大崎洋のニュース

「アンチ吉本」を公言! 吉本興行社長・大崎洋の“問題社員”ぶりがすごい

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月18日07時20分

その現社長である大崎洋の評伝『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(常松裕明/幻冬舎)が4月に発売された。創業者一族と経営陣のあいだで繰り広げられたお家騒動や、社会に衝撃が走った島田紳助の引退といった話題についても触れ、その真実が赤裸々に語られている。 元記事はこちら こうしたワイドショー的なトピックも大いに興味深いのだが、じつはそれを上回るほど [全文を読む]

「吉本幹部も怒り狂っていた!?」大崎洋社長の"紳助復帰待望"発言に前兆あった

日刊サイゾー / 2012年01月11日08時00分

4日に大阪市内で行われた同社の創業100周年プロジェクトであいさつした大崎洋社長が突如、紳助の処遇について切り出し、大きな批判を浴びたのは既報の通りだが、今回の発言をなんとなく予期させる前兆があったというのだ。「昨年12月10日付けの産経新聞に大崎社長のインタビューが掲載されたが、その中で紳助との関係について『(紳助が本名の)長谷川公彦に戻ったところで、 [全文を読む]

「ナベプロに行く」板尾創路のネタ発言に"ギャラ遅配疑惑"の吉本はピリピリムード

日刊サイゾー / 2012年01月19日08時00分

「吉本といえば、新年早々、大崎洋社長が公の場で島田紳助の復帰を熱望し『全社員、全タレントの総意』と言い切り大激震が走った。それだけならばまだいいが、『週刊文春』(文藝春秋)と『週刊新潮』(新潮社)の同日発売の1月19日号で所属タレントへのギャラ遅配が報じられた。そんな報道もあっただけに、大喜利的な"ネタ"とはいえ、板尾の発言は『やはり遅配はあるのか?』とい [全文を読む]

関西ローカル番組配信「大阪チャンネル」各局女子アナら勢ぞろい

THE PAGE / 2017年04月26日18時01分

挨拶に立った吉本興業の大崎洋社長は「私は大阪の放送番組が“クールジャパン”のコンテンツだと思っています。大阪万博も含め、大阪の活性化になればと思っています」などと語った。 大阪の放送番組が“クールジャパン”のコンテンツだと思っています この日の会見ではMCの浅越ゴエ(43)が「万国博覧会誘致をはじめ、今、注目が集まる大阪で今日誕生いたしました、大阪、関西か [全文を読む]

島田紳助氏「復帰まだキツイ…」引退突きつけた吉本社長が語る、吉本の裏歴史と真実

Business Journal / 2013年07月11日06時00分

吉本興業・大崎洋社長の『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(幻冬舎/常松裕明)だ。 大崎社長は関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。1980年に上司であった“ミスター吉本”木村政雄氏と共に東京支社に異動。80年代の漫才ブームを支え、その後、ダウンタウンと出会い一時代をつくる。新人タレント養成所である吉本総合芸能学院(NSC)、心斎橋筋2丁目劇 [全文を読む]

吉本興業社長が核心激白「紳助の復帰」(1)突発引退の舞台裏では…

アサ芸プラス / 2013年04月26日10時00分

こう話すのは吉本興業の社長・大崎洋氏(59)。ここ数年、芸能界で何かと話題に上ることが多いお笑い王国・吉本興業のトップにして、あのダウンタウンを育てた敏腕マネジャーとしても有名な人物だ。 先頃、大崎氏の一区切りの自叙伝「笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語」(幻冬舎刊)が発売された。大崎氏の吉本興業入社から現在までがつづられており、本人いわく、「 [全文を読む]

吉本社長の会見契機に紳助と暴力団の捜査本格化するとの予測

NEWSポストセブン / 2012年01月09日16時00分

吉本興業の創業100周年プロジェクト発表会見(1月4日)で、同社の大崎洋社長の口から驚くべき言葉が発せられたのだ。「私たちは彼(島田紳助)の才能を惜しむものであります。皆様のご理解を得て、いつの日か吉本興業に戻って来てもらえるものだと信じています。これは、社員、タレント、芸人、全員の思いです」と。しかも、質疑応答などではなく、自ら切り出したという。(1/5 [全文を読む]

【あの時・なんばグランド花月の30年】(3)ダウンタウンの衝撃

スポーツ報知 / 2017年05月15日14時06分

仕掛け人は大崎洋、現在の社長である。 NSC1期生として入学した2人の才能をいち早く見抜いた大崎は、この劇場を拠点に若手コンビ主体のイベントを開催。87年4月からは、2人がMCを務める毎日放送「4時ですよーだ」を月~金曜の夕方に同劇場から生放送した。“本家”とは一線を画した小さな劇場は、やがて社会現象となる。「異様でしたね。お笑いの町から出てきた、自分たち [全文を読む]

【あの時・なんばグランド花月の30年】(4)新喜劇の“解体”キャンペーン

スポーツ報知 / 2017年05月15日14時04分

大崎に対しても脅迫めいたいたずらが続いたと、自らの半生をつづった「笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語」(常松裕明著)で当時を振り返っている。「オマエが大崎か! 新喜劇をつぶしたら承知せんぞ!」「今すぐ『やめよッカナ』やめろや! オマエが吉本やめんかい!」地元からの厳しい声はもちろん歓迎されるものではないが、こうした反響はむしろ思うつぼだったろう [全文を読む]

関西の人気バラエティーをアプリで配信「大阪チャンネル」スタート

ORICON NEWS / 2017年04月25日16時30分

会見にはそのほか、海原やすよ・ともこ、女と男の和田ちゃん、末成由美、浅香あき恵、山田花子、島田珠代、酒井藍、福本愛菜、NMB48の川上千尋、日下このみ、堀誌音、吉本興業の大崎洋社長らも出席。きょう25日からスタートする同アプリの利用料金は、月額480円(税込・1週間の無料お試しサービスあり)となっている。 PolyAds.show({ inFrame: [全文を読む]

フォーカス