藤本隆宏のニュース

水泳の元五輪代表・藤本隆宏 大河俳優までの苦難の道のり

NEWSポストセブン / 2016年08月03日11時00分

バルセロナ五輪の400メートル個人メドレーで日本人初の決勝進出を果たした藤本隆宏(46)はなぜ、縁もゆかりもない世界に飛び込んだのか。 「記録が伸び悩み、第2の人生について考えていた頃、ミュージカルを観に行き、挑戦したいと思ったんです」 アトランタ五輪を目指しつつ、1995年秋に劇団四季のオーディションに合格。代表選考会に落選すると、俳優1本に絞った。 そ [全文を読む]

サービスの組織力向上の3つの観点 (3) 【連載サービスサイエンス:第26回】/松井 拓己

INSIGHT NOW! / 2017年04月18日00時00分

サービスの組織力向上の観点の2つ目と3つ目は、東京大学の藤本隆宏教授が提唱されている、産業は情報を“転写”するビジネスであるという「情報転写モデル」をヒントにしてみようと思います。この情報転写モデルでは、製造業では「製品の設計情報を素材に転写することで価値を生み出している」とされています。つまり、自動車メーカーであれば、開発部門が作った自動車の設計情報を、 [全文を読む]

亀田大毅、バラエティ番組で出演した「再現VTR」の演技力に絶賛の嵐

アサ芸プラス / 2017年04月04日09時58分

元・水泳選手で、ソウルオリンピックやバルセロナオリンピック出場の経歴を持つ藤本隆宏は、その後「劇団四季」に入団。持ち前の身体能力を活かし、ミュージカル俳優に転身。ヒットドラマ「JIN-仁-」では、西郷隆盛役を演じるなど活躍しています」(事務所関係者) 他にも元・プロボクサーの赤井英和、元・バレーボールで実業団選手出身の江角マキコなど、スポーツ選手出身で役者 [全文を読む]

『西郷どん』の配役発表 過去には西田敏行から響・長友まで

しらべぇ / 2017年03月29日10時00分

大きな評判を読んだTBSドラマ『仁』では、オリンピックの水泳日本代表でもあった藤本隆宏が西郷役に抜擢された。また、異色の幕末ドラマとして知られる日本テレビの『竜馬におまかせ!』でも西郷が登場するが、そこでは小倉久寛が「ジャズにハマった西郷」を演じているのだ。これがテレビドラマではなく舞台になると、より自由な西郷像を観ることができる。去年公演されていた『瞑る [全文を読む]

最終回にきてまさかのコラボも!? 鹿島の大奮闘で数字は伸び悩むも感動の完結を迎えた『真田丸』第50話「最終回」レビュー!

おたぽる / 2016年12月21日11時00分

高梨内記(中原丈雄)も、堀田作兵衛(藤本隆宏)も、物語序盤から登場し続けてきたキャラクターだし、内記が敵に倒された際には昌幸(草刈正雄)の位牌が転がり出るし、作兵衛の最後のセリフが「すえ、梅……」という妹と姪っ子の名だったりと、グッとくるシーンになっていた。 [全文を読む]

黒川ティム(PrizmaX)、14年ぶりに舞台出演決定!

okmusic UP's / 2016年11月26日17時00分

■舞台『「シェイクスピア物語」~真実の愛~』演出:佐藤幹夫 脚本・上演台本:元生茂樹、福山桜子 東京・大阪公演主催:「シェイクスピア物語」公演実行委員会 名古屋公演主催:中日劇場 ■出演 上川隆也//観月ありさ//五関晃一/藤本隆宏/小川菜摘/和泉崇司、嶋尾康史、松尾敏伸、黒川ティム、我善導、小林亮太/大坪貴史、岡島翼、西山康平、山口のりとも、優志/黒田こ [全文を読む]

脚本家、若手俳優…NHK「ドラマ10」が大人の女性にウケるワケ

WEB女性自身 / 2016年11月23日06時00分

窪田正孝さん、永山絢斗さん、藤本隆宏さんといった男性俳優の発掘もうまい。『セカンドバージン』の長谷川博己さんのように脚本家が抜擢することもありますよね。ドラマ10には 新しい星 に目をつける楽しみがあるんです」 ■過激な設定も大人のおとぎ話に 「大人の魅力で支持を得る女優さんが、大人の色気がある男性と恋に落ちる しかもその設定が過激です。『コントレール』で [全文を読む]

故・平幹二朗さん、悠々自適の晩年だった「行きつけのイタリアンで、いつもワインを……」

日刊サイゾー / 2016年11月03日09時00分

ライバルは藤本隆宏さんとか、甲本雅裕さんあたりですが、これを機に、一皮むけてくれたらいいですね」(テレビ局関係者) 天国の父親を、うならせることができるか? [全文を読む]

SMAP・木村拓哉、NHK大河“西郷隆盛”役は無謀!? 地元民に受け入れられない理由

サイゾーウーマン / 2016年10月24日09時00分

そのため、ネット上ではすぐに主演の予想合戦が繰り広げられ、鈴木亮平や藤本隆宏など、肉体派で男らしい俳優の名前が挙がっていました」(同) さらに、西郷どんの出身地・鹿児島にも“祝・大河”ムードが広まっていて、9月25日付の「南日本新聞」では「西郷さんにぴったりの俳優は?」というアンケート結果を公開。同紙によれば、回答者153人から最も票を集めたのは、1990 [全文を読む]

兄上“信之”と、頼もしすぎる舅・本多平八郎が熱い! そしてさらば三成&大谷……『真田丸』第37話「信之」レビュー!!

おたぽる / 2016年09月20日23時00分

何だかんだいって昌幸との夫婦仲は良かった薫(高畑淳子)、兄弟の姉・松(木村佳乃)とその夫・小山田茂誠(高木渉)、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)、堀田作兵衛(藤本隆宏)といった面々は、信之と行動をともにすることに。 昌幸、信繁と行動をともにするのは、高梨内記(中原丈雄)、あとは春(松岡茉優)、きり(長澤まさみ)といったところ。これまで一緒だった面々が分かれていく [全文を読む]

長野・上田「真田丸」特別展に真田家臣団が集合!

Smartザテレビジョン / 2016年07月02日21時00分

7月2日から長野・上田で開催されている「2016年NHK大河ドラマ特別展『真田丸』」のオープニングセレモニーに、大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で真田家の家臣・堀田作兵衛を演じる藤本隆宏、矢沢三十郎頼幸を演じる迫田孝也、河原綱家を演じる大野泰広が登場した。 同特別展は、先日まで東京・両国の江戸東京博物館で行われ、最終的には11万人を超える大入りとなっ [全文を読む]

松本潤主演『99.9』第7話は“ミステリー”から“サスペンス”へ 斑目法律事務所はどう結託したか

リアルサウンド / 2016年06月05日10時13分

志賀を演じている藤本隆宏という俳優、弁護士らしからぬ体格でなかなか目を引く存在感があるが、元々は水泳のオリンピック選手だったというのだからかなり異色なキャリアを持った俳優だ。これまであまり意識していなかったが、舞台を活動の中心とし、最近では大河ドラマ『真田丸』や、前クールに放送された『フラジャイル』での救命医役など映像演技でも急激に注目を集めている存在だ [全文を読む]

「真田丸」展に作兵衛と“元祖歴ドル”が登場!

Smartザテレビジョン / 2016年04月28日23時20分

東京都江戸東京博物館で4月29日(金)から開催される「2016年NHK大河ドラマ特別展『真田丸』」の報道内覧会と開会式が行われ、「真田丸」(NHK総合ほか)に出演中の藤本隆宏と、“元祖歴ドル”(歴史好きアイドル)の小日向えりが出席した。 「真田丸」は真田幸村こと信繁(堺雅人)を主人公に、周囲を大大名に囲まれた真田家が、家族の絆と機転を武器に戦国の荒波を渡る [全文を読む]

美人女優たちが共艶!NHKドラマはこんなに大胆!(3)広末涼子も禁断の関係を演じ…

アサ芸プラス / 2016年03月06日09時57分

井川遥(39)が扮する玉木黎は、飛行機事故で両親を亡くすが、同じ事故で妻を失った財務官僚の澁澤一成(藤本隆宏)と出会う。藤本には成人した長男と次男がいたが、結婚して一緒に暮らすことになった。 そんなある日、夫は長男が井川に恋心を抱いていることに気がつく。それに嫉妬した夫は、井川をベッドに押し倒した。裸の状態で乳房が枕に押しつけられ、執拗にいたぶるような愛 [全文を読む]

嵐・松本潤&榮倉奈々 vs 芦田愛菜&シャーロットの「日9」戦争が勃発!

日刊サイゾー / 2016年02月29日09時00分

そのほか、岸部一徳、奥田瑛二、青木崇高、片桐仁、マギー、渡辺真起子、馬場徹、藤本隆宏らが出演。演技初挑戦となるマギーの演技力がどれほどのものかにも、注目が集まる。 日曜劇場枠は近年、『JIN‐仁‐』『半沢直樹』『天皇の料理番』といったヒット作を数多く生んできた。前期の『下町ロケット』(阿部寛主演)も全話平均18.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同) [全文を読む]

堺雅人「信州でなければ起こり得なかった物語」

Smartザテレビジョン / 2015年09月05日21時37分

ことし3回目の上田だという堀田作兵衛役・藤本隆宏は、「3回とも来た瞬間に鼻水が出るんですね。長澤さんにも会った瞬間に『鼻水先輩』と呼ばれるくらいで。多分、空気がおいしくて、反応しているんだと思うんですよ!」と上田の空気のきれいさを熱弁。これには、堺も「空気が良くて鼻水が出るってどういうことですか!?(笑)」と大笑いだった。 堺は、そんな撮影の舞台・信州に [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

さらに、会見には欠席したものの、信繁の伴侶・きり役に長澤まさみ、信繁の初恋の相手・梅役に黒木華、信州の豪族・室賀正武役に西村雅彦、信繁を慕う地侍・堀田作兵衛役の藤本隆宏の出演も発表された。 堺にとって3度目の大河となる「真田丸」は、信濃の一領主に過ぎず大きな力を持たない真田家が、生きる延びるため戦国の荒波に立ち向かっていく物語。信繁のライバルとなる戦国武 [全文を読む]

miwaらが出演のオリンピックコンサートを放送

Smartザテレビジョン / 2015年07月03日19時39分

司会は藤本隆宏、指揮を梅田俊明が務め、ゲストオリンピアンに上村愛子、宮下純一が登場。 さらに来年のリオ五輪、そして2020東京五輪を目指すアスリートたちが集いスクリーンに投影される感動の名場面を壮大なオーケストラが盛り上げた。 さらにスペシャルゲストとしてmiwaが出演し、スポーツと音楽の融合を通してオリンピアンたちの素顔が見られる貴重な舞台となった。 [全文を読む]

え?あの人も元スポーツ選手!?スポーツ選手がタレントとして活躍するポイントとは?

日本タレント名鑑 / 2015年06月23日10時55分

劇団四季出身の俳優、藤本隆宏さんも水泳のオリンピック代表です。アトランタオリンピックのための留学中にミュージカルを見て感動。卒業後にそのまま俳優になった異例の人です。『坂の上の雲』に軍人役で出演したことからドラマ進出し、『家族狩り』や朝ドラ『花子とアン』などでキーパーソンとなる人物を演じられています。 「スポーツにひたすら熱中」一生懸命が評価される。 ち [全文を読む]

杏「犬の散歩をしていた」三谷幸喜との意外な交流を告白!

WEB女性自身 / 2014年09月14日23時00分

嵐の二宮和也(31)、杏(28)、玉木宏(34)、沢村一樹(47)、藤本隆宏(44)の5名が三谷作品に初出演することが明らかになった。原作は’34年に発表されたアガサ・クリスティーの代表作。欧州を走るオリエント急行を三谷が昭和初期の日本の豪華寝台列車に置き換えて描き、2夜連続で放送される。三谷作品への出演は‘06年のドラマ『古畑任三郎ファイナル ラスト・ダ [全文を読む]

フォーカス