足立紳のニュース

【特報映像】芳根京子主演作から吉行和子&村上虹郎共演作まで短編映画が8月公開へ

CinemaCafe.net / 2017年06月04日13時00分

また、新鋭・外山監督が描く映像世界には、韓国のキム・ギドク監督を引き合いに出した故・蜷川幸雄をはじめ、岩松了、八嶋智人、『花戦さ』の篠原哲雄監督、『百円の恋』の足立紳ら著名人からも賞賛の声が続々と寄せられている。 ■岩松了 (劇作家・俳優) 外山監督は道に立ちすくむ人を見つめる。そこに流れている慈悲のような静寂の調べ ■八嶋智人 (俳優) 人への寄り添い [全文を読む]

【著者に訊け】足立紳氏 初監督映画原作『14の夜』

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

【著者に訊け】足立紳氏/『14の夜』/幻冬舎/1300円+税『15の夜』(by尾崎豊)ならぬ、『14の夜』である。近年、映画『百円の恋』等で脚本賞を総なめにする足立紳氏(44)の小説第2作は、自身の初監督映画(現在公開中)の原作でもある。 舞台は1987年夏、鳥取県のとある田舎町。中学生らの間に広まった、こんな噂の顛末を描く。〈来週の木曜日、ワールドのオー [全文を読む]

くだらないことに必死な中学生男子の悶々とした“性春讃歌”な日々。映画「百円の恋」脚本の足立紳の監督デビュー作『14の夜』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月24日18時00分

映画「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞した足立紳の監督デビュー作、「14の夜(じゅうしのよる)」が2016年12月24日(土)から公開。さらに、映画公開前の12月8日(木)には足立書き下ろしの小説版『14の夜』が発売された。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 1987年の田舎町。中学生のタカシは、ずっと家でうじうじしている [全文を読む]

スパガ浅川梨奈、露出度高めのヤンキー役で初体験!「10回くらいツバ吐いた」

Movie Walker / 2016年12月24日16時29分

映画『14の夜』の初日舞台挨拶が12月24日にテアトル新宿で開催され、犬飼直紀、青木柚、中島来星、河口瑛将、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、光石研、足立紳監督が登壇。ヤンキー役に挑戦した浅川が「10回くらいツバを吐いた」と撮影裏話を明かした。 『百円の恋』の脚本家・足立紳の監督デビュー作となる本作。1980年代の田舎町を舞台に、性にざわめき、や [全文を読む]

「14の夜」“中年の星”足立紳監督の魅力とは?

Smartザテレビジョン / 2016年12月08日21時00分

12月24日(土)より、東京・新宿テアトル他全国公開公開される映画「14(じゅうし)の夜」は、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた気鋭の脚本家・足立紳の監督デビュー作品として注目を集める話題作だ。 「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、'80年代の田舎町のレンタルショップが舞台で、性に [全文を読む]

童顔巨乳 浅川梨奈「オラ、揉めよ!!」衝撃シーン連発

dwango.jp news / 2016年10月13日12時12分

本作は「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた今映画界から最も注目される脚本家・足立紳の監督デビュー作品として、注目を集める話題作となっている。 「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップ [全文を読む]

足立紳監督デビュー作「14の夜」ポスター解禁! 中二少年の性春を描いた日本版“イカくさい 『スタンド・バイ・ミー』” ここに誕生

Entame Plex / 2016年09月14日17時02分

さらには国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いている足立紳の監督デビュー作「14の夜」のポスタービジュアルが解禁された。 この映画は1980年代の田舎町のレンタルショップを舞台に、そこにAV女優がやってくると聞きつけた14歳の少年たちが、生おっぱいにロマンを抱き全力で駆け抜ける、彼らの悶々とした思い、そして成長していく姿を描いた青春ならぬ“性春”ストーリ [全文を読む]

健太郎、初主演「デメキン」撮影現場で見せた座長としての気迫と覚悟

映画.com / 2017年05月19日19時00分

「アルカナ」「猫侍」の俊英・山口義高監督がメガホンをとり、「14の夜」で健太郎とタッグを組んだ足立紳が脚本を担当している。 撮影現場を度々訪れていた佐田本人から「(当時の)リアルな気持ちを教えてもらった」という特攻服姿の健太郎は、身も心も“伝説の総長”そのもの。「佐田さんが楽しく生きてきた人生をないがしろにしてはいけない」という強い思いを抱えながら、キャラ [全文を読む]

バッドボーイズ・佐田正樹の不良時代を注目イケメン・健太郎で映画化!

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日07時00分

また、監督はさまざまなジャンルで活躍する山口義高、脚本は足立紳が担当する。 これまで語られてきた佐田の伝説が、健太郎によって実写化される今作、ストーリーも健太郎の演技にも注目したい! [全文を読む]

スパガ浅川梨奈 躍進の秘密は童顔巨乳+天真爛漫+真面目さ!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月04日17時00分

センターを務めるSUPER☆GiRLSのシングル「恋☆煌メケーション!!!」が'16年12月21日に発売、出演映画「14の夜」(監督・脚本=足立紳)が現在ロードショー中、出演映画「咲-Saki-」が2月公開(監督=小沼雄一、脚本=森ハヤシ ※ドラマ版は'16年12月OA)、さらには1月26日にソロ写真集「なないろ」が発売!…と、この冬まさに大活躍を見せてい [全文を読む]

グラビアで大ブレイク「1000年に1度の童顔巨乳」浅川梨奈とは?

dwango.jp news / 2016年12月31日09時33分

当作品は、2014年12月公開の映画「百円の恋」で、 第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳が、監督デビューを果たしたことでも、話題の作品。 舞台挨拶にも登壇し、「ヤンキー役で、いつもとは違う自分を見てほしい」と話した。また12月から放送の、高校麻雀部を舞台にしたMBS/TBSドラマ「咲-saki-」に原村 和役で出演。2017年1月には、ド [全文を読む]

スパガ浅川梨奈「やれよ! 揉めよ!」と絶叫

Entame Plex / 2016年12月27日18時00分

本作は、『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた脚本家・足立紳の監督デビュー作。「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出した本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップが舞台。性にざわめき、やがて冒険に出 [全文を読む]

浅川梨奈「人生初のニケツシーンを見てください」

Smartザテレビジョン / 2016年12月25日13時41分

12月24日に公開された映画「14の夜」の初日舞台あいさつが行われ、犬飼直紀、青木柚、中島来星、河口瑛将、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、光石研、足立紳監督が登壇した。 クリスマスイブの午後に本作を見に来た観客に向けて、足立監督は「今日みたいなロマンチックなはずの日に、こういう映画をわざわざ見に来てくださってありがとうございます」とあいさつ。 [全文を読む]

スパガ浅川梨奈「おっぱい触りたい男子はピュア」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月22日19時20分

あ、ここ、真矢ミキさん風に、って書いといてくださいね(笑)」(取材・文:霜田明寛 写真:浅野まき)関連情報映画『14の夜』12月24日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開監督・脚本: 足立紳(『百円の恋』)出演: 犬飼直紀、濱田マリ、門脇 麦、和田正人、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、健太郎、 青木柚、中島来星、河口瑛将、稲川実代子、後藤ユウミ、駒木 [全文を読む]

浅川梨奈、巨乳ヤンキー少女役は「普段とあんま変わんない」

Smartザテレビジョン / 2016年12月16日01時10分

12月24日(土)より新宿テアトル他で全国公開される映画「14(じゅうし)の夜」は、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝き、映画界から最も注目される脚本家・足立紳の監督デビュー作品として注目を集める話題作だ。 「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、'80年代の田舎町のレンタルショップが舞台 [全文を読む]

門脇麦がキョンキョンヘアを完全再現!

Entame Plex / 2016年11月30日15時12分

本作は、「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞、さらには国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いている足立紳の監督デビュー作。「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショップを舞台に、そこにAV女優がやってくると聞きつけた14歳の少年 [全文を読む]

「高校生のためのeiga worldcup2016」 (エイガコウシエン2016)大変盛況で閉会しました。

DreamNews / 2016年11月30日10時00分

この映画コンクールでは、作品賞、監督賞、演技賞(男子、女子)、音楽賞、美術賞、脚本賞、企画賞が設定されていて、稲垣尚人氏(美術監督)掛須秀一氏(編集・ポストプロデューサー)奥田誠治(映画事業プロデューサー)の斯界の重鎮と昨年の日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞の足立紳(脚本家、映画監督)女流監督の永田琴(映画監督)写真家でもある映像作家の菱川勢一氏、音楽家の [全文を読む]

高校生の映画コンクール全国大会「eiga worldcup2016」 審査員川島海荷さんが選んだ最優秀女子演技賞は、 米子工業高専の「妄想したってイイじゃない!」の升田乃愛さん

DreamNews / 2016年11月25日10時00分

審査員陣も、稲垣尚人氏(美術監督)、掛須秀一氏(編集・ポストプロデューサー)、奥田誠治氏(映画事業プロデューサー)の重鎮たちに昨年の日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞の足立紳氏(脚本家、映画監督)、女流監督の永田琴氏(映画監督)、写真家でもある映像作家の菱川勢一氏、音楽部門の桑原まこ氏(作曲家、ピアニスト)、ダンスミュージック部門のDJアミガ氏のほか演技部 [全文を読む]

童顔巨乳 浅川梨奈「ヤンガン」表紙でセクシーシャワー

dwango.jp news / 2016年11月18日20時02分

本作は「百円の恋」で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた、今映画界から最も注目される脚本家・足立紳の監督デビュー作品として、注目を集める話題作となっている。 先日11月2日放送の「水曜日のダウンタウン」にも登場するなど、各方面から注目急上昇中の、浅川だが、自身の所属するSUPER☆GiRLSが、12月21日 [全文を読む]

浅川梨奈が語るグラビアへの熱い想い!「スイッチが急にオンになった」

週プレNEWS / 2016年10月27日19時00分

最近は出演した映画『14(じゅうし)の夜』(足立紳監督、12月24日公開)が話題。なんと厚化粧にタバコ、大胆なタンクトップを着て胸もとをはだけさせるというセクシーなヤンキー役で沸かせている。SUPER☆GiRLSの一員として、グラビアアイドルとして、さらには女優として注目を集め、波に乗る浅川梨奈。彼女を直撃し、グラビアへの思いから、話題の映画の裏話も聞い [全文を読む]

フォーカス