木野花のニュース

『女囚セブン』出演中の木野花 「毎日1個はためになる」

3 / 2017年05月19日16時00分

7人女囚が織り成すプリズンサバイバルドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系、毎週金曜日23時15分~一部地域を除く)に出演中の木野花(69才)。刑務所最高齢の老女“ウメボシ”こと、平塚うめを演じている。 「うめは『はぁ!?』って聞き返すんですが、耳が遠いのか、すっとぼけているのか、わからないところがある。そこが演じていて面白いところ。生きていくのは大変ですから [全文を読む]

琴音(剛力彩芽)を陥れた黒幕が明らかに?「女囚セブン」第二幕へ

2 / 2017年05月19日10時00分

◆おなじみのセリフの炸裂!第5話見どころ 老老介護の末に夫と義姉を殺害し、花園刑務所に服役しているうめ(木野花)。耳が遠く、「は?」が口ぐせで、琴音が入所してきた当初からマイペースな行動と少々トボケたような言動が多かったうめだが、ここにきてその不可解な言動がエスカレート。同部屋の女囚たちも心配そうな様子を見せる。 そんな中、うめが夫と義姉だけではなく「も [全文を読む]

禁断の裸体、WOWOWで放送!「人間の本質的なものが暴かれる瞬間を丁寧に描きたい」と演出の三浦大輔

2 / 2015年06月25日12時24分

また、自堕落な人生を歩む主人公の弟パトリーシオを池内博之、亡き母の死を受け入れられない主人公の息子セルジーニョを野村周平、エルクラーノと暮らしているおばを木野花、池谷のぶえ、宍戸美和公が演じている。 <ストーリー> 妻を亡くして以来失意に沈むエルクラーノ(内野聖陽)。自殺未遂までも起こした彼を心配し、これ以上家族から死者を出すことを忌み嫌う3人のおば(木野 [全文を読む]

女優・黒木瞳氏 ショートフィルム初監督作品「わかれうた」、6月7日(水)より「ネスレシアター」で無料公開

1 / 2017年06月07日16時20分

監督:黒木瞳 劇中曲:「わかれうた」 中島みゆき (株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ) キャスト:石野真子、尾美としのり、駒井蓮、浦上晟周、竹内都子、片岡礼子、山口乃々華(E-girls)、宇野愛海、狩野見恭兵、柾木玲弥、ラサール石井、木野花 他 時間:27分19秒(前編11分57秒・後編15分22秒) 公開日:2017年6月7日(水) 公 [全文を読む]

女囚セブン出演大幡しえり 先輩の演技に「本当に仲悪い?」

1 / 2017年06月02日16時00分

先日、木野花さんと廊下でぶつかりそうになるシーンの撮影では、本当にぶつかっちゃって。そしたら木野さんが2人で稽古してくださったんです。“もっと斜めに動いてみたら? セリフはもっと強く言っていいよ”って。憧れの先輩たちに囲まれて、日々勉強です」 キラキラした目で語る彼女の今後に注目だ。 撮影/佐藤佑一 ※女性セブン2017年6月15日号 [全文を読む]

剛力彩芽、『女囚セブン』涙のクランクアップ 「本当にこの7人で良かった」

1 / 2017年06月02日10時00分

琴音たちの脱獄は見事成功したってこと!? それはさておき、撮影最終日は、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、そして安達祐実ら7人の女囚たちがそろった。2ヶ月半の撮影が無事、終わったことで、一同の顔には安堵と充実感が満ちあふれていた。 恒例の花束を受け取った剛力の目からはこらえきれない涙がこぼれ落ち、声を詰まらせながら「今日終わるという実 [全文を読む]

剛力彩芽が涙「実感がまだない」

1 / 2017年06月02日10時00分

主演の剛力ほか、女囚としてともに戦ってきた山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、そして安達祐実は、おなじみの刑務所の中ではなく、塀の外“シャバ”で撮影を終えた。 ◆剛力彩芽が涙 この日は、7人の女囚が揃ったシーンでクランクアップ。「カット!」の声がかかって花束を受け取ると、剛力の目からは涙。声を詰まらせながら「今日終わるという実感がまだ [全文を読む]

剛力彩芽、『女囚セブン』クランクアップで涙「みなさんに迷惑ばかり…」

1 / 2017年06月02日10時00分

今回、剛力をはじめ、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実の女囚役たちが、すべての撮影を終えた。 この日は、7人の女囚がそろったシーンでのクランクアップ。剛力は、最後の「カット!」の声がかかって花束を受け取ると、たまらず剛力の目からは涙があふれ、声を詰まらせながら「今日終わるという実感がまだない。本当にこの7人で良かった。このスタ [全文を読む]

「女囚セブン」撮了で剛力彩芽も涙…「この7人で良かった」

1 / 2017年06月02日10時00分

主演の剛力彩芽をはじめ、山口紗弥加、トリンドル玲奈、平岩紙、橋本マナミ、木野花、安達祐実がクランクアップした。 クランクアップを迎えた場所は、刑務所の中ではなく、なんと塀の外。第6話で脱獄を計画していた琴音(剛力彩芽)たちだが、見事成功したのかどうかは放送で確かめよう。 7人の女囚が揃ったシーンでのクランクアップとなり、一同は安堵と充実感に満ちた表情に。「 [全文を読む]

琴音(剛力彩芽)の冤罪事件と司(山口紗弥加)の関係は?「女囚セブン」重要なターニングポイント迎える

1 / 2017年05月26日10時00分

最後の刺客として自分に近づいてきた囚人ボス・うめ(木野花)を秘密裏に仲間に引き入れ、いよいよ反撃に出るための準備を開始する。 そんな中、謎だらけの政治秘書・司(山口紗弥加)の仮出所が近づいてくる。女性議員・高見沢楓(中谷さとみ)との面会で、内藤の総裁選出馬と高見沢の法務大臣就任の可能性を知る司。「早くここを出て、またわたしを支えてちょうだい」という高見沢の [全文を読む]

フォーカス