森田芳光のニュース

松山ケンイチや北川景子が、故・森田芳光監督への思いを語る

Movie Walker / 2015年10月29日18時47分

松山ケンイチ、北川景子、杉山泰一監督と、故・森田芳光監督の前作『の・ようなもの』(81)の主演を務め、本作でも同じ志ん魚役で登場する伊藤克信が舞台挨拶に登壇した。 松山は「『サウスバウンド』(07)で3人で舞台挨拶に立った時、森田監督から、次は景子ちゃんと松山でラブストーリーを作りたいと言っていただいて。それはなくなってしまいましたが、今回こういう形で実現 [全文を読む]

北川景子、故・森田芳光監督夫人に「DIO」と祝福される

Movie Walker / 2016年01月16日13時09分

故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(81)のその後を描く『の・ようなもの のようなもの』の初日舞台挨拶が、1月16日に新宿ピカデリーで開催。松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、野村宏伸、杉山泰一監督が舞台挨拶に登壇した。サプライズで、森田監督夫人である三沢和子プロデューサーからの感謝の手紙が読まれ、北川は目に涙をうるませた。 三沢プロ [全文を読む]

森田芳光監督遺作 松山ケンイチと瑛太演じる爽やか「鉄ちゃん」

NEWSポストセブン / 2012年02月06日16時00分

3月24日に公開される映画『僕達急行 A列車で行こう』は、2011年12月20日に亡くなった森田芳光監督の遺作となった。どこがどう見所なのか。文芸評論家の川本三郎氏が解説する。 * * * 暮れに飛び込んで来た森田芳光監督の訃報には本当に驚いた。十二月二十日。まだ六十一歳だったという。才能ある監督がこんなに早く逝ってしまうとは。 新作『僕達急行 A列車で行 [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子が語る森田芳光監督作の魅力

Movie Walker / 2016年01月15日14時00分

故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(81)の35年後を描く『の・ようなもの のようなもの』(1月16日公開)で、長年、森田監督の助監督を務めてきた杉山泰一監督の下に、森田組のキャストやスタッフが集結!主演を務めた松山ケンイチと、ヒロインを演じた北川景子にインタビューし、改めて感じる森田作品の魅力について語ってもらった。松山が演じたのは、30歳で [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子が森田芳光監督を語る

Movie Walker / 2016年01月14日13時23分

故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(81)のその後を描く完全オリジナルストーリー『の・ようなもの のようなもの』(1月16日公開)で、共演した松山ケンイチと北川景子。2人にインタビューし、在りし日の森田監督への思いを胸に集まった森田組のキャストやスタッフとの撮影エピソードについて話を聞いた。 若手落語家の青春を描いた『の・ようなもの』の35年後 [全文を読む]

森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』のその後を描く物語

NeoL / 2016年01月13日23時45分

2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』のその後を描く、映画『の・ようなもの のようなもの』。 舞台は、東京・谷中。30歳で脱サラし、落語家になるものの、いまだ前座ばかりでパッとしない出船亭志ん田。ある日、志ん田は師匠の志ん米から、以前、同じ一門にいた兄弟子・志ん魚を探し出すよう命じられる。志ん米の師匠・志ん扇の十三回忌一門会に、スポ [全文を読む]

松山ケンイチと北川景子、若き日の失態談で森田芳光監督を偲ぶ

Movie Walker / 2015年12月20日20時21分

故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(81)のその後を描く完全オリジナルストーリー『の・ようなもの のようなもの』(2016年1月16日公開)の舞台挨拶が、12月20日に新宿ピカデリーで開催。松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信らキャストと、杉山泰一監督が登壇した。松山は「今日は森田監督の命日ですので、こういうタイミングでこの作品の完成披露ができるの [全文を読む]

WOWOW FILMS『家路』第36回ヨコハマ映画祭で森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞!

PR TIMES / 2015年02月02日11時37分

WOWOW FILMS『家路』で監督を務めた久保田直氏が、第36回ヨコハマ映画祭で森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞いたしました。 ヨコハマ映画祭は、映画ファンが主催する映画祭で、個性的な「ヨコハマ」だけのベストテンと各賞が選出されます。『家路』は、今年度のヨコハマ映画祭のベストテンでも並み居る邦画作品の中から第8位に選出されました。WOWOW FILMS [全文を読む]

松山ケンイチ&北川景子、“なぞかけ”披露で拍手喝采

モデルプレス / 2015年12月21日07時10分

森田芳光監督の命日 同作は、ちょうど4年前の2011年12月20日に急逝した森田芳光監督の劇場デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描く完全オリジナルストーリーで、森田監督の命日であるこの日、常に独自のユーモアと笑いを求めた森田監督に負けじと、同イベントが開催された。 イベントではなぞかけも行われ、松山は“青春”のお題で「青春とかけまして、エスプレッ [全文を読む]

北川景子、DAIGOとの結婚質問飛ぶ

モデルプレス / 2015年12月20日19時05分

森田芳光監督の命日 同作は、ちょうど4年前の2011年12月20日に急逝した森田芳光監督の劇場デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描く完全オリジナルストーリーで、森田監督の命日であるこの日、常に独自のユーモアと笑いを求めた森田監督に負けじと、同イベントが開催された。 ◆松山ケンイチは「本物の落語家さんみたい」 初めて落語家役を演じた感想を聞かれた松 [全文を読む]

フォーカス