横溝正史のニュース

横溝正史×横山まさみち二人の天才がタッグを組んだ幻の名作!『どくろ検校』がKindleストアなど5電子書店で配信開始!! 殺人吸血鬼が江戸の街を恐怖のどん底に陥れる!

DreamNews / 2014年08月05日14時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2014年8月5日(火)より、Kindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、Yahoo!ブックストア、ならびにニコニコ静画にて、電子書籍『どくろ検校』(原作:横溝正史、作画:横山まさみち)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】三浦涼介、池田純矢が『人形佐七捕物帳』レギュラーに ちょんまげ姿もお似合い

TechinsightJapan / 2016年05月24日19時50分

横溝正史・時代小説シリーズ『人形佐七捕物帳』はこれまで何度も映画やドラマ化されてきた。その名作がこの秋からBSジャパンで放送される。5月24日、『三浦涼介(ryosukemiura216)ツイッター』及び『池田純矢(junya_ikeda2710)ツイッター』にて「レギュラー出演することが決定いたしました!!」「わー! やっと言えたっ!」と情報解禁された [全文を読む]

『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』、『犬神家の一族』など 角川文庫 厳選15作品を100円で配信

PR TIMES / 2014年02月20日13時49分

<キャンペーン概要> ▼キャンペーン期間 2014年2月18日(火)0:00 ~ 2014年2月28日(金)23:59 ▼キャンペーン対象15作品商品(順不同) 1.『時をかける少女』 筒井康隆 2.『セーラー服と機関銃』 赤川次郎 3.『探偵物語』 赤川次郎 4.『晴れ、ときどき殺人』 赤川次郎 5.『ぼくらの七日間戦争』 宗田理 6.『新装版 戦国自 [全文を読む]

NHKで「金田一耕助」のドラマ、映画ラッシュのなぜ

NEWSポストセブン / 2016年11月23日07時00分

金田一耕助といえば、推理小説家・横溝正史が創り出した名探偵。第二次大戦前後、因習や複雑な人間関係がからみあって勃発する殺人事件を追う。その事件もたたりの伝承や手毬唄になぞらえて呪わしく演出されるのがお約束。独特ムードが漂うミステリーだ。 昭和二十年代の片岡千恵蔵版や冒頭の三名優版など、これまで数多くの映画やドラマが作られてきたが、なんといっても大ブームに [全文を読む]

『横溝正史&金田一耕助シリーズ DVDコレクション』2015年2月17日(火)創刊!

PR TIMES / 2015年02月06日16時52分

株式会社 朝日新聞出版(本社:東京都中央区、社長:青木康晋)は2月17日、作家・横溝正史が世に送り出した傑作ミステリーの数々をDVDとマガジンで堪能するシリーズ、隔週刊『横溝正史&金田一耕助シリーズ DVDコレクション』を創刊いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4702/16/resize/d4702-16-593902-0. [全文を読む]

ニッポン隠れ里奇譚「津山三十人殺し」が起きた岡山県貝尾集落を訪ねて

東京ブレイキングニュース / 2014年05月05日17時10分

そう、横溝正史の金田一耕助シリーズの『八つ墓村』に登場する大量殺人犯の格好にそっくりなのである。 実際、横溝正史は"津山三十人殺し"をヒントに、『八つ墓村』を書き上げたと言われる。正史は太平洋戦争中、岡山に疎開していたからだ。 犯行の動機や経緯については、犯人が自殺してしまったこと、そして戦争中ということもあって、謎が多い。しかし、睦雄の残した三通の遺書 [全文を読む]

日本推理小説の巨星 生誕110周年記念 BOOK☆WALKERにて横溝正史作品87作を配信中 期間限定 キャッシュバックキャンペーンを実施

PR TIMES / 2012年05月23日12時17分

角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて、生誕110周年を迎える横溝正史作品の電子書籍・87作を配信中です。生誕の日である明日・24日より、同著者の作品を購入した方へキャッシュバックを行う、キャンペーン [全文を読む]

ここに2本の脚が...? グーグルマップに「スケキヨ・アップサイドダウンフット・ポイント」現る

Jタウンネット / 2017年06月08日14時00分

スケキヨとは、横溝正史著「金田一耕助シリーズ」の「犬神家の一族」に登場する、白いゴムマスクをかぶった人物、犬神佐清(いぬがみ・すけきよ)のことだ。映画版「犬神家の一族」で印象深いのが、湖面から伸びた「スケキヨ」の2本の脚のシーンだ。後世の作品でもパロディされているため、元ネタを知らない人でも、その構図を見たことがある人は多そうだ。そんな日本の映像文化に大き [全文を読む]

“この映画だけはTシャツにしたくなかった”金田一耕助シリーズ「悪魔が来りて笛を吹く」がTシャツで登場!

@Press / 2017年05月09日14時00分

「この映画だけはTシャツにしたくなかった」巨匠・横溝正史の世界観を再現する、あやしく見つめる悪魔の姿をプリントとタイトルロゴが印象的なデザインです。 【Tシャツ概要】 定価 :4,100円(税込) サイズ 160:着丈62cm×身幅46cm S:着丈65cm×身幅49cm M:着丈69cm×身幅52cm L:着丈73cm×身幅55cm XL:着丈77cm [全文を読む]

決定!第37回横溝正史ミステリ大賞 選考結果のお知らせ

PR TIMES / 2017年04月27日09時19分

本日4月26日(水)、第37回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社KADOKAWA)の選考会が行われ、選考委員の審査により、今回は、大賞は該当作なし、これに準ずる優秀賞として、染井為人(そめい・ためひと)さんの『悪い夏』(わるいなつ)が選出され、副賞として賞金30万円が贈られる。また、奨励賞として長谷川也(はせがわ・なりや)さんの『pH』(ぺーはー)が選出 [全文を読む]

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(6)毒婦を味わう傑作シネマ

アサ芸プラス / 2017年02月02日12時57分

さて人気の横溝正史モノには、いろんな意味で魔性のヒロインが必要。小川真由美(77)が「八つ墓村」(77年、松竹)で萩原健一を相手に濡れ場を見せた森美也子役も、岩下志麻(76)が「悪霊島」(81年、角川春樹事務所)でオナニーまで演じた巴御寮人役も、それぞれの個性が際立つ。 新しいところでは「渇き。」(14年、ギャガ)の小松菜奈(20)が、まだ新人なのに役所 [全文を読む]

アガサ・クリスティー作品で仲間由紀恵はどこまであの大女優に迫れるか?

アサジョ / 2017年02月01日18時14分

「今回の『そして誰もいなくなった』は、ある島に集められた人間がマザー・グースの童謡『10人のインディアン』になぞらえて次々に殺される話ですが、童謡の歌詞を殺害方法にそのまま使う“見立て殺人”は、横溝正史の名探偵・金田一耕助シリーズをはじめ日本のミステリー作品にも大きな影響を与えました。77年の映画『悪魔の手毬唄』では、市川崑監督が久里子亭のペンネームで脚本 [全文を読む]

KADOKAWA×ハードコアチョコレートの最新コラボ「犬神家の一族」のスケキヨがパーカで登場!

@Press / 2017年01月20日13時30分

莫大な財産を所有する犬神家の遺産相続を巡って発生する殺人事件を主人公である探偵・金田一が解決していく映画「犬神家の一族」は、作者・横溝正史の世界観を忠実に映像化した監督・市川崑の映像マジックや、当時の映画界を代表するような豪華キャスティング、鮮烈な印象の強いシーンの連続で日本中でブームとなりました。今回、2016年7月に発売したTシャツに続いて「犬神家の一 [全文を読む]

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(6)「高橋洋子・悪魔の手毬唄」

アサ芸プラス / 2016年12月16日12時57分

原作・横溝正史、監督・市川崑、主演・石坂浩二と並べば、おどろおどろしさが立ちこめてくる。77年の配給収入10位(7億5000万円)を記録した「悪魔の手毬唄」(東宝)に、高橋洋子(63)は重要な役で出演していた。──70年代の邦画界において、多くの巨匠たちに愛されました。高橋 そうよ、デビュー作が斉藤耕一監督の「旅の重さ」(72年、松竹)で、さらに熊井啓監督 [全文を読む]

[再現!文学ごはん]横溝正史『白と黒』の「イクラのサンドイッチ」

&GP / 2016年12月08日21時00分

などなど、絡み合う謎がとても面白い作品です! 【参考・引用元】 >> 横溝正史『白と黒 金田一耕助ファイル18』(KADOKAWA) (取材・文/くぼきひろこ) くぼきひろこ/ライター 美食・カルチャー・ライフスタイル・クルマ・ゴルフ・巷の美女etc……対象は様々に、雑誌・ウェブサイト等の各種媒体にて活動中のフリーライター。「人の仕事のすべて。そして、そ [全文を読む]

【“時かけ”10周年記念連載 第4回】筒井康隆「本当に孝行娘」 時を超えて愛される作品へ

Movie Walker / 2016年11月24日18時00分

横溝正史ミステリー大賞』のパーティーにいらっしゃるとのことだったので、その時に感想をいただこうと思って。我々は当然中身に自信があったのですが、唯一不安だったのが、先生が何とおっしゃるか。原作とはだいぶかけ離れましたからね。それで、私が筒井先生の控室に入りましたら、『んん…』と。あの迫力のあるお顔でね、『原作と全然違う』とおっしゃったんです。思わず空気が固 [全文を読む]

長谷川博己、「獄門島」金田一耕助役への思いを語る!

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日15時15分

――数ある横溝正史作品の中でも人気の高い「獄門島」ですが、出演の話が来たときの感想をお聞かせください。 日本を代表する探偵シリーズで、しかも歴代の金田一アクターの中にで自分の名前が連なると思うとすごく光栄です。同時に、市川崑監督の映画「獄門島」('77年)が好きだったので、この作品をやるということはかなり大変なことだぞとも思いました。 ――今回の金田一耕 [全文を読む]

苗字が三浦のイケメン俳優に注目 三浦涼介は「謎の男」評

NEWSポストセブン / 2016年10月19日07時00分

原作は『犬神家の一族』などで知られる横溝正史で、羽子板のモデルになった美人町娘が次々殺されたり、角兵衛獅子のこどもの幽霊が出てきたりと奇怪ムードが魅力のひとつなのだが、三浦はそのおどろおどろしさにいい風を吹かせるような気のいい男だ。 さらに三浦は番組の主題歌も担当している。その歌が実にキレがよくカッコいいのである。気のいい男とこの歌のキレのギャップに驚き、 [全文を読む]

7月30日(土)より開催!角川映画誕生40年!「角川映画祭」を記念して、日本映画の金字塔!KADOKAWA×ハードコアチョコレート コラボレーションが実現!「犬神家の一族」ほか、角川映画3作品のTシャツが発売!

@Press / 2016年07月29日13時30分

横溝正史の世界観をこれでもかと映像化した巨匠・市川崑の映像マジック、当時の映画界を代表するような豪華絢爛なキャスティング、どの場面、場面も鮮烈な印象で日本中に「犬神家」ブームを巻き起こしました。未だ日本映画ベストワンと呼び声も高いため、その余韻は2016年の今も全く衰えておりません。ハードコアチョコレートとのコラボでは、遺産相続のカギを握る最重要人物・佐清 [全文を読む]

相模原の障害者施設で19人殺害 近代で最大の刺殺事件に

しらべぇ / 2016年07月26日13時30分

これは「津山30人殺し」という別名で知られ、横溝正史の『八つ墓村』のモデルになった事件だ。現在の岡山県津山市にある集落で、都井睦雄が銃と日本刀を持ち出し、住民30人を惨殺。そして今回の相模原での事件は、死者数で津山事件の次点に位置する。ただここで注目すべきは、此度の事件の犯人は銃を使用していないということだ。■明治改元以来の大規模刺殺事件「刃物で次々と人を [全文を読む]

フォーカス