島倉千代子のニュース

TBSラジオ「大沢悠里のゆうワイド」 島倉千代子さん 一周忌追悼特集

PR TIMES / 2014年11月11日18時50分

放送日時:11月12日(水)朝8時30分~午後1時 「大沢悠里のゆうゆうワイド」では、11月12日(水)に昨年の11月8日に亡くなった島倉千代子さんの「一周忌 追悼特集」を放送します。 日本を代表する歌手として昭和から平成にかけて活躍した島倉さんは、生前、ゲストとして、たびたび「大沢悠里のゆうゆうワイド」に出演されました。 島倉さんと同世代で、古くから親交 [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、 歴代の「日本レコード大賞」「日本有線大賞」を12月に集中放送!

PR TIMES / 2013年11月27日16時34分

11月に亡くなられた島倉千代子さんの名曲歌唱シーンもよみがえる。 あの“絹”のような歌声を私たちはいつまでも忘れない…。 写真:「第15 回日本有線大賞(1982 年)」【記念特別賞】「鳳仙花」<放送チャンネル>CS放送「TBSチャンネル1」<放送日時>「1968年度日本レコード大賞 第10回授賞発表音楽会」※島倉千代子さん出演12/17(火)午後9:00 [全文を読む]

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

美空ひばり、島倉千代子の貴重映像も!『コロムビアうたまつり』開催決定

okmusic UP's / 2016年03月22日16時30分

今年創立106年目を迎える日本コロムビアが、美空ひばりや島倉千代子の秘蔵映像や衣装展示などを駆使した総合エンターテイメントステージを7月6日に中野サンプラザホールにて開催する。 【その他の画像】美空ひばり『コロムビアうたまつり2016』と題したこのステージには、細川たかし、冠二郎、新沼謙治をヘッドライナーに、初代コロムビア・ローズや五月みどりなどのレジェン [全文を読む]

【船村徹作曲作品】シングル34タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年09月10日14時00分

今回は島倉千代子のシングル4タイトル、村田英雄のシングル5タイトルを含む全34タイトルをMEG-CDで復刻し2014年9月10日より販売を開始いたします。発売商品 島倉千代子■花嫁峠 収録曲:1. 花嫁峠 2. 山の分教場 MSCL-12455 価格¥1,000+税■哀愁のからまつ林 収録曲:1. 哀愁のからまつ林/島倉千代子 2. 青い落葉の街/神戸一 [全文を読む]

島倉千代子「細木数子に搾取された“16億円返済”の地獄半生」

アサ芸プラス / 2013年11月26日10時00分

11月8日、歌手・島倉千代子(享年75)が肝臓ガンで死去した。島倉といえば、演歌の王道を歩むように、その生き様は苦労の連続だった。中でも、莫大な借金返済で味わった地獄は理不尽極まりなかったようで──。 島倉は、男を信じて手形の保証人となったせいで莫大な借金を背負わされた。90年には完済したと報じられたが、借金問題は彼女を悩ませ続けたものだ。 05年に出版さ [全文を読む]

島倉千代子 コロッケが明かす「お茶目だけど気遣いの人」素顔

アサ芸プラス / 2014年01月07日09時58分

肝臓ガンで闘病の果てに天国へ旅立った島倉千代子。結婚、離婚、3度の中絶、15億円超の借金返済、乳ガンと不幸に見舞われながらも、いつも笑顔で、己に厳しい芸の虫を貫いた。昭和の歌姫・島倉の“人生いろいろ”ぶりを、ものまねを通して見続けたコロッケ(53)が語る。 突然のことで、自分でもどうしていいのかわからない。正直、ショック状態が今も続いています。 出会いは2 [全文を読む]

島倉千代子さんが遺した言葉「私はいい人達に恵まれました」

NEWSポストセブン / 2013年12月17日07時00分

2014年にはデビュー60周年を迎えるはずだった島倉千代子さん(享年75)。亡くなる3日前には、最後の力を振り絞って新曲『からたちの小径』を録音(12月18日発売)。葬儀・告別式ではこの曲とともに、「できる限りの声で歌いました。人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」という彼女の肉声が流れた。 そんな島倉さんが、誰よりも慕っていたのが美空ひばり [全文を読む]

誰からも好かれた島倉千代子の無邪気な素顔

アサ芸プラス / 2013年11月22日10時00分

11月8日に肝臓がんで亡くなった歌手の島倉千代子さん(享年75)。お人よしな性格ゆえ、騙されることも多い人生だった。 「結婚前に3度中絶したり、知人に騙されて何億もの借金を抱えたりという大波乱の人生だったのに、最後まで『私は人を騙すより、騙された方がいいの』と、人を信じ続けたんです。お手伝いさんもおかず、自宅ではいつもスッピンで、『動きやすいから』とモンペ [全文を読む]

島倉千代子さん 3度の中絶経験から水子地蔵を持ち歩いてた

NEWSポストセブン / 2013年11月16日16時00分

11月8日に肝臓がんで亡くなった島倉千代子さん(享年75)。3度の中絶も経験した島倉さんは、水子地蔵をいつも持ち歩いていたという。 1938年(昭和13年)、島倉さんは東京・北品川に6人きょうだいの四女として生まれた。高校在学中、15才で日本コロムビアの歌謡コンクールに優勝し、翌1955年に歌手デビュー。デビュー曲の『この世の花』は200万枚の大ヒットを記 [全文を読む]

細木数子の衝撃激ヤセは、「島倉千代子さんを地獄に落としたつけが回った」!?

サイゾーウーマン / 2013年11月15日13時00分

先日死去した島倉千代子さんにまつわる“いわくつきの人物”として名前が取り沙汰されているのだ。 細木は08年に「休養したい」「身辺整理のため」と、レギュラー番組をすべて降板。同時期には、暴力団への関与が疑われる報道も相次いだが、真相は不明のままだった。今年1月には、一夜限りの復活として、バラエティ番組『有田とマツコと男と女』(TBS系)に出演して話題になり、 [全文を読む]

盟友・島倉千代子さんへの追悼コメントも「載せるな!!」バーニング周防社長の“小林幸子潰し”が止まらない!

日刊サイゾー / 2013年11月15日12時00分

「8日に島倉千代子さんが肝臓がんで死去。その際、親交のあった芸能人のコメントが次々と発表された。そんな中、小林はマスコミ各社に直筆のコメントをファクスで送ったが、周防氏がB担と呼ばれる各スポーツ紙のバーニング担当記者に『幸子がコメント出してるらしいけど、来ても紙面に載せるな!!』と指示。翌日のスポーツ紙を見ると、各紙とも掲載を見送り、一部スポーツ紙のネッ [全文を読む]

故人そっちのけで……島倉千代子さん葬儀で、芸能マスコミは“芸能界のドン”に首ったけ!?

日刊サイゾー / 2013年11月14日22時00分

今月8日に肝臓がんのため亡くなった演歌歌手の島倉千代子さんの葬儀・告別式が14日、東京・青山葬儀所で営まれ、関係者やファンら3,000人が最期の別れを惜しんだ。「人生いろいろ」などヒット曲を持つ昭和の大スターの最期を送ろうと集まった芸能マスコミだったが、実は別の「人物」と「団体」に熱視線を送っていたという。 後輩歌手の石川さゆりらが弔辞を読み、およそ2時間 [全文を読む]

島倉千代子「肝臓は20年前から…」“親友”明かす極秘闘病

WEB女性自身 / 2013年11月12日00時00分

11月8日、肝臓がんのため亡くなった島倉千代子さん(享年75)。3年前にがんが発覚し治療に努めてきたが、今年に入って肝硬変を併発。6月からは入退院を繰り返すようになり、今月8日に容態が急変。そのまま帰らぬ人となった。彼女の容体はごく限られた人しか知らなかったという。親交の深かった芸能評論家の鬼澤慶一さん(77)はこう明かす。「実は彼女はもう20年以上前から [全文を読む]

故・島倉千代子さんに合掌──細木数子に“地獄を見せられた”波乱の人生に幕

日刊サイゾー / 2013年11月11日19時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 「東京だよおっ母さん」や「この世の花」のヒットで戦後の歌謡史を飾り、「人生いろいろ」で庶民を励ました島倉千代子さんが、肝臓がんのため死去、享年75歳だった。 島倉さんといえば、決して忘れられないのは、細木数子女史が絡んだ愛人の借金問題だ。ヒッ [全文を読む]

島倉千代子さん葬儀を「カムバックにふさわしい舞台」と言い切ったみのもんたが、また大炎上中

日刊サイゾー / 2013年11月11日09時00分

9日、パーソナリティーを務める文化放送『みのもんたのウィークエンドをつかまえろ』に生出演したみのは、14日に東京・青山葬儀所で営まれる島倉千代子さんの葬儀・告別式に参列することを表明したが、その際の言い方が大きな批判を集めているのだ。 番組後半、みのは突然「14日の島倉さんの葬儀に参列します。参列者がたくさん訪れるので、青山葬儀所には(午後)12時30分 [全文を読む]

島倉千代子 コロムビア大行進29年ぶりの復活に「本当に楽しい」

WEB女性自身 / 2013年04月05日00時00分

3月30日、東京・五反田ゆうぽうとにて『コロムビア大行進2013』が開催され、島倉千代子(75)、細川たかし(62)、都はるみ(65)ら昭和を代表する歌謡スターたちが勢揃いした。レコード会社、日本コロムビア所属の歌手たちによる『コロムビア大行進』は昭和38年から昭和60年まで定期的に実施されていたコンサートで、この日は29年ぶりの復活となった。この日75回 [全文を読む]

演歌の名盤BEST100(2)島倉千代子「人生いろいろ」で借金を完済

アサ芸プラス / 2013年01月15日10時00分

芸能生活50周年の今年、豪快なはるみ節を聴かせてほしいですね」(石川氏) 私生活のピンチをみごとチャンスに変えた強運の持ち主といえば島倉千代子(74)だろう。数々のヒット曲の中から今回23位にランクインした「人生いろいろ」には、歌のタイトルを地でいく逆転ドラマがあった。 「当時おつきあいをしていた相手にだまされ、莫大な借金を背負いましたが、この曲の大ヒット [全文を読む]

東国原「長嶋茂雄さんの都市伝説は永遠に不滅です!」

Smartザテレビジョン / 2015年07月15日08時00分

島倉千代子さんと親交があったという田勢は「島倉千代子さんの奥にあるのは常に美空ひばりさんだった」と彼女の偉大さを語った。 「5人が軸としてそれぞれの分野で活躍されていた。日本のエネルギーは優秀だと感じた」と東国原は告白。 唯一、5人全員と面識のある司は「こんなすてきな人たちと関われたことは幸せだったと、この番組を通じてあらためて思い起こしました」としみじ [全文を読む]

SEX山口『SEXY MUSIC ~FANTASY~』インタビュー

NeoL / 2015年06月04日12時41分

KZAさんが島倉千代子をDJでかける時代が来てるぞって、20年前の俺に教えたい(笑)」 −−ハッハッハ。KZAさんが四街道ネイチャー時代にラップしてた“あした、あさって”は、島倉千代子に繋がってたと(笑)。 SEX山口「これが『V.I.C.TOMORROW』だったんだと(笑)。D.Lさんも和製ファンクとしてDJで“みなしごハッチ”をかけたりしてましたよね。 [全文を読む]

フォーカス