土井たか子のニュース

【永田町炎上】どこの国益が大事なのか?国会議員の「帰化人ネットワーク」

デイリーニュースオンライン / 2016年12月09日12時05分

■反日政治家の代表だった故・土井たか子元衆議院議長 反日政治家の代表といえば、何と言っても故・土井たか子元衆議院議長であろう。土井は旧社会党を北朝鮮の朝鮮労働党と友党関係にするなど一貫して「北朝鮮寄り」の姿勢をとり続けた。 また「拉致疑惑など存在しない」などと公言し、拉致被害者の一人である有本恵子さんの両親が土井氏の事務所に相談を持ちかけても、すこぶる冷 [全文を読む]

西原理恵子「日本の政治家の半分が女性になればいい」

NEWSポストセブン / 2016年08月31日07時00分

小池百合子さんが新東京都知事となりましたが、それもさかのぼれば土井たか子さんらのおかげ」(西原さん、以下「」内同) 元社民党党首で第68代衆議院議長の土井たか子氏(享年85)は戦前生まれ。日本で初の女性党首となり1990年代には「マドンナ旋風」を吹き起こすも、同時に男性たちからの逆風も強かった。土井氏だけでなくその世代以前の女性起業家も厳しい道を歩んだ。連 [全文を読む]

ハマコー氏 「土井たか子は清廉潔白」と自民の野次を抑えた

NEWSポストセブン / 2014年12月28日07時00分

衆議院第68代議長を務めた元社民党党首の故・土井たか子さん(享年85)。衆院議長まで務めた政治家でありながら、土井さんは「マンションを買ったりして、そのお金のために働くのは嫌なの」と、亡くなるまで自宅も車も所有することはなかった。議員時代の西宮の住まいは、国道沿いの四畳半と六畳2間のアパート。 議長は、皇室主催の晩餐会で乾杯の発声をするのも仕事だが、土井さ [全文を読む]

土井たか子さん 弱った姿見せたくないと、晩年は交流絶った

NEWSポストセブン / 2014年12月26日16時00分

9月20日には元社民党党首で第68代衆議院議長の土井たか子さん(享年85)が肺炎のため亡くなった。 「ものすごく、大食漢だったんですよ。健康優良児がそのまま大人になったような人で。とにかく元気溌剌でした」 土井さんが初出馬した1969年から亡くなるまで、秘書として共に歩んだ五島昌子さんは微笑む。 2人が初めて出会ったのは1963年、神戸であった友人の結婚式 [全文を読む]

「政界“怪”人プロファイリング」 -小渕優子-

アサ芸プラス / 2014年11月02日09時56分

土井たか子の胆力」なければアダ花も 安倍晋三総理が、経済行政に精通しているとは言い難い小渕優子氏をあえて経産相のポストにつけた狙いは3つある。【1】閣内に封じ込めることで、来年9月の自らの総裁選再選への対抗馬たる芽を摘む。【2】その人気の高さを借り、「選挙の顔」として、やはり総裁選への弾みとしたい来年4月の統一地方選を勝利に導きたい。【3】そのうえで、 [全文を読む]

土井たか子さん 36年連れ添った秘書が語る“政治信念”

WEB女性自身 / 2014年10月20日15時00分

土井たか子という人がめいっぱい頑張ってきたのを私はすぐ隣で見てきました。だから最後にかける言葉も、『ご苦労さまでした』しかありません」 [全文を読む]

土井たか子氏死去と朝日新聞「誤報問題」 by岡留安則

東京ブレイキングニュース / 2014年10月03日14時38分

元『噂の真相』編集長・岡留安則の「編集魂」 土井たか子氏が肺炎により85歳で亡くなった。社会党から社民党議員として活躍した土井氏は女性初の衆議院議長も務めた。土井氏といえば、1989年の衆議院議員選挙で自民党に勝利し、マドンナブームの立役者となったことがあげられる。女性政治家の人気と台頭に危機感を持った保守陣営は土井氏が在日の出身であるとして、「WILL」 [全文を読む]

小池百合子氏と浜渦武生氏&鴻池祥肇氏の長い因縁

NEWSポストセブン / 2017年03月15日07時00分

日本新党ブームに乗った百合子氏が土井たか子・社会党党首に次ぐ2位で当選したのに対し、逆風の自民党候補の鴻池氏は次点に泣いた。百合子氏は「父の雪辱」を果たしたが、鴻池氏にすれば議席を奪われたのである。運命の悪戯という他はない。 豊洲問題をめぐる「百合子vs慎太郎」バトルにも、勇二郎氏の存在が関わっている。 「あなたのお父さんにはいろいろ世話になったから、恩返 [全文を読む]

際立つ“利他性の高さ”小池都知事にみる新しい女性リーダー像

WEB女性自身 / 2017年03月03日12時00分

主婦の方から見れば土井たか子さんのような 異質な 雰囲気もない。記者の質問に『失礼なんじゃないですか?』と答えるかわいらしい面と、毅然とした芯の強い主張とのバランスが絶妙なんです」 政界以外の分野にも新しい女性リーダーの登場が期待されるが、その資質とは? 「政治家は自分がいちばんかわいいものですが、それでは人気は得られない。とくに小池さんの『利他性の高さ』 [全文を読む]

2016政治ニュースTop 5 これだけは知っておきたいトピック 後編【第15回 細川珠生の「ママは政治1年生」】

Woman.excite / 2016年12月02日11時00分

その後、蓮舫氏が民進党の新代表に就任し、野党第一党の党首が女性というのも、旧社会党の土井たか子氏以来、30年ぶりのことでした。世界的にも、女性リーダーの躍進は目覚ましいものがあります。イギリスのテリーザ・メイ首相、台湾の蔡英文総統、動向が不安定ながらも、韓国の朴槿恵氏大統領など、日本と関係の深い国は次々に女性リーダーが誕生しています。アメリカも、ヒラリーク [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(6)もぎ取った悲願の政権交代

アサ芸プラス / 2016年11月22日12時55分

日本社会党の土井たか子の22万972票に次ぐ、第2位当選であった。 小池は当選が決まるや、声をはずませた。「組織もお金も無い。無い無い尽くしの選挙で勝てたのは、改革を求める人が起こしてくれた風のおかげ」 日本新党は、この総選挙で一気に35議席を得た。 小池は、衆議院議員となったものの、その余韻にひたる間もなかった。政権交代は目の前に迫っている。 それに新人 [全文を読む]

小池百合子 逆境ハネ返し「突破の女王」!!(5)次なる戦場は衆議院選挙!

アサ芸プラス / 2016年11月21日12時55分

日本社会党の土井たか子の地盤である。 小池の初回の選挙は、参院比例区であったが、今度は衆議院議員の選挙区選挙である。選挙戦は、いっそう厳しさが増すことが目に見えていた。ただひたすらあちらこちらに回ってポスター貼りをして、「よろしくお願いします」を連呼した。 だが小池は、「旧態依然の選挙戦も改革が必要」とマイペース。たすきや白手袋はなし。選挙カーでは名前の連 [全文を読む]

蓮舫民進党 二重国籍禁止法案に賛成 篠原孝衆議院議員

Japan In-depth / 2016年10月08日07時00分

土井たか子氏以来である、野党第一党の女性代表、蓮舫氏。「新しい民進党」を彼女が率いていくのか。TPP対策特別委員会の筆頭理事に就任した篠原氏を含め、党内融和を進めると共に、求心力をどう高めていくかにかかっているといえよう。(この記事はラジオ日本「細川珠生のモーニングトーク」2016年9月24日放送分の要約です)「細川珠生のモーニングトーク」ラジオ日本 毎週 [全文を読む]

見る影もない凋落ぶり。参院選で惨敗「社民党」の役割は終わったのか

まぐまぐニュース! / 2016年07月14日20時00分

さらに、冷戦終結直前の89年の参院選では自民党の宇野総理(当時)の女性問題もあり、社会党党首の土井たか子氏が「やるっきゃない」と言い、女性候補を次々立て自民を過半数割れに追い込む大躍進を果たした。この結果を受けて土井氏は「山が動いた」という言葉を述べ話題となった。リクルート事件があり金権政治への批判もあったが、社会党を中心とする政党力が一本化し、自民党と [全文を読む]

【日中】舛添都知事に対して、なぜか中国から続々と同情の声

まぐまぐニュース! / 2016年05月25日19時00分

誰に対してもすぐにケンカを売るような面もあり、かつて「ダメなものはダメ」を連発していた社民党党首の土井たか子氏に似ています。都知事になって以後も、愛嬌がなく相変わらずの身勝手さでした。 これまでの本人の釈明会見を見ていると、肝心なことにはまったく答えず、「第三者にしっかり精査してもらう」など、あまりにも情けないと言わざるをえません。 これから東京オリンピッ [全文を読む]

左翼の人は「出会い系」好きでネット炎上しやすい傾向?

しらべぇ / 2016年05月10日06時00分

かつて社会党を率いた土井たか子・元衆院議長が語った「ダメなものはダメ」という言葉があるが、相手を選ばない批判精神が政治思想につながっているのかもしれない。■左翼の5人に1人が「ネット炎上」を経験こうした性格の影響か、トラブルに巻き込まれやすい実態もあるようだ。ネットで「炎上」したことがある経験者は、一般の人がわずか3%なのに対して、左翼自認者は2割。ツイッ [全文を読む]

安藤優子 政界でも組織の中でも「女性の男性化は間違い」

NEWSポストセブン / 2016年05月08日07時00分

この時、社会党の土井たか子党首は「やるっきゃない」とハッパをかけ、12人の女性新人候補者を送り込んだ。有権者の圧倒的な支持を受けた女性候補者は22人が当選し、6~7%台で推移していた当選者に占める女性比率は17.5%に急増。マドンナブームとなった。 当時、選挙戦を取材していたキャスターで女性議員の研究もしている安藤優子さん(57才)はこう振り返る。 「“新 [全文を読む]

1989年の参院選 土井たか子らマドンナブームを振り返る

NEWSポストセブン / 2016年05月07日07時00分

この時、社会党の土井たか子党首は「やるっきゃない」とハッパをかけ、12人の女性新人候補者を送り込んだ。きっかけは、金権政治と消費税導入という2つの「金」だった。 [全文を読む]

日本で女性首相誕生の可能性 現政治家より在野の女性に期待

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

「かつての政界には、土井たか子氏や田中真紀子氏のように、男性議員以上にパワフルな女性政治家がいた。既存の女性議員が永田町の論理、自民党の派閥の論理に縛られて総裁選に出られないとしたら、むしろ在野の女性のほうが可能性はあるかもしれない。20年前に細川護熙氏が知事から国政に転じて総理になったように、ブームが起きる可能性もゼロではないと思います」 評論家の小沢 [全文を読む]

ほっしゃん。がネトウヨの「在日」攻撃に怒って逆に「差別主義者」と炎上!「在日認定」への正しい対処とは?

リテラ / 2015年07月29日12時00分

有名なケースでは、極右雑誌「WiLL」(ワック)がまったくのデマ情報にもとづいて土井たか子のことを「在日朝鮮人」と報道、土井に名誉毀損で訴えられて最高裁で敗訴判決を受けているし、石原慎太郎も民主党政権時代に「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは調べてみると帰化した子孫が多い」と述べたことがある。 [全文を読む]

フォーカス