大崎洋のニュース

「アンチ吉本」を公言! 吉本興行社長・大崎洋の“問題社員”ぶりがすごい

4 / 2013年05月18日07時20分

その現社長である大崎洋の評伝『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(常松裕明/幻冬舎)が4月に発売された。創業者一族と経営陣のあいだで繰り広げられたお家騒動や、社会に衝撃が走った島田紳助の引退といった話題についても触れ、その真実が赤裸々に語られている。 元記事はこちら こうしたワイドショー的なトピックも大いに興味深いのだが、じつはそれを上回るほど [全文を読む]

「吉本幹部も怒り狂っていた!?」大崎洋社長の"紳助復帰待望"発言に前兆あった

4 / 2012年01月11日08時00分

4日に大阪市内で行われた同社の創業100周年プロジェクトであいさつした大崎洋社長が突如、紳助の処遇について切り出し、大きな批判を浴びたのは既報の通りだが、今回の発言をなんとなく予期させる前兆があったというのだ。「昨年12月10日付けの産経新聞に大崎社長のインタビューが掲載されたが、その中で紳助との関係について『(紳助が本名の)長谷川公彦に戻ったところで、 [全文を読む]

「ナベプロに行く」板尾創路のネタ発言に"ギャラ遅配疑惑"の吉本はピリピリムード

3 / 2012年01月19日08時00分

「吉本といえば、新年早々、大崎洋社長が公の場で島田紳助の復帰を熱望し『全社員、全タレントの総意』と言い切り大激震が走った。それだけならばまだいいが、『週刊文春』(文藝春秋)と『週刊新潮』(新潮社)の同日発売の1月19日号で所属タレントへのギャラ遅配が報じられた。そんな報道もあっただけに、大喜利的な"ネタ"とはいえ、板尾の発言は『やはり遅配はあるのか?』とい [全文を読む]

島田紳助氏「復帰まだキツイ…」引退突きつけた吉本社長が語る、吉本の裏歴史と真実

2 / 2013年07月11日06時00分

吉本興業・大崎洋社長の『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(幻冬舎/常松裕明)だ。 大崎社長は関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。1980年に上司であった“ミスター吉本”木村政雄氏と共に東京支社に異動。80年代の漫才ブームを支え、その後、ダウンタウンと出会い一時代をつくる。新人タレント養成所である吉本総合芸能学院(NSC)、心斎橋筋2丁目劇 [全文を読む]

吉本興業社長が核心激白「紳助の復帰」(1)突発引退の舞台裏では…

2 / 2013年04月26日10時00分

こう話すのは吉本興業の社長・大崎洋氏(59)。ここ数年、芸能界で何かと話題に上ることが多いお笑い王国・吉本興業のトップにして、あのダウンタウンを育てた敏腕マネジャーとしても有名な人物だ。 先頃、大崎氏の一区切りの自叙伝「笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語」(幻冬舎刊)が発売された。大崎氏の吉本興業入社から現在までがつづられており、本人いわく、「 [全文を読む]

吉本社長の会見契機に紳助と暴力団の捜査本格化するとの予測

2 / 2012年01月09日16時00分

吉本興業の創業100周年プロジェクト発表会見(1月4日)で、同社の大崎洋社長の口から驚くべき言葉が発せられたのだ。「私たちは彼(島田紳助)の才能を惜しむものであります。皆様のご理解を得て、いつの日か吉本興業に戻って来てもらえるものだと信じています。これは、社員、タレント、芸人、全員の思いです」と。しかも、質疑応答などではなく、自ら切り出したという。(1/5 [全文を読む]

オリラジ中田の松本人志批判に“ヤラセ疑惑”浮上! 姑息すぎる手口を関係者暴露「中田はほくそ笑んでいる」

1 / 2017年06月07日09時00分

「名前が出ていないので誰のことを指しているかわかりませんが、仮に大崎洋社長だとしても、そんなことでオタオタする人ではありません。むしろ『おもろいやんけ』ぐらいは言う。実際、吉本内で騒ぎになってはいませんからね。もしかしたら一部から言われたかもしれませんが、中田はそれを大きく膨らませている可能性があります」 そこで今、業界内で浮上しているのは、中田の“ヤラ [全文を読む]

オリラジ中田、禁断のタブー・松本人志批判を先鋭化…お笑い界の「パンドラの箱」開く

1 / 2017年06月02日20時00分

吉本の大崎洋社長はダウンタウンの育ての親であり、今でも固い信頼関係で結ばれています。松本さんに関することで若手から少しでも意見が出ると、これはオンエアしても大丈夫なのかと局側も気を遣うんですよ。それくらいの王様なんです。松本批判がタブーになっているのは、大崎さんが社長だからというのも関係しているのかもしれません。中田がブログで表明したのは、編集されずに自分 [全文を読む]

吉本興業、日本&台湾カルチャーを世界へ発信 大崎社長が心境語る

1 / 2017年05月23日17時26分

大崎洋代社長「夢のように嬉しく思います」 吉本興業株式会社・大崎洋代表取締役社長(「崎」は正式には「たつさき」)は、「今日、このような機会ができて夢のように嬉しく思います」と語り、トップバッターを任された渡辺については、「彼女は(吉本に)所属しているタレント。芸人タレントの中でも、世界でデビューできる逸材だと思っています。そんな彼女が崋山で催しモノをや [全文を読む]

渡辺直美、世界進出のトップバッター担う 圧倒的人気でメディア殺到

1 / 2017年05月23日17時05分

◆渡辺直美は「世界でデビューできる逸材」 そんな渡辺について、吉本興業株式会社・大崎洋代表取締役社長(「崎」は正式には「たつさき」)は、「彼女は(吉本に)所属しているタレント。芸人タレントの中でも、世界でデビューできる逸材だと思っています。そんな彼女が崋山で催しモノをやってくれて嬉しいです」と太鼓判。 また、渡辺と食事に行った時のエピソードとして、「私は [全文を読む]

フォーカス