森脇浩司のニュース

予想が当たれば成績好調に!? 競馬予想とプロ野球のただならぬ関係

デイリーニュースオンライン / 2015年05月02日10時50分

422日ぶりの勝利を挙げ、日本シリーズでも1勝を挙げる 森脇浩司(オリックス監督)→リーグ2位の大躍進 牧田和久(西武)→8勝9敗。1年通してローテを守る 和田豊(阪神監督)→日本シリーズ進出 不的中 小川泰弘(ヤクルト)→打球を右手に受け骨折し、4~7月の間、長期離脱。2ケタ勝利ならず サブロー(ロッテ)→開幕スタメンを逃し、最終的に打率.248 内海哲 [全文を読む]

“鬼門”東京Dの巨人戦で3連勝!チームを支えたオリファンの声援

ベースボールキング / 2017年06月05日18時30分

2010年以降になると、T-岡田の連日本塁打、寺原隼人の四球、坂口智隆の負傷退場、4時間48分の死闘劇、森脇浩司監督休養発表後の3連敗などなど、東京ドームに詰めかけたファンは、チームとともに幾多の喜怒哀楽を共有してきた。 大半のファンは「東京ドームの巨人戦は勝てないんだよなぁ…」と思いつつ、「でも巨人ファンに囲まれた東京ドームで、巨人に勝ったときの喜びは [全文を読む]

セ・パ最下位の中日とロッテ――交流戦での確変はあるか?

週プレNEWS / 2017年05月29日06時00分

今年の中日は森脇浩司内野守備走塁コーチを招聘し、機動力野球を目指したのですが、オープン戦から盗塁死や目を覆うような牽制死が目立った。 要は、機動力野球を体現できる選手がいなかったんです(苦笑)。首脳陣がようやくそれに気づき、落ち着いて打たせるようになってから、打線もつながり始めました」(地元テレビ局担当記者) 身の程を知った竜の逆襲はあるか? ◆本日発売の [全文を読む]

江本孟紀、金村義明、岡田彰布がプロ野球順位予測に挑む

NEWSポストセブン / 2017年04月06日07時00分

攻撃は土井正博、森脇浩司両コーチに任せて、投手出身の監督が投手陣をしっかり見れば、一発逆転もあり得ると思います」 ●各氏の順位予測 【江本孟紀氏】 セ・リーグ(1)巨人(2)阪神(3)広島(4)ヤクルト(5)DeNA(6)中日 パ・リーグ(1)ソフトバンク(2)オリックス(3)日本ハム(4)ロッテ(5)楽天(6)西武 【金村義明氏】 セ・リーグ(1)巨人( [全文を読む]

広島、日ハムに見る「Vの条件」【二宮清純スポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年03月06日07時35分

走塁改革の先頭に立つのがヘッドコーチの森脇浩司だ。オリックスの監督を務めたこともある森脇は2014年、巨人2軍守備走塁コーチも務めた。前年、巨人2軍の盗塁数は60。それを約2.5倍の152まで増やしたのである。疑わしきは沈め――。これが森脇の指導方針だ。 「もし一塁まで戻りかけたところで、ピッチャーが本塁に投げ、バッターがボテボテの三遊間のゴロを打ったとす [全文を読む]

中日・落合GM「1月末クビ」決定と「鎌倉デート」の真相(2)別の女性といるところを目撃された?

アサ芸プラス / 2016年12月11日05時56分

作戦面も担当する森脇浩司内野守備走塁コーチ(56)の招聘も、落合氏が介在した形跡はありません」(中日新聞関係者) こうして着々と外堀が埋められる中、落合氏は実質的にはその任を降りた形なのだという。球団関係者が語る。「本人もうすうす察していると思いますよ。来季以降も契約を延長するのであれば、この時期にはもう打診があるはずですからね」 だからなのか、こんな仰天 [全文を読む]

オリックス「完全最下位」に大低迷!不名誉な成績にファンの反応は…

しらべぇ / 2016年09月30日20時00分

当時の森脇浩司監督が責任をとりシーズン序盤で解任されると、福良淳一ヘッドコーチが監督代行としてチームを立て直しに着手したが、5位に終わる。一時はイチローや田口壮氏が監督候補にあがったが、結局福良代行が監督昇格。今シーズンの巻き返しが期待されていた。■シーズン序盤から低迷し完全最下位にモレル、ボグセビックに加えドラフトで大学ナンバーワン打者の吉田正尚、近藤大 [全文を読む]

【プロ野球】がんばれ谷繁!シーズン途中の監督解任から復活した男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年08月13日20時13分

昨年はオリックス・森脇浩司監督がチーム不振の責任を取って、6月から休養。現在はシニアアドバイザーになっており、一線から退いた形だ。 2014年に西武で途中解任された伊原春樹監督も、いまだに指導者としての復帰を果たしていない。かつては名参謀と呼ばれた男だが、やはり途中解任のイメージが払しょくされていないということだろうか。 2012年9月にシーズン終了を待た [全文を読む]

プロ野球開幕「怒号と失笑のドタバタ事件」ロケットスタート!(4)楽天がオコエを2軍に行かせないワケ

アサ芸プラス / 2016年04月17日17時56分

昨年も6月上旬に森脇浩司前監督(55)を途中休養させ、福良監督を昇格させたが、球団スタッフは、いつ宮内義彦オーナーの強権が発動されるのかとビクビクしている。「途中休養した場合の代理監督は西村徳文ヘッドコーチ(56)か、田口壮二軍監督(46)。西村ヘッドはロッテの元日本一監督ですし、田口二軍監督の評判も悪くない。恐らく西村ヘッドが有力でしょうが、その場合には [全文を読む]

2015年プロ野球を総括“覆面スクープ座談会”(3)「日本一の工藤・ソフトバンクに不穏な動きアリ?」

アサ芸プラス / 2015年12月31日17時56分

その噂を聞きつけたからか、森脇浩司前監督(55)の士気まで落ちていったとも‥‥。──いずれにせよ、イチローのようなスーパースターになる次代の主力選手が2016年の日本球界で大きな話題を作ってくれることを期待したいですね。 [全文を読む]

球界に影響するNHK人脈 星野仙一氏や梨田昌孝氏、与田剛氏

NEWSポストセブン / 2015年10月08日07時00分

すでに次期監督には、球団のスポーツ・コミュニティー・オフィサーという役職を与えられている稲葉篤紀氏が内定しているとされています」(日本ハム担当記者) 反対に早くから監督の辞任が決まったのは、シーズン途中で休養したオリックスの森脇浩司監督と、自ら辞任表明を行なった楽天・大久保博元監督の2人だ。 楽天では、GM就任が予想される星野仙一氏が中心になって後任人事が [全文を読む]

セの二冠王・畠山の球宴落選にあの人たちが憤慨していた

週プレNEWS / 2015年07月15日06時00分

井口資仁(ただひと)、森脇浩司の「世界一顔の濃い一、二塁間」にサードはホークスの男前、マッチこと松田宣浩(のぶひろ)。 「ワイルドで男らしいけど、これがネコ…いや、リバって線もあるかも」(毛さん) ショートはMLBのムネリンが圧倒的支持でのインサート! 「イチローを見るあの目はホンモノよ」(菊一さん) 一方のセは、ガッツこと小笠原道大(みちひろ)がなんとキ [全文を読む]

プロ野球各球団の開幕ダッシュを阻んだ「大誤算戦犯」は誰?(3)大補強で優勝候補だったオリックスが…

アサ芸プラス / 2015年04月22日05時56分

糸井のモチベーションを下げていますね」(スポーツライター) 森脇浩司監督(54)も頭が痛いだろう。 戦前はオリックスとともに「2強」との声が高かったソフトバンクも、圧倒的な戦力で突っ走るかと思いきや、貯金を作るのに四苦八苦している。 中でも戦犯は、右肩筋疲労を理由にノースロー調整となっている、年俸4億円の元メジャーリーガー・松坂大輔(34)である。なんと、 [全文を読む]

一触即発!封印されたセ・パ監督「重大ハプニング」(3)楽天・デーブの松井“抑え転向”発令の行方

アサ芸プラス / 2015年03月03日09時56分

ところが、 「気を遣っているのか、森脇浩司監督(54)が、太めでキャンプインした中島裕之(32)に何も言えないんです。本来ならしぼらないといけないのに練習も足りない。『下半身を作れ』と言うべきです。特に守備難は西武時代から言われていたことですが、内野陣には安達了一(27)、小谷野栄一(34)、ヘルマン(37)らがいるのにアメリカでメジャー昇格もできなかった [全文を読む]

楽天・安楽の扱いに江本氏「常識外れな首脳陣じゃ上位無理」

NEWSポストセブン / 2015年02月26日07時00分

オリックスは投のバリントン、打の中島裕之、小谷野栄一、ブランコと大規模補強を行なったが、森脇浩司監督は“期待しています”と評論家のようなことをいっている。選手を働かせる指揮官がそんな姿勢ではマズい」 3位には日本ハム。 「大谷翔平の“二刀流”に代表されるように、日ハムの野球は行き当たりばったり。どこを目指しているかが問題だが、気楽だから意外に勝ったりするん [全文を読む]

SB松坂大輔 勝利数の目標明言せずも200イニングを目指す

NEWSポストセブン / 2015年02月23日16時00分

個人的に森脇浩司監督と親しいので、今年は頑張ってほしいと思います(笑い)」 その上位2強を脅かすとすれば日本ハムだと語る。 「大谷翔平は優れた打者として認めるが、それ以上に先発投手としての能力が高い。ローテーションの中心になれば、日ハムはもっと強いチームになれる。投手陣の後ろを増井浩俊がしっかり務めることができればなおいい。打線のつながりもあるので、Aクラ [全文を読む]

ちょっと早い「セ・パ12球団」ペナント大予想!(3)大補強の“オリックス”は今年こそ優勝?

アサ芸プラス / 2015年01月27日09時55分

ただ、一新されたコーチとうまくかみ合うかだが、 「メンツはそろっていますから、あとは森脇浩司監督(54)の手腕だけです。中島を不安視する人も確かにいますが、仮に2割8分20本を打てなくても、勝負どころで打てれば2割5分でもいいとさえ思います」(橋本氏) 一方、江本氏は「補強してニュースが多いだけ」とバッサリだ。 「過去にも何度も補強はやってるんです。その [全文を読む]

ホークスOB藤原満氏 「淡白采配の秋山監督こそが不安要素」

NEWSポストセブン / 2014年09月15日07時00分

内野出身の森脇浩司監督と、外野出身の秋山幸二監督には、どうしても大きな差があるように感じるのです。 監督の能力というのは現役時代の経験が大きくモノをいいます。まずは守備面です。内野手ならば常に守りに絡んでいて、ピンチにマウンドに集まった際にもコーチを交えて「こういう守りをしよう」などと話します。キャッチャーやピッチャーは当然、自分たちの失敗が即失点に繋がる [全文を読む]

「盛り上がりナシ……」V狙うオリックス森脇監督が“マスコミ介入”のむなしさ

日刊サイゾー / 2014年08月03日16時00分

ここまで、首位・ソフトバンクとの激しい争いを繰り広げているが、そのあまりの“盛り上がり”のなさに、現場では森脇浩司監督自ら“マスコミ介入”する動きを見せるなど、不穏な空気に包まれつつあるという。 金子千尋、西勇輝、糸井嘉男、ペーニャなど、そろいもそろった好調な投手&野手陣で、歓喜の瞬間に向けて戦いを続けるオリックス。だが、その善戦も空しい状況は続いている。 [全文を読む]

オリックス 他球団のリストラ選手寄せ集めで快進撃続く裏側

NEWSポストセブン / 2014年05月15日07時00分

投手で頑張っているのも井川慶(ヤンキース)に馬原孝浩(SB)というんですから、まさに寄せ集め軍団です」(オリックス担当記者) これをまとめているのも、秋山幸二監督が就任後、SBで一悶着あった森脇浩司監督ときている。 さらに、フロント陣も寄せ集めだ。球団本部長にダイエー、ロッテのフロントを歴任してきた瀬戸山隆三氏を抜擢。副本部長には、楽天の球団統括本部長から [全文を読む]

フォーカス