長塚京三のニュース

川端康成「眠れる美女」原作の現代オペラ 長塚京三・原田美枝子を起用し、日本初上演!

@Press / 2016年04月28日16時30分

俳優 長塚京三や原田美枝子をキャストに迎え、管弦楽には上野地区・大学との連携で東京藝大シンフォニエッタを起用し、日本で初めて上演されます。▼『眠れる美女 ~House of the Sleeping Beauties~』詳細http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_161210_11.html【川端康成原作「眠れる美女」を [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「わが家」 本日1月5日(月)よる11:00より見逃し配信開始!

PR TIMES / 2015年01月05日15時16分

共演には長塚京三、田中裕子、村川絵梨ら豪華俳優陣が顔を揃えています。脚本は『花嫁の父』(2012年/日本民間放送連盟賞優秀賞受賞)、『母。わが子へ』(2013年/ATP賞観光庁長官賞受賞)など、心に残るヒューマンドラマを手がけてきた井沢満が担当。さらに主題歌は、中島みゆきの名曲「ホームにて」を、女優・歌手として注目される高畑充希がカバーします。放送を見逃し [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ミステリーシアター『ペテロの葬列』7月9日(水)よる9:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年07月09日15時21分

さらには長塚京三、峰竜太、冨士眞奈美、柴俊夫ら豪華俳優陣が新キャストとして登場します。誰しもがついた経験のある「嘘」。その「嘘」が多くの人を巻き込み、取り返しのつかない大きな「嘘」になったとき、どうすればその罪を償うことが出来るのか・・・?鋭い洞察力を持って杉村三郎が数々の「嘘」の真実に迫っていきます。好評配信中の『名もなき毒』と併せて、『ペテロの葬列』を [全文を読む]

日本初上演!川端康成の原作オペラ『眠れる美女』 長塚京三・原田美枝子がオペラ初出演![12月10・11日]

@Press / 2016年12月09日12時00分

日本初演にあたり、俳優は日本語で演じることとし、長塚京三(老人役)と原田美枝子(館の女主人役)が出演します。2人がオペラに出演すること、東京文化会館のステージに立つのはこれが初めてとなります。長塚京三と共に「老人」役を演じる歌手は、2009年の世界初演にも出演したオマール・エイブライム。「女」役にはヨーロッパで活躍する新進ソプラノのカトリン・バルツ、「眠れ [全文を読む]

長塚京三主演サスペンスドラマ第二弾「夏樹静子サスペンス 逆転弁護士ヤブハラII~京都・十七年前の真実~」10月7日(水)21:00からテレビ東京系列にて放送決定!!

DreamNews / 2015年10月02日11時00分

主演は前作同様、実力派俳優の長塚京三。共演も黒谷友香や高畑淳子など、前作の主要キャストが再び顔を揃え、息の合った演技を見せている。今回のゲストには、釈由美子、宮川一朗太、長江健次を迎え、重厚な人間ドラマを繰り広げている。また、第2弾の放送に先立ち、2月に放送された第1弾『逆転弁護士ヤブハラ~証言拒否~』も10月4日(日)ひる2時からテレビ東京にて再放送が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】志田未来と田中哲司が舞台で“セクハラ”問題作に挑戦。実生活では「ディズニー好き」と「家事夫」

TechinsightJapan / 2015年06月11日12時20分

日本ではこれまで、1994年に“長塚京三×若村麻由美”、1999年に“長塚京三×永作博美”の出演で再演されている。 この名作を2015年11月、栗山民也を演出に迎え、小田島恒志の新翻訳で装いも新たに16年ぶりに上演することが決定。大学教授役に田中哲司、そして女子学生役は演技派女優として羽ばたく志田未来が初舞台を踏むこととなった。 様々なキャラクターを演じ分 [全文を読む]

「ハゲタカ」の真山仁原作、尾野真千子主演による本格社会派ヒューマンドラマ

PR TIMES / 2012年03月21日16時41分

社員リストラと赤字部門閉鎖による合理化を発表し、長年研究 に命を燃やしてきた所長の御室(長塚京三)らの猛反発を受ける。収益性を確保し、企業を立て直すという信念のもと突き進む妙子。しかしやがて「日本の未来を担うエネルギーを開発する」という御室らの思いと、地熱発電の可能性を知るにつれ、自分の果たす役割を見つめ直すようになる。そんな中、日本地熱開発の前には、利権 [全文を読む]

「CRISIS」最終章突入!金子ノブアキ演じる”最強の敵”現る

ザテレビジョン / 2017年06月06日14時27分

第9話では、平穏な日常を送る特捜班の前に鍛治(長塚京三)が現れ、稲見の自衛隊時代の同僚・結城(金子)が行方をくらましたことを告げる。そんな中、稲見(小栗)の前に結城が姿を現す。 久しぶりの再会を喜びあう2人だったが、結城の「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という言葉から、稲見は結城がテロを計画していることを察知する…。 残すところあと2話となった「C [全文を読む]

小栗旬らの最大の敵は誰!? 「CRISIS―」結末予想

ザテレビジョン / 2017年06月06日07時00分

鍛治(長塚京三)からの特命に忠実に従ってきた稲見(小栗旬)ら特捜班メンバーだが、さまざまなテロリストたちと対峙するうちに、「このまま国家を信用していいのか」という疑問を持ち始める。クライマックスに向け、特捜班がどうなっていくのか、チーフプロデューサーに直撃&元警察関係者による勝手に予想も! ●鍛治の本当の思惑は? 実は敵なの!? 自らが集めた組織として稲見 [全文を読む]

小栗旬、警棒を使った壮絶なアクションに「大変でした」

Smartザテレビジョン / 2017年05月17日17時23分

そこで6話の中で好きだったせりふについて、小栗は「頭は帽子のためにあるんじゃない」という鍛冶(長塚京三)の言葉をチョイス。 また、アクションシーンで共演した小栗と山口が、一番大変だったことについて「警棒で首を絞めながら相手に足をかけるところ。撮影用の警棒を、相手にしっかりぶつけて、組むのが大変でした」(小栗)、「稲見のブーツが右頬を… びっくりしました」 [全文を読む]

ドラマ「CRISIS」カウントダウンに西島秀俊登場でファン大興奮

dwango.jp news / 2017年05月15日19時37分

鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、里見の潜伏先へと向かう。特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)が早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指 [全文を読む]

「この変な“小栗旬ブーム”なんていらねぇ」綾野剛と小栗旬の人たらしぶり

messy / 2017年05月12日14時00分

共演者の田中哲司さん、野間口徹さん、石田ゆり子さん、長塚京三さんたちベテラン勢もいい味を出してくれてるし。 5月9日放送の第5話なんて、石黒賢さんがゲスト出演していたから、女性の先輩記者なんかOA中に「ゆり子さんと石黒さんの共演シーンこそなかったものの、カンテレさんったら地味に頑張ったじゃないの~!」なんて大はしゃぎしていたわ。若い読者の方たちはご存じない [全文を読む]

小栗旬が「もっと強い敵を用意してほしい」と懇願!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月02日09時00分

警察庁警備局長の鍛治(長塚京三)によって組織された特捜班の稲見(小栗)、田丸(西島)、吉永(田中哲司)、樫井(野間口徹)、大山(新木優子)の5人が、国家の危機に立ち向かっていく姿を描く。そんな骨太なアクションシーンも見どころの本作から撮影秘話をお届け! 5月2日(火)放送の第4話では、航空宇宙工学を専門にする大学教授・有馬(小市慢太郎)の警護を担当する稲見 [全文を読む]

小栗ドラマで「事件未解決」消化不良か伏線か?

日刊大衆 / 2017年04月25日11時05分

しかし、特捜班の上司にあたる鍛冶(長塚京三/71)は田丸を呼び出し、「今のままで監視を続けたほうがいい」と捜査の中止を指示。結局、最後まで事件の関係者たちが告発されることはなかった。 緊迫感のあるストーリー展開だったものの、事件が未解決のまま終わったことに不満を抱く視聴者が続出。放送後のネットでは、「結局解決できないまま終わるの?」「モヤモヤしたまま終わっ [全文を読む]

小栗旬&西島秀俊「CRISIS―」を早分かり4コママンガ&じっくり長文解説でストーリーを紹介!!

Smartザテレビジョン / 2017年04月01日09時00分

第1話(4月11日火曜放送)では、あるテロの情報を掴んだ警察庁警備局長の鍛治大輝(長塚京三)は「あいつらを使ってみるか…」と言って、特捜班に初出動を命じる。 元自衛隊員の稲見朗(小栗)、元外事警察の田丸三郎(西島)、元機動隊爆発物処理班の樫井勇輔(野間口徹)、すご腕の元ハッカーの大山玲(新木優子)、そして彼らを班長としてまとめる元警視庁捜査一課の刑事・吉 [全文を読む]

小栗旬主演「CRISIS」の小説化&追加キャストが決定!

Smartザテレビジョン / 2017年02月27日19時48分

さらに、4月からスタートする同ドラマに長塚京三と飯田基祐の出演が決定。長塚は、特捜班を組織した生みの親として任務を言い渡していく警察庁警備局長の鍛冶大輝を演じる。また、飯田はそんな鍛冶の忠実な部下・青沼祐光役として登場することが明らかになった。 長塚は「『何を考えているか分からない男、と言えば長塚でしょう』と監督にお声掛けいただきました(笑)。特捜班のよ [全文を読む]

原田泰造が主演!家族の再生を描く映画製作

Smartザテレビジョン / 2017年02月27日06時30分

また、利一の娘・彩菜役は葵わかな、息子・怜司役は七瀬公、美雪の父・山辺敬三役は長塚京三が務める。さらに、映画「ジャンプ」で監督デビューを果たした竹下昌男監督がメガホンを取り、再び原田とタッグを組む。3月1日(水)のクランクインを前に、全編ロケーションを行う新潟で製作発表会見が行われ、主演・原田の他、山本、小西らが登壇。撮影に向けて意気込みを語り、原作の伊吹 [全文を読む]

西野カナ、マネージャーとの密着恋愛に事務所はNO? 会えなくなってしまうのか

messy / 2016年11月29日21時30分

俳優の長塚京三は最初の妻と離婚してから30年近く独身だったが、7年前に同い年の女性マネージャーと再婚、八代亜紀は40代のとき、ずっとマネージャーとして支えてくれた所属事務所社長の男性と結婚している。アグネス・チャンの夫も彼女のマネージャーで、現在は個人事務所の社長を務めている。夫婦二人三脚というパターンだ。 同時に、うまくいかない例もまた多い。加藤夏希は元 [全文を読む]

「連続ドラマW 沈まぬ太陽」ギャラクシー賞2016年9月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2016年10月20日11時15分

<スタッフ・キャスト> 原作:山崎豊子『沈まぬ太陽』(新潮文庫刊) 脚本:前川洋一(大河ドラマ「軍師官兵衛」、「連続ドラマW マークスの山」、「連続ドラマW 下町ロケット」) 監督:水谷俊之、鈴木浩介(「連続ドラマW マークスの山」、「連続ドラマW 下町ロケット」) 音楽:佐藤直紀(「連続ドラマW パンドラ」シリーズ、『永遠の0』) 出演:上川隆也、長塚 [全文を読む]

上川隆也「沈まぬ太陽」の過酷な海外ロケに苦笑!

Smartザテレビジョン / 2016年08月16日20時07分

8月21日(日)放送の第15話では、国見会長(長塚京三)の指示の下、国民航空・生協の不正を調べ始めた恩地が、利権を握る国航開発社長・岩合(陣内孝則)と同会長・八馬(板尾創路)に呼び出され、「それ以上関わるな」と脅される。 そんな圧力にも屈せず恩地が調査を続けると、生協理事長・畑(袴田吉彦)、新生労組OBの轟(高嶋政伸)らの不正の実態があぶり出される。正義 [全文を読む]

フォーカス