宮田圭子のニュース

大送別会の言葉『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第20週】

WEB女性自身 / 2017年02月19日15時00分

一方、この先の人生に不安を感じているのは若者だけではなく、すみれの家で長年働いてきた女中の喜代(宮田圭子)も同じだった。棚に飾られたすみれたちの家族写真をみながら、「さくらお嬢様がこの家をお出になったら、私はどないしたら 」とつぶやく喜代。すみれの父・五十八(生瀬勝久)やはな(菅野美穂)はゆりとすみれと会社を残し、それは未来につながる。「私は何を残してき [全文を読む]

それぞれの夢『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第19週】

WEB女性自身 / 2017年02月12日06時00分

そのころすみれの家では、五月が喜代(宮田圭子)に編み物を教わっていた。「よう一人で育てようと思いましたね」と喜代。出産への不安を抱えなる五月に「幸せになれますよ 。どんなにつらいことがあっても、赤ちゃんにとってたった一人のお母さんは自分なんやって見失わないことです」と優しく語りかける。 そこに、すみれと夫の紀夫(永山絢斗)がさくらを連れて帰ってくる。さく [全文を読む]

夫が下した決断『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第12週】

WEB女性自身 / 2016年12月25日12時00分

そのころ、すみれの姉のゆり(蓮佛美沙子)は、腰痛で入院中の喜代(宮田圭子)の見舞いに病院を訪れる。ゆりの異変を感じた喜代が「おなかのお子さんも、お仕事も順調やのに、お顔がすぐれませんね」と声をかけると、泣き始めるゆり。子供ができたとわかってからというもの、ゆりに仕事を続けてほしいと考える夫の潔(高良健吾)に不満を募らせていたのだ。 「ゆりはいてるか!?」 [全文を読む]

すみれ、涙を流す『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第11週】

WEB女性自身 / 2016年12月19日06時00分

帰宅して、喜代(宮田圭子)から紀夫が倒れたことを聞くすみれ。頭から布団をかぶって寝ている紀夫を心配する。そして翌朝になっても布団に入ったままで顔を見せない紀夫に、「少し話を聞いてほしい」と声をかける。 すみれが大島から大急百貨店に支店を出さないかと誘いがあったことを報告すると、驚き、飛び起きる紀夫。話を受けようと思うと言うすみれの言葉に賛同する。「やりた [全文を読む]

消息不明の夫が…『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第7週】

WEB女性自身 / 2016年11月20日06時00分

喜代(宮田圭子)は、栄輔に泊まってもらえないだろうかと頼むが、すみれは迷惑だろうとためらう。すると、栄輔は嬉しそうに快諾する。 夜が更け、自分たちの家族について語り合うすみれたち。紀夫の浴衣を着た栄輔に「紀夫はどんな人なのか」と訊ねられ、すみれは結婚式の写真を見せる。笑顔のすみれの隣の紀夫を見て、胸が締め付けられる栄輔。そこへ起きてきたさくらが栄輔を「お父 [全文を読む]

お嬢様への厳しい洗礼『べっぴんさん』1週間まとめ読み【第3週】

WEB女性自身 / 2016年10月23日06時00分

坂東家の跡地は進駐軍に接収されることになり、すみれは、邸宅の庭の片隅にバラック小屋を建て、女中頭の喜代(宮田圭子)、娘のさくらと暮らし始める。一方、ゆりと潔は、五十八の会社を立て直すため大阪の闇市で生活を始めた。日本経済が大混乱する中、預金も封鎖されることになり、十分な食料も配給されないまま困窮するすみれ。潔とゆりが隠れて運んでくる食料や粉ミルクで何とか娘 [全文を読む]

頼みの菅野美穂は“即死”!?無名だらけの次期NHK朝ドラに漂う“爆死臭”

アサジョ / 2016年07月31日09時59分

芳根京子が演じる主人公の幼馴染みで後に婿となる田中紀夫役に永山絢斗、主人公の友人と年の差婚する小澤勝二役に田中要次、そのほか平岡祐太、松下優也、いしのようこ、滝裕可里、堀内正美、曾我廼家文童、宮田圭子らが脇を固めるという。 菅野美穂、生瀬勝久、蓮佛美沙子、ネプチューンの名倉潤、高良健吾、市村正親など、主要メンバーはすでに発表されており、今回の発表で登場人物 [全文を読む]

総合学園ヒューマンアカデミー札幌校 札幌で活躍するプロの演劇人が指導する夏の特別講座「演劇AcTワークショップスIV」開催のご案内

PR TIMES / 2016年07月20日11時48分

■「演劇AcTワークショップスIV」 開催概要日 程 : 2016年8月10日(水)時 間 : 9:00 ~ 受付開始 9:30 ~ 開会式 10:00 ~ 午前の部 12:30 ~ 昼休憩 13:30 ~ 午後の部 16:20 ~ 閉会式会 場 : 札幌市教育文化会館 (北海道札幌市北区北1条西13丁目)主 催 : AcT演劇ワークショップス実行委員会 [全文を読む]

「王様ゲーム」「奴隷区」に続き、全国ロードショー作品は3作目! E★エブリスタ発の大人気スマホ小説 平愛梨さん主演「摂氏100℃の微熱」全国順次公開決定

PR TIMES / 2014年10月15日09時39分

キャスト :平愛梨、青柳翔(劇団EXILE) 遠藤要、ちすん、上野なつひ、松田洋昌、川畑泰史、宮田圭子、里見まさと、他監督 :岡本浩一原作 :野咲あや「摂氏100℃の微熱」(E★エブリスタ電子書籍大賞受賞作/三交社刊)企画・制作 :読売テレビ放送/吉本興業/エブリスタ配給・宣伝 :株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー製作国 :日本製作(公開)年 [全文を読む]

平愛梨がどん底30女を熱演! 現代のシンデレラ物語『摂氏100℃の微熱』の公開日決定

Entame Plex / 2014年10月13日09時43分

そのほかキャストには、遠藤要、ちすん、上野なつひ、松田洋昌、川畑泰史、宮田圭子 、里見まさとなどが名を連ねている。 映画『摂氏100℃の微熱』は、2015年1月24日(土)より全国順次公開。 ©2014「摂氏100℃の微熱」製作委員会 [全文を読む]

E★エブリスタ 電子書籍大賞2013受賞作 大人気スマホ小説「摂氏100℃の微熱」映画化決定!

PR TIMES / 2014年02月21日17時45分

キャスト:平愛梨、青柳翔、遠藤要、ちすん、上野なつひ、 松田洋昌、川畑泰史、宮田圭子、里見まさと 監督 :岡本浩一 製作国 :日本 製作(公開)年:2014年 コピーライト:「摂氏100℃の微熱」製作委員会 株式会社エブリスタについて 株式会社エブリスタは、次世代のスマホ小説をプロデュースするスマホ出版社です。株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社NTTド [全文を読む]

フォーカス