嘉門達夫のニュース

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(1)替え歌ネタは日々更新し続けてます

アサ芸プラス / 2016年12月13日12時57分

●ゲスト:嘉門達夫(かもん・たつお) 1959年、大阪府生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光に弟子入り。高校卒業後、「笑福亭笑光(しょうこ)」の名をもらう。78年、19歳で「MBSヤングタウン」のレギュラーになるも、80年に落語家を破門となり、放浪の旅に出る。ライブ活動を始めて、81年からアミューズでアルバイト、桑田佳祐のライブの前座を務めるという機会を得る。そ [全文を読む]

嘉門達夫が『森のくまさん』絡みのオリジナル曲を披露

NEWSポストセブン / 2017年03月15日16時00分

シンガーソングライター・嘉門達夫である。 『森のくまさん』を巡っては、お笑い芸人・パーマ大佐が同曲を改編した楽曲を販売したが、訳詞者である馬場祥弘氏が、著作者人格権を侵害されたとし、販売差止めと慰謝料を要求をした。 この騒動は、両者の間で和解が成立したが、それをネタにしたのが嘉門達夫だ。3月1日に行なわれた『2017年アスタナ国際博覧会 日本館開幕100日 [全文を読む]

嘉門 達夫さんを迎えて 9/26(土)「神戸学校」を開催!~「『笑い』を通じて伝えたいこと~なぜ歌い続けるのか」~

PR TIMES / 2015年08月24日16時30分

フェリシモ神戸学校は、9月26日にシンガーソングライターの嘉門達夫さんをゲストにメッセージライブを開催いたします。嘉門さんの代表作には、過去にヒットしたポップスや歌謡曲の替え唄や、クラシックの名曲に歌詞を付けた曲があります。それらの歌詞には、当時の社会問題や生活風景、学生時代のことなどがモチーフになっていることも多く、以前の日本の様子を感じることができます [全文を読む]

ピアノゾンビ、新曲「DDD」MVに嘉門達夫も登場

okmusic UP's / 2014年10月10日14時00分

MVにはファンから募った「D」の動画をとりいれており、その中にはピアノゾンビのファンを公言する嘉門達夫も登場している。 10月12日(日)にはTSUTAYA O-EASTでワンマンらいヴがあり、「DDD」をはじめ、「ひいてるぜ」収録の新曲が多数初披露される予定だ。 ワンマンライヴのチケットは、チケットぴあを残すのみとなっているので、まだ入手していない人はお [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(4)結婚してから食と仕事が変わった!?

アサ芸プラス / 2016年12月16日12時57分

今度、ぜひオススメのお店を教えてください! [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(3)年齢なりのリアルを歌い続けたい

アサ芸プラス / 2016年12月15日12時57分

テリー 放浪して、女の子とそんなに楽しく遊んでる人が、どうしてまた芸能界に復帰できたんですか?嘉門 それは僕をかわいがってくれていた「ヤングタウン」のプロデューサーが、アミューズの大里(洋吉)会長に「おもしろいやつがいますよ」って、僕の歌を聴かせてくれたからですね。テリー アミューズは、サザンオールスターズや福山雅治さんなどが所属する大手事務所ですね。嘉門 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「嘉門達夫」(2)どうして落語家をクビになったの?

アサ芸プラス / 2016年12月14日12時57分

テリー えー! それはうらやましい話だなァ! [全文を読む]

あの「鼻から牛乳」もクラシック音楽でリアレンジカバー「天才おばかクラシック」

Walkerplus / 2017年04月28日13時50分

パパ・ママには、嘉門達夫の「鼻から牛乳」を2017年版キッズバージョンにリアレンジカバーした「小さな鼻から牛乳」が懐かしく感じられるだろう。一般から募集したキッズの「あるある面白エピソード」がちりばめられている。 クラシック音楽をアレンジしているので、おじいちゃんおばあちゃん世代も楽しめる。 思わずクスっと笑ってしまうこのアルバム。ホームパーティやBBQ [全文を読む]

君は「ノストラダムスの大予言」を信じていたか――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその3

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

今だったらあんなオカルトじみた話なんて見向きもされないし、当時ですら、嘉門達夫さんが番組をネタにして「川口浩が洞くつに入る カメラマンと照明さんの後に入る」と歌っているのをみんなで笑っていましたから。でも、85年にテレビ朝日のワイドショー番組「アフタヌーンショー」が起こした「やらせリンチ事件」が社会問題化し、やらせに対する世間の目が厳しくなって「水曜スペ [全文を読む]

キッズに大人気アーティスト参加「天才おばかクラシック」発売!

PR TIMES / 2017年03月21日19時39分

誰もが知る「ちゃらり~ 鼻から牛乳」のフレーズでお馴染!嘉門達夫さんの「鼻から牛乳」を2017年版キッズバージョンにリアレンジカバーした「小さな鼻から牛乳」では、一般から募集したキッズの「あるある面白エピソード」をちりばめています。さらにジャケットイラストを担当したのは、「りんごかもしれない」「もうぬげない」など多くのヒット作を持つ絵本作家ヨシタケシンスケ [全文を読む]

替え歌を歌ってYouTubeに公開…著作権侵害にはならないの?

シェアしたくなる法律相談所 / 2017年02月06日22時00分

ちなみに、替え歌の元祖・嘉門達夫さんは個別に作詞作曲者や管理者に許可とり、許されたものだけをCD化しているそうです。替え歌を作ることも才能ですが、「権利」にも気を配らないといけないのですね。 *取材協力弁護士:弁護士 清水陽平(法律事務所アルシエン。インターネット上でされる誹謗中傷への対策、炎上対策のほか、名誉・プライバシー関連訴訟などに対応。) *取材 [全文を読む]

パーマ大佐「森のくまさん」騒動に見る、お笑い界・パロディ芸人たちの「筋の通し方」とは

日刊サイゾー / 2017年01月29日19時00分

これを受け“元祖替え歌芸人”といえる嘉門達夫の発言が話題となった。嘉門は、替え歌を作るにあたり、トラブル防止のために権利者にきちっと許可を取っているという。 「パーマ大佐のネタは、既存の歌詞に、彼オリジナルのネタを付け足したもの。レコード会社は、訳詞者に許諾願いを出しましたが本人が拒絶。しかし、商品が発売されてしまったことが、訳詞者側が主張するトラブルの [全文を読む]

「爆笑ヒットパレード」のスペシャルゲストが決定!

Smartザテレビジョン / 2016年12月26日16時28分

【第1部~第3部】 MC:ナインティナイン、山崎夕貴アナ、宮司愛海アナ スペシャルアンバサダー:爆笑問題 ゲスト:タカアンドトシ、宮川大助・花子、トレンディエンジェル、博多華丸・大吉、千鳥、ウーマンラッシュアワー、ロバート、ジャングルポケット、ジャルジャル、ライス、銀シャリ、よゐこ、ハライチ、ロッチ、柳原可奈子、サンドウィッチマン、メイプル超合金、テツa [全文を読む]

中央アジア初の万博「2017年アスタナ国際博覧会」"日本館サポーター"『米村でんじろう』さん『桂 歌蔵』さん『モリゾー・キッコロ』が新たに就任しました。

@Press / 2016年12月12日15時30分

これにより、日本館サポーターは計4名となります(日本館サポーター第1号は嘉門達夫さん(シンガーソングライター))。 新たな日本館サポーターをお迎えし、アスタナ博日本館はその魅力を今後も一層発信するとともに、出展に向けた準備を推進してまいります。 <サポーターに就任いただいた理由> 1. 米村でんじろうさん: 2005年「愛・地球博」でのエネルギー教室の出演 [全文を読む]

昨年9月の関東東北豪雨から1年。被災地の茨城県常総市で、水害後初収穫の復興米を使った復興イベント「がんばっぺ常総2016」を2016年10月9日(日)に開催!

DreamNews / 2016年09月23日09時00分

【会場】常総市役所石下庁舎駐車場(茨城県常総市新石下4310-1)【内容】食のイベント・市民のど自慢大会・音楽ステージ 市民のど自慢大会出場者募集中! 申込締切9/30(金) http://ganbappe-joso.com/singing.html【入場】無料【出演アーティスト】SUPER☆GiRLS金野貴明マーティ・フリードマン嘉門達夫ソン・ソルナムL [全文を読む]

“はにわ生主”はに丸がニコ生を炎上させる!?

Smartザテレビジョン / 2016年02月03日05時00分

続いて、“物まね芸人”原口あきまさと“替え歌キング”嘉門達夫に「パクッてるよね?」と大胆に質問。だが、2人から許される“パクリ”があると教わり、パロディーやオマージュについて考え始める。 さらに、パクリ疑惑を追及するネットの“炎上”にも興味津々のはに丸はニコニコ生放送に出演。「どうして炎上させるの?」などの疑問を投げ掛け、リスナーたちと共に答えを見つけて [全文を読む]

西野カナ『A型のうた』にA型女性から賛否両論? 血液型占いの丸写し疑惑も

messy / 2015年11月18日18時00分

嘉門達夫が『血液型ハンバーガーショップ』を軽快に鳴らしていた頃とは時代も変わった。「血液型により人の性格を判断し、差別する“ブラッドタイプ・ハラスメント(通称・ブラハラ)”が問題となっていることも事実としてありますから、『血液型で人を判断するな』と目くじらを立てる人も少なからずいます。『トリセツ』もその歌詞が話題になりましたが、カップリング曲まで注目される [全文を読む]

『会いたい』歌詞改変裁判に小柳ルミ子、小林幸子が戦々恐々?

NEWSポストセブン / 2015年01月29日16時00分

「例えば『替え歌メドレー』で有名な嘉門達夫さんの場合、替え歌を出す際は、すべて歌手や作詞作曲家に許可を得ているし、CMソングの場合は企業にも許可を得た上で歌っています。みんな笑って聴いていますが、替え歌って実は極めて繊細な問題をはらんでいるんです」(別の音楽関係者) 実際、この沢田の騒動を受けて、今、戦々恐々としている大物歌手がいるという。 「小柳ルミ子 [全文を読む]

カオポイント・石橋が伝授する「カラオケ二次会の開始30分必勝術」

週プレNEWS / 2014年10月02日11時00分

つボイノリオ『金太の大冒険』や嘉門達夫『鼻から牛乳』などでウケを狙うのは言語道断! 笑わせることなど考えず、その場の雰囲気を盛り上げられるようにすることこそが本当の勝ちです」 では、トップバッターは何を歌えばいい? 「僕が考える、絶対に失敗のない1曲目。それは関ジャニ∞『ズッコケ男道』です! かけ声がもともと曲の中に入っているため、女性が合いの手を入れやす [全文を読む]

水を差されるとイラッ!「火星座男性」に言っちゃダメなNGワード3つ

WooRis / 2014年05月19日17時00分

」牡羊座男性の芸能人といえば、岩城滉一さん、島田紳助さん、嘉門達夫さん、的場浩司さん、忌野清志郎さん、さだまさしさん、武田鉄矢さんなどです。エネルギッシュで男らしく、チャレンジ精神旺盛な男性のイメージがわきませんか? でも、どこか繊細そうな感じもします。こういった牡羊座男性には間違っても「気が小さいのね」と言わないようにしましょう。■2:「大したことないの [全文を読む]

フォーカス