太、そして伊藤博文の最初の妻と [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

松陰門下の三秀とされる高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿らもみなそれぞれ20代で亡くなっています。 ◎勝海舟(1823年3月12日-1899年1月19日) 1863年、40歳の勝海舟は船に乗っていますね。咸臨丸での渡米が1860年。翌年、講武所砲術師範にされ、海軍から外されたことに腐っていた海舟ですが、1862年軍艦操練所頭取として海軍に復帰し、ほどなく軍艦奉行 [全文を読む]

技術ソリューション事業 「光加速度センサシステムの技術開発と実証試験」を採択

PR TIMES / 2016年12月01日15時21分

今般、JOGMECとともに実証試験を実施する企業を公募した結果、白山工業株式会社(本社:東京都府中市、社長:吉田稔氏)からの提案を採択しました。同社は株式会社地球科学総合研究所(東京都文京区、社長:川中卓氏)を共同実施者としており、3社による開発事業体制にて、去る10月31日に事業を開始しました。 石油開発事業では、成熟油田などにおいて低コストで原油回収率 [全文を読む]

2017年は坂本龍馬没後150年。龍馬ゆかりの地を旅しながら、生き様を読み解く異色のガイドが復刊。

PR TIMES / 2016年10月18日15時28分

近著に『幕末「長州」史跡散歩』『山県有朋の「奇兵隊戦記」』(洋泉社歴史新書)、『吉田稔麿 松陰の志を継いだ男』(角川選書)、『吉田松陰と高杉晋作の志』(ベスト新書)、『吉田松陰とその家族』(中公新書)、『楫取素彦と吉田松陰の妹・文』(新人物文庫)、『司馬遼太郎が描かなかった幕末』(集英社新書)など。山口県ふるさとづくり功労賞受賞。講演やテレビ出演も多数。 [全文を読む]

角居勝彦調教師 忘れ得ぬ馬、ブルーイレヴンの思い出

NEWSポストセブン / 2016年10月09日07時00分

そして吉田稔騎手の手綱で臨んだ5月末の金鯱賞(中京 芝2000メートル)。道中後方で折り合って直線でギアがあがり、前年にJCを勝ったタップダンスシチーを外側から凄まじい末脚で追い詰め、アタマ差の2着でした(しかもコースレコード!)。続く関屋記念(新潟 1600メートル)も好位でガマンして抜けだし、待望の重賞2勝目。1分32秒3の好タイム、覚醒したかのよう [全文を読む]

フォーカス