藤本健二のニュース

野田総理はなぜ、横田めぐみさん達を見捨てたのか!?『引き裂かれた約束』 緊急出版

PR TIMES / 2012年11月26日12時25分

北朝鮮中枢の最深部に棲む人々の肉声、平壌近代化の真実、そして日本政府の冷酷を、命を賭けて報告する ---涙なくしては読めない究極のインサイド・ストーリー! 『引き裂かれた約束』著:藤本健二 現在発売中! ■定価 1,575 円(税込) 一介の料理人とはいえ、金正恩氏に最も信頼されている日本人を、なぜ政治家や官僚は使い捨てにしたのか? なぜ日朝の重要なパイプ [全文を読む]

金正男暗殺、素人女性を利用する手口は「陸軍中野学校」の模倣だった!?

週プレNEWS / 2017年03月06日06時00分

加えて金正日の料理人の藤本健二さんが著書で書いているんですが、金正日は身の回りの人が何かいい功績を立てるたびに「おまえは本当に中野(陸軍中野学校)出身だな」と言って褒(ほ)めたといいます。 また、彼はいつも市川雷蔵主演の『陸軍中野学校』の映画を見こんでいたようですし、今回の金正男暗殺はその映画の中の世界がそのまま現実になったような事件です。 つまり、北朝 [全文を読む]

外交で孤立する北朝鮮、頼みの綱は日本人コック?=韓国ネット「まるでコメディー」「孤立に追い込まれているのは韓国も同じ」

Record China / 2017年03月03日16時40分

2017年3月3日、韓国・中央日報によると、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙・朝鮮新報は先月28日、故金正日総書記の専属料理人として知られる藤本健二氏が平壌に「平壌ラーメン屋」を開業したと報道した。これまで藤本氏について言及してこなかった北朝鮮当局が突然ニュースにした背景に注目が集まっている。 藤本氏が北朝鮮メディアに登場したのは今回が初めて。藤本氏 [全文を読む]

安否不明から日本料理店開業「金正日の料理人」に韓国接近か

NEWSポストセブン / 2017年03月01日16時00分

「金正日の料理人」こと藤本健二氏の周辺がにわかに騒がしくなっている──。藤本氏は先日、北朝鮮・平壌市内に日本料理店『たかはし』をオープンした。訪朝して同店を訪れたA氏が言う。 「店は約10畳の広さで、藤本さん以外に現地(北朝鮮)従業員2人で切り盛りしていた。出前の注文なども舞い込み、店内は活気に溢れていました。 藤本さんに“日本の家族に連絡してる?”と聞く [全文を読む]

本邦初! 「北朝鮮オリジナル袋めん」食ってみた!

日刊サイゾー / 2016年12月17日15時00分

「金正日の料理人」こと藤本健二氏が、近く平壌市内にラーメン店を出店する計画があるという。藤本氏は現在、開店準備に追われているというが、「開店すれば行列は必至」(在日朝鮮人のビジネスマン)というほど、北ではラーメンブームの予兆があるという。理由は、即席めんの普及だ。北の即席ラーメン、いったいどんな味がするのか? 某所で極秘入手し、試食してみた。 北朝鮮の名物 [全文を読む]

<コラム>平壌にすし店オープン!北朝鮮で食べるすしはどんな味?

Record China / 2016年10月16日19時30分

平壌ですしといえば、「金正日の料理人」(扶桑社)の藤本健二氏。近々平壌にラーメン店を開店するという。彼の著書によれば金正日総書記はトロを好み、ネタの買い付けのために何度も築地を訪れていたという。かつては高麗ホテルの中にすし屋があったとも聞く。すし屋のネタケースのようなものが残っていたのを私も2010年に見た記憶がある。 今回のすし屋のオープンは冷凍と輸送技 [全文を読む]

北朝鮮で“金正恩の肝いり”回転寿司店オープンも「北で生モノを食べたらエラいことになる」!?

日刊サイゾー / 2016年09月14日22時00分

北朝鮮で寿司といえば、「金正日の料理人」の藤本健二氏が有名だが、関係者によると、この食堂には関わっていないという。 「とにかく、生モノは食べないほうがいい。エラいことになるよ」と語るのは、中朝を頻繁に行き来する貿易関係の会社に勤務する男性。北では宴席で刺し身や貝、ユッケといった生モノでもてなされ、そのたびに深刻な腹痛と下痢に襲われた。 「日本で腹を壊すの [全文を読む]

金正恩第1書記、5月の労働党大会後に平和攻勢に転換か=市場経済化進みプラス成長続く―北朝鮮情勢に詳しいボーン・上田賞受賞者

Record China / 2016年04月27日04時50分

◆米バスケット選手と藤本氏しかいない! 金正恩氏にとって不幸は、西側に本当の意味で理解してもらえる人が、米バスケット選手(デニス・ロッドマン氏)と金正日総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏(仮名)しかいないことだ。以前は金日成氏とカーター元大統領、宇都宮徳馬氏は信頼関係があった。クリントン大統領がピンポイント攻撃しようとした際に、カーター氏が動いて戦争を [全文を読む]

北朝鮮の故・金正日総書記の元専属料理人、藤本健二さん出演

PR TIMES / 2016年04月26日19時26分

本日(26日・火)、北朝鮮の故・金正日総書記の元専属料理人、藤本健二さんが出演しました。 藤本さんは今月中旬から北朝鮮を訪問し、25日に帰国。金正恩第一書記と直接面会したそうです。 ※裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火さんがインタビューした内容は、以下 -------北朝鮮に行った目的は? 目的を持っているのは正恩氏の方でしょう。 -------どういうことをや [全文を読む]

北朝鮮・金正恩の唯一の友人、藤本氏が極秘訪朝!秘められた目的は?寿司握ったのか?

Business Journal / 2016年04月24日10時00分

北朝鮮元総書記の故・金正日の専属料理人として知られる藤本健二氏が4月23日午後、中国・北京空港で目撃された。北朝鮮・高麗航空に搭乗し、平壌から戻ってきたところだったという。 藤本氏は、2001年まで金正日氏の専属料理人として平壌で働き、同氏をはじめとする北朝鮮のロイヤルファミリーを間近で見てきた。そして、12年の7〜8月には、同氏の三男で現第一書記・金正恩 [全文を読む]

【北朝鮮拉致事件】日本人女性看護師失踪には“将軍様の好み“が関係していた?

tocana / 2015年08月31日13時00分

北朝鮮で金正日総書記の料理人を務めた藤本健二氏の著書には、高英姫氏が寝る間を惜しんで夫の書類整理を手伝うなど、かいがいしい姿が記されている。こうした姿から、金総書記が日本育ちの女性、特に看護師のように骨身を惜しまず働く人物に好意を抱いていたとしても何ら不思議ではない。そして、そうした金総書記の姿を見た部下たちからすれば、日本人の看護師はさぞかし理想の女性 [全文を読む]

アントニオ猪木、デヴィ夫人も御用達 火災報道の平壌・高麗ホテルはこんなに危なかった!

日刊サイゾー / 2015年06月15日19時00分

朝鮮料理のほか、各国の民族料理や洋食、また故・金正日総書記の専属料理人だった藤本健二氏が勤務していた日本料理のレストランも地下にある。今回の火災は火元が一部報道で「上層階」としているが、ツインタワーのてっぺん部分は回転展望レストランになっており、ここの厨房が出火元になった可能性もある。 案内書にはさらにプール、映画館、土産物店、写真店、書店、ジム、マッサー [全文を読む]

issue+design、千葉県銚子市民と共に制作【銚子の魅力的な人々に出会うガイドブック『銚子人』】発売

DreamNews / 2015年03月19日10時00分

▼出版記念トークイベント登壇者・力武若葉 会社員(銚子人制作コアメンバー)・小足雄高 銚子市役所(銚子人制作コアメンバー)・藤本健二 会計事務所経営(銚子人制作コアメンバー)・大川武輝 フリーデザイナー(銚子人制作コアメンバー)・関 健作 ブータン写真家(銚子人カメラマン)・白木 彩智 issue+design(銚子人編集統括) イベントの詳細/申し込みは [全文を読む]

北朝鮮で“闘魂”再び! 1995年、伝説の「平和の祭典」とはなんだったのか?

週プレNEWS / 2014年08月29日06時00分

“将軍様の料理人”藤本健二氏だ。日朝貿易の商社の仲介で、料理の技術を伝える指導員として82年に北朝鮮に渡った。88年からは金正日(キム・ジョンイル)の専属料理人になり、将軍一家に間近で接してきた。 「将軍は猪木さんの試合を現地で観ていますよ。あの日はね、いつも通り19時に食事会が始まった。20時頃からバカラ賭博が始まり、21時頃に秘書室の人間が『将軍様、そ [全文を読む]

北朝鮮拉致問題が前進か? 横田めぐみさん両親が孫と初面会 by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年03月17日15時00分

ちなみに最近、金日成の料理人の藤本健二氏の姿をメディアで見かけなくなった。一時期、北朝鮮関連の話題を好んで取り上げるワイドショーでは引っ張りだこだったが、今はどうなのか。以前、歌舞伎町ゴールデン街でたまたま一緒になったときの印象は、「怪しい」の一言だった。あくまで個人的な感想だが。 Written by 久田将義(東京ブレイキングニュース編集長) 【注目 [全文を読む]

張成沢氏の粛清引き金 宴会で取り巻きが「万歳!」の痛恨ミス

NEWSポストセブン / 2014年01月16日07時00分

最高級の料理や酒が並ぶ贅沢ぶりは、金正日の料理人・藤本健二氏の証言によって明らかになっている。 しかし当然のことながら、北朝鮮当局が、その事実を認めたことはないし、認められるはずもない。多くの国民が飢えに苦しむ中での贅沢三昧を明かすことは、あの国における最大のタブーなのだ。 そんな禁忌に触れていることからも、当局者の話が相当に踏み込んだものであることがわか [全文を読む]

ナンバー2失脚の北朝鮮。金正恩体制で権勢を増す美貌の妹・金ヨジョンとは?

週プレNEWS / 2013年12月20日10時00分

金総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏によれば、食事の際は必ずヨジョンを自分の隣に座らせるほどのお気に入りぶりだったという。ただ、その容姿や経歴はベールに包まれていた。 前出の韓国情報機関関係者が続ける。 「金ヨジョンの“デビュー”は11年12月です。金総書記の葬儀の席で、金正恩のすぐ後ろに立つ姿が確認されました。1987年生まれで、細面のなかなかの美貌の [全文を読む]

元金正日専属料理人「北朝鮮にラーメン屋開きグルメ教えたい」

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時00分

北朝鮮にラーメン屋を開業することです」――そう語るのは、金正日の専属料理人として知られる藤本健二氏である。藤本氏が彼の地への思いを明かした。 * * * まだ金正日ファミリーの専属料理人だった時、食材探しでたびたび訪れていた東京・築地市場に、懇意にしているラーメン屋があります。その北朝鮮支店を出したいと思っています。 最初に言っておきますが私は何も無謀な挑 [全文を読む]

人間・金正恩 歌手略奪とスイス留学時代の『恥』成績(1)

アサ芸プラス / 2012年05月29日10時57分

朝鮮総連関係者によると、北朝鮮内では、 「泣き叫ぶ5歳の正恩氏に乳母がトンボを手渡すと、正恩氏は羽を引き裂き、機嫌を直した、という荒々しい気性を物語るエピソードが伝わっています」 北朝鮮で13年間、金総書記の専属料理人を務めた藤本健二氏は当時、正恩氏と一緒に生活していた。その証言は具体的で、今でも一級の内容だ。 91年、正恩氏は他人名義のブラジル旅券を使 [全文を読む]

関東風ウナギ初めて食べた金正日氏 「Vだ!」と大喜びした

NEWSポストセブン / 2012年04月25日07時00分

北朝鮮で長年にわたり金正日の専属料理人を務めた藤本健二氏。その藤本氏が金正日の「食卓事情」について語った。 * * * 私は1989年から2001年まで将軍に専属料理人として仕えました。食通の将軍でしたが、日本の寿司をお出ししたのは私が初めてです。 食材を集めるため、年2回は築地に行きました。マグロ1匹を丸ごと買ったことも2度ほど。ウニなんかは1枚1万以上 [全文を読む]

フォーカス