三橋貴明のニュース

今一番人気のベストセラー経済評論家2名による注目の対談!『これからヤバイ世界経済2016年を読み解く5つのポイント』人気評論家がガチンコ対談で2016年の世界経済を完全予測!!

DreamNews / 2015年12月09日18時00分

『亡国の農協改革』がまたまたベストセラー[松矢1] となった三橋貴明。この人気経済評論家2人による1年半ぶりのガチンコ対談をまとめたのが本書です。今回のテーマはずばり2016年の世界経済。クリミア問題から始まり、AIIBと上海株式市場の暴落、また再燃したギリシャ危機と突如沸き起こった移民問題、中国の台頭に四苦八苦するアメリカ、そしてそうした世界の動きに翻弄 [全文を読む]

難民受け入れから制限へ。ドイツが今も背負い続ける「重い十字架」

まぐまぐニュース! / 2015年09月17日19時10分

無料メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』では、ドイツ国民の「流されやすい気質」を引き合いに出しつつ検証しています。 奔流 本日はこちらのニュース。 ● ドイツが国境で検問開始…入国殺到で非常措置 中東から難民らが欧州に押し寄せている問題で、ドイツは13日、難民らの主要な入国ルートとなっているオーストリアとの国境で検問を始めると発表した。 受け入れ態勢の [全文を読む]

「戦後」はまだ続くのか? 安倍談話が触れなかったこと

まぐまぐニュース! / 2015年08月19日19時50分

安倍首相の戦後70年談話について、「さまざまな制約の中かなり頑張った」とするのは無料メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の執筆陣の1人で作家の佐藤健志さん。しかしその一方で、「いささかキレイゴトすぎる」とも指摘しています。 安倍談話が触れなかったこと 8月14日、戦後70年を記念した「安倍談話」が発表されました。反応は(当然ながら)賛否こもごもといった [全文を読む]

日本の農業は本当に補助金漬けなのか? デマで進められる亡国の農協改革

まぐまぐニュース! / 2015年08月03日19時00分

そんな衝撃の事実が無料メルマガ『三橋貴明の「新」日本経済新聞』に記されています。農業産出額に対する農業予算の割合に至っては、日本は27%、アメリカはなんと65%。こんな事実を隠してTPPや農協改革が進められていると三橋氏は警告します。 農家は補助金漬け? ●日本ほど農業を保護していない国はない●続 日本ほど農業を保護していない国はない 別に、農協改革(とい [全文を読む]

アベノミクスに緊急オペ!? 「G0.5の世界」5月21日発売

PR TIMES / 2014年05月21日10時34分

著者は人気ブログランキング(注1)で政治面総合1位を誇り、数々のメディアにも出演する三橋貴明氏。メディアが伝えていない真実と経済の最新の動きが凝縮された日本経済に鋭くメスを入れた一冊です。 (注1)人気ブログランキング・政治ブログランキングより(2014/05/16現在) ●アベノミクスは今どうなっている? ●消費税増税により国民の生活はどう変わる? ●2 [全文を読む]

『投資力を磨く』日本ユニコム特別感謝DAY講演会2015~三橋貴明氏、若林栄四氏、川合美智子氏、早見雄二郎氏ら競演~

DreamNews / 2015年08月06日16時00分

三橋貴明氏、若林栄四氏、川合美智子氏、早見雄二郎氏らが競演の豪華な内容。ユニコムセミナーご愛顧への感謝を込めて10月3日内幸町イイノホールに500名様を無料ご招待(要事前申込み)「この秋、自分史上最強の投資家になる!」全ての個人投資家の方々の体幹を刺激する特別仕立ての講演会。三橋貴明氏、若林栄四氏、川合美智子氏、菊川弘之、早見雄二郎氏と各分野のエキスパート [全文を読む]

西尾幹ニ責任編集!移民問題のエキスパートが日本の移民政策に警鐘を鳴らす! 『中国人国家ニッポンの誕生』

DreamNews / 2014年12月01日09時00分

五氏は、評論家の関岡英之氏、ノンフィクション作家の河添恵子氏、元警視庁北京語通訳捜査官の坂東忠信氏、経済評論家の三橋貴明氏、産経新聞社論説委員河合雅司氏で、いずれも現代における移民問題、そしてその楽天的開放政策に強い懐疑を抱く代表的論客であり、エキスパートです。本書は、西尾氏ならびに五氏がそれぞれジャンルの異なる観点から、移民問題を論じ、日本の移民国家に警 [全文を読む]

「日本は超格差社会への道」と指摘する森永卓郎氏が選ぶ3冊

NEWSポストセブン / 2012年01月02日07時00分

(1)『ショック・ドクトリン 上・下』(ナオミ・クライン/岩波書店) (2)『サムスン栄えて不幸になる韓国経済』(三橋貴明/青春出版社) (3)『日本再生を妨げる売国経済論の正体』(上念司/徳間書店) * * * リーマンショックで瀕死の重傷を負った投機資金が、その後の金融緩和で息を吹き返し、欧州で大暴れをしている。彼らが過ぎ去った後に残されるのは、福祉 [全文を読む]

三橋貴明氏「日本経済復活のため、中国は不要と断言せよ」

NEWSポストセブン / 2017年02月07日16時00分

新刊著書『中国不要論』(小学館新書)が話題の経済評論家・三橋貴明氏に話を聞いた。 * * * 一部の新聞やテレビなどの大手メディアや数多くの言論人の中には、『日本経済は中国に依存している。だから、中国を刺激してはいけない』などというレトリックを使うが、明らかなミスリードである。対中輸出依存度は2.8%に過ぎない。そもそも、日本は中国に依存などしてはならない [全文を読む]

中国GDP成長率6.9%と発表も実際は-2~3%と三橋貴明氏

NEWSポストセブン / 2016年03月21日07時00分

しかし経済評論家の三橋貴明氏は、GDPをはじめとする中国の経済統計の数字は「全く信用ならない」と指摘する。その統計の驚くべきカラクリとは。 * * * 今年1月19日、中国の2015年の実質GDP(国内総生産)成長率は、前年に対して6.9%増と発表された。輸入が同14.1%減であったにもかかわらずだ。輸入がこれだけ減っていながら、GDPだけが6.9%も伸び [全文を読む]

ユネスコ遺産登録の南京大虐殺の真実から安倍政権の今後まで徹底検証!『言志vol.5』TV「チャンネル桜」責任編集 日本にとことんこだわる「大人の言論マガジン」第5弾!!

DreamNews / 2015年12月09日17時00分

その他にも「国土強靭化」でGDP600腸炎達成を訴える藤井聡京大教授の提言や、ビッグバンの謎に迫る巨大な加速器「リニアコライダー」について評論家の三橋貴明氏がレポートするなど内容は盛りだくさん。日本の明日を考えるヒントが満載の1冊です。<本書の内容> 【安倍政権今後三年への提案】 青山繁晴、高山正之、日下公人、高橋洋一、小堀桂一郎、小川榮太郎、伊藤貫、クラ [全文を読む]

中国経済崩壊で「韓国のデフレ不況突入は確実」と三橋貴明氏

NEWSポストセブン / 2015年12月02日16時00分

このほど中国での現地取材と詳細なデータを読み解いた『中国崩壊後の世界』(小学館新書)を上梓した気鋭のエコノミスト・三橋貴明氏に話を聞いた。 * * *──世界中が注目する中国の現状はどうなのか。三橋:2015年の9月に中国に向かい、大連、オルドス、北京と周り、様々な人々に取材した。特に驚いたのはやはりオルドス。高速道路や高層ビルなど見た目のインフラは異様な [全文を読む]

三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ー“悪魔の公約”外国人移民政策を認めてはならないー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時55分

◆プロフィール 三橋貴明(みつはし・たかあき) 日本IBMなどを経て08年に中小企業診断士として独立。ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」は約100万件中、総合1位(14年5月現在)。単行本執筆、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。 [全文を読む]

三橋貴明の「列島丸わかり」報告書 ー“天使の公約”は日本を確実に反映に導くものだが…ー

アサ芸プラス / 2015年01月10日09時55分

(次回へつづく) ◆プロフィール 三橋貴明(みつはし・たかあき) 日本IBMなどを経て08年に中小企業診断士として独立。ブログ「新世紀のビッグブラザーへ」は約100万件中、総合1位(14年5月現在)。単行本執筆、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。 [全文を読む]

竹中平蔵VS三橋貴明 テレビ討論でカメラを忘れて大激突!

アサ芸プラス / 2014年06月24日09時52分

民間議員を隠れみのにした特定企業への利益誘導を追及されるや、カメラの存在も忘れて激怒したのだった! 5月10日、テレビ愛知「激論コロシアム」で、経済評論家の三橋貴明氏(44)が竹中氏をこう追及した。 「なぜ諮問会議などで民間議員という名の民間の経営者が、自分の会社の利益になるような提案をするのか!」 現在、竹中氏は安倍政権の「産業競争力会議」の民間メンバー [全文を読む]

三橋貴明氏 移民増え日本人5000万人切ったら「日本」でない

NEWSポストセブン / 2014年05月13日07時00分

経済評論家の三橋貴明氏は「日本経済再生に移民は不要」と断言する。 * * * 移民受け入れには断固、反対だ。内閣府の経済諮問会議ワーキング・グループは「少子高齢化で生産年齢人口が減れば経済成長ができない」などと移民受け入れを提唱するが、それは明らかなまやかしだ。生産年齢人口が減っても経済成長はできる。彼らが移民受け入れに積極的なのは、決して「100年後の日 [全文を読む]

TAC株式会社の電子書籍をPHP研究所がKindleストアで配信開始

@Press / 2014年04月25日10時30分

当共同事業の第一弾として、2014年4月25日よりKindleストアにて配信開始タイトルは下記のとおりです ●『モヤモヤOLみなみが教わった「自分を変える」プラットフォーム仕事術』(平野敦士カール[著]) http://www.amazon.co.jp/dp/B00JODGKOY/ ●『経済ニュースの裏を読め!』(三橋貴明[著]) http://www. [全文を読む]

沖縄米軍基地「辺野古移設バトル」に俊英論客4人が剛腕提言(4)経済評論家・三橋貴明

アサ芸プラス / 2014年02月06日09時56分

普天間を見下ろせる山に登ると誰でもわかるのですが、基地が町の真ん中にあるんです。こりゃダメだと。厳密には基地の周りに町ができちゃったんですけど、どう考えてもすぐに移さないといけないというのはわかります。危ないじゃないですか。しかも、あれがあるせいで沖縄では、電車などのインフラを整備することができないのです。 自民党の支持者の中にすら「最低でも県外」と言う人 [全文を読む]

切れ者論客4人が意見!「靖国参拝は是か非か」(1)評論家・三橋貴明

アサ芸プラス / 2014年01月21日09時55分

昨年末に靖国神社を電撃参拝した安倍晋三総理の行動に賛否の議論が噴出している。中国・韓国は関係断絶さえもちらつかせ、緊張が高まった。両国の言い分は内政干渉なのか、はたまた、本当に国益は損なわれたのか。「靖国」と政治の接点で恒常的に起こる問題の本質を4人の論客が鋭くえぐった! 安倍晋三総理(59)が靖国神社を電撃参拝したのは、昨年12月26日のことだった。 翌 [全文を読む]

TPP交渉の裏で、各国首脳が相次ぎ「がん」…根強い米国工作活動説、甘利大臣も被害か

Business Journal / 2014年01月09日14時00分

作家の三橋貴明氏が編集長を務める日刊メルマガ「三橋貴明の『新』日本経済新聞」において、ライターの東田剛氏は、TPP交渉の日本の戦略は失敗しているという。「『米国を手伝って新興国を攻め立てれば、恩に着た米国が、日本の求める関税維持に関して譲歩してくれ、年内妥結もできる』という日本側の凄すぎる大戦略が、あっさり失敗に終わった」。このため、当初目指してきた米国 [全文を読む]

フォーカス