高野孟のニュース

「米中が南シナ海で一触即発」は本当なのか?高野孟が読み解く

まぐまぐニュース! / 2015年11月09日20時00分

しかしメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』は、今や巨大な相互依存関係にある両国が開戦するなどありえないと断言します。 「米中が南シナ海で一触即発」というのは本当か? 夕刊フジの見出しを見ていると、米中両国は今にも南シナ海をめぐって戦闘に突入しかねない一触即発の危機にあるかに思えてしまうが、そんなことはない。 米中の昨年の貿易総額は6,000億ドル近く [全文を読む]

米国による「先制攻撃」が現実的にありえないシナリオである理由

まぐまぐニュース! / 2017年06月06日04時30分

ジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、読売新聞により報じられたコーエン元米国防長官のインタビューを紹介しつつ、米朝が互いに先制攻撃することはほぼありえないとの見方を示していますが、その根拠とは? 米朝双方が「先制攻撃」をしなければ戦争は起きない──元米国防長官の至極常識的な見解に賛同する ますます安倍晋三後援会の機 [全文を読む]

憲法9条は改正可能なのか? 安倍政権の描く「加憲」のシナリオ

まぐまぐニュース! / 2017年05月23日04時45分

ジャーナリストの高野孟さんはメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、この2020年の改憲は実現可能なのかという核心について、自身が先日行った講演要旨を紹介する形で詳しく解説しています。 新たな改憲ギャンブルに打って出た安倍政権 5月21日に千葉市内で、千葉県9条連(浅野健一代表)の年次総会と記念講演会が開かれ、私が安倍政権の新たな改憲策動について講演 [全文を読む]

韓国の新大統領は本当に反日なのか。日本の外交戦略が時代遅れに

まぐまぐニュース! / 2017年05月16日05時00分

ジャーナリストの高野孟さんが自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、さまざまな側面から文新大統領の真の姿を分析するとともに、その登場により北東アジアの戦略構図が変わる可能性と、安倍政権が同地域で取り残される危険について考察しています。 文在寅政権登場で変わる? 北東アジアの戦略構図──安倍政権の米日韓同盟路線は時代遅れに 韓国大統領に文在寅(ム [全文を読む]

北朝鮮危機は回避されていた。犬猿の米中が分かり合えた複雑な事情

まぐまぐニュース! / 2017年05月02日04時45分

しかしジャーナリストの高野孟さんは自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、米朝の軍事衝突、そして大戦争に発展する危機は回避されたとしています。高野さんがその鍵となったと見る米中首脳会談及びその後始められたという習近平―金正恩の水面下での協議では、一体どのような話し合いが持たれたのでしょうか。 米中協調で進む北朝鮮危機の外交的・平和的解決の模索─ [全文を読む]

尖閣のトラブルごときで米軍は出ない…「中国脅威論」のウソを暴く

まぐまぐニュース! / 2017年04月19日04時30分

先日掲載の記事「中国の領海侵犯は本当か? 海保も認める『暗黙のルール』を徹底検証」で、中国脅威論の嘘を暴いたジャーナリストの高野孟さん。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』ではその続編として、産経・日経両紙の記事を引用し、その誤りを正す形で、どのような意図を持って「中国の脅威」が醸成されたのかを検証しています。 続・徹底検証!「中国脅威論」の嘘 [全文を読む]

森友学園問題で掘ったのは墓穴か。安倍首相「総裁3期9年」の皮算用

まぐまぐニュース! / 2017年03月07日04時45分

現政権の「超長期政権」への布石が打たれた形となったのですが、「安倍首相が3選を果たすのは普通に考えて難しい」とし、その根拠を詳細に綴っているのはメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の著者でジャーナリストの高野孟さん。さらに、首相とその支持基盤として知られる日本会議との間に吹き始めた「秋風」についても記しています。 宙に浮く? 安倍首相の「中国包囲網」 [全文を読む]

どうも社説がおかしい。元旦から大迷走する大手新聞各紙の「展望」

まぐまぐニュース! / 2017年01月06日04時45分

今年も各社、それぞれの主張を展開してはいましたが…、「例年以上に酷い内容だった」と断ずるのはメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の著者でジャーナリストの高野孟さん。その理由を高野さんは「トランプ氏という異形の大統領登場に思い戸惑っているためでは」と推測し、各紙論説等の内容を詳しく紹介・分析しています。 トランプ政権登場で「自由主義」「民主主義」の行方 [全文を読む]

安倍プーチン会談の「惨敗」を伝えない大手新聞社の苦しい言い訳

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日04時45分

共同声明すら出せない惨憺たる状況であったにも関わらず、大手新聞各紙の巧妙な「紙面作成」により、多くの国民が、あたかも「進展があった」かのような錯覚を抱かされていると指摘するのはジャーナリストの高野孟さん。自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、新聞各社の弱腰ぶりと記者の不勉強を徹底的に糾弾しています。 日露外交失敗をひた隠しにする安倍官邸──共 [全文を読む]

中国脅威論はどこまで本当か? 哀れマスメディアの機能不全

まぐまぐニュース! / 2016年05月09日19時30分

講演などでもよく同様の質問を受けるというジャーナリストの高野孟さんが、ご自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』に明快な答えを記しています。 「報道の自由」はどんな風にして掘り崩されていくのか? 講演の際の質疑応答で最近よく出る質問は、「日本では報道の自由がかなり制約されていると国際的にも指摘されているが、実際に報道の現場で、権力による圧力とかで情 [全文を読む]

フォーカス