岡崎京子のニュース

女子のリアル! 「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」開催中

Daily Beauty Navi / 2015年02月02日09時00分

――岡崎京子「ノート(ある日の)」より ワニと同居するホテトルOLが主人公の「pink」、暴力と性と死に彩られた高校生の青春群像を描写した「リバーズ・エッジ」、全身整形で芸能界トップに上り詰めた人造美女の顛末(てんまつ)を描いて2012年に沢尻エリカ主演で映画化された「ヘルタースケルター」......。 1980~90年代、それまでの少女マンガのイメージを [全文を読む]

あっけらかんと全裸と“リア充“を描いた女性マンガ家・岡崎京子 開催中の原画展に見る、“サブカル“で語られる前の彼女

おたぽる / 2015年03月19日23時30分

1月から世田谷文学館でマンガ家・岡崎京子初の大規模原画展「戦場のガールズ・ライフ」が開催され、盛況を博している。 マンガ家・岡崎京子。読者投稿雑誌で常連となり、短大在学中の1984年に自由な雰囲気の漂う創生期の美少女コミック誌でデビュー。その後、青年コミック誌、ヤング・レディースコミック誌を中心に活躍、89年頃からはその作家性を買われてファッション誌や文芸 [全文を読む]

漫画の中に見るリアルな女子の生き様。漫画家・岡崎京子初の大規模展がスタート

NeoL / 2015年01月28日19時11分

『うたかたの日々』原画 (C)岡崎京子/宝島社 漫画家・岡崎京子のこれまでを振り返る、初の大規模展覧会「岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」が芦花公園にある世田谷文学館で1/24(土)より始まる。 『pink』『リバース・エッジ』『ヘルタースケルター』などで知られる漫画家・岡崎京子。1996年に不慮の事故により活動を休止するものの、その後も未刊作品の出版や [全文を読む]

へルタースケルター原作者、岡崎京子の大規模展が関西上陸!

FASHION HEADLINE / 2016年07月10日21時00分

岡崎京子展 戦場のガールズ・ライフ」が、7月30日から9月11日まで、伊丹市立美術館(兵庫)で開催される。 『pink』『東京ガールズブラボー』『リバーズ・エッジ』などで知られる漫画家、岡崎京子。下北沢の理髪店に生まれ育ち、短大在学中にデビュー。1985年に初めての単行本『バージン』を刊行した。以後、漫画雑誌をはじめ、週刊誌やファッション誌、音楽雑誌を舞 [全文を読む]

アヴちゃん(女王蜂)「デートはライトに」Vol.5 ゲスト:志磨遼平 夢で会いましょう編

NeoL / 2014年12月10日22時00分

私、岡崎京子の世界観やねん。岡崎京子のキャラクターってさ、答えを知ってるだけで、でもみんな剥げば肉と血の塊なんだから、みたいな感じでしょう。斜に構えてるというよりはスッとしてる。守ったって寂しいだけだから」 志磨「アヴちゃんは岡崎京子型の唇だね。横顔が岡キョン漫画のキャラ」 アヴちゃん「そう。岡崎京子顔なの」 志磨「ふふ、今JJスマイル出てるよ。岡崎京子[全文を読む]

桜沢エリカ 『ヘルタースケルター』と親友・岡崎京子を語る

NEWSポストセブン / 2012年07月13日16時01分

その原作者である岡崎京子と桜沢エリカは、30年来の仲だ。同時期にデビュー、1980~1990年代という時代を牽引してきたふたり。が、『ヘルタースケルター』を描いた直後の1996年5月、岡崎は自動車事故にあう。意識不明に陥る大事故で現在もリハビリを続けている──。そんな岡崎について、桜沢が語った。 * * * 夜遊びして、恋バナをして、本当にもういつも電話し [全文を読む]

「ほぼ日手帳2016」本日発売。今年はコラボアイテムが大充実!

Woman Insight / 2015年09月01日11時30分

漫画家・岡崎京子さんとのコラボも。こちらはWEEKSのみですが、メモ帳も登場。メモ帳は『pink』『ヘルタースケルター』『森』から。 本体は『リバース・エッジ』の初版本の鉛筆画を使用。それぞれのアイテムのデザインは、「岡崎京子展」を手がけたコズフィッシュの祖父江慎さんと鯉沼恵一さんが担当しています。 こちらのWEEKS本体を購入すると、岡崎さんの物語集『 [全文を読む]

人気モデル・菅野結以オススメ! 秋を楽しむ“女の子の、女の子による、女の子のための” 本&映画

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月14日11時20分

■『ヘルタースケルター』(岡崎京子) 蜷川実花監督×沢尻エリカ主演で映画化されて話題を呼んだ、あの作品の原作となったマンガ。私的には高校生の頃、人に薦められて読んで衝撃を受けて以来、事あるごとに読み返しては震える一冊でもあります。描かれているのは移り変わりを止められない世の中で、それに抗おうとしたひとりの女の子が堕ちていくさま。岡崎京子作品に登場する女の [全文を読む]

WOWOW FILMS『ヘルタースケルター』観客動員150万人、興行収入20億円突破!

PR TIMES / 2012年08月28日17時01分

この作品は、岡崎京子の同名コミックを、監督:蜷川実花、主演:沢尻エリカで映像化したもので、若い世代を中心に、幅広い年代の女性層で動員を伸ばしています。 「WOWOW FILMS」は、当社が2007年に立ち上げた劇場用映画レーベルで、徹底して上質にこだわったエンターテインメント性の高い映画を企画・製作し、世界に送り出しています。今後の作品としては、柴咲コウ [全文を読む]

ヘルタースケルター監督蜷川実花 美人かどうかで人生違う

NEWSポストセブン / 2012年07月13日07時00分

原作は、1990年代半ばに女性コミック誌で連載された異才の漫画家・岡崎京子さん(48才)の同名作品だ。監督の蜷川実花さん(39才)は、ずっと以前からこの映画を撮りたいと思い続けていたという。 「もともと岡崎さんの作品が好きで、『ヘルタースケルター』を撮るなら女性である私が絶対にやるべきだという確信みたいなものがありました」(蜷川さん) 蜷川さんが本作で問う [全文を読む]

【先行独占配信】 「へルタースケルター」証言映像:タレント事務所社長(桃井かおり)編

AOLニュース / 2012年07月12日15時06分

Filed under: ムービー岡崎京子の同名コミックを、写真家・蜷川実花が実写映画化した超話題作『へルタースケルター』。芸能界の頂点に君臨するトップスター・りりこが執着する美の崩壊と、トップから転落する不安に追い詰められる恐怖を、色鮮やかな映像で映し出す。 (C)2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会 そんな極彩色エンタテイメント『へルタースケ [全文を読む]

「蜷川実花写真展 ヘルタースケルター」渋谷・パルコミュージアムで開催

PR TIMES / 2012年06月12日12時07分

蜷川実花・監督×岡崎京子・原作×沢尻エリカ・主演 世界を挑発する極彩色エンタテインメント 映画『ヘルタースケルター』の世界観を渋谷・パルコミュージアムで展開! 7/14(土)公開の映画『ヘルタースケルター』公式写真展をこのたびパルコミュージアムにて開催する運びとなりました。世界的フォトグラファーでもある本作監督・蜷川実花自身が撮りおろしたスチールフォトや劇 [全文を読む]

WOWOW FILMS最新作 『ヘルタースケルター』 2012年7月14日全国ロードショー

PR TIMES / 2012年01月11日12時39分

原作は、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子によるコミックです。監督は、世界的フォトグラファーでもあり、初監督作『さくらん』(2007)がベルリン国際映画祭・正式出品を果たし大ヒットを記録した蜷川実花。主演は、『パッチギ!』で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞優秀賞ほか数々の映画賞の新人賞を総ナメにし、 “本作への出演を熱望してきた”と公言す [全文を読む]

沢尻エリカが蜷川実花インスタに登場! 女優オーラあふれる美貌が話題

しらべぇ / 2017年05月10日11時00分

ヘルタースケルター、主人公りりこ部屋!窓に唇( ´ ▽ ` )ノA post shared by ninagawamika (@ninagawamika) on Feb 10, 2012 at 1:54am PST岡崎京子原作漫画を映画化した同作品は過激なシーンも多く、沢尻の濡れ場も辞さない演技も話題になった。2007年、主演映画『クローズド・ノート』の [全文を読む]

宇宙特集:Avu-chan from Ziyoou-vachi『Q』Special Photo Shoot & Interview

NeoL / 2017年04月02日12時00分

今回なにを描いても軽やかなのは、岡キョン(岡崎京子)から受けたものが大きくて、私なりの『リバーズ・エッジ』ができた気がする。瘴気が立ちこめたところにスッと行って、取って帰って来ちゃうのは一緒だと思うのね。『えっ、危ないところだったの? 知らなかったあ』みたいな。少年性といばら姫とか色々やって、人によってはタブーを侵していると言う人もいるけど、私はそう思えな [全文を読む]

二階堂ふみの”共演者キラー化”が加速?新作主演映画でザワつく人々

デイリーニュースオンライン / 2017年03月27日08時00分

本作は漫画家・岡崎京子(53)による同名作品を実写化したもの。1990年代を舞台に、複雑な事情を抱えた高校生たちを巡る物語が描かれた作品だ。二階堂ふみは母親と二人で暮らす主人公の少女役を担当、そして彼女にいじめから助けられた男子学生を、若手俳優の吉沢亮(23)が演じることになる。 現在、実力派若手女優として活躍する二階堂だが、その一方で数々の熱愛が噂される [全文を読む]

二階堂ふみ主演で「リバーズ・エッジ」が実写映画化、あの艶シーンは再現される!?

アサ芸プラス / 2017年03月24日09時59分

同漫画は「ヘルタースケルター」などで知られる岡崎京子の作品で、1993年から1994年まで雑誌「CUTiE」で連載された。二階堂が演じるのは主人公の女子高生・若草ハルナ。ふとしたきっかけでいじめられっ子の同級生と仲良くなり、彼の秘密を打ち明けられることでトラブルに巻き込まれていくという役どころだ。「リバーズ・エッジは他の岡崎作品と同様、性描写が等身大でリア [全文を読む]

長渕剛と小沢健二が「Love music」に初登場!

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日21時01分

さらに小沢は「ドアをノックするのは誰だ?」を、東京スカパラダイスオーケストラのGAMOと共に、岡崎京子の漫画に囲まれたセットで披露。ほか、19年ぶりにリリースしたシングル「流動体について」を、流れる東京の街や宇宙をイメージしたセットで歌い上げる。 [全文を読む]

斉藤由貴が「フリルの付いた暴力」で波瑠を支配するNHKドラマに共感の声が殺到

アサジョ / 2017年02月13日10時15分

このフレーズはマンガ家・岡崎京子を世に知らしめた89年発刊「pink」の中で使われているフレーズだ。好きでもない女に自宅に押しかけられ、掃除、洗濯、食事の世話をされた男が、一連の女がした行動を「フリルのついた暴力」と表現している。「斉藤は高校時代、漫画研究部の部長でしたからね。このコメントも秀逸ですが、斉藤演じる母親が放つ濃厚な情念とはかなさは、さらに秀逸 [全文を読む]

『溺れるナイフ』は中上健次で読み解ける!?特別試写会&クロストークに山戸結希監督らが登壇

Movie Walker / 2016年08月08日12時41分

ジョージ朝倉先生のマンガを読んで、ずっとこういうものが読みたかったと思いました」と語ると、山戸は大きくうなずき、「ある世代にとって岡崎京子さんや安野モヨコさんがそうであるように、私にとってジョージ朝倉先生は“神秘”です。ジョージ先生が真摯に向き合われてきたテーマには、もうひとつ根源的なものがあって、それが中上健次さんだったのだと思います。『溺れるナイフ』が [全文を読む]

フォーカス