萬屋錦之介のニュース

淡路恵子 萬屋錦之介のチケットを1万枚売った凄腕営業マン

NEWSポストセブン / 2014年01月14日07時00分

大女優でありがながら、元夫・萬屋錦之介の借金などもあり、お金に苦労したことでも知られる。そんな淡路さんが、亡くなる直前まで続けていた『女性セブン』の連載で、女優ではない別の顔について告白していた。 * * * 女優・淡路恵子のことは知っていても、営業マン・淡路恵子のことは知らない人が多いんじゃないかしら。 何のことかって? (萬屋)錦之介さんと結婚していち [全文を読む]

西郷輝彦「現場が凍った萬屋錦之介と深作欣二の衝突」

アサ芸プラス / 2012年12月07日09時59分

全スタッフと出演者が花道を作り、主演の萬屋錦之介を拍手で出迎える。実に12年ぶりに〈御大〉が帰って来たことへの敬意だった。 その列に、念願の「東映時代劇に出演」がかなった西郷輝彦(65)もいた。 「東映にとっても時代劇の復興ということで、それはもう天地が引っくり返ったような大騒ぎ。僕も萬屋さんの映画はずっと観ていたから、共演できることに感激しましたね」 西 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】爆笑・太田、またもや木村拓哉を大絶賛! 立ち回りは「萬屋錦之介か勝新太郎」

TechinsightJapan / 2017年05月04日19時42分

今回の『無限の住人』では、木村の立ち回りが素晴らしいと大絶賛し「萬屋錦之介か、勝新太郎か」と戦後の時代劇大スターと木村は肩を並べる存在になったと持論を展開する。そこに市川海老蔵や三池崇史監督が加わり、新しい日本映画の娯楽大作が完成したと太田は感慨深げだった。 『無限の住人』は日本だけでなく北米、オーストラリア、ドイツでも公開されることが明らかになり、木村拓 [全文を読む]

西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い

アサ芸プラス / 2012年12月12日09時59分

サクさん特有の情感や寂しさを最後に集約させるところが、さすがだと思ったね」 〈文中敬称略、次回は宮本真希〉 【関連記事】 西郷輝彦「現場が凍った萬屋錦之介と深作欣二の衝突」 西郷輝彦、深作監督に挨拶したら「アテにしてないよ」 深作欣二のバイオレンス、薬の副作用で手がパンパン 深作欣二、木村一八に「俺の言うことが聞けないのか」 清原和博「月給30万円で運転手 [全文を読む]

西郷輝彦、深作監督に挨拶したら「アテにしてないよ」

アサ芸プラス / 2012年12月11日09時59分

むしろ、どういう形で「萬屋錦之介」を生かすかに采配を切り換えている。 その端緒となったのが、映画の宣伝に使われたコピーである。東映の宣伝部にいた関根忠郎が「生涯で3本の指に入る」とした名句がこれだ。 〈我わしにつくも、敵にまわるも、心して決めい!〉 権力志向の象徴である柳生但馬守をみごとに表している。実はこの言葉は映画の脚本にはなかったが、当の萬屋がコピー [全文を読む]

中村嘉葎雄 兄・萬屋錦之助と似ぬよう汚れ役を選んでいった

NEWSポストセブン / 2014年11月02日16時00分

俳優の中村嘉葎雄(かつお)の兄は、日本映画の黄金時代を代表する大スター、中村錦之助(のちの萬屋錦之介)である。大スターである兄と自分との違い、反発した若いころについて中村が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 松竹で映画デビューした中村嘉葎雄は1985年、東映に移籍する。東映は時代劇 [全文を読む]

淡路恵子さん 最期まで貫いた女優魂「鏡は見たくない」と…

WEB女性自身 / 2014年01月20日00時00分

『お母さんはきっと楽になって、天国でお父さん(萬屋錦之介)や、晃廣(三男)と哲史(四男)に再会が叶うんだから……』と」 ‘87年に離婚した萬屋錦之介さん(享年64)。その錦之介さんとの間に授かった2人の息子を、ともに非業の死で喪っている。三男・晃廣さんは、’90年にバイク事故で急逝。四男・哲史さんは’04年に淡路さんの自宅に侵入し、金品を物色していた容疑で [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(5)究極の時代劇ベスト5

アサ芸プラス / 2013年03月15日09時54分

そして、萬屋錦之介主演で一世を風靡した「子連れ狼」(日本テレビ・73年)も欠かせません。柳生一族の陰謀により、拝一刀(おがみいっとう)(萬屋錦之介)は妻を惨殺され、家も地位も全てを失う。幼子の大五郎とともに、殺し屋をしながら復讐の旅を続けるというストーリー。 最終回でいよいよ最大の敵・柳生烈堂(佐藤慶)との一騎打ち。この戦いだけで1話まるまる終わってしま [全文を読む]

忠義ゆえに苦しむ七人を演じ分ける中村錦之助!

文春オンライン / 2017年03月28日17時00分

千葉真一や松方弘樹といった東映のレジェンドOBが口を揃えて「一番の時代劇俳優」と尊敬しているのが、中村錦之助(萬屋錦之介)である。 一心太助、宮本武蔵、拝一刀、柳生宗矩――多くの当たり役をモノにしてきた錦之助を千葉は「あの人が演じると、その役柄のことを『本当にそういう人だったんじゃないか』と思えてくる」と評する。 今回取り上げる『武士道残酷物語』は、まさに [全文を読む]

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

錦兄(萬屋錦之介)の場合は風呂場にセリフを書いた紙を貼って覚えようとしているのを見たことがあるけど、おっさんは勉強している姿を見たことがない。いつもスタッフを連れて飲み歩いていて。それなのに、現場では相手のセリフまで全て覚えているんです。 晩年も僕の主演作の『修羅の群れ』や『最後の博徒』にお付き合いいただきましたが、あの時もいろいろと教えてくれました。『も [全文を読む]

フォーカス