松本晃のニュース

「働き方改革」クラウドプラットフォームのチームスピリット「TeamSpirit Day 2017」を5月9日(火)に開催

PR TIMES / 2017年03月23日13時53分

特別ゲスト講演にカルビーCEO松本晃氏が登壇 株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下チームスピリット、<https://www.teamspirit.co.jp/ >)は、 5月9日(火)に東京コンベンションホール(東京都中央区京橋)にて、自社主催の「TeamSpirit Day 2017: 『働き方改革』その先に [全文を読む]

私が女性事業本部長に「4時に帰れ」と命令した理由/カルビー 松本晃会長

Forbes JAPAN / 2016年09月26日17時30分

7期連続増収増益と躍進を続けるカルビー会長・松本晃は、いかに改革を成功させたのか。働く女性の視点で販売の活性化に成功した「フルグラ」。狙いをシリアル市場から朝食市場へと発想を転換させ、米ケロッグの牙城だった国内シリアル市場を切り崩した。4年で年商は6倍。カルビーの業績好調の強い推進力となり、540億円といわれるシリアル市場でフルグラの売り上げが220億円を [全文を読む]

カルビー「フルグラ」売上が好調も、なぜ株価が低迷してるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月30日20時00分

フルグラの業績について、松本晃会長兼CEOは決算説明会において「昨年の売上高は223億円。今年は300億円、3年して500億円を目指す」と述べています。 フルグラの歴史 カルビーのフルグラの歴史を簡潔に記します。カルビーは1988年にシリアル事業をスタートさせました。翌89年にグラノーラなどシリアル製品5アイテムを市場に投入しました。91年にドライフルーツ [全文を読む]

カルビー松本会長「労働時間の減少は必然だ」 働き方改革の旗手が考える日本の課題

東洋経済オンライン / 2017年05月25日10時00分

カルビー会長兼CEOに就任して以来、「ノーミーティング、ノーメモ」(会議なし、資料なし)など抜本的な働き方改革を通じて労働時間短縮に取り組んできた松本晃氏。『隷属なき道』の描く週15時間労働の世界について松本氏はどう感じるのだろうか。■労働時間が減っていくのは必然今後1人当たりの平均労働時間は確実に減っていきます。その過程で週15時間労働に近づいていくのは [全文を読む]

大塚家具、「残念な」久美子社長が危機脱出のネックに…ダメ企業がダメな本質的原因

Business Journal / 2017年05月09日06時00分

たとえば、元LIXILグループ社長の藤森義明氏、資生堂社長の魚谷雅彦氏、カルビー会長の松本晃氏。それから私は必ずしもプロ経営者だとは思っていませんが、ローソン会長の玉塚元一氏(5月末で退任)も、世間ではプロ経営者として扱われています。要するに他の業種に移っても、それまで培ってきた本人が築いてきた実績の再現性を期待され、実際にうまく経営できる人で、外資系出身 [全文を読む]

「聖徳夢プロジェクト」で入学から就活までシームレスに学生をサポート -- 聖徳大学・聖徳大学短期大学部

Digital PR Platform / 2017年05月03日08時05分

これまで、(株)帝国ホテル(代表取締役社長 定保英弥氏)やカルビー株式会社(会長兼CEO 松本晃氏)などの有名企業のトップにインタビューをしており、学生の将来のキャリアや就職活動に活かしている。 ◆「就職夢アドバイザー制度」 約85,000人の卒業生が、幼児教育をはじめさまざまな業界で活躍しており、これら経験のある卒業生、特に首都圏以外に就職している卒業 [全文を読む]

「働き方改革」において、経営と人事はいかに連携できるか

経済界 / 2017年02月25日09時00分

その筆頭は、カルビーの松本晃会長兼CEOでしょう。2009年に現職に就き、2011年3月に東証1部上場後、7期連続で増収増益を果たしていますが、その間に行った働き方改革には目を見張るものがあります。 松本会長は「長時間労働という悪しき労働慣行が日本をダメにしている」「長く働くことが良いことではない。短時間に効率よく働いて、成果を出すこと」「会社の成長のた [全文を読む]

カルビー、7期連続の最高益の裏側に「女性の活躍」あり

Forbes JAPAN / 2017年02月08日08時00分

「カルビーの躍進」といえば、すなわちそれは松本晃代表取締役会長による徹底した組織改革に端を発する。CEOに就任した2009年より、フリーアドレス制などを取り入れたオフィスや人事評価の見える化、ダイバーシティやライフワークバランスの推進など、さまざまな施策を同時並行的に実施。7期連続の最高益を達成した。特に「フルグラ(フルーツグラノーラ)」は働く女性の視点で [全文を読む]

JAL、カルビーで誕生間近!? “おんな社長”とガラスの天井

NEWSポストセブン / 2017年01月26日16時00分

JR東日本の事業創造本部地域活性化部門部長だった鎌田氏はカルビーの松本晃会長にヘッドハンティングされ、2015年2月に入社。 「鎌田氏はJR時代に駅ナカのショッピングエリア・エキュートを大宮駅などで成功させるなど、やり手として知られていました」(関氏) 松本会長自身、カルビー創業家にヘッドハントされて同社トップになった経緯があるだけに「鎌田氏も社長候補と [全文を読む]

職場で独特なファッションをする先輩……何とかなりませんか?

プレジデントオンライン / 2016年12月30日11時15分

今回の回答者は松本晃さんです。 【今回のご相談】 40代前半の先輩のことでモヤモヤしています。技術職には珍しく目立つ服装が好きで、独特なファッションをしています。シャツは竜柄で、ネクタイは雲柄。小指にスカルのシルバーリング。きっとお客さんに笑われていると思います。仕事はとてもできるので、惜しいなぁと思うのですが、何とかならないでしょうか。[35歳・IT・こ [全文を読む]

カルビー会長兼CEO「ぬるま湯」風土からの脱却

プレジデントオンライン / 2016年12月16日09時15分

---------- カルビー会長兼CEO 松本晃 1947年、京都市生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。72年4月、伊藤忠商事入社。医療機器販売の子会社を経て、93年ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人へ。同社の社長、最高顧問を歴任。2008年カルビー社外取締役に就任後、09年6月より現職。 ---------- (Top Commun [全文を読む]

「何でもいいから4時に帰れ。できないなら辞めろ」…この命令は正しかった

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月07日06時30分

あるウェブサイトで、カルビー松本晃会長のインタビュー記事を目にしました。 「ダイバーシティ」が話題の中心で、特に女性活躍について語られているものでしたが、ある女性を、社員約900名、売上400億以上の事業本部のトップにするにあたって、「何でもいいから4時に帰れ」という命令を与え、それができないなら会社を辞めるか、職を辞退するかというふうに迫ったそうです。 [全文を読む]

「何でもいいから4時に帰れ。できないなら辞めろ」…この命令は正しかった

citrus / 2016年10月03日07時00分

あるウェブサイトで、カルビー松本晃会長のインタビュー記事を目にしました。 「ダイバーシティ」が話題の中心で、特に女性活躍について語られているものでしたが、ある女性を、社員約900名、売上400億以上の事業本部のトップにするにあたって、「何でもいいから4時に帰れ」という命令を与え、それができないなら会社を辞めるか、職を辞退するかというふうに迫ったそうです。 [全文を読む]

心を揺さぶるオトコのスタイルは、異端&極端な、人とモノ!異端児・伊勢谷友介にはじまり、錦織圭やあの超大物経営者二人も登場!

PR TIMES / 2016年09月24日10時21分

カルビー会長・松本晃&ネスレ日本・高岡浩三社長の両名。増収増益を更新し続ける大企業のトップとして名高いこの二人、じつは松本会長を父親がわりだと言ってのけるほど仲が良いのです。「趣味はl仕事」と言い切る異端な二人の仕事観、師弟愛についてたっぷり語ります。 また、異端&極端な人の次は、モノ特集も必見。実は異端ともいえるスーツや、ショーン・ペンやマーク・ザッカー [全文を読む]

嵐が出演CMの商品、バカ売れ&欠品でCM放送中止の恐れ?ファンの商品乗り換え爆発的

Business Journal / 2016年05月20日07時00分

「会見ではカルビー会長の松本晃氏が、相葉を起用した理由について『大変健康ですし、お元気ですし、お若いし、イメージがピッタリなんじゃないかと思っています』と、期待を込めて語りました。当の相葉も、CMに起用される前からフルグラを食べていたという話や、『夜も食べていて、牛乳とかをかけないで、それをつまみに……。それが本当においしいんです』と、酒の肴にしていると [全文を読む]

トップの強い意思で女性活躍を推し進める。カルビー×イクシル

イクシル / 2016年04月18日12時00分

2009年の松本晃氏の会長就任以来、劇的に女性活躍を推し進めてきました。誰もがよく知るカルビー株式会社ですが、その変革に迫ります。従業員の半数が女性!!薮:現在はどのくらいの女性の方々が働かれているのでしょうか?宮島:現在従業員はおおよそ3500人で、その内の約半数が女性です。食品という業界は元々女性の割合が多い傾向の業界ですので、取り組みを強化する前から [全文を読む]

業績好調カルビー会長兼CEO 「僕は絶対に失敗しないです」

NEWSポストセブン / 2016年03月13日07時00分

スナック菓子の大手カルビーの経営を61歳でまかされるや、翌年には営業利益率を倍増、さらに6期連続最高益をはじき出した松本晃氏は同社の会長兼CEO(最高経営責任者)だ。京大大学院を卒業後、伊藤忠商事とその子会社で活躍、1999年にジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人社長に転じた際にも利益を大幅に伸長させた。「負け」知らずの「あきんど会長」に作家の杉山隆男氏 [全文を読む]

絶好調カルビーCEO 「一番使わないといけないのは人件費」

NEWSポストセブン / 2016年03月11日11時00分

「モノを売ることとケンカが大好き」と語る松本晃氏が会長兼CEO(最高経営責任者)に就任して以降は6期連続で最高益を叩き出した。元商社マンの「あきんど会長」に作家の杉山隆男氏が迫った。松本:7年前、このカルビーにきたとき、僕はあえて戦いをつくったんですよ。ここはいい会社ですよ。しかし、戦う気がまったくないの。もともとカルビーはスナック菓子で他の追随を許さない [全文を読む]

カルビーが多様な働き方を推進する理由「社員の待遇アップは、最も大事な投資」

ウートピ / 2015年12月17日12時30分

そんなカルビーの会長兼CEOの松本晃氏が今秋、テレビ番組にて「従業員はツール(道具)ではない」「社員の待遇をよくするのはいちばん大事な投資」という主旨の発言をし、「こういった考え方が広まってほしい」と注目を集めた。近年、ブラック企業の問題が取り沙汰され、消費者の間でも、そうした企業を支援したくない=商品を買いたくないというムードが広がっている。優秀な人材を [全文を読む]

カルビーの朝食革命!ヨーグルト×フルグラが新定番に?

Walkerplus / 2015年06月17日13時13分

代表取締役会長兼CEOの松本晃氏は、「2014年度、フルグラの売上は143億円だったが、今年も好調に推移している。スナックに次ぐ柱として掲げていきたい」とコメント。 この成長を支える要因の1つが、「フルグラ」の健康効果だ。塩分量が少なく、食物繊維を豊富に含むことから、生活習慣病の改善に有効だという。 ゲストとして登壇した、東京女子医科大学教授、医学博士の [全文を読む]

フォーカス